アンブレラ

 蛇の目でお迎え嬉しいな、という歌詞があるけれど、初めて聴いたころから違和感があった。蛇の目傘を僕は知らないし、見たこともない。むしろ、蛇の目で思い出すのはミシンである。ミシンでお迎えという奇抜さが、とんでもなく嬉しかったのだろう、と適当な想像をしていた。ハンドルを回していたころの計算機と同じで、どのようなものかが把握できないのだ。海外ミステリでは、火掻き棒が凶器に使われることが多いけれど、これも、実際にどのような形状なのかは知らない。過去の海外ミステリを読んでいると、ハンバーガに注釈が付いているのが新鮮過ぎる。
戦うことで、安全が保障できるという幻想がある。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示