辞めてやる

 これまでの鬱憤の積み重ねがあって、こんな店辞めてやると憤った訳だけど、多少は信頼できる社員さんと話したことにより、歯止めが掛かってしまった。これまでは、辞めると決めたら、誰にも話さず相談せず、一方的に辞めてしまうことが多かった。相談することもなく、いきなり辞めます宣言をしていた。自分の考えは曲がらないから、どんなことを言われても、辞めることは変わらない、と思い込んでいたのだ。
 これまでと違ったのは、現在の職場には、この人にはとりあえず話しておこう、と思える人がいたことである。本来は、今日で辞めますお世話になりました、と挨拶して終わりのはずだったのに、いろいろと話すことにより、ある程度は落ち着いてきた。冷静に考えれば、突然辞めたら当然店側は困るだろうし、僕の方もお金がまったくない状態で無職になってしまう。腹立たしいので辞めます、という訳にはいかないのだった。ひとりでも、話そうと思える人がいたのは幸いであった。そうでなければ、現時点で無職になっていただろう。まあ、そのときはそのときでどうとでもなる、と考えてしまうのは、僕がこれまで真っ当な人生を送っていないことに拠る。とはいえ、原因である店長の性格はまったく変わらないだろうから、辞める時期が少し伸びただけかもしれない。
 僕と同じような不満を、何人かのアルバイトは持っていて、僕以外にも、同じことを指摘した人がいたようだ。言い方は悪いけれど、店長の性格に難があることは、社員、アルバイトを含め、店員全員が知っている。仕事に対しての不満というのは、店長の性格が大半だから、皆、適当に折り合いをつけてやっているのだ。どんな職場だよ、それは。明らかに店長に向いていない人だってことだろうに。
 その点、女の子は、嫌いな相手でも愛想良く話すことはできるから(これはおそらく小さいころから)、傍目には仲が良いように見える。この辺りの掛け引きが、僕は昔から苦手なのだ。嫌いだと思った相手には、嫌いだという感情があからさまに出てしまう。他の店員は好きでも、あなたのことだけは嫌いですよ、という態度が仕事中に出てしまうことだろう。ううむ、面倒といえば面倒だな。もともと長く勤めるつもりはなかったのだし、これを機会にというのも遅いけれど、書かなければならない原稿を一気に書き上げて、正々堂々とした態度で辞めよう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

青春リアル

 「才能の見つけ方、教えてください」というトピックが立っているけれど。才能があるのなら、それは埋もれないと思います。見つからないのは才能がないからです。諦めましょう。はい、おしまい。
 他人事なので、番組宛てにメッセージを送ることはしないけど、高校卒業の資格だけなら、3年も掛からず、早ければ1年も経たずに取ることはできる。僕自身がそうである。全日制を辞めて定時制に通って、どうしても年齢が下の人たちと一緒に授業を受けることに馴染めなかったので、2カ月だけ勉強して大検を受けて、高卒の資格を手に入れた。高校を2年で辞めているけれど、センタ試験は現役生と同じ年に受けたのだ。だからおそらく、会場で会った中学時代の同級生は、僕が学校を辞めたことは知らなかっただろう。ええと、僕の話はまた今度でいいや。
 この「青春リアル」という番組は、第1期から見ているけれど、ネットメインの語り合いを、上手く活用できる人と、できない人の違いはあからさまである。俺が言いたいのはそういうことじゃなんだよ、と自分が語りたいテーマを伝えるのに、トピックの大半が埋もれてしまうことがままある。その場合、本題に入るのが遅く、討論は途中で打ち切りになってしまう。番組で放送されなかった分は、公式サイトで公開されているようだけど、そこまでして結果を知りたい訳ではない。
 この番組は、そのうち平成生まれ、90年代生まれの参加者が大半になるだろうと考えていたけれど、意外にも、80年代生まれをメインで放送しているため、何かと気になり見続けてしまうのだ。第2期のひきこもり提案者が、未だにNHKの公式サイトでブログを更新しているのが、どんな特別扱いだよ、と思ってしまうのだが。偶然だけれど、第5期最初の提案者は、ハンドルネームが僕と同じ「もぐもぐ」さんだ(いや、ちょっと違うぞ)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

ひとみしり

 今月は、PSPの修理申し込み、仕事メインのズボンとシャツの購入、パソコンモニタとパソコン本体、その他諸々の回収をしてもらった。よりにもよって、このような暑い時期にしなくとも、と思ったけれど、今月こそは済ませてしまおうと毎月考えていて、ようやく実行できた次第。
 パソコンの修理ができず、もはや捨てるしかないと解ってから1年以上。今の仕事を始めたときに、新しくズボンを買うつもりではあったけど、結局、買わずにここまできてしまった。PSPが故障して、比較的すぐに修理を頼んだのは、保証期間を過ぎるか過ぎないかで、修理費用が変わるからだった。PSPを修理に出したその勢いで、ズボンとシャツを購入し、パソコンモニタや本体をリサイクル業者に回収してもらった。
 どうでも良いことに、どうでも良くないくらいの時間が掛かっている。これは単純に、知らない人と話すのが億劫で、できれば話したくないと考えているからだ(知っている人でも、話したくない人がいる)。ズボンの裾上げが必要な場合、店員に頼まなければいけない。リサイクル業者を頼むときも、当然、電話を掛けなければいけない。PSPの修理も、店員と話さないといけないのは同様であるけれど、前述の理由で、どうにか修理を頼めた次第。Amazonが電話で注文する形式の通信販売であったなら、使うことはなかっただろう。
 僕は、携帯電話が鳴らない、メールが来ないといって、悩んだり悔やんだりする人の感情が理解できない。友達ができるのに越したことはないけれど、いないならいないでどうにでもなる。15年近く友達がいないのだから、この状況に慣れる方が自然である。僕が持っている携帯電話は、もはや目覚まし時計がメインで、電話やメールの機能はオマケとなっている。持たなくても構わないような気もするけれど、履歴書に書く自宅の連絡先は必要だ(Amazonや他の通信販売でも、電話番号は必須である)。それでどうして接客業ができているのかというと、それは仕事だからである。その対価としてお金をもらうのだ。接客するから金をくれ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示