買えない

 うちの店では買えない書籍、『小春原日和の育成日記2』をアニメイトで買ったよ。というのは、いかにもあれな素敵イラストを、女の子店員に見せられないという心情的な理由もあるけれど、電撃文庫の入荷が極端に少ないという物理的な理由もある(しかし、「輝ける四つの姫星(スターライトシンフォニー)」って、KOTOKO嬢のライブツアーみたいな二つ名だな)。
 以前勤めていた大手書店は電撃組に入っていたけれど、現在のローカル書店は、当然のことながら外れている。ライトノベルの配本自体が少ないのだ。それでいて、ライトノベルを原作としたコミックはわんさかと入ってくるのは、ちょっとおかしな現象だよな、と思わなくもない。『羽月莉音の帝国』を、1冊でいいから入れてくれないものか。それ以外のガガガ文庫は入るんだけどな。

人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

天外魔境

「アルケミアは、9月13日付けで、レッド・エンタテインメントの看板タイトル「天外魔境」シリーズの最新作を、同社が展開するブランド「GameComplex」から提供することを明らかにした」

 え、なに、ついに、『天外魔境Ⅲ』が発売されるのか(ノ゚⊿゚)ノびっくり!! 桝田省治氏のシナリオが楽しみ過ぎるな( ノД`)ワクワク… PC-FXは、実家に置いたままだけど、おそらくまだ動くはず。

 補足。機種によっては、『天外魔境?』と表示されているかもしれない。ローマ数字の「Ⅲ」が、機種依存文字らしい。算用数字で書くと、「Ⅲ」は「3」。要するに、『天外魔境3』のこと。引用文を「 」で囲んだ場合、引用中の「 」は『 』に変えるというルールがあるようだけど、それには従わない方向で。というのも、僕は、「 」と『 』を使い分けて文章を書いているからだ。引用文中の「 」を『 』にしてしまうと、明らかに使い方がおかしくなってしまう。引用文だけは例外、という器用な真似は僕にはできないのだ。とりあえず、「 」で囲まれた長い文章は引用文、と思って頂ければ問題はない。

 念のため。第2段落は冗談ですよ。とはいえ、桝田省治氏シナリオの『天外魔境Ⅲ』を発売して欲しいという願いは、いつまでも持っていますが(=´ー`)ノ ヨロシク
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

クーラ代

 今月の電気代は、ほぼ予測通り。クーラ代は、そのうち約3000円。1日4時間、100円×30日。実際は、4時間以上使っているのだけれど、これはおそらく、設定温度を30度にして、扇風機と併用させて使ったからだろう。エアコンを使うときは、この情報を忘れずに。
 これだけ聞くと、電気代を安く済ませることができた、と思ってしまいがちだけど、前年同月の電気代は、今月の約半分である。つまり、去年の夏はクーラをほとんど使わなかったのだ。無職なので、余計なお金を極力使わないように、という足枷があったからである。この例から、無職というのも一概に悪いものではない、ということが解る(好んでなりたくはないけれど)。来年の夏は、例年通りの、クーラを使わないで過ごせる夏になっていて欲しいものだ(僕も、正社員の仕事に就いていれば嬉しいものだ)。バカみたいに暑い日は、スーパーカップのチョコレートを、ハードビスケットをスプーン代わりにして食べるのが、とんでもなく美味しいぞ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

市区町村

 天気ガジェットの様子がおかしいので、しばらく取り外していたけれど、なくなってみると、どうにも違和感があった。かといって、朝も昼も夜も、いつだって34度という、おかし過ぎるだろうガジェットは、やはり邪魔なだけである。そこで、もう少し正確な情報を表示できないかと、少し調べてみることにした。ちなみに、使用ガジェットは、Windows Vistaに標準装備されている、MSN天気ガジェットである。
 すぐに解ったのは、地元なり×京なり、別地域の情報は、天気も気温もほぼ正確だということ。それなのに、自宅周辺の気温だけがおかしい。いや、これは。地元にしても×京にしても、県名と市名(あるいは都名と旧市名)が表示されている。そこで、区単位ではなく、市単位の指定に変えたところ、ほぼ正確な情報が配信されることになった。
 なるほど。区町村単位での表示は、更新頻度が極端に少ないらしい。しかし、自分の住んでいる区の情報が欲しいのではなく、市の情報を得たいのだから、市名単位で問題はない。これからも、×阪と地元の天気ガジェットを表示させておくことにしよう。ガジェット再び(字余り過ぎ)。しかしこれ、市単位と区単位で、温度差が7度もあるのは、やはり違いが大き過ぎるよな。
 それにしても、これまでずっと気づかなかったのはどうしてだろう。ノートパソコン替えてから(2009年6月以降)、天気ガジェットは表示させていたはずなのだけど。温度違いを気にしていなかったのか、最初は市単位で設定していたものを、整理するときにでも、区単位に変えてしまったというのが妥当な線か。このことに気づけたのは、余りにも暑過ぎたこの夏のお陰か。あれ、そうなるとやはり、区単位の気温を目安にしてクーラを入れてしまったのは、電気代にとっては、よろしくない結果となる訳で。この情報、来年以降も覚えておかねば。ればにら(2度目かな、これも)。

 後日談。そのあと、もう1度だけ設定を変更してみたところ、僕が住んでいる区だけが、何故か更新が遅く、気温の誤差が激しいということが解った。北隣の地区や南隣りの地区や西隣りの地区を指定すると、天気も気温も何も問題はないのだ。なんだこれ。観測機械に、夏草でも絡み付いているのでは(珍しくタイムリー)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

ゼロ時間

 「日本列島は8日、全国約930か所の観測地点すべてで最高気温が35度未満となり、7月15日以来、55日ぶりに猛暑日の観測地点がゼロになった」とのこと。猛暑日ではないとはいえ、30度を越える日がまだ続くということか。彼岸を過ぎても、僕の部屋は暖かいままのような気がする。依然として、夏継続中という感じで。秋はどこへ消えた。

続きを読む


人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

テレビデオ

 途切れ途切れで見るのは歌い手に対して失礼過ぎる、と以前の日記書いた、“thank you”and“from now” KOTOKO LIVE IN BUDOKAN 2010『Pleasure×Pleasure=Pleasure!!!』を、途切れ途切れで見たよ(Outerの曲は、食事時には向かないけれど)。本編203分+特典45分を、一気に見続けるほどの時間は取れそうになかった。僕は現在、というか、これまでずっと、夕食の1時間を、テレビ(あるいはビデオ)を見る時間に充てているので、1日1時間なら、ビデオなりDVDなりを見ることができる。30分のアニメなら2本、45分のドラマや1時間のアニメなら1本分。大抵の番組は、(要するにNHK以外は)宣伝を早送りするため、テレビ欄の放送時間よりも短くなる。
 これだと2時間枠の映画を見ることはできない。その場合、2日に分けて途切れ途切れで見るか、そのときだけ例外を作ることになる。2時間番組というのは、おそらくは映画かドラマで、それ以外に2時間枠の番組を録ることはない。「クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!」は特番のたびに録画していたものだけど(どんだけ昔の話だよ)。しかしこれは、司会者が変わると、番組内容も全く以て変わってしまうという、顕著な例であった。( ノД`)シミジミ…
 自分で言うのもなんだけど、僕の日記というのは、本当に時系列が入り乱れるよなあ。とりあえず、話を昭和から平成、前世紀から今世紀、現在の日記の続きに戻そう。映画や2時間ドラマを見ることはあるものの、その回数は、毎週放送している30分アニメに比べると、極端に少ない。月に1回も見ないし、2カ月に1回も見ないし、3カ月に、というか、正確には解らない。
 2時間番組の場合はいつも通り1時間分を見て、これは続けて見たいな、と思えば、例外的に2時間続けて見ることになる。この場合、面白いからどうしても見たかったり、途中で区切ると話の繋がりが解らなくそうだったり、理由は結構いろいろある。逆に、1時間で止めるのも、そこでの区切りが良かったり、前半だけで満足してしまったり、こちらの理由も様々である。しかし、2時間番組を見るために、1時間で充分な食事時間を2時間に増やすのはなんとも。予定表通りに行動するのが第一位。
 最近の例外としては、「20世紀少年」の第1章、第2章、最終章の3作品を、纏めて一気にがーっとわーっと見たことか(すべて映画館で観たけれど)。しかし、堤幸彦氏の監督作品を見るたびに、「暗闇坂の人喰いの木」の監督を辞退されたことが悔やまれる( ノД`)シクシク…

 蛇足。しかし、DVDやBlu-ray、ハードディスクに録画ができる機器に触れている子供たちにとっては、テレビデオなんてファンタジーだよな。スーパーファミコン内蔵テレビに至っては、感動も何もないのだろう。電器屋でスーパーマリオをプレイしたとき、僕はとんでもなく驚いたけどな。

 予告。というほどのものではないけれど、明日の日記から、何かが変わるよ。忘れてないよ、テコ入れだよ。

 弁解。本来なら、今日でぴったり、ブログを始めて3カ月なので、このブログの目指す方向性とか、書きたいこととか、書こうとしていることとか、所信表明演説もどきの日記を書くつもりだったけれど、計画も何も立てずに書いているブログのため、全く以て残念なことに、たった1度の機会を逃してしまった(単純に、忘れていたともいえる)。とりあえず、この件については、また、次の機会に詳しく書く予定。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

他人の振り

 まったく、誰がこんな日記を書いたのか。後先を考えずに書くとこうなるのだ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

イレギュラ

 イレギュラな番組なので、テープの残り時間が中途半端になってもったいない、と思っていた「ハーバード白熱教室 in Japan」だけれど、どうやら上手い具合に録れそうだ。というのも、9月10月で、本編を含め、関連番組を放送するからである。それらを併せれば、6時間のテープにはちょうど良い。以下、忘れないよう自分メモ。

9月11日(土)BS1 午後7時~7時30分
 増刊(きょうの世界) 今「正義」を考える
 ~「白熱教室」サンデル教授に迫る~
9月26日(日)教育 午後10時~11時29分
 「ETV特集」
10月3日(日)、10月10日(日)教育 午後6時~6時58分
 「前編」「後編」
10月17日(日)教育TV 午後6時~6時58分
 「白熱教室の衝撃(仮題)」

 テープ2本に録った、通常の「ハーバード白熱教室 "Justice with Michael Sandel"」もまだ見ていないので、これらの番組を録ったら、テープ3本分、約18時間を纏めてどこかで見てしまおうか。1日1時間で18日か、例外的に休日に18時間見るか、結構悩みどころである。というか、睡眠時間を6時間として、残り18時間をビデオに充てると、起きてる間は、ずっとサンデル教授を見ていることになる。さながら、24時間サンデル教授。NHKの放送は宣伝がないので、放送時間は掛け値なし、テレビ欄の枠そのままである。まずは、予定している番組を、すべて録画しなければ。考えるのはそのあとだ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

どっちだよ

 玄関口での、宅配便の受け取りさえ拒む僕が、他人を部屋に入れたいなどと思うことはない。けれど、どうしても、その限りにはならないことがある。そのひとつが消防点検で、部屋に設置されている火災報知機を調べるには、どうあったって、部屋の中へ入らなければいけない。これはまあ、仕方のないことである。学生時代からずっと、日程に不都合がないときは点検に立ち会って、学校なり仕事なりで留守にしているときは、立ち入りを拒否してきた。割合は、おそらく半々くらいか。平日の昼間というのは、学校なり仕事なりに出掛けていることが多いのだ。
 卒業後、現在のアパートに引っ越して、3年が経とうというころ、2009年3月から、管理会社が変更になった。もともと、学生時代に住んでいたアパートの管理会社に頼んで、今のアパートを探してもらったのだ。住む場所が変わっただけで、アパートに関しての不備はなかった。考えてみると、管理会社が代わってから、いろいろなサービスが終了し、問題点が多くなってきたような気がする。今のアパートは、駅に近いのが利点ではあるけれど、線路が近く、電車が通るため、携帯電話の電波状況が非常に悪い。通話中に、電源が切れないことなどないくらい。それなのに、固定電話が廃止されてしまったのだ。このアパートの立地場所を知っていてのサービス停止だったのか、現在の杜撰な対応からは疑問が残るところである。
 管理会社が代わり、消防点検が年に2回となった。まあ、防火のため、安全のためには仕方がない。更に、入室を許可します、という権限が入居者になくなり、強制的な立入検査になってしまったことも、仕方がないと思うしかない。仕事中に立入検査など、いろいろなことが心配になってしまうけれど。
 そんな訳で、先日の僕が仕事で留守をしている間、消防の立入検査が行われた、はずなのだけど。帰ってきても、部屋の中に変わりがない。いや、部屋の中をいじられたとか、触られたとか、そのような様子はまったくなかったのだが、これだと、点検が行われたのかすら解らない。せめて何か、メモでもなんでもいいから、点検を終了しました、と解るようなものを残しておいて欲しかった。誰かが部屋に入りました、と解ればすっきりするけれど、入ったのか入らないの不明な状況というのは、どうも余り気分がよろしくない。かといって、点検を無事に終えてくれたのですか、と管理会社に電話をするほど、僕は社交的ではない。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

なく頃に散

うみねこのなく頃に Episode4(下) (講談社BOX)うみねこのなく頃に Episode4(下) (講談社BOX)
竜騎士07 ともひ

講談社 2010-08-03
売り上げランキング : 179239

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 竜騎士07氏の『うみねこのなく頃に Episode4(下)』を読了。小説で出題編をすべて読んだので、いい加減、原作ゲームの出題編を纏めてプレイしておきたい。というのも、『うみねこのなく頃に Episode1(上)』を読んで以来、小説の新刊を読むたびに、同じことを思っていたからである。「うみねこ」は、コミックもアニメ見ているので、元となる原作ゲームは、やはりプレイしておきたい。そう思い、出題編を収録している、『うみねこのなく頃にEpisode4』を、発売日早々に買ったのだ。2008年冬ということは、既に2年が経つ訳か。ただ、まあ、やはりプレイ時間がネックである。1日や2日でクリアできるゲームではないのだ。するならするで、どこかで纏めてがーとわーとプレイしておきたい(Episode1だけは、公式サイトからダウンロード版をプレイしている。2009年2月、前の職場を辞めて、これから無職でどうすれば良いのかという状況で、発作的に遊んでいるのだ)。
 現在の生活に於いて、ゲームの優先順位が低いから、このようになっている。ゲームを高く置いていれば、毎日、思う存分ゲームができる生活ではある。しかしその場合、ゲームをするために、時間の短いアルバイト生活を続けていることになる。目標を間違えてはいけない。ゲームをするのなら、やるべきことをやって、そのあとの自由時間のみにしなければ。それこそ、原作ゲームが完結したあとで、出題編、展開編、それぞれを一気に纏めてプレイしてみても良いような気もする。面白い作品なのは解っているので、あとはもう、自由時間の時間配分の問題である。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

ふるえてろ

 勝手にふるえてろとは、ぶるぶる人形にうってつけのタイトル。などと書いても、綿矢りさ氏と森博嗣氏の著作を知らない人には通じない意味なしジョーク。そもそも、西之園萌絵の名前を知ったときに、天外魔境の反対か、と思ったものだ。というのも、『FAR EAST OF EDEN』を知らない人には通じない。知らない人がいるだろうことを予想しながら、このようなことを書くのは、何か特定の一分野だけを書こうとすると、たちまち行き詰まるからである。それに僕は、さだまさし氏も、I'veサウンドも、新本格も好きなので、どれかひとつに特化したブログなど作れないのだ。さだまさしファンで、I'veを知っていて、かつ新本格が大好きな人というのは、おそらく見つかりそうにないけれど、個々を好きな人たちはいくらでもいる。だからまあ、興味のある記事だけを読んでもらえれば充分である。もっとも、検索ワードで訪れた方は、その限りでしかない。
 「天外魔境」について、調べ直してみたところ、「原作はP.H.チャダ著『FAR EAST OF EDEN』とされているが、これは架空の人物および著書である」という一文を発見してしまったエッ? (;゚⊿゚)ノ マジ? これが本当だとしたら、僕は15年以上も、広井王子氏とあだちひろし氏の術中に嵌まっていたということになる。いや、しかし、これは、いかにも効果的に騙してくれたので、むしろ嬉しい驚きだ。

人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

スーパ残暑

 パソコンのサイドバーに、住んでいる地域の天気ガジェットを表示させているのだが、常に30度を越えているのを見ているせいで、余計に暑く感じてしまうような気がする。しばらくは取り外しておこう。暑い暑いと思っていたけれど、ガジェットの精度が、それほど正確ではなかったような気もするのだ。本来ならクーラを入れなくて良いところを、ガジェットの気温を目安にしてしまったことは否めない。まあ、ある程度の気温を越えてしまえば、1度、2度違ったところで、暑いのには変わりないのだが、便利だからといって、使い過ぎるのも良し悪しか。
 正確な予想は難しいだろうけど、今後1週間は厳しい暑さが続くとみられる、という言葉を、気象庁が1週間も使っては駄目でしょうに。中国3000年の歴史と同じ扱いになってしまうぞ。僕の部屋には、温度と湿度の解るデジタル時計が、何故かふたつ置いてある。目安として判断するのであれば、これらの平均を使った方が良さそうだ。観測地点の気温よりも、部屋の温度の方が重要なのだ(何を今更)。しかし、デジタル時計の温度計よりも、ガラス製温度計の赤色アルコールの方が、正確な気温だと感じるけれど、これはおそらく錯覚なのだろう。

人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

捨てたもの

 ゴミ捨て場の不法投棄がひど過ぎて、警察に連絡する前に、管理会社に連絡をしたのだけれど、ひと月以上、音沙汰も何もなく、さらに不法投棄が増えている状況だった。余りにも勘弁ならん、と僕が憤っても仕方のないことだけど、もう一度だけ管理会社に連絡をして、それで何も変わらないのなら、警察へ電話を掛けようと決めていた。最後通告のような言い方はしたくなかったのだが、怒っている、という態度を見せなければ、動いてくれない人はいるのだ。
 ところが、電話を掛けようと決めたその朝、ゴミ捨て場を覗いてみると、不法投棄がなくなっている。おお、これこそ正しいゴミ捨て場ではないかヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !! 連絡をしてからひと月以上掛かるというのは、いったいどれだけ杜撰な管理会社なのか、と思わないことはないけれど、とりあえずは良かったとしよう。いくら正しい意見を言ったとしても、何度も苦情を言うと、こちらの方が迷惑な住人だと捉えられてしまう。他の人は何も言ってこないのに、そんなことをいちいち言ってくるのはあなただけですよ、と。この国にとっての正しいこととは、大多数が賛成することなのだ。少数の意見は、ほとんどが間違いとされる。けっ。それはともかく。これからは気持ち良くゴミを捨てることができる。次に捨てるときが楽しみだ。人間なんて捨ててもいいよ、と考えるのはもう少しあとにしよう。
 そして先日、新生ゴミ捨て場にゴミを捨てに行ってきたのだが。あれ、なんだ、あの膨らんだ毛布は。何かでっかい固まりを、毛布で包んでいるような。って、これは( ゚д゚)ポカーン ええと、あれ、もしかして、これまで溜まりに溜まっていたテレビやテーブルやソファにベットがなくなったのを見て、粗大ゴミも持っていってくれるんだ、と考えたバカ者が、同じアパートに住んでいるということか(ノ゚⊿゚)ノびっくり!! もういいよ、人間なんて捨ててもいいよ。僕ももう、同じことはしないよ。不法投棄の山ができても、もう放っておくよ( ノД`)シクシク…
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示