MAJOR

 7月7日発売の『週刊少年サンデー32号』にて最終回。「鋼の錬金術師」の最終回よりも、「MAJOR」の方に驚いた。連載開始当時、僕は中学生で、『ジャンプ』を読むことは少なく、『サンデー』や『マガジン』を読むことの方が多かった(「金田一少年の事件簿」や「名探偵コナン」のような、ミステリ漫画が載っていなかったからかと)。
 「烈火の炎」「MAJOR」「DANDOH!!」は、ほぼ同時期に始まって、すべてコミックで集めたものだ。どれも長く続いた作品ではあったけれど、「MAJOR」が群を抜けて長続きしていた。つまり、僕の人生の半分は、「MAJOR」を読んでいる計算になる(誇張だけれど)。かつては毎週『サンデー』を読んでいたのだが、もはや完全にコミックで読むようになっている。今年中に完結巻まで出してくれるようなので、期待して待とう。
 しかし何より嬉しいのは、最終回まで連載が続いてくれたこと。これはやはり嬉しい。というのは、僕が小学生のころから読んでいるサッカー漫画は、連載誌の休刊により、途中で終了してしまったからだ。まったく、集英社はなんということをしてくれたのか。って、事実をぼかす必要はないので、『月刊少年ジャンプ』と書いておくけれど、『ジャンプスクエア』が引き継いだのは、一部の人気作品のみであった( ゚д゚)ポカーン エッ? (;゚⊿゚)ノ マジ? ( ノД`)シクシク… ( ノД`)シクシク… ( ノД`)シクシク…
 門馬もとき氏の「かっとび一斗」が人気のない作品だというのか。人気のない作品が、20年以上も続くものか。爆発的人気はなくとも、地味に何年も付いてきてくれる読者は圧倒的に多かったのだ、と想像する。最終回を知ったときは、ひどく落ち込んだものだ。僕は小学校4年生のころから読み始め、漫画の面白さは本作で知ったといっても過言ではないくらいの作品だった。
 唯一、救いだったのは、門馬氏が取って付けたような最終回ではなく、いつも通りの、次号へ続く展開で終わったことである。つまり、媒体さえあれば、いつでも連載を再開できるのだ。門馬氏も、そのような意図があって、最終回を書かなかったのだろうから、ファンである僕が待たない訳にはいかない。何年経っても再開を待ち続けますよ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

おおまかに

 まあ、なんとなくというか、かんとなくというか、このブログの日記を大まかに分類すると、おそらく2種類に分かれると思う。それは、きちんと日記とすぐさま日記。なんという安直なネーミング。しかし、解りやすいのは良いことだ。
 つまり、この件は書いておこうとか、このことはまあ書いても良いだろう、これは書いてくべきだぞなもし、などと考えているものは、きちんと日記。それ以外が、すぐさま日記。いや、説明を端折り過ぎなのだけれど、要はあなたが現在進行中で読んでいる文章、これがそれである。思ったことを思ったときに思った感じで書いていく日記。まあ、普通の人のブログは大抵そのような感じなのだろうけど。
 しかし、それをやると際限がなくなってしまう。例えば、仕事のない日に朝起きてから夜寝る前までずっと、日記を書きつづけてしまう怖れがある。あるいは、仕事から帰ってきて夜寝る前までずっと、日記を書き続けてしまう怖れがある。考えることがなくなるということはあり得ないから、頭に浮かんでいることを書き続けると、これはもう本当に切りがなくなってしまう。だからまあ、すぐさま日記は控えめに、というのが、僕のブログのコンセプトである(明らかに取って付けたような理由のような)。
 今は比較的仕事も生活も落ち着いて安定しているから、1日1件でどうにか済んでいるけれど、ある日いきなり突然に発作的に、これまで書いたことのない日記が続けて書かれるかもしれない(綾華ちゃん、スカート捲らせてとか。現実では女の子と胸の話なんかできねえよとか。高感度が下がるどころか、セクハラで訴えられるよ。ってか、綾華ちゃんって誰だよとか)。それはそれであれはあれな話なのだけど、僕が書いていることに変わりはない。だからまあ、何が言いたいのかというと、日記は1日1件が限度で、2件書くのは多過ぎだろうと考えていたけれど、状況によってはその限りではなく、1日にがーっとごっそり書かれる日もあるかもしれない、と思ってしまったので、このように解りにくい説明をした次第。

 予想していたことではあるけれど、すぐさま日記というのは、思ったことを書いてそのまま上げるため、読みにくく、意味が解りづらい日記になっている。まあ、読み返すことを想定していないのが、すぐさま日記の特徴だろう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示