こんちくしょうが続く日々

 どうもここ最近、こんちくしょうと思うような日が続いている。朝、駅に行くまでにムカついて、電車の中でムカついて、仕事中にムカついて、帰りの電車でムカついて、1日中ムカついているという有様。それを少しでも解消しようと、酒を飲んでしまうのだ。運が悪い日は、良くないことが続くのかもしれないけれど、1日中ムカついている日がこう何日も続くとは。なんでやねん。
 もともと僕は、他人を信じない、疑う傾向があるので、疑心暗鬼にはなりやすいと思うけど、僕の性格がいきなり変わったとは考えにくい。また、ここ数日で、僕の周りに常識知らずの人間が集まっている、という異常な現象が起こったわけでもないだろう。全く以てわけが解らない。
 ここ最近というのであれば、何度も続いたこの冬一番の寒さ。この寒さで体調が不安定になり、感情が不安定なり、そんな状況で酒を飲んでしまうので、不安が不安を呼び、あれもこれもどれもそれも、ムカつく、こんちくしょうと思ってしまうのではないか。
 寒さが原因なら、冬が来るたび精神不安定になっているはずだけど、そんなことはない。今年は去年よりも寒かった、酒を減らしているので、アルコール耐性が以前より落ちている、などと適当な理由を上げられる。本当の理由は解らないのだから、僕自身がこういうことだったのか、と納得しさえすれば良い。俺がそう決めたんだ。誰にも文句は言わせない。
 とはいえ、寒さが原因ではどうにもならない。少しずつ暖かくなるのを待つしかない。酒は平日1本休日2本を徹底することで、どうにか体調を整えよう。マイナスに対しては、近づかない、関わらない、考えない、思い出さない、ようにしてきたけれど。相手にしない、争わない、を加えよう。他人にムカついて、酒を飲んで、ばたんきゅするなんてアホウらしい。
 今月の3連休で、この辺りの感情を回復させようと考えていたのだ。パタン崩れの連休になってしまったけれど、少しくらいは回復したような気もする。気がするだけかもしれないけれど。酒を飲むのではなく、食べたいものを食べた方が、感情は回復するかもしれない。結局は、酒を控えて体調を整えろ、ということになる。いい加減にしろ。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

なんだかおかしな具合になっていた

 例によって、2日続けて欠勤の連絡をしたら。前日とは違う事務の人が出て、不親切にも上司に取り次いでしまうのだ。機械を立ち上げて、それが終わったら朝礼に行かなければならない時間帯に呼び出すのは申し訳ないと思うけど、代わりますのでお待ちくださいと言われたら待つしかない。熱が下がらないので休ませてください、と連絡して休むことにしたのだが、なんだろう、この2度手間は。
 僕の名前が派遣先のブラックリストに入れられている、ということでなければ、欠勤連絡の対応を変えたのだろう(というか、事務の人から伝えてもらっても、上司に直接話しても、言うことは同じだし、休むから連絡をしたことに変わりはない)。とにかく、体調不良で仕事を休むのをやめろ。言わずもがな、なんだかおかしな具合になっているのは僕である。

 そんなわけで、えいやっと出勤してきた。3連休のち3連続欠勤とか泥沼だからな。有休が残り2日だからこれ以上休むわけにはいかないという理由もあるけれど、2日続けて上司に連絡するのはしんどい(休まずに行けば良いだけのことなんだが)。体調不良で休んだのに、休んだことによって体調を悪くするとかアホウらしいことはやめろ。休まず行け、とにかく行け。酒を飲んでも適量にしろ。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

欠勤連絡を終える

 例によって、連休の飲み食いが原因で、へたれさが炸裂して休んでしまったわけだが。欠勤連絡が億劫だったので、行くか行かないかをいつまでも迷っていた。というのは、前に休んだときの対応が変わっていたからである。
 これまでは、熱が下がらないので休ませてください、と連絡すれば、事務の人が僕の上司に伝えてくれていたのだが。1月の欠勤は2日とも、連絡したら終わりではなく、僕の上司に取り次ぐというのだ。いや、そんなことはしていなかっだだろうに、なんでやねん。そう思っても、代わらなくて良いです、伝えてくれれば結構です、とは言えない。事務の人に言ったのと同じ説明を上司にして休むことになったのだ。
 初日に出た人は初めて話す人だったから、新しく入った人か、事務に慣れていない人か。それで対応が違ったのだろうと考えたけど、2日目に出た人とは何度も話していたので、その人も電話を上司に代わるというので、なんでこんな面倒なことになっているのかと思った。このことは、「なんだかおかしな具合になってきた」という記事で書くつもりだったので、当時の記事では書いていない。
 そんなことがあったので、仕事ができないほど体調が悪いわけじゃない、今から支度をすれば間に合う、行けるのであれば行った方が良い、と布団の中でぎりぎりまで迷っていた。僕が社員なら、この作業が滞っている、あの製品を今日までに加工しなければいけないのでお願いします、という連絡もできただろうけど。僕は派遣であり、自分から仕事をすることはできない。指示された内容に従っているだけである。
 僕の作業状況を知っているのは上司で、指示も上司が出すのだから、欠勤する日に直接話す必要はないのだ。事務の人から伝えてもらうというワンクッションがなくなり、欠勤連絡をしんどく感じてしまう。かといって、無断欠勤をするわけにはいかない。それをやったら泥沼になる。上司に何を言われても、休むと決めたら休むのだ、まさか無理して出てこいとは言うまい。
 そんな思いでえいやっと欠勤連絡を入れたところ、今日出た事務の人は上司に伝えてくれるというので助かった。前回2日が特別だったということか。その辺りは考えても仕方がない。とにかく、体調不良で仕事を休むのをやめろ。土日の飲み食いが原因なのは充分過ぎるほど解っているのだ。欠勤を有休に充てたので、残っているのは3日だけ。これ以上は休めない。給料が減ると、生活に影響してしまう。

 報告。19時55分現在。朝に度数の高いチューハイを飲んで、昼に度数の高いチューハイを飲んで、夕方に度数の高いチューハイを飲んで、夜に度数の高いチューハイを飲んでいる有様。平日1本休日2本が守れても、欠勤して4本飲んでいたら意味がないだろ。欠勤して不安感や焦燥感や罪悪感を持って酒を飲むくらいなら、体調が悪くても気持ち悪くても出勤しろ。休んだなら休んだで体調が回復するまで寝ていろ。寝る必要がないのなら、えろDVDでも見て感情を回復させおけ。えいやっと欠勤連絡をしたのに、不安で怯えて酒を飲むとかわけ解らん。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

寝てばかりの土日

 2月に入って以降、土日休みに2度寝をして、午前中を台無しにしている。さすがに3連休は起きなければと考えたものの、昨日と今日も昼近くまで寝てしまった。土曜は安全靴を買って、そのあと散髪へ行く予定だったけど、雨がひどかったため出掛けられず、諦めてパタン崩れで過ごした。日曜こそはと思ったけれど、やはり2度寝をしてしまう。天気が良かったので、土曜の用事を済ませてきた。2日続けてパタンが崩れてしまった。そして、今日になってようやく、いつも通りの時間に起きるという。遅いだろ。
 前日の酒の飲み過ぎで起きたくないという思いと、このところ続いている寒さのせいで布団から出たくないという思いが合わさっての結果なのかもしれない。滅多にない月曜の休みは、土曜パタン、日曜パタンのどちらで過ごそうか、などと考えていた数日前が懐かしい。金曜の仕事帰り、久し振りにツタヤに寄って(去年の8月4日以来)、『天元突破グレンラガン9』のDVDを借りてきたので、パタンを崩してでも見てしまわなければ。予定では、土曜か日曜に見て月曜に返すつもりだったのに、酒の飲み過ぎでばたんきゅしてしまったのだ。いや、午前中を潰して、夕食以降も潰してしまうとは、全く以て時間を無駄に使い過ぎだろう。反省しろ。
 今後も大サイズは不可。割高でも飲み切りサイズに。その日飲む分だけを買う。平日買物不可。酒は平日1本休日2本を徹底すること。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

帰宅後パソコン不可

 「目標とか決まりとか」で、パタン崩れの原因は酒とネットだと書いたけど、ネットについては取って付けたものである。本来は、酒による悪酔い、二日酔いがなければパタン通りに過ごせるという記事だったのが、公開直前に読み直したところ、ネットによるパタン崩れがあることに気づいて、慌てて付け足した次第。
 2017年1月14日に、帰宅後パソコン不可という決まりを作ったのは、それが長引いて、夕食の時間が遅れ、延いては読書の時間も遅れてしまうからである。定時でも残業でも、パソコンを使う時間──感想を書いたり、文章を書いたり、ネットを見る時間──は22時からと決めているのだから、帰宅後にパソコンを見る必要はない。どうしても見たければ、夕食(HD)の時間に、携帯電話(ガラケー)かPSPで確認すれば良い。これならパタンは崩れない。
 これまで、土日のパソコン時間を作っていなくて、適当なときにやれば良いと考えていたけれど、それが執筆の遅れ、ブログ書きの遅れに繋がっていたので、パソコン時間を雑用2時間に加えることにした。即ち、洗濯、掃除、買い物、図書館、パソコン等を、土日の雑用2時間に。ネットをしていたら、いつの間にやらこんな時間に、という無駄遣いを避けよう。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

つまり 過剰なのさ反応が……! 傍から見たらその異様さがよくわかる……!

 食費を節約して貯金と何度も言っているけれど、それで貯められる額は高が知れている。食費ではなく、趣味の買い物を減らせば、貯金は確実に増やしていける。はっきり言うと、えろDVDの購入、福原をやめれば、それなりに貯金できるはず。
 ひと月のえろDVD購入最高金額が、2016年3月の3万4448円(16枚)、2016年10月30日まで(ちっゃい妹との最後)の風俗に費やした金額が115万5500円、という現実を見なければいけない。いや、それは充分に解っているんだけど。友達も恋人もいない、家族とも仲良くできない僕としては、えろいことを生きる支えにするしかないんだよ(それにしても限度があるだろ)。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

市府民税スパイラル

 市府民税を払い終えたと思ったら、市府民税の申告書が届くという税金スパライラル。
 ギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!!
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

内緒の500ml

 すべてを公開する必要はないけれど、記録的な意味もあるのでやはり書いておこう。
 2016年8月以降、500mlの酒をやめて350mlのみを徹底している。これは嘘ではないけれど、本当のことでもない。お酒の神様からダブルレモン(500ml)の施しがあったことは書いたけど、それ以外にも500mlを飲んでいる。
 2017年8月20日に金麦を、10月11日に淡麗生を買った。どちらも追加の酒である。その日以降、350mlを守れていたけれど、今年の1月24日に、度数の高いチューハイ、かつて神様が贈ってくれたダブルレモン(500ml)を自分で買ってしまった。
 これには実験的な意味があり、500mlの酒1本で酔うのなら、休日に350mlを2本3本と買うことはない、と考えてのことだった。ただ、飲んだところで酔わなかった。平日1本は徹底したいので、追加の酒は買っていない。
 とはいえ、500mlを飲んで酔わなかった。寒さのせいかもしれないけれど、まったく酔わなかった。反対に、350ml1本で酔うこともある。前にも書いたけど、酔う酔わないは感情に左右されるのではないかと思う。とすれば、身体的金銭的に考えて、500mlを買うことはない。350mlで充分である。休日に複数買うとしても、350mlを徹底する。
 2017年は500mlを3本飲んでしまい、2018年は既に1本飲んでしまっているけれど、今年の500mlはこれで最後にして、来年以降は1本も飲まないよう。500mlの酒は買わない夫、飲まない夫を続けよう。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

我が名はフック

 今年最初の休日、1月7日の日曜日。100円ショップでカーテンフックを買ってきた。もっと前から欲しかったのだが、カーテンとレールを繋げているL字状のアレの名前が解らない。名前を知らなくても買えるだろうけど、店員に訊ねる手間を省きたかったのだ(カーテンをくっつけるアレが欲しいのですが、という抽象的な質問をするのは恥ずかしい)。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

目標とか決まりとか

 本来なら、2016年の年末に決めた2017年に守るべき目標や決まりを公開するつもりだったけど、公開前に2018年になってしまった。最初に決めた目標や決まりを修正や訂正して、もっとも最適な目標や決まりに近づけているため、完全版になったら公開しようと考えているうちに、1年以上が経ってしまう。
 それらを今更公開しても意味がない、というか結局のところは毎年同じようなことを考えては修正や訂正をくり返しているので、現時点でも通じる、あるいは繋がっている、目標や決まりを公開しておこう。

 酒は1本を守る。
 節約、貯金をする。
 パタン通りに過ごす。
(2017年9月5日)

 パタン通りに過ごす。
 とにかくやる。2時間集中。
(2017年12月1日)

 何年考えたところで、修正や訂正をくり返したところで、パタン通りに過ごすのが第一位。これさえ守れば、他の目標や決まりはなくても良いと言える。正確には、パタン通りに過ごすことで、すべての目標や決まりを守ることができる。
 パタン崩れの原因は、飲み食いによるものが大半なので、過剰な飲み食いをやめれば、パタン通りに過ごすことができる。酒やつまみの代金が減れば、節約や貯金に繋がる。執筆や読書、ブログ書きなど、酒を飲んでいなくても億劫に思うことがあるけれど、とにかくやる、少しずつ進めることで解決できる。それと、ネットによるパタン崩れもあるので、こちらも注意しよう。
 平日も休日も、自身の作った時間割、予定表通りに過ごせば良い。自分では完璧だと思っているけれど、上手く過ごせない場合、予定表に問題があったのではないかと考え、修正や訂正をくり返して、上手く過ごせる予定表に変えていく。ひとつの考えに固執しない。
 とにかく、毎日をパタン通りに過ごせるよう。酒とネットに注意する。当面は、今年も来年も再来年も、これが目標であり決まりである。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

クリアクーラーをやめる

 度数の高いチューハイをやめる前段階として、6パーセントのクリアクーラーに変える、最終的に5パーセントで満足できるようにする、と去年の7月に決めたのだが、これが上手くいかなかった。薄々は気づいていたけれど、上手くいくはずだと思い込もうとしていたのだ。
 何が問題かというと、クリアクーラーはプライベートブランドなので、セブンイレブンでしか買うことができない。平日の仕事帰り、度数の高いチューハイをやめてクリアクーラーを買う場合、平日買物不可を真っ向から否定することになる。
 また、チューハイの棚に並んでいるから、期間限定のチューハイが発売されていた場合、どうしたって気づいてしまう。この場合、限定品1本だけで済ますことができなくて、限定品のチューハイと本来買うつもりだったクリアクーラーを一緒に買うことが多かった。更には、クリアクーラーが108円と安いため、1本ではなく2本、あるいは3本と買ってしまうこともあった。休日ならまだしも、平日ではどうしようもない。
 度数の高いチューハイをクリアクーラーに代える方法は上手くいかない、と2カ月経って認めることにした。このままだと、度数の高いチューハイの代わりにクリアクーラーを買うんだからなという託けで、平日の仕事帰りにコンビニへ寄り、1本で済ます酒を2本3本と買い、ついでにつまみも買うという生活を続けてしまうところだった。それよりは、自販機で度数の高いチューハイを1本だけ買う方が良い。身体的にも金銭的にも。
 このような紆余曲折があり──ただの甘えとへたれの結果だが──度数の高いチューハイをクリアクーラーに代えるのはやめることにした。平日買物不可。自販機で1本のみ。クリアクーラーを買うのなら休日に1本。平日の仕事帰りに、スーパやコンビニへは寄らない。これが、2017年8月28日時点の酒飲み対策である。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

ふたたび火災保険

 いや、再びどころではなく、八度くらいになるのだろう。つい最近支払ったばかりではないかと思っていたんだが、2年前のことだった( ゚д゚)ポカーン 2年で1万2300円というのは、ひと月512円ということである。そう考えれば高くはないけれど、保険期間が平成30年(2018年)4月1日から平成32年(2020年)4月1日まで。今年中に実家に帰るという強い意志があれば、入らなくても良いのではないか。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

還付金6180円

 還付金明細書なるものが届いたんだけど、知識のない僕にはこれがなんなのかが解らない。扶養控除等(異動)申告書は毎年書いているけど、還付金明細書をもらったのは今年だけ。そういえば、去年から給料明細の体裁が変わったので、これまでは一緒に入れていた源泉徴収票と還付金明細書を、別便にして郵送したのかもしれない。とまれ、少しでもお金が入るのは嬉しい(いや、戻るのか)。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示