8日で1万7000円

 9月8日にして食費が1万5000円(月の目標額)を超えてしまう。8日で17272円とか( ゚д゚)ポポポポーン
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

食費08

 08月の食費は36351円。ひと月21351円オーバ。
 本代、4136円。積読本292冊。通販代16975円。

計算式(食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 19699+216015=35615円/1148(日)
02月分の食費 23572+9532=33104円/1182(日)
03月分の食費 24981+21807=46788円/1509(日)
04月分の食費 8780+13396=22176円/739(日)
05月分の食費 19499+23806=43305円/1396(日)
06月分の食費 12756+22887=35643円/1188(日)
07月分の食費 18357+23331=41688円/1344(日)
08月分の食費 16427+19924=36351円/1176(日)

 酒の本数を守れたのが7日、出勤前が7日、500mlが12本。盆休み(8連休)の食費が1万円を超えてしまったけれど、連休とは関係のない週末の食料食材購入を含めているので、今月の食費は2万円台と見做して良いだろう(と考える情けなさ、あるいは来月以降への戒め)。
 それでも、8月5日(月)の24時過ぎコンビニはないわ(0時を過ぎているので8月6日になるのだが)。24時過ぎに度数の高いチューハイを2本買い、それを続けて飲んでしまい、良くも翌日の仕事に行けたものだな(正確には当日になるのだが)。自販機で酒を買うのは良いにしても、平日買物不可を徹底しろ。
 6月は小説を1冊も読めず、7月に1冊、8月に1冊という状況を改善しろ(漫画は読んでいるけれど)。パタン通りに過ごして着実に読書を進める(読書以外もだが)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

食費07

 07月の食費は41688円。ひと月26688円オーバ。
 本代、4971円。積読本291冊。通販代4687円。

計算式(食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 19699+216015=35615円/1148(日)
02月分の食費 23572+9532=33104円/1182(日)
03月分の食費 24981+21807=46788円/1509(日)
04月分の食費 8780+13396=22176円/739(日)
05月分の食費 19499+23806=43305円/1396(日)
06月分の食費 12756+22887=35643円/1188(日)
07月分の食費 18357+23331=41688円/1344(日)

 酒の本数を守れたのが2日、出勤前が2日、500mlが11本。今年最高ではないけれど、ここ数年で第1位、第2位、第3位を争う額。4万超えは駄目だってばよ。託け飲み食いが多過ぎる。7月初日から欠勤して飲み過ぎ、翌日も欠勤して飲み過ぎ、翌々日はどうにか出勤したからと飲み過ぎ。翌週は「セブンイレブン五日分」で飲み過ぎ。その翌週は「セブンイレブン三日分」で飲み過ぎ。その翌週月曜に欠勤して飲み過ぎ、翌日も欠勤して飲み過ぎ、翌々日はどうにか出勤したからと飲み過ぎ。って、馬鹿なの? アル中で死ぬの?
 更には、追加の酒を23時24時過ぎのセブンイレブンで買っている。駄目だわ、これは駄目だわ。仕事帰りについうっかり買ってしまうならまだしも、夜に買うのが不味過ぎる。23時を過ぎると酒の自販機が使えなくなるのでコンビニへ行こう、と考えるのはやめろ。平日買物不可の徹底。いや、土日でも23時過ぎにコンビニへ行くのはやめろ。
 このような7月を過ごしてしまったので、8月以降は改めて酒を減らすことに決めたのだ(何度目の決心か)。平日も休日も関係なく本数を守るのが前提だけど、盆休みに気をつける。連休の飲み食いを調べたら、毎回1万円以上使ってることに気がついてしまったし(「記録的短時間食費情報」)。逆に考えると、盆休み、連休の酒を適度に抑えることができれば、普段の週末も、延いては毎日の本数を守ることに繋がるかもしれない。いや、繋げるために盆休みは適切な飲み食いで終わらせよう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

食費06

 06月の食費は35643円。ひと月20643円オーバ。
 本代、5623円。積読本291冊。ギフト券14000円。

計算式(食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 19699+216015=35615円/1148(日)
02月分の食費 23572+9532=33104円/1182(日)
03月分の食費 24981+21807=46788円/1509(日)
04月分の食費 8780+13396=22176円/739(日)
05月分の食費 19499+23806=43305円/1396(日)
06月分の食費 12756+22887=35643円/1188(日)

 これまでは酒を飲まなかった日数を書いていたけれど、飲まない日がほとんどないので、これからは平日1本休日2本、酒の本数を守れた日を書くことにする。守れたのは3日、出勤前の酒が2日、500mlが34本。って、6月は30日しかないのに、500mlを34本飲んでいるのが異常過ぎる。これはつまり、500mlを2本3本と買った日が何日かあったということである。度数の高いチューハイは350ml1本でもばたんきゅして、悪酔いして二日酔いになって、仕事を欠勤する怖れがある(というか6月は2日休んでいる)。
 5月28日でダブルメロンが終わったというのに、酒の種類に関係なく買い続けている証左。平日買物不可、追加の酒なしを前提として、平日1本休日2本を守れってばよ。酒を飲み過ぎて、精神を崩し体調を崩し、給料を減らすなんてアホウな生活はいい加減やめろ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

食費05

 05月の食費は43305円。ひと月28305円オーバ。
 本代、5757円。積読本287冊。ギフト券4500円。

計算式(食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 19699+216015=35615円/1148(日)
02月分の食費 23572+9532=33104円/1182(日)
03月分の食費 24981+21807=46788円/1509(日)
04月分の食費 8780+13396=22176円/739(日)
05月分の食費 19499+23806=43305円/1396(日)

 ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーリ スェート ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン
 酒なし0日、500ml23本とかどうでも良い(いや、どうでも良くない)。今年最高ではないけれど、ここ数年で第1位、第2位を争う額。米や百草丸やゴールドブレンド等を買っているのだが、そんなものは関係ないくらいに酒を買い過ぎている(またか)。
 連休に過剰な飲み食いはしていないけど、毎日酒3本とつまみをコンビニで買い、最終日に飲みすぎないよう前日にがっつり飲み食いしたものの、結局は最終日も飲んでしまう。そのせいで、連休明けに2日続けて欠勤飲み食いするという。2週間後の2日連続欠勤も同様。
 5月6日時点で、月の目標額(1万5000円以下)を超えてしまい、平日買物不可や、追加の酒なしが守れず、いいやいいやで買い続けた、飲み続けた結果がこれか──。自業自得とはこのことか。平日1本休日2本を前提に、平日買物不可や、追加の酒なし、を徹底しなければ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

食費04

 04月の食費は22176円。ひと月7176円オーバ。
 本代、3505円。積読本285冊。ギフト券7000円。

計算式(食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 19699+216015=35615円/1148(日)
02月分の食費 23572+9532=33104円/1182(日)
03月分の食費 24981+21807=46788円/1509(日)
04月分の食費 8780+13396=22176円/739(日)

 酒なし0日500ml21本。500mlが多過ぎるんだが平日1本は守れている。
 先月の記事で書いた、別の酒対策を試した結果がこれである。先月より24612円減った。というか、月の食費が2万円代で済んだのはかなり久し振り。月の目標額(1万5000円以下)には遠いけどできるだけ近づけたい。
 「酒は週末のみ」「酒は1日1本のみ」ではなく、「平日買物不可」「追加の酒なし」が効果的であると証明された。酒を減らして福原に行こう。今後も、平日買物不可、追加の酒なし、を徹底するよう。
 コンビニで買うつまみは、安く済ませるならカルパスか柿ピー、贅沢に過ごすときは厚切りポテトと6Pチーズがデフォルトだったけど、ブリトーやハンバーガ、サンドイッチやチルドパンに代えても良いかもしれない。
 これまでは仕事帰りにコンビニへ寄り、おにぎり100円セール、あるいは、ブリトー30円引きに遭遇すると、これは買わなければもったいないと散財し、週末の飲み食いで酔ったとき、もしくは、当日欠勤で酒を飲んで鬱々としたときに、感情を回復させるために食べたいもの食べよう、みたいな買い方をしていたのだが。
 平日買物不可を守れるのなら、週末のコンビニ寄りで、ブリトーやハンバーガ、サンドイッチやチルドパンなどを買っても構わないことにしよう(金曜なら2本、土日3本の酒を守ることが前提だが)。週末のコンビニ寄りも、豪遊のはずだったのに、いつの間にやら忘れていた。
 とまれ、平日買物不可、追加の酒なし、を徹底して。週末は好きな酒と好きなつまみを買って憂いなく過ごそう。酒をやめられないのなら、飲み食いを効果的に利用しなければ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

食費03

 03月の食費は46788円。ひと月31788円オーバ。
 本代、9122円。積読本285冊。通販代23177円。

計算式(食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 19699+216015=35615円/1148(日)
02月分の食費 23572+9532=33104円/1182(日)
03月分の食費 24981+21807=46788円/1509(日)

 ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーリ スェート ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン
 酒なし4日、500ml0本とかどうでも良い。今年最高ではなく、ここ数年で第1位、第2位を争う額第1位が去年の3月なのでこの時期は鬼門なのかも)。米や百草丸やゴールドブレンド等を買っているけれど、そんなものは関係ないくらいに酒を買い過ぎている。どうしてこうなった。
 2月21日以降3月2日まで、一切酒を飲まなかったのだが、11日目に反動が来てしまった。その結果、悪酔い二日酔いの影響で仕事を休んでしまう。欠勤して飲み食いして、翌日も欠勤する(そしてまた飲み食いする)。とりあえず、酒なし生活は無理だと諦めた。
 酒は週末のみを再度試すものの、それに託けてタカラカップやクリアブレンドを買い、純を飲んでこれまでにない悪酔い二日酔いに陥る。どうにか仕事に行くものの、数日後に欠勤、その翌日にも欠勤してしまう。仕事を休んで酒を9本飲むとか。間違いなく、1日に飲んだ最多本数である。この日の酒とつまみ代で、月の食費が4万円を超える。
 酒の飲み過ぎて3月は4日も休んでしまった。やばいね、こいつはやばいね。月末、酒は週末のみが守れない、1日1本のみも守れないことを認め、別の酒対策を試すことになる。──to be continued.
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

4月の電気代が減る

 今年の4月支払いの電気代が4562円。
 先月より-769円。前年同月比+3.43%。
(月の電気代を約3000円、冷暖房代を3000円という目安にしている)

 去年の4月支払いの電気代は4246円。
 先月より-2148円。前年同月比-9.8%。
(月の電気代を約3000円、冷暖房代を3000円という目安にしている)

 電気代を載せるのは先月で最後にするつもりだったけど、もう一度だけ載せておこう。先月よりは減っているけれど、前年同月比は増えている。先月の記事で、エアコンはほとんど使わなくなったと書いたけど、三寒四温の逆襲というくらいに寒い日が多く、エアコンを使う日が残っていた。花冷えや寒の戻りが例年以上に多かったような気がする(記録を取っているわけではないので思い込みかもしれない)。
 その結果、エアコンのブレーカを下したのはこの記事を書いている4月7日。去年は3月7日だったので1カ月違う。窓の通気口を開ける、出勤のジャケットをジャンパに変える、仕事で着る服の枚数を減らす、部屋着を薄いものにする、袋詰め段ボールを外す等、去年は3月に終えていたことが今年は未だ続いている。とまれ、冬の寒さは終わり、春の暖かさが始まるだろう。寒さ対策はもう要らない。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

食費02

 02月の食費は33104円。ひと月8572円オーバ。
 本代、12387円。積読本285冊。ギフト券7000円。

計算式(食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 19699+216015=35615円/1148(日)
02月分の食費 23572+9532=33104円/1182(日)

 1日1本(あるいは1本+α)は11日。500mlは0本。2月21日以降28日までは1本も酒を飲んでいない(酒なし生活は10日しか持たなかった)。これまでは、カレンダに飲んだ本数を書いて、0本or1本なら良い、2本以上は悪い、と考えてきたけれど。3月以降、飲んだか飲まなかったかを記録することにした。1本だろうと、180mlだろうと、量に関係なく飲んだことには変わりがない。
 3月の記事で書くつもりだったけど、酒は週に1度だけ、食料購入時のドライプレミアム豊醸のみ、という決まりは守れなかった。アルコール度数6.5%はきつかった。飲んでも安心の淡麗生に戻すよう。ともあれ、酒代が1万円を切ったのは、酒をやめた効果である。酒を減らせばその分を他に回せる。心に留めておくように。
 とりあえずの目標として、月の半分以上は酒を飲まない(前にも決めたような)。酒は週末のみにするのが手っ取り早い。翌日が仕事の日曜は飲まないに越したことはないけれど、仕事が休みなので飲んでも良いではないかと思ってしまう。悩んだところで飲んでしまいそうなので、月火水木を平日、金土日を週末と考える。酒は金土日に限定する(350ml。平日買物不可を前提に)。

 2月27日におそらく今年初めてのブラックサンダーアイスを購入。
 最寄りスーパの弁当や総菜が割引あるいは半額になるのは夕方以降夜になるのを待たなければいけないけれど、チルド餃子やチルド焼売、あるいは、漬物やキムチなどは昼間でも割引されているので、食料購入時は値引きシールが貼ってあるかを確認しておこう。割引あるいは半額時間に買いに行かなくて済むならそれに越したことはない。
 去年のいつごろだったかは忘れたけれど、最寄りスーパで日曜の閉店時間が早くなり、弁当や総菜が割引になる時間が早まった。「笑点」を見たあとでスーパへ行くと、半額の弁当や総菜が買えるベストタイミング。だからといって、毎週買いに行かないように。半額だったら2個買おう、と考えている限り節約にはならない。
 麻婆豆腐用に買った片栗粉が余っているので、かけそば、かけうどん、ラーメンにあんかけ玉子を混ぜることにした。片栗粉小さじ1、水レンゲ1が基本(多めにしたいときは片栗粉小さじ2、水レンゲ2にすれば良い)。あんかけ玉子は、片栗粉が先で玉子を後に入れる。
 これまでは神戸物産で買っていた豆板醤やキムチの素を、最寄りスーパで買うようになったんだけど、「今日の食事」での公開はかなり先になるだろうから、食費の記事で書いてみた。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

3月の電気代が減る

 今年の3月支払いの電気代が5331円。
 先月より-46円。前年同月比-17.3%。
(月の電気代を約3000円、冷暖房代を3000円という目安にしている)

 去年の3月支払いの電気代は6394円。
 先月より-1165円。前年同月比-27.1%。
(月の電気代を約3000円、冷暖房代を3000円という目安にしている)

 ファンヒータを使わず、エアコンだけで冬を過ごすようになったので、一時的に電気代を載せていたけれど、今回で終わりにしよう。この記事を書いている3月10日現在、エアコンはほとんど使わずに過ごせるようになっている。温かさが暑さに変わるまでは、電気代の変動はほぼないだろう。
 寒さ対策で書き忘れたけれど、今年の冬は(正確には去年の末から)、クロゼットに仕舞ったままの靴下(過去に母親が送ってきた僕とは美的センスの違うもの)を部屋で使うことにした。出勤や外出では躊躇われるけれど部屋で履くのは構わない(僕ひとりしかいないから)。
 履けるものを履かないのはもったいないし、それらを履くことで部屋用靴下の購入を先延ばしにすることができる(買うのは出勤も外出も部屋もユニクロの黒靴下一択)。とはいえ、破れたり汚れたり、痛みがひどくなった衣服はさすがに捨てよう。貧乏臭を染みつけちゃ駄目(24億脱出編じゃないんだから)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

2月の電気代が減る

 今年の2月支払いの電気代が5377円。
 先月より-812円。前年同月比-28.3%。
(月の電気代を約3000円、冷暖房代を3000円という目安にしている)

 去年の2月支払いの電気代は7559円。
 先月より+34円。前年同月比+36.3%。
(月の電気代を約3000円、冷暖房代を3000円という目安にしている)

 エアコンの温度設定は20度を守り、4時間タイマのくり返しがこの結果。ファンヒータとエアコンの併用よりも遥かに電気代が安くなる。冬の寒い時期は、エアコンのみ20度設定の生活を徹底しよう。なんで電気代が食費カテゴリなんだよ、と思わる方には過去記事を読むことを薦めたい(読んでも読まなくてもどうということはない)。
 当初はお金カテゴリに電気代と給湯超過料、それに食費を載せていたんだけど、電気代と給湯超過料は毎年同じパタンがくり返されるだけで、今後の生活に役立ちそうにないのでやめた。最近復活させたのは、ファンヒータではなく、エアコンメインで冬を過ごすようになったので、電気代を載せておこうと考えたのだ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

食費01

 01月の食費は35615円。ひと月20615円オーバ。
 本代、5527円。積読本279冊。通販代8230円。

計算式(食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 19699+216015=35615円/1148(日)

 1日1本(あるいは1本+α)は8日。500mlは9本。1本で済ませるなら500mlを買っても良いではないか、と考えそうになってしまったけれど、追加の酒が度数の高いチューハイ、あるいは追加も500mlだった場合、悪酔い二日酔い一直線なのでやはりやめることにした。というか、2016年8月以降、500mlの購入をやめたのに、いつの間に再開しているのか。
 そもそも、追加の酒を買おうと考えるのは既に酔っているときであり、チューハイでも500mlでも良いじゃない、と酔った勢いで買ってしまうことが多い。飲んだあとでいつも後悔するのだ。酒は350mlを徹底する。これは今後も変わらない。500mlを買うのなら、350mlを2本買った方がまだ安全である(ただしチューハイ2本は不可)。
 いつもなら、米(5㎏)は2カ月か3カ月持つのだけれど、12月1月と続けて買っている。これは、電子レンジが壊れたので、冷凍ごはんを解凍できる方法を何度も試した結果である。時間を気にしなければ、湯煎や蒸かしでも構わないけど、時間を優先するのであれば、電子レンジでの解凍がもっとも早く便利だという結論に至った(予想はしていた)。新しい電子レンジを買っているので、今後は米を炊き過ぎることのないように。
 正月休み最終日、1月6日時点で5711円も使っているというのは言い訳にはならない。それを引いても、3万円近く使っているのだ。最終的な目標は、月の食費を1万5000円に抑えること。当面の目標は、酒は350ml。1日1本のみ。平日買物不可。同じことばかり書いているのでなんだか解らなくなっているんだが。ここしばらくは、悪酔い二日酔いになっても、ばたんきゅすることはほとんどない(年末年始の4時間と4時間、計8時間が最後かと)。とにかく、酒を減らして、最終的にはやめられるよう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

還付金4390円

 還付金明細書なるものが届いたんだけど、知識のない僕にはこれがなんなのかが解らない。扶養控除等(異動)申告書は毎年書いているけど、還付金明細書をもらったのは去年と今年だけ。そういえば、一昨年から給料明細の体裁が変わったので、これまでは一緒に入れていた源泉徴収票と還付金明細書を、別便にして郵送したのかもしれない。去年より少ないのは、所得税が少なくなっていたということか。難しいことは解らんけん。まあいいや、少しでもお金が入るのは嬉しい(ほとんどコピー&ペーストなんだが)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示