コミック

 本屋で働いていて残念だと思うことのひとつは、欲しい本の発売日に、仕事が休みだったときである。小説の場合、買ってすぐに読むことは稀だけど、コミックであれば、帰りの電車で早速読み始められる。短い時間とはいえ、本が読めるのは電車通勤ならでは。いくら読みたい本であっても、仕事のない日に、わざわざ買いに行こうとまでは思えない。次の出勤日に買おう、ということになる。
 隣接市の本屋まで出向けば良いのだが、そのためだけに出掛けて、かつ割引のない値段で買うのもな。従業員割引で本が買える、という特典が書店員にあるため、割引のない店で買うのを少し躊躇ってしまうのだ。1割とはいえ、塵も積もれば山本山。ただ、うちに入ってこない本や、買えない本は別である。それらの本は、定価で普通のお客さんとして買うしかない。
 僕が住んでいる地域に比べれば、勤務先はかなりの都会である(全国的には田舎かもしれないが)。少し歩けば、全国展開している本屋が何軒もあるので、うちに入って来ない本でも、買って帰ることができるのだ。本好きには好都合な勤め先である。

人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示