揉めに揉め

 詳しくは書けないけれど、最近入った中途社員と言い争いをした。
 僕が働くのは給料のためなので、効率が良かろうが悪かろうが、そんなことは気にしない。迂遠なやり方だろうと、素人が見てこの方法はないだろうと思っても、口を出すことはない。僕の仕事は、上司に言われたことに唯々諾々と従うことである。
 その日は上司が休みの日で、作業場には僕と中途社員しかいなかった。知識も技術も情報も、彼の方が遥かに持っているのだが、この工場での勤務歴は僕の方が遥かに長い。上司が休みでいつもとは作業形態が変わるため、前例に合わせて、このようなときにはこうした方が良いという助言をしたところ、全く以て無視された。
 派遣の意見に従って、上司に指示されていないことをしたら、俺が自分で判断できない役立たずだと思われてしまう、という反論をされた。僕は単純に、上司がいないときのやり方(何度も経験済み)を提案しただけなのだが、お前が楽をしたいからだろう、みたいな捉え方をされてしまった。なんだろうな、この食い違いは。果てには、そんなことを言われて不快だわ、と言われてしまう。
 以前の僕ならここでキレていただろうけど、彼がそのように言うのなら、従おうと考えた。社員の彼は上司がいない作業場を任されている、お気楽でいられる派遣の僕とは立場が違う。上司に指示されていないことはできない、という彼の主張は充分に納得できるものだった。
 余計なことを言って申し訳ない、とすぐに謝った。プライドなんて何もない。入って数カ月の彼に対して、善かれと思って言ったことだけど、そのように取られてしまったのであれば仕方がない。彼が僕より若いので──おそらくは僕の弟と同じ歳──気安く話し掛けてしまったけれど、今後は社員様のやることには口を出さないことにしよう。派遣なんだもの。
 貯金が充分に貯まっていない状況で、感情的に辞めるわけにはいかないという理由もあるけれど、彼の言い分がフェアであったことが大きい。みなみの書店の店長や、湾岸倉庫のおかしな連中と違って、立場的にはもっともな意見だった。
 僕が自分の意見を言った以上、彼も自分の意見を言う権利がある。また、彼が感情的な言い方をしなかったことで、こちらも感情的になることはなかった。売り言葉に買い言葉では泥沼にしかならなかっただろう。彼が冷静だったからこそ、僕も冷静な切り返しができたということである。冷静に怒ることができるなんて、とんでもなく性格が良過ぎる。
 その後は話すことも話し掛けることもなく、黙々と仕事を続けたけれど、終業前に彼が言い過ぎたことを謝ってきて驚いた。僕がお金のために謝れるようになったのは、つい最近のことである。全く以て若いのに素晴らしい。だからこその正社員登用なのだろう。とはいえ、僕の異能力「キレる17歳」は健在なので、他の人に対しても警戒しておかなければ。職場以外にも、ムカつく人たちなんていくらでもいますからね。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

その「思い」ではダメだ。

2019081206110001.jpg

(新黒沢 最強伝説 第13話「日本」/福本伸行)

 そうなんだよ。その「思い」では「しあわせスパイラル」に届かない。こんちくしょうと思ってしまうのは仕方がないけれど、それを引き摺らない、あいつがムカつくとか考えない。はい、おしまい、ですぐに終わらせるよう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

子供連れを見るのがつらい

  どん底無職期間以降、自転車を使わず徒歩で出掛けることが多くなったのだが。図書館へ行くたび、信号無視をしている子供連れ見掛ける。交通ルールを守れと思うけど、さすがに人様の家庭のことには口出しできない。自転車の無灯火運転や、混雑した電車で扉の前から動かないとか、子連れでやって欲しくない。
 僕にとってムカつくおっさんやおばさんでも、子供にしてみれば大好きなお父さんお母さんである。両親が信号無視をすればそれを正しいと信じてしまうし、自転車の無灯火運転や電車の扉の前で動かないのも当たり前のことだと思ってしまう(だって、お父さんとお母さんがやっているんだもの)。マナーの悪い若者が増えるのもむべなるかな。こんなことに憤っても仕方がないけれど、なんだかなぁという感情は否めない(誰々に注意されるからやめなさい、という叱り方をする馬鹿親が多い)。
 僕にできるのは、小さい子供やお年寄りに電車の席を譲ることくらい。子供連れが電車に乗ってきて、席がひとつしか空いてないときに、子供を座らせる親が多いけど、隣の席を譲る人がいないのが悲しい。子供は知らない人の隣には座りたくないんだよ。親が座る席を譲ってあげろよ。僕はこれまでに何度もやっているけれど、スマホに集中している馬鹿者は、他人に席を譲ることなど考えていない。
 車椅子スペースのある車両にベビーカで乗ってきた子連れがいたんだけど、馬鹿者はスマホを使い続けてスペースを譲らない。そのせいで、扉付近に止めることになり、他の客に迷惑が掛かってしまう。さすがにこのときは声を掛けようと思ったものの、(あの親子が)困っているので場所を移ってください、とは言えなかった。正義がどうこう言ってもこの程度か。僕にお金があれば、「ながらスマホから国民を守る党」を立ち上げるのに。──to be continued.(「スマホ依存恐怖症」という記事に続く)
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

口にすることを我慢して、あとで「ちゃんと言えば良かったな」なんて思いたくない。

 「それを口にしたら戦争だろうがっ」という記事はいつか書くつもりでいるけれど。スマホに集中して周りに気を配れない人を僕はゴミだと考えている(スマホに集中して周りに気を配れない人を僕はゴミだと考えている)。
 郵便局のATMで、後ろに何人も並んでいるのに前に詰めないアホウがいるので、すいません、もう少し前に並んでもらえませんか、と言うことにした。職場でも、僕のロッカの隣の人が、僕のロッカの前に荷物を置いて着替えているので、すいません、荷物を向こう側に置いてもらえませんか、と言うことにした。
 言わなくても、いつか解ってもらえるだろうと思っていたけれど、言わなければ解ってくれないアホウがこの国には多い。とりあえず、不満があるなら話してみよう。それで状況が変わることがあるし、変わらないのであれば、そのときに次の対策を考えよう。自身の思い込みで、こいつはこんな奴なんだ、と考えることは避けたい。話してみると、意外と面白いなこいつ、と思うことが少しくらいはある。
 最近は、ついうっかり無礼なコンビニ店員に口を出してしまった。商品をレジに持っていっても誰もいない。品出しをしているのかと思って店内を探すけど見つからない。バックヤードに声を掛けても出てこない。さて、どうしたものかを考えていると、ようやく店員が出てくる。って、2人いるなら1人は店内に残しておけよ。
 これが初めてなら、店員にムカつくだけで済むけれど、3回目か4回目なんだよ(店員は毎回違うけど、防犯カメラの映像を見て、客がレジに来たらバックヤードから出てくるみたい)。しかも今回の2人は、喋りながら出てきて、お待たせしましたの一言もない。平然と会計を始めようとするので、僕の異能力「キレる17歳」が発動してしまった。
「この店はいつも店員がいないのですが、そのときはどうすれば良いのですか? 店に電話を掛けて、店員を呼ばないといけないのですか?」
 あくまで冷静に、紳士的な態度で訊いたところ、ここでようやく謝罪の言葉を聞くことができた。どうすれば良いのかを教えて欲しかったのだが、それ以上突っ込むことはしない。プラチナむかついて店を出た。
 このときは気づかなかったけど、ついうっかり言ってしまったことで、自宅最寄りのコンビニへ行きにくくなるのだ。なんてこと。やはり、思ったことをすぐ口にするのはやめた方が良い。コンビニのお客様相談室に連絡するべきだった。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

あの子の話はどうなった?

 特にどうということもなくなった。
 あの子に対する憧れや尊敬がなくなったということではなく、あの子が自殺を選んだことを普通だと思えるようになったのだ(これは年代別の死因を知ったからである)。命日だから思い出す、誕生日だから思い出すということはない。他の知り合いと同じように、思い出したいときに思い出せば良い。生きているか死んでいるかは関係ない(この記事の公開が6月になったのは偶然である)。
 あの子の記事は「数年後には書けるかもしれない。あるいは、10年経っても書けないかもしれない」「酔っていなければ、書けるものではない」などと言っていたけれど。同じ高みに立っている僕は、酒を飲まずに、すぐにでも書くことができる。
 未だに公開されていないのは、他の記事との兼ね合いである。どの記事を先に書いて、どの記事を後にして、順番をどのようにするか。あの子を特別扱いしなくなった証左だろう。
 あの子に関する記事は、「思い出と記憶って、どこが違うか知っている?」「そしてそれから」という2記事で終わる予定。正確には、あの子のことではなく、あの子を見ていた僕の話、あの子を利用したサークルメンバの話である。極力近づかないようにしていたから、僕とあの子の直截なエピソードは、「人類最強のちゅうかなぱいぱい」しかない。
 2003年6月18日に見つかったのだから、あの子がスマホなんて知るはずもなく、「ポケモンGO」なんてできるはずもない(スマホもポケモンも僕があの子を思い切るための譬えである)。当時の会長からメールで連絡を受けていたのだが、この日のボックスはひどいものだった。女の子はみんな泣いているけれど、巡回リーダの僕は、同級生たちに人形劇の練習をさせなければいけなかった。先輩が亡くなったからといって、お寺さんや幼稚園からの依頼を断る理由にはならない。
 あの子の次の代のお母さん会長(この時点では前会長)は延々と泣き続けているのだが、前会長と同学年の女の子が美人薄命やなぁと涙もなく言っている姿はまさに対称的だった。
 メールで死因は伏せられていたけれど、会社の同僚があの子の部屋を見に行ったら、中で亡くなっていたとのこと。誰が話したのかは忘れたけれど、卒業した先輩と仲が良かった人だろう。その話にみんなが飛びつきそうになったのだが、お母さん会長があえて別の話に持っていき、それ以上を言及できなくなった。この辺りの要素が「思い出と記憶って、どこが違うか知っている?」という記事に繋がっていく。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

上役のいない土曜日

 1週間前、5月25日のことである。
 派遣の僕は、上司がいなければ機械も動かせない、やるべき仕事も選べないので、上司が有休や公休で休むときは一緒に休むことにしていた(「上役のいない木曜日」参照)。ところがこの日は、機械は動かさない、いつもの作業場で機械を使わない仕事をしてくれれば構わない、とのことだった。それなら休む理由はない。というか、5月の連休明けに2日、それ以外にも2日休んでいるので、少しでも稼ぎを増やしておきたかった。
 前に書いたように、土曜は人が少ない。休みに決めている、あるいはそのような契約の嘱託やパートが多い。部署ごとの朝礼では──これからは合同朝礼と書こう──僕よりも年上の人がいたので気にならなかったけど。仕事をしている途中、上司と嘱託2人とパートのおばちゃんが休んでいるということは、僕の部署で出勤しているメンバの中では、僕が最年長だということに気がついたギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!!
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

願いが叶う場所

 例のばーさんが辞めることになったので、ひゃっほーい! と叫びたいくらいだぜ。嫌いな相手であれ、心の中の言葉であれ、敬称を使っているのだが、この人に対しては無理だった。初日から悪い印象しかない。挨拶して名乗っているのにガン無視とか。僕より遥かに年上だろう。こちらが名乗っているのだから、自分の名前くらい言えよ。指示を出しても一切反応がない。挨拶がなくても、きちんと仕事をしてくれれば変わった人で済むけれど、他人に迷惑を掛けるような振る舞いばかり。
 去年の6月に入って以降、腹立って苛立ってムカついてこんちくしょうと思う日々を続けてきた。同じ職場で働く以上、仲違いはしない方が良いと考えて、一度だけ注意したことがあるんだよ(湾岸倉庫の経験から、余計なことは言わない方が良いと解っていたけれど)。言ったところで、改善されなかった。全く以て図太くて図々しいばーさんだった。
 いい加減辞めてくれないものか、と呪い続けた結果、それがついに叶ったみたい。これは言葉の綾で、僕が仕事を続けていれば、いつかばーさんが辞めることになる。だが、10カ月は長過ぎた。ばーさんに対する不平や不満をすべて書いてしまおうと考えていたけれど、それはもういいや。ムカつきだけで終わらせず、今後のマイナス対策に役立てなければ。とはいえ、厄介事がなくなったから順風満帆ということはなく、別の厄介事が発生することはざらにある。ムカつきやこんちくしょうから離れる人生を心掛けよう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

これで安心マイナス対策AAH

 しあわせスパイラルを始めて以降、マイナスに対しては、近づかない、関わらない、考えない、思い出さないようにしてきたけれど、この方法は駅や電車の迷惑客には使えない。出現時間と場所が決まっている迷惑客は避けることができるけど、突然現れる迷惑客を避けることは難しい。迷惑を受けているときは、近づかれて関われているわけで、考えない思い出さないなんてできやしない。
 かつてはやり返していたけれど、それで気が晴れることはなく、余計に腹が立つだけである。少しでもこんちくしょうを減らすため、相手にしない、争わない。腹立ちはそのとき限りに。1度限りの迷惑客であれば、もう2度と会わないんだからな、と思うことで対処できる。「はい、おしまい」で、不穏な感情を打ち切る。当初は、駅や電車での対策だったけど、生活や仕事など、一般的にも使えることに気がついた。マイナスに対しては、相手にしない、争わない、はい、おしまい。

 これが、最新のマイナス対策AAH。最新といっても実践は去年から。当時は「これで安心マイナス対策AA」という記事で公開するつもりでいたのだが、最近になって「はい、おしまい」が加わり、「これで安心マイナス対策AAH」に変わった。似たような記事を最近書いたけど、本来ならこの記事を先に公開するはずだったのだ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

やさぐれてばかりの月

 6月に入った新しい派遣に対しては、なんだかなぁ、と思うほどの不満はなくなったけど、同じ月に入った新しいパートに対しては、こんちくしょう、という思いが強くなっている。早々に辞めてくれることを期待していたのだが、図太く図々しく、8月以降も仕事を仕事を続けている。先方が辞めてくれるかもしれない、という祈りは届かなかったみたい。未だに願い続けているんだが。
 新しい派遣は別部署で別の作業場だから、不満があっても耐えられただろうけど、新しいパートは同じ部署で同じ作業場のため、これを理由に仕事を辞めたいほどである。7月に入って有休を取得したものの、全く以て貯金がないので、すぐに辞めることができない。いや、できないことはないけれど、収入が途絶えると、今より面倒な状況に陥ってしまう。それを避けるため、最低限のお金を貯めるまでは、今の仕事を続けるしかない。
 新しく入ったパートのおばさん、いや、ばーさんに対してこんちくしょうと思うことが多過ぎて、毎日むかついている。挨拶はしない、使ったものを片づけない、困ったときにだけ頼ってくる、いい歳した大人が、どうして最低限の礼儀さえ守れないのか。4時間しか働けないのに、フルタイムの仕事に応募してくるとかわけ解らん。とばっちりは、すべて僕が受けているのだ。
 この辺りの不満をすべて書いて、むかつきを吐き出してしまおうと考えていたけれど、書こうとするだけで余計にむかついてしまう。書いて落ち着くこともあるけれど、冷静に、客観的に書くことができない状況で書くべきではない。相手にしない、争わないようにする。まあいいや、どうだって、と諦めるしかないだろう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

やさぐれてばかりの週

 2週間が経ったけど、なんだかなぁ、という気持ちは変わらない。相手にしない、争わないようにして、様子を見つつ、現状に慣れるしかないだろう。最悪、これを理由に辞めることもできるけど、今このタイミングというのは不味い。有休の発生する7月までは、どうにか仕事を続けよう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

やさぐれてばかりの日

 これまでの状況を書かずに、今の状況をいきなり書くのも不親切なんだが。とりあえずの最新状況として、新しい派遣と新しいパートに対して、なんだかなぁ、と思う日々が続いている。これがやがて、こんちくしょう、に至らなければ良いのだが。というように、今現在のことは、感情が邪魔をするので──一方的に相手が悪いと書いてしまいそうなため──すぐに書くことができない。冷静になって、気持ちが落ち着いてから書くのが最低条件。酒を飲んで、ムカついてブログを書くことはやめよう。

「けれども、そんなことにいちいち腹を立てていたら損ですから、仕事だと割り切りましょう。仕事上の悩みに対しては、この一言で全部網羅できます」
(MORI Magazine/森博嗣)
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

お返しは要らない

 今の仕事を始めて以降、同じ部署のパートのおばちゃんがバレンタインのチョコをくれて、お返しをどうしたら良いものかと考えてはいるものの、結局は何も返さない3年が続いていた。
 今年はどうしようかと迷っていたのだが、2月13日14日と、続けて体調不良で欠勤したので、その心配はなくなった。15日に出勤して、遅れてチョコレートをもらえるかもしない、と思っていたけれど、そのようなことはなかった。少し残念な気がしたものの、こちらから訊くほどの図々しさは持っていない。お返しのことを考えなくて良いのだから、これはこれで良いとしよう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

上役のいない木曜日

 2カ月か3カ月に1度、社員は公休を取っているようだけど、僕の作業場にいる社員は上司ひとりだけである。若い社員が辞めて4カ月が経つというのに、新人も、引き継ぎも入っていない。午前と午後で、別の場所から社員を呼んで、作業を手伝ってもらっている状況(という書き方をすると、作業内容が変わったあとも、僕が仕事を続けていることのネタばらしになってしまうのだが仕方がない。「人手不足の4カ月」という記事を近いうちに書こう)。
 これまでは、上司が休みの日には若い社員が、若い社員が休みの日には上司がいたので、公休をいつ取ろうが構わなかったけど、社員が上司ひとりだと困ることになる。僕が担当する機械が何台かあるけれど、それらの立ち上げや停止作業、不備が起きたときの対処は社員が行う。僕ができるのは、指示された通りに機械を動かすことだけ(派遣なんだもの)。つまり、ただひとりの社員がいないと、僕のできる仕事がなくなってしまうのだ。
 若い社員が辞めた時点で、上司が休みの日はどうするのだろう、という不安はあった。人手不足を理由に、公休を取らせないということはないだろう。考えても仕方がないので、考えないようにしていた。それで4カ月が過ぎたので、社員が出勤する土曜を公休にして、僕に影響が出ないようにしてくれているのかと思ったけれど、そういうことでもなかった。社員の土曜出勤が頻繁にあるわけではないので、そう都合良くもいかないのだろう。
 今週の木曜、上司が公休で休むことを知らされた。別の部署の社員に頼んでおくので、その日はそこで作業をして欲しいと言われた。ここへ来て、初めての作業場で、新しい作業をするのは億劫だった。加工過程が違うわけだから、仕事は別のものになる。それが僕にできるものか、簡単な作業か、難しい作業か、失敗したり間違えたりしないだろうかと心配になった。
 これまでに何度か別の作業場で仕事をしているけれど、それらは同じ部署の別の場所で、それなりに話したことのある社員のいるところだった。ロッカのおっさんや、パートのおばちゃんがいるという安心感があった。
 今回の別の部署とは、朝礼で会ったときに挨拶をするくらいで、性格も何もまったく知らない人たちがいる場所での作業ということになる。何度も書いているけれど、普通の人が簡単にできるようなことでも、僕は不安で心配で落ち込んでしまうのだ。別の部署には行きたくありません、と言えるはずもなく、はい、解りました、と不本意でも答えるしかなかった。
 昼休みの間、別の部署での対策を考えていた。まずは、トイレと手洗い場の確認。これだけ把握しておけば、5分休憩に過ごせる場所が見つからなくてもどうにかなる。少し長くトイレに行って、少し長く手を洗い続けていよう。ただ、昼休みをどう過ごせば良いのが解らなかった。引き伸ばして食事をしても、30分は残ってしまうだろう。さすがに、30分もトイレでウンコをしているわけにもいくまい。休憩室のような場所があったとして、僕が入れる雰囲気なのかどうか、その辺りはさっぱりである。
 始まる前からこのように鬱々してしまうとは、いっそのこと休んでしまおうかと考えて、それは良い方法ではないかと気がついた。その日僕が休んでも、進める作業は別の部署のものだから、上司にとってそれほど影響はないだろう。理由は適当に作り上げてしまえば良い。ただ、慣れない仕事で別の部署に迷惑を掛けてしまうので、という言い方は不味い。その言い方だと、公休を取る上司が迷惑だと取られ兼ねない。
 有休が余っているので、僕もその日は休みましょうか、といった軽い感じで聞こう。実際は残っていないけど、有休の処理は派遣会社がするので、工場には欠勤理由さえ伝えておけば問題ない。そうだ、そうしようと考えて、多少の気掛かりがあったけど、昼休みが終わったあとに、えいやっと上司に話したら、すんなりと受け入れてもらえた。俺が休むからってお前も休むことはないだろう、などと言われることもなくてほっとした。
 欠勤扱いになるので、給料が約7000円減るけれど、木曜までを憂鬱に過ごし、木曜はひたすら気を張って仕事をしなければいけない鬱屈に比べたら、1日分の給料と引き換えに休んでも惜しくはない。それこそ、不安や心配で、酒を飲み過ぎてしまうかもしれなかった。とりあえずは一安心。
 そんなわけで、今週の木曜は有休を使わないで仕事を休んだのだが。体調不良ではないので、突然の休みとして、酒を飲んだり、録画した映画を見たり、買い物に行ったり、それなりに充実した休日を過ごすことができた。
 上司が公休を取るたびに休むのは不味いだろうけど、次は2カ月か3カ月後のはずだから、それはそのときに考えよう。いい加減、新しい社員が入っているかもしれないし、僕の方が先に辞めているかもしれない。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示