2月の電気代が減る

 今年の2月支払いの電気代が5377円。
 先月より-812円。前年同月比-28.3%。
(月の電気代を約3000円、冷暖房代を3000円という目安にしている)

 去年の2月支払いの電気代は7559円。
 先月より+34円。前年同月比+36.3%。
(月の電気代を約3000円、冷暖房代を3000円という目安にしている)

 エアコンの温度設定は20度を守り、4時間タイマのくり返しがこの結果。ファンヒータとエアコンの併用よりも遥かに電気代が安くなる。冬の寒い時期は、エアコンのみ20度設定の生活を徹底しよう。なんで電気代が食費カテゴリなんだよ、と思わる方には過去記事を読むことを薦めたい(読んでも読まなくてもどうということはない)。
 当初はお金カテゴリに電気代と給湯超過料、それに食費を載せていたんだけど、電気代と給湯超過料は毎年同じパタンがくり返されるだけで、今後の生活に役立ちそうにないのでやめた。最近復活させたのは、ファンヒータではなく、エアコンメインで冬を過ごすようになったので、電気代を載せておこうと考えたのだ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

食費01

 01月の食費は35615円。ひと月20615円オーバ。
 本代、5527円。積読本279冊。通販代8230円。

計算式(食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 19699+216015=35615円/1148(日)

 1日1本(あるいは1本+α)は8日。500mlは9本。1本で済ませるなら500mlを買っても良いではないか、と考えそうになってしまったけれど、追加の酒が度数の高いチューハイ、あるいは追加も500mlだった場合、悪酔い二日酔い一直線なのでやはりやめることにした。というか、2016年8月以降、500mlの購入をやめたのに、いつの間に再開しているのか。
 そもそも、追加の酒を買おうと考えるのは既に酔っているときであり、チューハイでも500mlでも良いじゃない、と酔った勢いで買ってしまうことが多い。飲んだあとでいつも後悔するのだ。酒は350mlを徹底する。これは今後も変わらない。500mlを買うのなら、350mlを2本買った方がまだ安全である(ただしチューハイ2本は不可)。
 いつもなら、米(5㎏)は2カ月か3カ月持つのだけれど、12月1月と続けて買っている。これは、電子レンジが壊れたので、冷凍ごはんを解凍できる方法を何度も試した結果である。時間を気にしなければ、湯煎や蒸かしでも構わないけど、時間を優先するのであれば、電子レンジでの解凍がもっとも早く便利だという結論に至った(予想はしていた)。新しい電子レンジを買っているので、今後は米を炊き過ぎることのないように。
 正月休み最終日、1月6日時点で5711円も使っているというのは言い訳にはならない。それを引いても、3万円近く使っているのだ。最終的な目標は、月の食費を1万5000円に抑えること。当面の目標は、酒は350ml。1日1本のみ。平日買物不可。同じことばかり書いているのでなんだか解らなくなっているんだが。ここしばらくは、悪酔い二日酔いになっても、ばたんきゅすることはほとんどない(年末年始の4時間と4時間、計8時間が最後かと)。とにかく、酒を減らして、最終的にはやめられるよう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

還付金4390円

 還付金明細書なるものが届いたんだけど、知識のない僕にはこれがなんなのかが解らない。扶養控除等(異動)申告書は毎年書いているけど、還付金明細書をもらったのは去年と今年だけ。そういえば、一昨年から給料明細の体裁が変わったので、これまでは一緒に入れていた源泉徴収票と還付金明細書を、別便にして郵送したのかもしれない。去年より少ないのは、所得税が少なくなっていたということか。難しいことは解らんけん。まあいいや、少しでもお金が入るのは嬉しい(ほとんどコピー&ペーストなんだが)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

1月の電気代代が減る

 今年の1月支払いの電気代が6189円。
 先月より+4095円。前年同月比-18%。
(月の電気代を約3000円、冷暖房代を3000円という目安にしている)

 去年の1月支払いの電気代は7525円。
 先月より+3521円。前年同月比+56.5%。
(月の電気代を約3000円、冷暖房代を3000円という目安にしている)

 去年はエアコンの温度設定を24度にすることがあったけど、今年は20度設定を守っている。その代わり、4時間タイマを点け直すことがある。この冬の新対策は、床敷きタウンワーク、保温シートの窓貼り、不要敷きパッドのベランダ窓桟置き、トレーナと着古したジーパンの部屋着使用、長袖シャツの重ね着、靴下の重ね履き(最終的にはフリースっぽいガウンとウォームイージーパンツの組み合わせになる)。
 ファンヒータを使わず、エアコンだけで過ごすようになったのが2年前。エアコンのみで過ごす初めての冬だったから、計算違いで電気代が高くなってはたまらないと、1日4時間の使用を徹底していたのだ。それが思ったほど高くないと解り、去年や今年は、タイマが切れたら付け直すようになった。それが、2年前と、去年と今年の電気代の違いである。
 2年前がもっとも安く、今年が次点、去年がもっとも高くなっている。エアコンの設定温度が高いと電気代が高くなる、エアコンの使用時間が長いと電気代が高くなるという、当たり前のことが証明された。それにしても、エアコンが壊れていなくて助かった。10年以上使って、2年以上使っていないファンヒータを動かすのは心許無い。冬の寒さはあと1カ月程度だろうから、このまま20度設定の4時間タイマを続けよう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

食費12

 12月の食費は42110円。ひと月27110円オーバ。
 本代、2685円。積読本275冊。ギフト券6000円。

計算式 (食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 20656+15585=36241円/1169(日)
02月分の食費 11756+17500=29256円/1044(日)
03月分の食費 27428+21848=49476円/1589(日)
04月分の食費 12383+18789=31172円/1039(日)
05月分の食費 17496+19529=37025円/1194(日)
06月分の食費 7800+12168=19968円/665(日)
07月分の食費 13025+18334=31359円/1011(日)
08月分の食費 14064+25662=39726円/1281(日)
09月分の食費 19373+17657=337030円/1234(日)
10月分の食費 15806+116020=31826円/1026(日)
11月分の食費 12595+118966=31561円/1052(日)
12月分の食費 130178+11932=42110円/1358(日)

 1日1本(あるいは1本+α)は12日。500mlは6本。1日1本を徹底する、平日買物不可。スーパやコンビニへは週末のみ。最終月にして今年で2番目に食費が多いとかギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!!
 1日1本を守れる日が増えてきたものの、500mlを買ってしまうことは避けたい。寒い時期に追加の酒を買わない生活を徹底させよう。本代、ギフト券代はこのくらいがベスト。ギフト券は電子レンジの代金である。登録はしたので、あとはレジに進むだけなんだけど、この記事を書いている12月31日現在、まだ注文していない(今日頼めば明日届くみたいだが)。
 酒とつまみの購入が多い。1本のみが12日ということは、残りの19日は2本以上買っているこということである。平日の仕事帰りにスーパやコンビニへ寄らないよう。また、松屋、ピザハット、ケンタッキーと豪遊が多過ぎる。すべて期間限定メニューなんだから、と都合の良い理由を作ってしまう。ピザとチキンを既に食べているので、年末年始のピザとオードブルはやめよう。
 その代わりでもないけれど、29日、30日、31日と、最寄りスーパで3日続けて食料食材を買ってしまった。今日が今年最後の食料購入なんだからな、と3日も同じことを続けるアホウがここにいる。1週間分の食料食材と正月用の食事を含んでいるのだが、28日のケンタッキーを加えると、連休4日で10250円も食費に使っている。迷った末に、結局はキクマサピンの2リットルを買った(自販機のピンが売り切れていたので仕方がないという理由づけ)。
 残り6日は、食費を一切使わないつもりでいるのだが、守れるかどうか心許無い。松屋のチーズエッグビーフハンバーグステーキ定食を、ライス大盛無料サービス期間に食べておきたい。これは12月ではなく1月の食費に入るから、それ以降の節約節制を徹底すれば大丈夫、などと考えている。1月8日発売の四川風麻婆鍋膳も食べておかなければ、と思っているわけだが。
 今月から──といっても残り9時間しかないのだが──食料少量購入に、上位互換購入を加えることにした。月見バーガーとチーズ月見と金の月見バーガーを買ったときに、それとなく考えていたことが、3カ月経ってようやく形になった次第。
 上記の松屋を例に挙げると、「ビーフハンバーグステーキ定食」「エッグビーフハンバーグステーキ定食」「チーズビーフハンバーグステーキ定食」「チーズエッグビーフハンバーグステーキ定食」の4種類が発売されるけど、上位互換の「チーズエッグビーフハンバーグステーキ定食」を食べることで、他の3種類も食べたことにするのだ。これが上位互換購入である。俺がそう決めたんだ。誰にも文句は言わせない。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

12月の電気代が減る

 今年の12月支払いの電気代が2094円。
 先月より-409円。前年同月比-45.7%。
(月の電気代を約3000円、冷暖房代を3000円という目安にしている)

 去年の12月支払いの電気代は4004円。
 先月より+543円。前年同月比+90.8%。
(月の電気代を約3000円、冷暖房代を3000円という目安にしている)

 12月9日以降、寒い日はエアコンを使うことにした。床敷きタウンワーク、保温シートの窓貼り、不要敷きパッドのベランダ窓桟置き、トレーナと着古したジーパンの部屋着使用、これまでとは違う、新しい寒さ対策を試している。
 部屋着の最終対策は、フリースっぽいガウンとウォームイージーパンツなんだけど、長袖シャツの重ね着、靴下の重ね履きをしているので、これらは未だに使っていない(現在、夏用の薄いズボンの上に、冬用のフリースズボンの重ね履きで様子を見ているのだが、トイレに行きたいときに問題なく行けるかどうか)。
 とはいえ、電気代節約のために無理はしない。厚着や重ね着をしても寒さが厳しければ、躊躇わずエアコンを入れよう(エアコンはまだ使える)。設定20度4時間タイマを前提に(時間は延ばしても温度は上げないこと)。健康で文化的な最低限度の生活が第一位。
 これまで何度もブログに書いて今更なんだが、「第一位」ではなく「第一」が正しいような気がする。さだまさしのトークで「第一位」という言葉を聞いたんだけど、「第一ぃ」だったのかもしれない。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

食費11

 11月の食費は31561円。ひと月16561円オーバ。
 本代、3280円。積読本272冊。ギフト券22600円。

計算式 (食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 20656+15585=36241円/1169(日)
02月分の食費 11756+17500=29256円/1044(日)
03月分の食費 27428+21848=49476円/1589(日)
04月分の食費 12383+18789=31172円/1039(日)
05月分の食費 17496+19529=37025円/1194(日)
06月分の食費 7800+12168=19968円/665(日)
07月分の食費 13025+18334=31359円/1011(日)
08月分の食費 14064+25662=39726円/1281(日)
09月分の食費 19373+17657=337030円/1234(日)
10月分の食費 15806+116020=31826円/1026(日)
11月分の食費 12595+118966=31561円/1052(日)

 1日1本(あるいは1本+α)は6日。500mlは9本(6月10月と同率タイ)。1日1本を徹底する、平日買物不可。とにかく、これだけは守れと。
 11月は欠勤が4日あって──有休を充てているので給料は減らないけれど──仕事を休んでいるのに飲み食いしている。更には休日明けに酒を飲んで出勤する──酔った勢いで職場まで行き上司に謝る──のが定番になっているのが不味い。仕事を休んだなら大人しく寝ている──まではいかなくても──酒を買うのをやめる。欠勤明けも──当然のことなんだが──酒を飲まずに出勤する。普通のことを普通に──普通じゃないことはしない──ようにすれば良いだけのこと。欠勤23日、有休の残りが3日という状況である。
 なんだかんだと託けが多く、酒は1日1本、平日買物不可が守れていない。11月13日以降、フォーナインのクリアグレープフルーツ発売ということで、仕事帰りに数日続けてコンビニへ寄っている。フォーナインが売っていないので別の酒を買い、フォーナインが売っていたので目的通りの酒を買い、酒1本では収まらないのでつまみも一緒に買うってなんだよ。加えて仕事でこんちくしょうと思うことがあり、職場近くのコンビニで酒とつまみを買って電車が来るまでの短時間で飲み食いするなんてあり得ない。店員がDQNだったので、今後この店を利用することはないだろう。
 また、3連休に託けてキクマサピン(2リットル)を買ったけど──この記事を書いている12月2日現在、3連休初日の記事で公開が止まっているのだが──3日間持たせるのは無理だった。酒があるということで、初日で半分くらい飲んで、2日目は朝から飲んでしまい、3日目は酒がないので買いに行くという。初日も2日目も3日目も、適量で収めることができず、パタン通りに過ごせないというひどい有様。更にはそれが原因で、連休を2日延ばして欠勤してしまう。全く以て何をやっているのか。
 ギフト券が2万円を超えているのだが、ここ数年買っている『魔導物語きゅ~きょく大全』と『Summer Pockets Original Sound Track』、第3期のアニメによって再版されただろう『とある魔術の楽曲目録』『とある科学の超電磁砲』、それに伴って第3期のオープニングシングルとエンディングシングル、Amazon(のマーケットプレイス)で買えることを知った『うみねこのなく頃に羽』の代金である。えろげやえろDVDに使ったわけでない。そもそも、7月を最後に福原へ行っていないのだ(以下自制)。
 これまでは、最寄りスーパでは度数の高いチューハイがダブルレモン(500ml)しか置いてなく、350mlを守るため、買い物後に近くの酒屋自販機でチューハイを買っていたけれど、11月末ごろになって、ストロングゼロ(350ml)が4種類ほど常備されるようになった。なんで今更感があるのだが、食料購入と一緒に買えるのはありがたい(ただし、買っても1本のみを守ること)。
 先月の予定通り、これまで各2袋ずつ買っていた、ゆでそば、ゆでうどん、ゆで中華そばの購入を、11月3日以降はそれぞれ1袋ずつに減らしている。インスタントに任せて味噌汁を再び(あるいは三度か四度かそれ以上かは解らないけど)作ろうと考えているものの、かつてのように頻繁に自炊をしていないので神戸物産で買うほどの食料や食材はなく、最寄りスーパで済ませてしまうつもりでいたのに、置いてあるのがだし入りの味噌ばかりで愕然としている。
 だし入り味噌では、きゅうりに付けて食べることができない。だしなし味噌が欲しいけど、最寄りスーパには高いものしか置いていない。神戸物産へ行かない現状、最寄りスーパで値段の高いだしなし味噌を買うか、きゅうりを諦めてインスタント味噌汁に任せるか。どちらを買うかのかを、今僕は試されている。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

11月の電気代が減る

 今年の11月支払いの電気代が2503円。
 先月より+294円。前年同月比-26.5%。
(月の電気代を約3000円、冷暖房代を3000円という目安にしている)

 去年の11月支払いの電気代は3461円。
 先月より+1338円。前年同月比+42.7%。
(月の電気代を約3000円、冷暖房代を3000円という目安にしている)

 エアコンの使用開始が一昨年は12月、去年は10月、今年はまだ使っていない。その結果が如実に現れている。これまでの寒さ対策では試していなかったけど、部屋着にトレーナを加えることにした。私用にしろ仕事にしろ、外出はカッタシャツがデフォルトなので(その下かその上の服で暖かくする)、トレーナを使う機会はほとんどない。
 着られるものを着ないのはもったいないので、寝間着フリース(上下)やフリースっぽいガウンとウォームイージーパンツを出すまでは、トレーナとタートルネックを重ね着して寒さを防ぐことにした。これがこの冬の部屋着の新機軸。更には部屋の床にタウンワークを敷き詰めている。去年とは違うんです。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

食費10

 10月の食費は31826円。ひと月16826円オーバ。
 本代、11245円。積読本272冊。ギフト券1500円。

計算式 (食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 20656+15585=36241円/1169(日)
02月分の食費 11756+17500=29256円/1044(日)
03月分の食費 27428+21848=49476円/1589(日)
04月分の食費 12383+18789=31172円/1039(日)
05月分の食費 17496+19529=37025円/1194(日)
06月分の食費 7800+12168=19968円/665(日)
07月分の食費 13025+18334=31359円/1011(日)
08月分の食費 14064+25662=39726円/1281(日)
09月分の食費 19373+17657=337030円/1234(日)
10月分の食費 15806+116020=31826円/1026(日)

 1日1本(あるいは1本+α)は10日。500mlは9本。同じことのくり返しになるけれど、1日1本を徹底する、平日買物不可。スーパやコンビニへ行くのは週末にすること。そのために、月曜の仕事帰りに酒とつまみを買わないために、日曜の夜に酒とつまみを買いに行くのはやめろ。酒を減らすために酒を飲むとか本末転倒である。飲み食いしないで過ごせるのなら、それがもっとも良いに決まっている。
 これまで各2袋ずつ買っていた、ゆでそば、ゆでうどん、ゆで中華そばを、11月からは1袋に減らす予定。ざるそば、ざるうどん2袋を食べていたけれど、かけそば、かけうどんは玉子を加えて1袋で充分である。ただ、そば1袋、うどん1袋だと食べ足りないと思うことがあり、ごはんと味噌汁の夕食を増やしてみようと考えた。僕の中で一時的なブームだった冷凍うどんは、今やすっかり買っていない。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

食費09

 09月の食費は35752円。ひと月2752円オーバ。
 本代、5450円。積読本267冊。通販代24110円。

計算式 (食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 20656+15585=36241円/1169(日)
02月分の食費 11756+17500=29256円/1044(日)
03月分の食費 27428+21848=49476円/1589(日)
04月分の食費 12383+18789=31172円/1039(日)
05月分の食費 17496+19529=37025円/1194(日)
06月分の食費 7800+12168=19968円/665(日)
07月分の食費 13025+18334=31359円/1011(日)
08月分の食費 14064+25662=39726円/1281(日)
09月分の食費 19373+17657=337030円/1234(日)

 1日1本(あるいは1本+α)は5日。500mlは5本。先月以降、コンビニ酒購入不可が守れず、更には仕事帰りに松屋へ寄ることが増えてしまった。チューハイをやめた期間が1カ月にも満たなかったのがなんとも。ぐたぐたと言い訳をしても意味がない。来月以降、酒は1日1本のみ、平日買物不可徹底すること。最低限、これだけを守れば、食費は確実に減る。3万円超えが続いているけれど、1日500円、ひと月1万5000円が目標であることを忘れてはいけない。食費オーバ×II(ダブル)なんて以ての外。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

食費08

 08月の食費は39726円。ひと月24726円オーバ。
 本代、3078円。積読本265冊。ギフト券0円。

計算式 (食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 20656+15585=36241円/1169(日)
02月分の食費 11756+17500=29256円/1044(日)
03月分の食費 27428+21848=49476円/1589(日)
04月分の食費 12383+18789=31172円/1039(日)
05月分の食費 17496+19529=37025円/1194(日)
06月分の食費 7800+12168=19968円/665(日)
07月分の食費 13025+18334=31359円/1011(日)
08分分の食費 14064+25662=39726円/1281(日)
 
 本代が少なく、ギフト券の購入はなし、福原へも行っていない。それなのに、4万円近くも使ってしまうとは。
 1日1本(あるいは1本+α)は2日。500mlは1本。一進一退ではなく一進十退みたいな状況である。盆休みの飲み食いがなかったとしても、平日の飲み食い、週末の外食と飲み食いが多過ぎる。2カ月前、ビタミンCと亜鉛の購入をやめたけど、それがまったく意味のないくらいの散財である。
 そもそも、8月の第1週にピザハットを頼んだことで、盆休み前に1万5000円(月の目標額)を超えている。それでいて、盆休みに飲み食いして、明けてからも飲み食いしているのだから、食費が嵩むのは当然だろう。最初に買って、あとから節約するのは無理だと、充分に解っているだろうに。
 自販機で買う酒を淡麗生に限定していたのだが、それが逆に、コンビニでの酒買いを増やしてしまった。自販機でチューハイが買えないのなら、コンビニで買おう。152円のチューハイと103円のカルパスで255円。酒もつまみも最低限に抑えている、という考え方は不味い。歩き晩酌を復活させてどうするのか。
 盆休みの飲み食いに釣られたとはいえ、このような結果になってしまった以上、自販機で買う酒は、淡麗生か氷結ストロングに戻した方が良いのかもしれない。自販機でチューハイが買えるのなら、コンビニで買うことはなくなる。酒とつまみではなく、酒だけを買うことができる。どちらにしても、度数の高いチューハイは1日1本だけにしなければいけない。酒でお金と時間を無駄にするのはいい加やめたい。せめて、酒は週末のみが守れるようになれば良いのだが(守れよ)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

皮算用

 酒を淡麗生のみにして、毎日1本自販機で買ったと仮定してみる。
 自販機で160円だから、1週間で1120円。1カ月で4800円。土日につまみを加えても6400円。食料や食材の購入、外食を8600円以内で抑えれば、月の目標額1万5000円を達成できる。
 というのは、机上の空論である。酒は1日1本のみ、外食は2週に1回のみ、平日買物不可、食料少量購入を徹底しなければ意味がない。酒をやめるために、何度もでも酒をやめることをくり返そう。酒は週末のみを守ることができれば、もっとも理想的なんだが(仕事を始めた当時は、飲み食いは休日前という決まりを作ることもなく、酒を適量で済ますことができたんだよ、という言い訳をしないように)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

食費07

 07月の食費は31359円。ひと月16359円オーバ。
 本代、6798円。積読本263冊。ギフト券12100円。

計算式 (食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 20656+15585=36241円/1169(日)
02月分の食費 11756+17500=29256円/1044(日)
03月分の食費 27428+21848=49476円/1589(日)
04月分の食費 12383+18789=31172円/1039(日)
05月分の食費 17496+19529=37025円/1194(日)
06月分の食費 7800+12168=19968円/665(日)
07月分の食費 13025+18334=31359円/1011(日)

 1日1本(あるいは1本+α)は6日。5月は8日、6月は13日だったから、2本以上飲む日が増えているってなんだよ。500mlは8本。ぬわーん。
 先月2万円を切れたのは、節約の結果というよりも、使えるお金がなかったからという理由が大きい。もともとは、福原へ行くにはこれ以上使えないと節制していたんだけど、最初の計算が間違っていたため、結局は行けなかった。そのお金を市府民税第1期の支払いに充てたので、数年振りに、市府民税を遅れることなく払うことができた。
 食料購入で余計なものを買い、酒とつまみを買い過ぎで、更に外食も多過ぎる。7月は4日も仕事を休んでしまったのだが、欠勤して酒を買うのをやめろ。平日に買って、土日に買って、結局は毎日酒を買っているのだから、酒代が多いのは当然である。酒は1日1本のみ。7月8日にサトウのごはんを買うのだが、今のところ、神戸物産へ行った最後の日になる。
 というか、食費を記録するだけでは意味がない。減らすものは減らさないと。そんなわけで、7月にストロングゼロともぎたてをやめることにした。8月には氷結ストロングをやめている。これにより、ハイボールを氷結レモンで代用することができなくなり、ハイボールは外食時だけになった。
 8月12日現在、自販機で買う酒は淡麗生のみになっている。今度こそ、度数の高いチューハイをやめられるかもしれない。そのためにも、コンビニ酒購入不可を徹底する。最寄りスーパは酒の品揃えが少ないので、チューハイの新商品や限定品が並ぶことは少ない。「土曜食料、日曜図書館」は、余り意味がないので3回でやめた。7月22日を最後に、図書館近くの自販機では酒を買っていない。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示