バレンタインが面倒臭い

 正確には、お返しをどうしようか迷うのが面倒なんだが。百貨店内書店のときは、女性従業員が男性従業員全員に渡していたので、お返しも男性従業員全員で返していた。目立ちたがりで仕切りたがりの先輩がいたから、その人にお返しの代金を渡しておけば、何かしら適当なものを買って女性従業員たちに渡してくれていた。もらうものをもらっても、きちんと返しているので抵抗はなかった。
 今の職場では。同じ部署のパートのおばちゃんが、社員や派遣に関係なく、好意でチョコレートを渡してくれる。お返しが面倒なので要りません、などと答えられるほど僕は強くない。ありがとうございます、と受け取っている。
 最初の年は、とにかく仕事を続けることが第一だったから、そんなことを気に掛ける余裕はなかった。同じ作業場の上司と若い社員は、それぞれお返しを渡していたようだけど、それがホワイトデーだと気づくのはかなりあとになってから。このようなイベントに参加したことがないので、バレンタインと繋がるとは思わなかったのだ。
 2年目。つまり去年は、上司と若い社員がパートのおばちゃんに何か渡しているのを見て、その日がお返しの日だと気づいたものの、何も用意していない。タイムカードを押すときに重なって、お返しを用意するのを忘れていました、と言わなくて良いことを言ってしまう。渡すものがあって、それを忘れて後日渡すというのならともかく、用意していませんでした、と言ってどうするのか。これは明らかに失言だった。
 それを踏まえての3年目。即ち今年は、もらったときにお詫びとお礼を言っておいた。「すいません、ありがとうございます」と。一件、なんでもないお礼のように思えるけれど、「(お返しができないだろうけど)すいません、(今年もチョコレートを)ありがとうございます」という僕の気持ちを込めていたのだ。とりあえずはこれで良し。言うべきことをは言っておいた(伝わっていなくても)。
 お返しをするのが嫌というのではなく、誰かに何かをあげたことがほとんどないので、何をどうすれば良いのかが解らないのだ。おばちゃんの方でも、お返しを期待しているわけではないだろう。それに、同じ部署の高齢の社員のたちも、お返しをしている様子はない。僕もこちら側に属しようと思っている次第。
 ただ、このような記事を書いてしまうほど気に掛かっているのなら。それ用の商品をスーパやコンビニで見つけたときに買っておけば良い。気づかなかったり、いつの間にか当日になっていたのであれば、それはそれで構わないとしよう。もらったお礼はきちんと言ってあるのだ。というか、仕事とは関係のないこのようなことで悩むのはアホウらしいよなあ。
「三度の飯より」って言うけど、飯を三度も食べないし、的な。

8年間もへたれ続けて

 欲しい本の在庫がその店にしかなかったため、1年振りに行ってきたけれど。かつての同僚に挨拶すらできないとは。もし見掛けたら、このように声を掛けよう、このような話をしよう、という想像はいくらでもしていたのに。実際には、近づくこともできず、早々にその店をあとにしてしまった。なんだろうな、この感情は。喧嘩別れしたことを後悔しているのなら、謝れば良いだけの話なんだが。結局、それができないんだよ。へたれさ炸裂っ( ノД`)シクシク…
「三度の飯より」って言うけど、飯を三度も食べないし、的な。

同じ高み

 毎年6月と11月は、決まってあの子のことを思い出していたのだが、いつの間にか7月になっていた。6月はしんどい仕事が続いていたので、思い出す暇もなかったのかと思ったけれど、その状況が続いたのは精々10日ほどである。むしろ、落ち着いたことにより思い出してもおかしくはない。
 それがなかったということは、おそらく納得できたのだろう。当時の大学生、つまり、今の30代にとって、自殺は特別な死因ではない。あの子がどうして死んだのか、なんて考えるのは意味がない。大学生がスマホを持ち、「ポケモンGO」をやっていたところで、誰がそれを不思議に思うのか。あの子が普通に死んだなら、僕は普通に生きるだけ。それだけのことじゃないか。
「三度の飯より」って言うけど、飯を三度も食べないし、的な。

ナイショの話

ナイショの話

 僕とあの子が所属していたサークルがこれだ。いや、アニメ研究会ではなくて。
「三度の飯より」って言うけど、飯を三度も食べないし、的な。

消せない悔しさは 戦うしかないよね

 僕の尊敬する御三方の端的で的確な文章により、マイナス対策は終わったんだけど、それらを踏まえた上で、僕の経験と対策を書いておこう。まさしく余計な蛇足になるけれど。

 おかしな人間はいくらでもいる。
 これは、湾岸倉庫時代に思い知らされた。同期アルバイトに、言葉が通じない相手がいて、一緒に仕事をすることにどうしても耐えられなくなったので、それを理由に、仕事を辞めようとしたことがある。そのとき相談した上司が(正確には上司の上司)、僕の話を聞いて、所属部署を変えてくれた。言葉の通じない相手と離れることになり、どうにか仕事を続けられるようになった。
 このとき、あれだけ頭のおかしい人間とは、もう会わないだろう。こんなにもしんどい思いをするのはこれで最後だ、と考えてほっとしたのだが、そんなことはなかった。それから1年も経たないうちに、それ以上に言葉が通じない相手が現れる。
 そのときに、言い方は悪いけど、頭のおかしい人間はいくらでもいるのだ、と思った。できれば、そのような人間とは会いたくないのだが、湾岸倉庫を辞めて以降も、頭のおかしい人間と関わっている。ブログには書かなかったけど、というより、ブログに書こうとさえ思えなかったので、2014年の4月以降、しばらくブログを書く気が起きなかったのだ。
 おかしな人間はいくらでもいる。今後、生活や仕事が安定したとしても、いつかは言葉の通じない人間が現れる。そのことを年頭に置いておくべき。

 最終的には時間が解決してくれる。
 上記のようなことを書くことができたのは、3年、4年が経ってようやく、客観的に考えられるようになったからである。当時のブログに顕著だけれど、思い出すたびに、考えるごとに、感情的になってしまい、冷静に捉えることができず、酒ばかり飲んでいた。
 坊主憎けりゃ袈裟まで憎いではないけれど、何もかもにムカついていたのだ。そのような感情は、相手がいなくなったから、会わなくなったからといってすぐに消えるものではない。1年目の相手が西村賢太に似ていて、2年目の相手が当時売れ始めた芸人に似ていたので、本を読んだり、テレビを見たりすると、連中のことを思い出してはムカついて、苛立って腹立っていたことがあった。西村賢太も、その芸人にも、まったく関係がないというのに。
 この感情に対してはどうしようもない。そもそも相手がいなくて、現在では関わりがないのだ。とにかく、時間が経ち、記憶が薄れるのを待つしかない。ただ、なんらかのきっかけで、唐突に思い出してしまうことはあるわけで。そのときに、思い出すままにしていたら、ひたすらムカついて、過去の腹立ちを思い出すだけである。
 その対策としては、それ以上考えないこと。あのときはムカついた、腹が立ったということを思い出しても、それ以上に踏み込まない。こんちくしょう、と思うに留める。考えない時間を長くして、当時抱いた思いを、考えを、忘れるようにする。そういえば、そんなことがあったな、と軽く思えるようになるまでは、過去の腹立ちを思い出さない、思い出してもそれ以上を考えないようにするのだ。
 最近になってようやく、西村賢太や売れている芸人を見て、この人は西村賢太だ、この人は芸人なのだ、と思えるようになった。3年、6年、9年と経つうちに、記憶も思い出も薄れてくる。いつの間にか、忘れているのが理想である。

 そんな感じで、これで安心マイナス対策、プラスアルファも終了。これらを踏まえた上で、僕は自分の「しあわせスパイラル」を目指そう。
「三度の飯より」って言うけど、飯を三度も食べないし、的な。

フリーターだけど家は買えない。

 実家でフリーターやってる人がマジで羨ましいです。ご飯を作ってもらえるとか、助けてもらえるとか、そういうことじゃなくて、家族がそこにいるってだけで羨ましい。いらないなら俺にくださいその家族w
(34歳職歴なし 初めてのハローワーク/無職太郎)

 ひとり暮らしを続けていると、無職太郎さんの言葉が身に沁みる。友達や恋人ができなくても、家族と仲良くできますように( ノД`)シクシク…
「三度の飯より」って言うけど、飯を三度も食べないし、的な。

これで安心マイナス対策(終)

 思い知らせてやりたい人間は、そもそも思い知ることができない人だ。

 これは、本当にこういうことなのである。どうしようもない、といえばそれまでだが、もともと思い知る能力がないから、思い知らせてやりたいと他者に思わせるような行動を取ってしまうのだ。だから、思い知らせることは諦めて、もっと噛み砕いて丁寧に説明をするか、無視して離脱する(関わらないようにする)かしかない。
(つぼやきのテリーヌ/森博嗣)

 そうなんだよ。結局はこういうことなんだよ。「しあわせスパイラル」の始まりが遅れたのは、書くつもりではなかった「最後に残った道しるべ」「他人の幸せより自分の幸せを」を書いたのは、思い知ることができない人に対して燻った気持ちが残っていたからで。
 そういう人間に何を言っても無駄なので、これ以上関わらない。近づかない。マイナス対策はこれでお終い。これ以上は考えない。僕は自分の「しあわせスパイラル」を目指そう。

続きを読む


「三度の飯より」って言うけど、飯を三度も食べないし、的な。

20代、30代の死因のトップが自殺

 知っている人はとうに知っていたのだろうけど、20代、30代の死因のトップが自殺であることを僕は最近知った。あの子の生き方は特別だったけど、死に方はべつに普通だったのか。今の時代、自殺したことのない人の方が少ないだろうし。あの子の死に方については、これで気にしなくて済みそうだ。
 あの子に関する記事は、「思い出と記憶って、どこが違うか知っている?」という始まりを書いて、「そしてそれから」という終わりを書く予定。ただ、思い出したことを書く、ということができないんだよ。もしかしたら、数年後には書けるかもしれない。あるいは、10年経っても書けないかもしれない、みたいな感じで。
「三度の飯より」って言うけど、飯を三度も食べないし、的な。

これで安心マイナス対策2

「やめたほうがいいだろうね。君のためにも、会社のためにも」とその人は言った。
 たぶんぼくはこの人と何万日話しても人間的な会話はできないのだろうと感じた。
(ぼくは眠れない/椎名誠)

 友達好きの社交家である椎名誠でさえ仲良くなれない相手がいるのだ。友達がいなくて社交的でもない僕が、マイナスと付き合っていけるはずもない。そういう人間に何を言っても無駄なので、これ以上関わらない。近づかない。これでお終い。僕は自分の「しあわせスパイラル」を目指そう。
「三度の飯より」って言うけど、飯を三度も食べないし、的な。

その声を覚えてる

 いつも通りの休日パタン。執筆、掃除、洗濯を終えて買い物へ出掛けたのだけど。かつての同僚を見つけて動揺してしまう。これまで、書こうとして書いていなかったけど、湾岸倉庫からの採用連絡をもらい、その上で別の会社への面接に行った日、帰りに寄った本屋で、かつての同僚とばったり会ったのだ。会ったというか、その店で働いていたわけだが。
 この子はオオアリクイの書店の後輩で、僕よりも年下だったから、もしかして○○さん、と気軽に訊ねることができたのだ。オオアリクイの書店が閉店して以降、というか、働いているときでも、僕は同僚と連絡を取ることがなかったので、というか、連絡先を知らなかったので、このとき、かつての同僚たちがどこの店で働いているかを知ったのだ。
 本屋で働いている人は、辞めたあとも、別の本屋で働く傾向があるみたい。僕自身、みなみの書店で働いていたわけだし。蛇足だけれど。みなみの書店が去年の1月に閉店していたことを最近知った。解りにくいけど、あえて解りにくく書いているのだが、オオアリクイの書店とみなみの書店に関係はない。このブログを書き始めたときに働いていたのが、みなみの書店で、まったく別の人間関係である。
 後輩情報により、僕が本を買いに行くとき、この店にはかつての同僚がいる、この店にはいない、という情報を知ったのだ。そう都合良く会うことはないのだが、ここは誰々が働いている店だな、と思ってその当人と会ったときは、それほど驚くことはない。まったく予備知識のない状況で、予想していない人を見つけたので、これは一体どういうことだ、と動揺してしまったのだ。考えてみれば、オオアリクイの書店の同僚と最後に会ったのが4年以上前だから、その店に別の同僚が勤めていたとしても不思議はないんだよな。僕自身、仕事を辞めて、新しく勤めて、をくり返しているわけだし。
 その店に行ったとき、かつての同僚何人かが勤めているのは知っていたから、久し振りに会うかもしれないな、と思ってはいたけれど、予想もしていない人に会うことになろうとは。正確には、会ってはいない。姿を見てもいない。僕が本を探しているとき、本棚の向こう側から、店員がPHSで別の店員に問い合わせをしている内容が聞こえた。大型の書店だと、トランシーバモードで連絡を取り合う。インカムみたいなものである。
 ××です、と名乗ってから問い合わせを始めて。あの人と同じ名前だな、と思ったのだが、同じ名字の人はいくらでもいるだろう、と最初は気にしていなかった。本を探したあとで、気がついた。かつての同僚が何人か働いている店で、更に知っている名前を聞くって、明らかに僕の知っている同僚ではないのか。そういえば、声も話し方も良く似ている。そう思って、すぐさまレジへ行き、会計を終えて、その店をあとにした。
 逃げるように店を出てしまったのは、その同僚に対して、余り良い思い出が残っていないからである。年齢は僕と変わらない女の子で、最初は仲良くしていたのだが、店が閉店するころには、すっかり仲が悪くなってしまった。どちらが悪いというわけではないのだけれど、ふたりとも真面目な性格だったので、許せないことは許せなかったのだ。自分の考えを曲げてまでも、仲良くするとはないだろう、そのように考えていたころである。
 最後に会ってから7年以上が経って、当時のことを蒸し返すつもりもないし、思い出す必要もないのに。不意打ちだったこともあるけれど、僕はその場から逃げ出してしまった。お久し振りです、と挨拶をすれば良いだけだったのに。かつての同僚に、挨拶もできないへたれだったとは。
 その店が、買い物の最後だったのが幸いだった。宮本むなしに寄ってがつがつ食べて。帰ってから最寄りスーパで、来週の食料、食材と一緒に、酒とつまみを買って。HDD減らしも、ブログ書きもしないので、飲み食いをして、自分のへたれ振りに落ち込んでいたのだ。何をやっているのか、俺は。
 最終的に出した結論は。次に会ったら挨拶をしろ。頻繁に行く店ではなく、他の店に在庫のない本や、出版から年数の経っている本を探すときにしか行かないし、行ったとしても必ず会うわけではない。嫌われているかもしれない、と僕が思い込んでいるだけなのだ。実際に嫌われているのなら、それはそれで仕方がないけれど。次に会ったときは、挨拶くらいしておけ。それができなければ、僕はこの7年、ずっとへたれたままだった、ということではないか。
 
 ただ、この人に限らないけど、苦手な相手、嫌いな相手でも、近づくように努力しなければ、という強迫観念があるのだ。一方的に無視するのはフェアじゃない、みたいな。この人はべつにマイナスではないけれど、関わることによって、僕自身がマイナスに考えてしまうのであれば、近づかない方が良い気がするんだよ。知り合いすべてと仲良くなれる、などと思ってはいないし、そこまで社交的な性格でないのは充分に解っている。嫌う理由がないのだから、嫌うことができないのだ。ちょっと苦手というだけで。自分の幸せだけを求めるのも、案外、難しいのかもしれない。

 まさかここへ来て、「INCIPIT TRAGOEDIA」の内容に触れることになろうとは。とんでもなく自虐的で、陰鬱さを炸裂させているブログを、まったくアクセスがないというのに、3年近く続けていたのだ。当時は、縋るものが他になかったのだろう。あるいは、あっても気がつかなかったのか。このような過程を経たからこその「しあわせスパイラル」である。マイナスだけのブログはもう書きたくない。
 最終的なサイトは、このブログになるので、他を読む必要はない。マイナスのブログを読んでくれとは言わない。紹介していないブログやサイトが他にもあるけれど、それらはまた機会があれば。まあ、どのサイトでも同じような文章の書き方をしているので、解る人にはすぐに解るかもしれない。サイトによって、性格や趣味が変わるわけではないし。
「三度の飯より」って言うけど、飯を三度も食べないし、的な。

これで安心マイナス対策

 もし絶対に許せない人間がいても、怒る必要はない。「こいつはそういう人間なんだ」と考え、粛々と扱いを変えれば済む。
(不良妻権/土屋賢二)

 土屋先生の言う通り、マイナス対策はこれがベストか。そういう人間に何を言っても無駄なので、これ以上関わらない。近づかない。これでお終い。僕は自分の「しあわせスパイラル」を目指そう。
「三度の飯より」って言うけど、飯を三度も食べないし、的な。

しあわせスパイラル始めますか

 きっかけは、ロッカのおっさんだった。
 部署ごとの朝礼では、社員が毎日交代で、何かしらの話をしている。内容はなんでも良いみたいで、体調管理や出勤日に関するものが鉄板である。夏なら水分補給をきちんとするように、冬なら風邪を引かないように、土曜ならいつもと交通量が違うので道路に出る際は注意するように、みたいな感じで。他には、単純に連絡事項であったり、自身の経験であったり。
 ロッカのおっさんは、雑誌に載っていた記事だと断ってから、人間関係について話していた。信用していた人に裏切られたことで、人を信じることができなくなってしまったら、これからあるかもしれない素晴らしい出会いを逃してしまう。人を信じなければ、新しい出会いも生まれない。という、おっさん自身が断ったように、どこかで聞いたことのあるような話だった。
 そのため、特に影響を受けることもなく、いつもの朝礼と同じような感じで聞いていた。そのときはなるほどと思うけど、じきに忘れてしまうくらいの印象で。実際、朝礼の話で覚えているものは、何度もくり返された鉄板スピーチくらい。それを思い出したのは、ロッカのおっさんが仕事を辞めてからである。
 そういえば、1度裏切られたからって、人を信じなくなるのはやめよう、みたいなことをロッカのおっさんが話していたな。ある日の仕事帰り、不意に思い出したのだ。それと同時に、僕がブログで書いていることそのままではないか、と気がついた。人を信じられない、信用できないから、ムカつきや苛立ちばかりをブログに書いているのだ。
 本来は、このようなブログにするつもりはなかったけれど、結局は、このようなブログになってしまった。読み返すまでもない。思い出すまでもない。これまでに何度か、ブログを中断、あるいは、やめているけれど、その原因は、鬱々な内容が多くなり、憂鬱さに押し潰されたせいである。
 当初は、ブログにムカつきや苛立ちを吐き出して、ストレスを解消する意味もあったけど、それがまったく機能していない。ムカついて酒を飲み、ムカついてブログを書いて、記事を読み返すことで更にムカつくという悪循環。
 そんなブログを、僕は書き続けていたのか、と愕然とする。落ち込むためにブログを書いているわけではない。続けるのであれば、ムカつきや腹立ちを書くのはやめる。書くのなら、楽しいことや嬉しいことを。
 とはいえ、これまでがこれまでだから、そう簡単に思いや気持ちが変わることもない。ムカつくことや、腹立つことが、突然になくなるわけでもない。ただ、それを引き摺らない、鬱々とした感情をブログに吐き出さない、ということはできる。
 誰かを幸せにすることは簡単ではないけれど、僕のブログを読んでくれる方を、記事を読んでいる間くらいは、幸せにできるのではないか。これまではマイナスのことばかりを書いていたけれど、これからはプラスのことを書いていく。
 しあわせスパイラルを始めよう。10月14日の仕事帰り、僕はそう決めたのだ。

 書こうと思った記事を書いていないので、過去の出来事を書く場合は、マイナスの感情を書いてしまうこともあるけれど。未来はプラスのみ、前を向けなくても後ろは向かないプラスマイナスゼロの感情で。マイナスに陥らない限り、ブログを続けることにしよう。そんなわけで、しあわせスパイラル始めますか。
「三度の飯より」って言うけど、飯を三度も食べないし、的な。

他人の幸せより自分の幸せを

 前の記事で引っ掛かっていることがあって。
 マイナスのことを考えない、マイナスにマイナスを掛けない、というのは気持ちの上では良い方法かもしれないけれど、これはつまり、苦手な人、嫌いな人を切り捨てる、あるいは、近づかない、関わらない、ということである。明らかに前向きではないけれど、仕方がないと割り切るしかない。
 これまでの経験上、こちらがどれだけフェアに接したところで、言葉の通じない人、解り合えない人がいる、ということは解った。ただでさえマイナスな僕の感情が、それ以上のマイナスになっていくのだ。相手がマイナスであろうと信じ続けるとか、相手がマイナスだろうと気にせずに付き合うとか、そんなことは僕にできない。今の僕は、自身のマイナスを、少しずつ減らしていくだけで精一杯である。まずは自分の幸せを、僕の幸せを確立してからでなければ、他人の幸せなど望めない。 

 幸いなことに、相手がマイナスであろうと信じ続ける人や、相手がマイナスだろうと気にせずに付き合える人を僕は知っている。前者は定時制高校の担任で、後者は言わずもがな人類最強である。そんな人間いるわけないだろ、ではなく、そんな人間がいたことを僕はちゃんと知っている。この人たちに追い着き追い越せは無理だろうけど、少しでも、ほんの少しずつだけでも、近づくことはできるはず。それがいつになるのかは解らないけれど、そのために、僕自身が幸せになる。僕が幸せになったら、みんなも幸せにしてやんよ。そう思うことくらいはできるかもしれない。
「三度の飯より」って言うけど、飯を三度も食べないし、的な。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析