リバイバル姉

 内容がちょっとあれなので。苦手な人は注意しよう。

続きを読む


親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

へたれさ炸裂1週間

 連休明け、5月8日以降の出来事を簡単に書いておくと。半袖作業服(夏服)を洗濯中、誤って上着のボタンを壊してしまい、大変だ、どうしよう、と思ったものの、これくらい自分で直せるだろうと試してみたら、そう簡単にはいかなくて、自分で直すのが無理なら業者に直してもらうという手があるのだが、探すのも頼むのも面倒過ぎるので、注文期限は過ぎてしまったけれど、職場で新しい作業服を注文するのが手っ取り早いとはいえ、去年、一昨年と、夏服はこれ以上要りませんと上司にきっぱり断っているので、やっぱりお願いしますとは言いにくいものがあり、いったい、どうすれば良いのやら、と思いながらも仕事に行かなければいけなく、部署ごとの朝礼のときに、他の人の作業服をそれとなく確かめてみると、暑くなってきたこの時期、ほとんどの人が襟のボタンを外して、チャックを少し下げ、首回りに余裕を持たせており、チャックを上まで閉めて、襟元のボタンまできっちり留めている真面目な人は僕くらいである、それはつまり、僕が同じような格好をしても、咎められることはないということになる、都合良く、壊れたボタンは襟の内側、首筋を覗き込まれてでもしない限り解らない場所だったので、素知らぬ振りで壊れたボタン付き作業服を使えるけれど、お客さんが来たり、偉いさんが来たり、監査があったり、そのようなときにみんなが文字通り襟を正しても、壊れたボタンの作業服では対応できない、そう都合良く、もしくは、都合悪く重なることはないだろうけど、安全靴と間違えて普通の靴を履いて職場へi行くという失敗をした日以降、仕事でのごまかしはやめようと誓ったのだ、そうなると、残った夏服の上着1着(ズボンは2着)のみで、これからの季節を過ごさなければいけなくて、それはちょっと厳しいような気がするわけで、最初に買った夏服は当然のことながら上下とも新品だけど、残っている上下は1年使ったもの、あるいは、2年使ったものであり、それこそ仕事中に破れでもしたら、もうあとがない、どうしたものか、と思ったものの、酒を飲んでボタンが直るわけでもない、新しい方法が見つかることもなくて、ばたんきゅするだけで、せっかくの定時上がりの日になんというもったいない過ごし方をしてしまったのか、と翌朝になって気がついて、しかしもう、これだけのつらさしんどさを抱え続けたまま、残りの夏服1着で仕事を続けるのは厳しく、上司に頼みにくいなどとへたれている場合ではなく、何を言われてもえいやっと頼んでしまおうと思いはしたものの、やはりなぁと怖気づいてしまいそうになったところで、前日買った酒が残っていることに気づいて、こういうときこそ酒の力を借りるのだと、ひと口ふた口のつもりが、出勤前から度数9パーセントのチューハイ350mlを飲んでしまい、これが5月11日のことで、正気の沙汰とは思えないのだが、とにかく今日言おう、明日じゃ駄目だ、延ばしたら切りがない、その日の仕事の指示を上司から聞いたあと、ここはもう包み隠さず不注意で作業服のボタンを壊してしまったことを告げ、届くのが遅れても良いので作業服を注文したいことを伝えたら、ええよ、頼んどくわ、と軽く言われ、僕が気にしていた禍根など一切なくて、考えてみれば作業服をもう1着欲しいと頼んだだけのことなので、それに対してどうこうあるはずもないのだろうけど、へたれさに囚われていた僕には、夏服の上着が1着しか残っていないことを伝えられて安心できたのだ、知っている人が誰もいないのと、ひとりでもいるのとでは気の持ちようがかなり変わる、社員と違って派遣は自腹なんだけど、作業服ではなく作業中の安心を買ったのだと思えば良い、幸いなことに、遅れて届くと考えていた僕の作業服も、他の人たちと同じ日に届いた、おそらく、中途入社の社員用とか、インターンの学生用とか、注文数よりも多めに発注していたのだろう、それでも、余りがなければすぐにはもらえなかっただろうから、今日言うぞと決めて、その日のうちに言ったことが功を奏した、月曜日に始まった不安が金曜日には解決した次第ではあるけれど、出勤前に酒飲むという異常な行動は今回限りに、通勤中に事故に遭ったり、仕事中に怪我でもしたらどうするのか、1本飲んでばたんきゅすることもあるのだから、それがなかったのは、酔いよりも不安の方が増していたということだろうけど、こんなことは2度としないよう誓ったというのに、今週の月曜日、5月15日の朝、特に理由もなく、本当に意味もなく、前日飲まなかった菊正宗ピン270mlを見つけたというだけで、飲んでしまったというオチ。

 そもそもの原因は、洗濯機に洗濯物を詰め込み過ぎたせいで、最後に入れた作業服の襟元部分が蓋にガツガツと当たり、ボタンが痛み壊れて外れてしまったのだ。洗濯機に、洗濯物を詰め込み過ぎない。ダメ、ゼッタイ。

 この記事を読んで「役立たず」を思い出した人は僕のブログの通ですね(そんな人いるのか)。この書き方に意味がないわけではなく、「いやなお客の帰し方」という記事で書くつもり(まだ書いてないんだよ)。って、これのどこが簡単に書いておくとだよ。これなら、当初の予定通り、月曜の出来事、火曜の出来事、水曜の出来事と、順番に書いた方が良かったかもしれない。まあ、その書き方だと長くなるだろうと思ったから避けたわけで。どちらにしても文章量は変わらないか。とにかく、ブログの記事は簡潔に書くことを目指さなければ。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

同じ失敗ばかりして、わかっていても正しいことができなくて

 1月5日は仕事始めなのに不安感が抜けず、残っていた秋味を飲んでから出勤した。
 5月11日は気をつけようと考え、残っていたストロングゼロダブルグレープフルーツを飲んでから出勤した。
 5月15日つまり今日は菊正宗ピン(270ml)が残っていたので、特に理由もなく飲んでから出勤した。って、なんでやねん。翌日に酒が残っているというのは、前日に酒を買い過ぎたということで。1日1本のみ、をいい加減に守れということである。

 先週の木曜日、上記の5月11日に酒を飲んだ理由を、土日のブログで書くつもりでいたけれど。書けずに終わってしまった。今日が定時上がりだったので、ついうっかり書いておこうとしたけれど、何故か出勤前の酒飲み記録を公開してしまった。今週の土日で書ければ書くけれど、書けなければ無理には書かない。「へたれさ炸裂1週間」というタイトルで書くかもしれないですねぇ。って、なんだよこの記事は。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

これが私の最后の定期券です

 正確には、これが最后の定期券になれば良いと思っている。
 4月8日に3カ月定期を買った。連休に重ならないように買ったこともあったけど、5月に重ならなければ、8月と重なってしまう。それを避ける場合、割引率の低い1カ月定期を買わなければいけないし、計算して買ったところで、欠勤して休むのでは余り意味がない。6カ月定期は高過ぎるし、落としたりなくしたりすると困るので、いつも通りの3カ月定期に落ち着いた。
 ミジンコライフはいい加減にやめて、今年こそ実家へ帰るのだ。理想としては、3カ月以内に具体的な日程を決めて、辞める数カ月前には派遣元や派遣先に告げ、きちんとした手続きを経て辞めること。今回買った定期の期限が過ぎたら、あとは回数カードと現金で通勤するように。執筆を理由にしているけれど、パソコンさえあれば、どこでだって小説は書けるのだから。という考えではいるものの、なかなか割り切れないところがあるまじろ。

 そんなわけで、これが最后になるかもしれないと考えて、自宅最寄り駅よりひとつ先の駅までの定期券を買った。これは当然、値段が変わらないからである。ひと駅先で降りれば、隣接市へ行くときに少しだけ近くなる。
 少しだけというのは、X軸方向には近くなるけれど、Y軸方向には遠くなるのだ。そのため、自宅最寄り駅から隣接市へ行ったところでほとんど変わらない。今回、定期代が同じことを知り、それならばと買ってみた。早速、ひと駅先から隣接市へ行ってみたところ、予想通り、近くも遠くもならなかった。この駅で降りることは今後ないかもしれない。
 ただ、ひと駅先で降りると、出口の隣が酒屋なのだ。自販機が3台置いてある。とはいえ、酒を買うために遠回りをして帰ることはないだろう。買うのであれば、最寄り駅近くのコンビニへ寄った方が良い。平日買物不可なんだけど。
 定期券を買ったあとで、どれくらい先の駅までなら定期代が同じなのだろう、と思って調べてみたところ。四つ先の駅まで同じ値段だった( ゚д゚)ポカーン いや、それだったら、ひと駅減らすごとに、定期代を安くしてもらいたいものだが、というオチ。

 補足。派遣会社から交通費が出ているけれど。1カ月定期の半分にも満たない。片道113円で乗れる電車があるのだろうか。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

以前より10倍高い財布を買った

2017042313140000.jpg

 ビフォー。108円(税込)。

 2017042313150000.jpg

 アフター。1080円(税込)。

 108円の財布を2年7カ月使ったので。ひと月当たり約3円という驚きの安さ(この日に買ったわけだが)。次までの繋ぎが、こんなにも長く持とうとは。
 同じ財布を買おうと100円ショップへ行ったけど、さすがに売っていなかった。そのため、総合スーパで、えいやっと1000円近い財布を買ったのだ。値段が10倍だから10倍持つとは思わないけど、できるだけ長く使えますように。今のところ、108円の財布のよりも使い勝手が悪いのだが、これはまあ、慣れればどうにでもなるだろう。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

死ね!そこいら中の制服関係の皆様

 通勤電車の迷惑客に対して、こんちくしょう、と思うのはアホウらしいので。争わない、相手にしないようにして、大抵は流すことができたんだけど。定時帰りの日に重なる迷惑客がいて、やられたやり返すしかあるまい、と攻撃的に考えてしまった。こんな考えでは、いつになっても「しあわせスパイラル」に近づけない。頼れるものがあるのなら、それを頼ってみるべきではないかと、地下鉄某駅の駅長に相談してきたわけだが。
 「何か起きてからじゃないと動けない」とドラマみたいな科白を言われてしまった。ある程度予想はしていたけれど。全く以て役に立たなかった。ああいう連中はチキンなんだから、制服関係が一言二言声を掛けるだけで大人しくなるというのに。「その程度で注意してこっちが揉め事になったら困る」ってなんだよ。迷惑している人がいるから、怪我をする人が出たら遅いから言っているのだ。誰かを頼ろうなどというゆとった考えはやめなければ。これはもう、僕がトラブルを起こして、制服関係の皆様に動いてもらうしかあるまい。キレる17歳世代は、キレたら何すっか解んないぜ。

 みたいな考えに陥るのはやめろ。いろいろと泥沼過ぎるだろ。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

「けりをつけよう。僕は眠い」

 月曜と火曜は仕事なので、今年のゴールデンウィークは、水曜から日曜までの5連休。長過ぎると、そのまま辞めてしまう怖れがあるからな。このくらいがちょうど良い。とはいえ、特別な予定があるわけではないので、普通の休日が5日続くだけ。正確には、土曜パタンが4日、日曜パタンが1日。最終日の飲み食いは控えるように、今から注意しておかなければ。過剰な飲み食いはダメ。ゼッタイ。
 連休中の目標は、執筆、読書、HD減らし、ブログ書き、感想書き、ゲーム等、を着実に進めること。1日すべてを執筆に使うとか、読書に使うとかでは飽きるので、いつもの休日パタンを続けるのがベスト。時間割通りに過ごせば、もっとも有効的、効率的に時間を使うことができる。この期間に、タイトルだけ上げて書いていない記事をできるだけ書いてしまいたい。
 今日の出来事は今日書かなければいけない、などと考えていないので、どれだけ遅れても気にしないけど。さすがに、今の仕事を辞めたあとで、今の仕事のことを書こう、という意欲はないだろう。古い記事から順番に書いていこう。連休だからといって、当日日記の当日更新をする余裕はないまじろ。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

いつの間にやら第1位

 うろ覚えの記憶をはっきり確かめてみたら。今年の4月を迎えた時点で、今の職場が、これまでに勤めた仕事でもっとも長いことに気がついてしまった( ゚д゚)ポカーン
 これを説明するには、「8年前の真実」を書いて、その記事を補足する「8年前の更なる真実」を書かなければいけない。面倒なんだけど、この件は「重ね書き」するよりも、予定通りの順番で書いた方が解りやすい。そんなわけで、今のところこの記事は僕限定であるまじろ。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

治すよ

 本来なら、前回の記事に今回の記事を繋げて、「痛いよ」と「治すよ」を対にするつもりだったけど。欠勤3部作みたいな余計な記事が入ってしまった。パタン通りに過ごせなかったので仕方がない。先々週の記事の続きを書いておこう。

 体調不良の原因はすべて今の職場にある。これまでは、3月の半ばには工場の扉が開放されていたのに、未だに閉まったまま。暖かくなってきたこの時期に、締め切った工場内で、熱風を出している機械の中で作業をするとは。加えて、僕がメイン作業を行う定位置は、日当たりが良いため、冬場は暖かいけど、夏場は暑過ぎるという両極端な場所なのだ。当然を汗をかくし、それが引いたら冷えてしまう。ただ、工場全体で扉を開ける閉めるを決めているようなので、僕の作業場だけ扉を開けてください、という融通は利かないだろう。夏服(半袖)にするのは扉が開いてからにしようと考えていたのに、冬服(長袖)を着ていたために風邪を引いてしまったというアホウらしさ。最近になってようやく開けられたけど、遅いよっ、と突っ込みたくなるほどである。工場内の温度が何度になったら開放する、何度以下なら閉めたまま、みたいな決まりができたのかもしれない。 
 足の痛みは立ちっ放しが原因だろう。基本的に、メイン作業をやりつつ、複数の機械に材料を入れたり、加工された製品を取り出したり、一定の数ごとケースに集めたり、ひとつずつ加工が必要な機械を操作したりと、工場内をぐるぐる回る仕事なんだけど。この週は届いた材料が少なくて、当然加工する量も少なくて、動いている機械も少なかった。そのため、僕が担当する機械がほとんどなくて、ほぼ1日中、定時の日は8時間、残業の日は10時間、同じ場所で立ち続ける作業をしていたのだ。そりゃ、足も痛むし、腫れもするわな。太腿はパンパンになっていたし。いつもなら週4日の残業が2日だったのが救い。もっとも、仕事がないのに残されてはたまらない。
 踵の違和感はおそらく安全靴だろう。3月に入って、新しい靴に替えたのだが、違和感を覚えたのはそれ以降である。以前と同じ靴、同じサイズを買っているので、靴に原因があるとは思えなかったけど。履きやすいからという理由で、買ったときの靴紐が緩い状態で使っていたのだ。中敷きもずれていたような気もする。加えて、去年の10月以降は、仕事以外の外出でも、すべて同じ安全靴を履いている。これにより、靴擦れなのか踵擦れなのかは解らないけど、足に負担を掛けていた可能性がある。靴紐を締め直し、中敷きを新しく買って固定した。これで多少は負担が減るはず。しばらくは様子を見るけれど、もし治らないような病院へ行けば良い。以前の僕は行けなかったけれど、今の僕は保険証を持っているのだ。
 呼吸が苦しかったのは脱水症状に近い状態になっていたのではないかと。風邪を引いて熱が出て、ただでさえ水分が足りない状況でありながら、閉め切った工場内で作業を続けていたのだ。トイレは自由に行けるけれど、余り頻繁に行くべきではないと水分補給は最小限にしていたのだ。これらの症状に、しんどくてつらいというストレスも重なって、呼吸が難しくなったものと思われる。ひとつひとつは些細なことでも、まとめて来られると厄介なことになるのだ。そんな感じで症状の検討をつけ、それぞれに有効な対処法を取ってきた次第。とりあえず、そこそこ普通な状態には回復してきた感じ。

 これまでに何度か、頭が痛かったり、喉が掠れていたり、身体がだるかったりして、酒が原因なのか、風邪を引いているのかが解らないときがあった。酒にも風邪にも効くビタミンCを取って、念のため風邪薬を飲んで治してきたので、未だにどちらの症状なのかははっきしていなかったけど。これらは酒が原因だと解った。酒の痛みと風邪の痛みは全然違うわ。今回の症状は本当の風邪だった。喉の掠れもだるさも同様。つまり、僕がこれまで風邪だと思っていた症状はすべて二日酔いだったという( ゚д゚)ポカーン しかしこれは、自堕落な生活を何年間も続けていて、ほとんど風邪を引ていないことを意味する。なんてことだ、僕の身体は意外にも強かったのか。ひゃっほーい! と叫び出しそうなくらいだぜ。とはいえ、本当に健康な人ならば、酒による体調不良に何度も陥ったりしないだろう。とにかくあれだ。飲み過ぎ食べ過ぎを減らそう。酒を適量にして、当たり前の生活を目指すのだ、というオチ。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

反省なんてしないで良いからとにかく酒をやめろ

 先々週の風邪でしんどいときは行ったのに、二日酔いで休んでどうするのか。体調不良の原因が酒なのは解っているのだから、酒をやめれば体調不良で休むことはなくなる。理想としては、今後一切酒を飲まないことなんだけど、それは無理そうなので、平日買物不可(酒は週末のみ)を守れるのが、緩い理想なんだけど、これも守れそうにないのなら、とにかく1日1本を守れと。この決まりだけは、何カ月掛かろうと、何年掛かろうと、守れるようにならなければ。仕事に影響が出て、健康に影響が出て、生活に影響が出たら、生きているどころではない。素人童貞の僕としては、働けなくなって稼げなくなってえろいことができなくなるのは一大事である。とにかく、今日はえいやっと仕事に行ってきたので、酒が原因で仕事を休むことだけはやめろ。罪悪感が半端ない。

 平日に買っても休日に買ってもコンビにで買っても自販機で買っても、酒は飲み切りサイズ1本のみ。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

消化で体力を消耗しない

 欠勤の連絡を入れたあと。最低限の水分補給だけにして、あとはひたすら寝ていたわけだが。「具合が悪くなったら食事をしない、水分だけを取る」というのが効果的だと解った。そして19時を過ぎたあと、体調が戻ったみたいだからと、コンビニへ酒をつまみを買いに行ってしまうわけだが。エンドレスハムスタはいい加減にやめろと。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

仕事を休んで駿河屋からの商品を受け取る

 午前中の寝ていた時間ならともかく、とりあえず目が覚めた時間帯に届いたのであれば、受け取らないわけにはいきますまい。代引きで頼んでいるので、居留守を使うと配達員に迷惑が掛かってしまうし、再配達を頼むのも面倒である。今日だけは特別なんだからな、と考えて届いた荷物を受け取った。
 駿河屋は、注文から発送まで1週間以上掛かるのがデフォルトのようで、かつ、追加注文やキャンセルができないため、注文したあとに別の商品を調べて、この商品があるのならもう1度頼まなければと思い、3回も続けて注文してしまった。
 詳しくは書いていないけど、去年仕事を休んだ日に、どうしても欲しいえろDVDをショップにまで探しに行き、見つからなくて諦めたDVDを駿河屋で見つけたのだから、これは買わないわけにはいかない。新品が買えないのなら、中古を買うに決まっている(本と違って映像がメインだから、中古にそれほどの抵抗はない)。
 そんなわけで、短期間に駿河屋に3回も注文をしてしまったわけだが、欲しかったえろDVDをすべて買うことができたので、充分に満足している。他にも、欲しいDVDはあるけれど、Amazonに在庫がある商品、入荷予定のある商品、マーケットプレイスの出品者が多い商品は、今すぐに買わなくても、2年、3年の余裕がある。そんなわけで、えろDVDの購入はひと区切りである。

続きを読む


親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

痛いよ

 今週はこれまでになく体調が悪かった。頭が痛くて熱が高くて喉がおかしくて声が出なくて呼吸が苦しくて。作業場が暑くて動きがなくて立ちっ放しで足がおかしく踵に違和感を覚えてしまうし。こういうときこそ休みたかったけれど、仕様もない二日酔いで先月休んだばかりだったので、水木金は、出勤前にリポビタンDを飲んで、どうにか5日間の出勤を終えた。仕事をしながら体調不良を治すというのは、なかなかきついものがある。新年度早々、こんなにも体調が悪くなるなんて。本当は、今週の出来事をもう少し詳しく書くつもりで、それ以外にも書こうと考えていた記事がいくつかあったけど。無理をして書くようなことはしない。ブログの優先順位は最低位置に。当面、健康と体調を第一位に考えよう。となると、やはり酒か。飲み過ぎ食べ過ぎをできる限り減らさなければ。酒をやめて、毎日リポビタンD生活にするとか(結構真面目に)。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析
制御用ソース