なんとびっくり4連休

 3連休の飲み食いで気持ちが悪くへたれさが炸裂しただけだが。上司に連絡して、派遣担当に連絡して、後日欠勤届を出さなければいけないという面倒があるのに、今日は仕事に行きたくない、つらいしんどい吐きそうだ、という気持ちの方が強かった。夏休み明けに自殺できる学生が羨ましい(死ぬのは悪いことではない)。淡麗生を飲んで欠勤連絡をして、そのあとコンビニで食料を買い、帰りに自販機で淡麗生を買ってくる。飲み食いが原因で休んだのに、欠勤して飲み食いするアホウがここにいる。というか、それは僕だった。
 いつも真面目な僕が更に真面目な話をすると、残業が決められているので、身体的には行くつもりでも、精神的には行きたくなくなってしまう。「任意と強制」という記事で詳しく書くけれど──本来は、去年の11月に書くはずだったけど──残業が曜日で固定されると、体調が悪くても定時で帰ることができないため、今日は休もうと考えてしまうのだ。
 今週は休みが日曜だけなので尚更。世間では、2週続けて3連休みたいだけれど、僕の職場は祝日出勤が基本のため、今回のような3連休は滅多にない。そのほとんどを酒飲みによって台無しにしてしまったので、急遽手に入れた4日目の休日はばたんきゅすることなく、有効的かつ効率的に過ごさなければ。とりあえず、がつがつ読書をして、そのあとHDを減らそう。それにより、体調と精神を回復させるのだ。そんなわけで、今年の欠勤は17日。有休は残り9日。口座はかつかつ。今日から始まる定期券を買っていたのに、1日分損してしまった(気にするのはそこじゃない)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

3連休の終わり方

 最終日にしてようやくばたんきゅせずに過ごせたけど、酒を飲んだことによる気持ち悪さでパタンが崩れたことは変わらない。3日続けてパタンが崩れたということは、連休を予定通りに過ごせなかったという意味である。HDは減らせない、ブログは書けない、読書は進まない、ゲームをやる気がない。
 これなら、一日中読書をするとか、録画番組を減らし続けるとか、好きなときに好きなことをして過ごせば良かった、と思わなくもない。唯一の救いは、パタン崩れはいずれも午後、昼食の飲み食い以降だったこと。午前中の執筆は3日連続で続けている。存分に書けたわけではなく、未だに前倒し執筆はできていないけど、これだけはやらなければ、という気持ちは残っていたみたい。そうでなければ、本当にただの無為徒食である。
 パタン通りに過ごすこと、時間割通りに過ごすことが、もっとも有効的、効率的に時間を使うことができる、と僕は考えている。毎日酒を飲んで適当に過ごして満足できるのなら良いけれど、僕にはやりたいことがいくらでもある。酒が邪魔をするというのであれば、酒をやめるしかない。反省も後悔もしなくて良いから、とにかく酒をやめろ。それだけのことなんだよ。悪酔いしたり二日酔いになったり、ばたんきゅするほどの酒を飲むな。どれだけ飲めばばたんきゅするか、なんて飽きるほどに解っているだろうに。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

3連休の弊害

 今日はパタン通りに過ごすと決めていたのに、朝から酒を買いに行き、昨日と同じことをくり返してしまう。つまり、午後以降のパタン崩れ。とはいえ、闇雲に酒を飲んだわけではなく、度数の高い酒をこれでやめるという狙いがあった(またかよ)。そして、追加の酒が淡麗生なら大丈夫だろうと考えたけど、大丈夫ではなかった(まただよ)。淡麗生なら安全だけど、度数の高いチューハイが1本加わるだけで安全ではなくなるらしい(今更なんだが)。
 度数の高いチューハイを1本飲んだら、その日は酒を買わない。複数飲みたいなら、最初から淡麗生にする。2本以上は避けたいけれど、チューハイに比べると悪酔いや二日酔いの危険は少ない。朝から酒が飲みたい場合は淡麗生にしろ。淡麗生か氷結ストロングに限定するのではなく、淡麗生か上位のラガー、同等のスーパードライにした方が良い。値段は高くなるものの、ばたんきゅして何時間も何日間も無駄に過ごしてしまうよりは遥かに良い。3連休を2日犠牲にしたのだから、いい加減、度数の高いチューハイをやめなけば。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

3連休を手に入れたものの、土曜が台風休業の振替出勤になり、週末の休みが1日になる

 台風の接近で明日の仕事が休みになる、と聞いた時点で土曜か3連休が振替出勤になるだろうと予想していた。僕としては、9月17日(敬老の日)を出勤にして、土日を休みにしてもらいたかったものだが。3連休のち5日出勤、週末の休みは1日だけになってしまった。振替出勤は休む人が多いし、僕も休もうかと考えたけど、これ以上有休を減らしたくはないので出勤することにした。土曜なら、電車はそれほど混まないし、出勤する人も少ないし、いつもと違った利点がある。これはもう、3連休を有効に過ごすしかあるまい。

 という記事が公開されるのが、3連休初日なわけだけど、僕は酒飲みばたんきゅをせず、パタン通りに休日を過ごせているのだろうか? とにかく、休日の朝から酒を飲むのはやめろ。チューハイの続け飲みはやめろ。休みでも、酒は多くても2本までを徹底するように。

 という記事を予約投稿していたんだが。朝と昼に度数の高いチューハイを飲んでばたんきゅしてしまう。3連休の初日からパタンを崩してしまい、今日から始めるつもりだった、新しいパタンを試すことができなかった(またかよ)。チューハイを飲まずに過ごせたのは、7月から8月の1カ月程度だった(まただよ)。やめられないなら仕方がないけれど、1本だけを守らないと駄目だって。酒に酔って未成年を呼ぶことも、ひき逃げもしないけど、飲み過ぎによって人生を台無しにしてしまい兼ねない。とにかく、朝から酒を飲むのをやめろ(ここからだよ)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

またしても社員に先を越される

 本来は、去年のうちに今の仕事を辞めるつもりでいたけれど、同じ作業場の若い社員が突然辞めてしまい、ここまで働かせてもらった義理もあるし、人手不足の状況で辞めることはないだろうと考えて、それが現在まで続いている。ここへ来て、2年前に中途入社で入ってきた、同じ部署の社員が辞めることを聞き、去年と同じ状況になりつつある。いや、若い社員がいなくなって以降、人手不足に対する義理は充分に果たしているだろうから、辞めたいときに辞めれば良いだけのこと。すぐに仕事を辞められないのは、お金がない、貯まっていないという、僕個人の理由による。
 面倒なのがブログ書きである。時系列に関係なく公開しているけれど、社員のことは順番に書くつもりで、あえて書いていない記事がいくつかある。最初に入った中途社員の記事「居場所を守ろう」、上記で上げた中途社員の記事「話したいわけじゃない、話し掛けられたいわけじゃない」、異動で入ってきた社員の記事「人手不足の5カ月」、最近入った中途社員の記事「人手不足の5カ月、その後の5カ月」を書いていないのに、上記のような文章を書いてしまうと、読んでいる人にはさっぱり解らない。この2年間ブログに書いていなかった人が辞めると知らされても、それはいったい誰やねん、と思うだけだろう。
 とはいえ、過去の出来事ばかりを書いていくのも躊躇われる。人間関係や後人生に参考になることであれば、今の仕事を辞めたあとで書いても良いのだが、今の職場特有の出来事は、働いている現状で書かなければ意味がない(というか書く気がなくなる)。かといって、ブログ書きの時間を増やすことはできないし、ブログを書くペースが突然早くなることはないだろう。とりあえずは、「旧4新2」を進めていくしかない。
 そのためには、酒を飲んでのブログを書きをやめる。気持ち悪い状況では書きたいことも書けなくなるし、ばたんきゅしたら、ブログだけではなく他のあれこれも進めることができない。ブログを続けるのなら、酒をやめる、あるいは減らすしかない(いい加減守れよ)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

駆逐してやる

 大阪人のマナーが悪過ぎるので駆逐してやりたい。僕はこれまで、静岡、名古屋、三重、東京、京都、大阪に住んでいたけれど。この中では断トツに大阪人のマナーが悪い。住んでいた時代と年齢を考慮しなければ、フェアとはいえないのだが、スマホが迷惑行為の原因になっているのは確かだろう。僕が通勤時にD-snapを聞くのは、音楽を聞いて迷惑客を気にしないため、という理由があるけれど、最近は、迷惑客が多過ぎて音楽に集中できない。仕事を転々としている僕だけど、5年ほど前の湾岸倉庫時代は、スマホを使っている人はほとんどいなかった。荷物の詰まったリュックを背負って電車に乗ってくる人を迷惑に思ったくらい。それが今や、ながらスマホでリュックを背負い、混雑した電車に乗る人が何人もいる。周囲の迷惑を考えない、まさに無敵の人である。こういったことは書かない方が良いけれど、やり返すのであれば、そのときにやり返さなければ意味がない。押されたら押し返す、抜かされたら抜かし返す。迷惑客がいなくなったあとで、こんちくしょうと思っても後の祭りである。咄嗟の判断ができなかった時点で諦めよう。大阪人に腹を立てるのはアホらしい。そんなわけで、僕のブログをスマホで見るのはやめましょう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

明日返却予定の本を読むため、ブログ書きをやめる

 こんな読み方をしたら駄目だって、と書いたばかりなのに、こんな読み方をしたら駄目だって。14時以降の予定を変更して、と言えば聞こえは良いけれど、要はパタン崩れである。詳細を書こうとしたのだが、同じことをくり返しているだけなのでやめた。結局のところ、週末の飲み食いが原因みたい(いい加減やめろ)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

かつかつを超えた超かつかつ

 8月17日(派遣会社の盆休み)に週払いが入らず、かつかつな状況で8月24日の週払いを待っていたのだが、3000円なのか1万5000円なのかが解らない(端折って説明すると、派遣会社の週払いは正確には先払いで、1日3000円である。多くても5日で1万5000円)。節約節制をしながら、盆休み明けの仕事を金曜まで続けて、どうにか1万5000円が入っていたのでほっとしたものの。入ったら入ったで、支払うべき代金や使うべきお金があって、あっという間にかつかつに戻ってしまった。8月31日の週払いは1万5000円が入るけど、第2期市府民税納付期限のため、引き出してすぐに支払わなければいけない(納期に遅れて印刷ミスの納付書をもらうのは避けたい)。購入予定のI’veのEPとえろDVDはできるだけ先に延ばすようにしている。結局のところ、月初めの給料が入るまではかつかつな生活からは逃れられないのだ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

欠勤連絡が面倒

 派遣社員が仕事を休むときは、派遣担当と派遣先の職場へ連絡をしなければいけない(僕が登録している派遣会社では)。派遣で働くのは初めてだったので、初欠勤のときは工場にだけ連絡をして部屋で寝ていたんだが、当時の派遣担当から電話があって、こちらに連絡をしてくれないと困る、とお叱りを受けた。考えてみれば、欠勤連絡をどちらにすれば良いのかを、担当に訊いてから休むべきだった。以降、担当と工場へ連絡をするようになった。
 当初は、工場へ電話を掛けると、事務員が出て、欠勤を僕の上司に伝えてくれていたのだが、今年になって、上司に取り次がれるようになった。これまで通り、上司に伝えてくれれば良いだろうに、おかしな具合になって困惑していた。後日、欠勤や遅刻の連絡は、事務員ではなく直属の上司に直接話すように、という指示が全従業員に徹底された。これは多分、社員が休んだときの進捗状況を報せるためだろうけど、社員に言われた仕事だけをやっている僕には意味がない。
 さらにその数カ月後、欠勤や有休を取るときは、派遣も届を出するように言われた。社員や嘱託、直接雇用の人たちはこれまでも届を出していたけれど、それが派遣にも適用されるようになった。つまり、当日欠勤をした場合、工場にいる上司と派遣担当に連絡をして、出勤以降に、欠勤届を出さなければいけない。派遣に対する利点は増えないのに、不備だけが増えるがなんとも(社員と派遣の待遇差については、「派遣なんだかなぁ」という記事で書く予定)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

サーキュレータの使い方と暑さ対策

サーキュレータ
 窓から仕切り扉に向けて風を通す。
 パソコン使用時はパソコン方向に。
 窓側の真ん中に置く。
 強を下向きで。弱中は静か。
 熱が籠もったときは上向きに。

クーラ
 暑いときには入れる(今年は暑い期間が長いので尚更)。
 電気代が高くなるのは、8月9月(支払い)の2カ月くらい。
 28度から30度で3時間タイマのくり返し。
 サーキュレータと併用する。角度は上向きに。

麦茶
 670mlのペットボトルを冷凍庫のドアポケットに入れ、冷えたらサーモスに移す。

部屋着
 半袖Tシャツ、半袖ポロシャツ、ハーフパンツ(灰と青)を使用。裾を切ったジーパンはこの夏で捨てる。

 去年の夏、壊れそうなタワーファンに変えて、サーキュレータ生活を始めたので、今年が2度目のサーキュレータ生活。去年の経験を元に、より良い使い方を模索した結果が上記である。首振りサーキュレータを買えば、風向きや置き場所の問題はなくなるのだが、壊れてもいないサーキュレータを買い替えることはできない。Until Death Do Us Part──僕かサーキュレータのどちらかが、壊れるまでは使い続けよう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

臨時休業の過ごし方

 台風21号の接近で急遽休みになった今日をどう過ごそうか迷ったけれど、いつもの休日通りに過ごすことにした。早くに目が覚めてしまったので、起きてすぐの執筆はできず、HDのあとになってしまったので、前倒し執筆は週末こそ試さなければ。雨が降る前にと、10時過ぎにセブンイレブンへ行き、食パンとスライスチーズと冷凍唐揚げを買う。今日も酒は飲まない。帰ってから読書を進めて、10時30分ころに雨が降り始める。
 12時過ぎて昼食。ラーメンにチーズと唐揚げを載せて、スープに食パンを浸して食べる。「メアリと魔女の花」を見始めたものの、このタイミングで雨風が強くなり、トタン屋根をばっきばっきにしてやんよというくらいに騒がしく、ついうっかりベランダを開けたら、いろんなものが空中を舞っていて、雲の流れがとんでもなく早い。このような風景は滅多に見ることができないと、危険だから窓を閉めろと思いつつも、しばらく眺め続けていた。そのため、2時間の番組を3時間掛けて見てしまう。
 ブログを書くか書かないかは迷ったんだけど、いつもより遅れて「豪遊第3期」を書き進める。夕方になって雨風が収まり、晴れ間が見えたので洗濯物を干す。読書のち夕食。ここまではパタン通り。20時以降、ゲーム、パソコン、HDとパタン通りに過ごせば良いのだが台風も過ぎたことだし、郵便局のATMへ行くついでに、淡麗生を買ってこよう。チューハイじゃなければ大丈夫、明日から酒は週末のみを徹底しよう、というへたれた理由で出掛けようしたところ、雨が降り始めてきたので洗濯物を取り込む。やはりやめようかと思ったんだけど、唐揚げとスライスチーズが残っていることもあり、傘を差して外に出た。
 ここで初めて、玄関前の通路がひどい事態になっていることに気がつく。1階じゃないのに、床上浸水するところだった。駐輪場もひどい有様で、何台もの自転車が倒れて積み重なっていた。僕は昨日、二方を壁に囲まれた場所に、自分の自転車を移動させておいたので、風で倒れることはなかった。郵便局へ行く途中、辺りはひどい有様だった。テレビのニュースで見たような、あるいは見ていないような被害が、自宅近くでも広がっていた。
 それはそれで大変なんだけど、郵便局へ行く道がやけに暗い。全く以て明かりが点いていない。気をつけてATMまで辿り着くと、停電のためATMは使用できません、という貼り紙があって納得した。目的は両替で、お金は昨日引き出していたので問題ない。ただ、酒を買えなくなったのが不味い。
 本来は「郵(ATM)の呪い」で書くつもりでいた情報なんだけど、郵便局へ行く途中に酒屋があり、酒屋の前には自販機がある。この自販機で淡麗生を買うつもりだったけど、自販機も電源が落ちていた。すぐ近くにあるスーパも真っ暗である。この辺り一帯が停電しているみたい。まさか、僕の部屋から歩いて5分の場所でこのような被害が起こっていようとは。管理会社にはいろいろと文句はあるのだが、僕のアパートが停電しなかったことに感謝しよう。なまねこなまねこ。
 とはいえ、雨の中を濡れながら手ぶらで帰ることは避けたい。明かりの点いている方向を目指し、セブンイレブンが営業しているのを確認した(朝行った店である)。淡麗生を買ってすぐに帰ろうとしたところ、350mlが見つからない。って、なんでやねん。先月ようやく、500mlの購入を1本だけにしたのに、ここで買うことは避けたい。しかし、淡麗生以外を買うのは躊躇われる。別の棚を見てみると、なんと秋味が売っているではないか。僥倖っ……! なんという僥倖っ……!
 そんなわけで、秋味を2本買って帰ってきた。秋味を飲みつつ、唐揚げとスライスチーズを食べてしまうんだ。と考えていたのものの、台風による休業なんて滅多にないだろうし、今日の出来事をブログに書いておこうと思ってしまい、予約投稿するはずだった記事を別の日に変えて、この記事を書いている。ただ、僕には1日の出来事を順番に書くことが難しい。これが理由で、1記事1内容が基本になっている。
 夕食以降、パタンが崩れてしまったのだが、今年最強かつ平成最強かつ今世紀最強の台風が来たので仕方がない。一般の人が書くような記事をたまに書くのも良いだろう。いつも以上に時間が掛かってしまったけれど、記事を書き終わったので、あとは秋味を飲むだけだよ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

台風の接近で明日の仕事が休みになる

 それだけなら良かったんだけど、いずれかの土曜が出勤になる、あるいは、久し振りの3連休が普通の土日休みになるだろうから、素直に喜べない。同じ轍を踏まないよう。とはいえ、今週の仕事が水木金の3日になるのは助かる。振替出勤がいつになるかは解らないけれど、今のところは喜んでおこう。
 今度こそ本当に、酒は週末のみを守るのだ、と決めたタイミングで明日が休みになったので、休日前だから酒を買っても良いではないかと考えそうになったけど、帰りに吉野家で牛丼(特盛)を食べるだけで済ませた。普段は並盛なので、特別な特盛である。
 全く以て酒を飲まない日は2カ月半振り。このままの調子で──たった1日だけなんだが──月火水木の4日は酒を飲まない生活を始めるのだ。そんなわけで、明日の仕事は休みだよ。無駄に過ごさないようにしなければ。みたいなブログを、突然に書いたら駄目だって。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

こんちくしょうを引き摺らない

 「しあわせスパイラル」を目指しているものの、悟りを開いたわけではないので、苛立ちや腹立ち、こんちくしょう、と思うことはいくらでもある。朝のムカつきを仕事中も引き摺るとか、仕事でのムカつきを帰るまで引き摺るとか、平日のムカつきを休日まで引き摺るとか、それを理由に酒を飲むとか、とんでもなくアホらしい(ひどいときは、過去のムカつきを思い出して、あるいは、未来のムカつきを想像して飲んだこともあった)。
 こんちくしょうと思ってしまうのは仕方がない。ただ、それを引き摺らない、ぐだぐたと考えないように。仕事中なら、仕事に集中する。仕事以外のときは、何も考えないか、別のことを考える。とにかく、不穏な感情が続きそうになったら、「はい、おしまい」で強制的に打ち切る。掛け声は──心の中のことで実際は声に出さないんだが──べつになんでも良い。諦めが強いのなら、「まあいいや、どうだって」でも構わない。こんちくしょうは数秒で終わらせる。これに慣れないことには、生きていくのがつら過ぎる。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示