オータム

 ジョージ・ウィンストン氏の『AUTUMN』は、まさしく秋に聴くのが相応しい。収録曲の中では、「Longing/Love」が好評のようだけど、「Colors/Dance」も痺れるくらいに素晴らしい。インストゥルメンタルはやはり落ち着ける。秋というより、もはや冬のような気もするけれど、良い曲はいつ聴いても良いものだ。べ、べつに、さだまさしの曲に飽きた訳じゃないんだからねっ! あれ、ツンデレの使用法を間違えたかな?
 かつて、さだまさし暗い歌コレクションという、暗い曲のみ4時間集めたMDを作って聴いていたくらいに大好きな歌手であるけれど、それでもやはり、今日は聴きたくないなと思う日があり、そういうときは、さだ氏以外の曲を聴くのだ。さだまさしではなく、中島みゆきを聴こうという日は、それはそれで重いのだけど。うらみます うらみます あんたのこと死ぬまで
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

ろくまい

 待ちに待った、蘇部健一氏の『六とん4 一枚のとんかつ』をようやく読了。図書館利用のリクエストなのだけど、頼んでから借りるまで、それほど時間が掛からなかった(おかしいな、それなら、発売当初にリクエストを出しておけば良かった)。『六枚のとんかつ』をシリーズにすること自体、なんだかなあと思っていたけれど、シリーズを重ねるごとに、やはりなんだかなあという仕上がりになっている。本作は、11作収録+あとがきの短編集。やはり収録順は重要。最後の2編+あとがきも納得の配置。さすがはとっとこハムタロー。
 デビュー作、『六枚のとんかつ』の影に隠れているようで、存在が薄くなっているけれど、僕が蘇部健一氏のファンになったのは、2作目の『長野・上越新幹線四時間三十分の壁』を読んでから(ちなみ、1999年に読んだミステリの中で、13位に挙げている)。この作品は、アリバイ崩しとか、鉄道ミステリとか、到叙とか、本格とか、ギャグとか、盛りだくさんの内容ではあるけれど、それらは小説家としての一定水準というかそれ以下のような気がするので、評価の対象にはならない。
 僕が惹かれたのは、以降の蘇部氏の作品にも通じる、べたべたで愚直なまでの優しさや切なさである。蘇部健一氏にこそ、「せつなさ炸裂」作品集を作って欲しい。「♪ミッキーマウス、ミッキーマウス、ミッキーミッキーマウス……」の科白は、『十角館の殺人』の、「衝撃の一行」と同じくらいかそれ以上のインパクトがある、と僕は思っているのだけれど、そのような感想はどこにもない。ううむ、どうしてだろう。
 蘇部健一氏は、図書館で借りて読み、文庫になってから購入して読む、数少ない2度読み作家である。以前は、島田荘司氏や西澤保彦氏の作品も2度読んでいたのだが、今は完全に文庫のみを読んでいる。他の2度読み作家は、さだまさし氏くらいか。いずれにしても、もぐもぐさは、蘇部健一氏を相変わらず応援しています。

続きを読む


人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

シナリオ

 フラットのプロデューサ、寺月恭一氏と、シナリオライタの樹原新氏がゲスト参加されているということで、「まり☆まりな帝国の大逆襲!」を聞いたよ。パーソナリティは、大野まりな氏と緒田マリ氏。ん、大野まりな氏って、PC-FXのマスコットキャラクタのロルフィー役だった大野氏か。ヒゲのおっさん兄弟や、音速ハリネズミとの差別化を図ったのかもしれないけれど、設定年齢13歳、アニメ風の女の子をマスコットにしてしまえば、PC-FXにどのようなレッテルが貼られるかは言わずもがな。『天外魔境Ⅲ』は、発売前から苦戦が必至だったのだよなあ( ノД`)シクシク… で、発売日はいつかな?
 前に、『シークレットゲーム CODE:Revice』の記事を書いたとき、ほんのわずかだけ、「リーバイス」かもしれない、と思っていたけれど、今回の放送によって、「リバイス」で正しいと確認できた。リーバイスでは、ジーンズになってしまうものなあ。それにしても、七瀬あやかを演じていた大野氏が、エロゲエロゲと口にするのは感慨深い(というか、他の役柄を知らない。僕にとっての特別な声優さんは、水橋かおりさんだけですからね)。しかし、この辺の感じ方も、人によって様々なようである。KOTOKO嬢は、いわゆるエロゲの主題歌を唄うのに最初は抵抗があったらしく、それはさもありなんと思ったけれど、I'veの新人ユニット、Larval Stage Planningの3人は、自分たちが担当したエロゲに対して、あっけらかんと答えていたし( ノД`)イヤハヤ…
 ラジオは、シナリオライタ、あるいは作家など、物書きを目指す人にはなかなか興味深い内容。偶然にとはいえ、聞けたのは幸いだった。プロになるには、シナリオを5メガ以上書いているのが最低ラインとのこと。シナリオライタの方達って、シナリオの容量をバイト数で表すようだけど、この辺は僕にはさっぱりである。はぁ~さっぱり、さっぱり。5メガバイトで小説25冊分ということは、1メガバイトで5冊分ということになるのかな。
 というか僕は、文字数を400文字で割って原稿用紙換算枚数を出している。ワープロで書いていたころは、文字数換算などできないので、20×20の書式に直して、原稿用紙枚数を数えていた。執筆をワープロからパソコンに換えたとき(去年の6月のことである)、文字数が換算できるだけで、さすがはパソコンだな、とんでもないな、と驚いていたものだった。
 つーか、今書いている原稿が、原稿用紙換算で2000枚を越えても未だに終わらない。ミステリでもライトノベルでもなくて、本当に一部のマイナな人たちにしか共感を得られないような内容なのだけど、止めどきを失ったという感じ。それほど枚数を書いていなければ、やはり別の作品を書こうと思えたのだが、1000枚を越えてしまうと、もう自棄である。できれば3000枚以内には収めたい。なんにせよ、これを書き終えてしまわないことには、生活も仕事も変える区切りが訪れない。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

ばさりと

 やはり、お金がないと精神的によろしくないので、最低限のお金は手許(できれば口座にも)に置いておきたい。現在、郵便口座が76円、家賃(諸々支払い)封筒、ストック封筒にも、何も入っていないのだ( ゚д゚)ポカーン お金がなくて怖いという気持ちを味わったのは、アルバイト生活に於いて、初めてのことかもしれない。唯一の救いは、財布に1000円札が残っていたこと( ノД`)ナントイウギョウコウ…
 落ち着いて考えたところ、ぎりぎりでなんとかなるのが解った。給料日までわずか数日、そこまでどうにか持たせればいい。幸いなことに、回数券がなくなるのも、給料日当日だった。1週間、2週違っていたら、どうにもできなくなっていただろうけど、そのときの状況を考えるのは嫌過ぎる。郵便口座をマイナスにするのは、できる限り避けたい。親切な貸し付けかと思いきや、金利がきちんと発生している。まあ、当然のことである(マイナスになるのは定期貯金があるからだけど、これは親の管理なので、僕は何も知らない)。
 食事に関しては、タッパに詰めて冷凍したごはんがたくさんある。味噌汁の材料も残っているし、調味料も数種類ある。チャーハンにしても、塩コショウ、ショー油、油ではなくマーガリン、調味料を変えるだけで、違う味が楽しめる。玉子を加えると、更に美味しくなる。飲み物は、緑茶に麦茶にウーロン茶、紅茶にコーヒーと、これがもっともたくさん残っている。本来、フライパンカレーの材料として買った、タマネギとジャガイモを味噌汁の具材に変更しよう。久々のカレーを楽しみにしていたのだが、カレールーを買う前で助かった、と考えておこう。
 前に、残金が680円だったことがあったけど、あのときは、ストック封筒にひと月分の生活費が残っていた。万一のときには、使えるお金があったのだ。それがあるのとないのでは、精神的な負担がまったく違う。給料から当月の家賃を引いて、残りの半分を翌月の家賃に回して、残った分を食費に使うという、一見賢そうな方法を取っているのでは間に合わない。数カ月が厳しくなろうとも、ひと月分のストックが戻るまでは、ばっさり切り詰めないと。それから改めて、口座に12万円を目指そう。

 予告。ここ数日、良く解らない日記を書いていたけれど、本当に切羽詰まっているときは、ブログを更新している心の余裕はない。このブログの更新が途絶えたときは、僕が金策に走り回っているときか、部屋でぐったりうずくまって何もしてないときである。つまりは、ひとり暮らしのひきこもり( ノД`)シクシク…
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

アクセス

 開設して5カ月以上経った現ブログよりも、閉鎖して2カ月以上経った前ブログの方が、毎日のアクセス数が多いという状況。日常日記よりも、感想ブログの方が、やはり需要はあるということか。まあ、だからといって、このブログを感想ブログにするつもりはない。同じ轍を4度も踏むのは、バカを通り越している。

A すげえな、おい。『バカの壁』を通り抜けたのかよ
Q 誰も通り抜けていませんよ。養老先生に対して失礼ですよ
A そうなのか、さすがはもぐもぐらだと思ってな
Q わざとらしく名前を間違えないでください。というか、案外出たがりなんですね
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

かいせつ

 郵便口座の残金が76円になっていたエッ? (;゚⊿゚)ノ マジ? 何度明細を見返しても、76円なのは変わらない。これは本当に、残金が76円しか残っていないということか。いや、しかし、これは、その、どうしたも

A どうしたものかじゃねーよ。いくらなんでも4日はないだろ、4日は
Q あれ、随分と久し振りですね。どこに隠れていたんですか
A 隠れてねーよっ! 毎日いただろ、プラグインの自己紹介バトンに。それをお前が、いきなりなくしてしまったんだろうが
Q ああ、そういえばそうですね。サイドバーには、至道流星さんの作品を載せることにしたんで、自己紹介バトンが邪魔になったんです。邪魔に
A 邪魔、邪魔って、繰り返すなよ
Q でもあれは、一時的に隠しただけなんで、また表示できますが
A いいよもう、至道先生の後ろで、( ノД`)シクシク…してやんよ
Q あれ、なんでべらんめい口調なんですか
A 突っ込みどころちげーよ!
Q 質問してやんよ
A 突っ込みおせーよ!
Q 前に来たときは、もっと丁寧な言葉遣いじゃなかったですか
A 切り替えの速さは相変わらずか。って、前も何も、そんなに出てないけどな
Q いえ、プラグインの他に、「んなアホな」と「かっきてき」に出ているじゃないですか
A 相変わらず、細かいこと気にしてんのな
Q では、僕らの口調が変わっているのは気にしないでおきましょう
A ああ、久し振りだから、どっちがどっちか忘れちまったんだろ。って、ちげーよ。口調のことなんてどうでもいいんだよ
Q え、一見落着じゃないんですか
A 落着してねーよっ! つうか、「一見」じゃなくて「一件」だろう
Q まあ、漢字的には、「一見」という感じがしますがね。ああ、今のは、「漢字」と「感じ」を掛けているんですよ
A いちいち説明がうるさいよ。漢字も終わり、口調の話も終わり。俺が訊きたかったのは
Q お、一人称が「俺」ですか。格好良いですね
A 変なとこで割り込むなよ
Q 「俺」じゃなくて、カフェ・オレの「オレ」だと、可愛い感じがしますよね
A 解んねえよ、その感覚は。使いたかったら、お前も使えばいいだろ
Q いえ、遠慮します。会話文で、人物が区別できないのは致命的ですから
A 区別も何も、AとQで充分だろ
Q いえ、誰の発言かは重要です。今後は、Qが「僕」で、Aが「俺」ですね
A 違うぞ、Aが「俺」で、Qが「僕」だ
Q そちらこそ、細かいことを気にしているんですね
A 些細なことにも気がつくと言え。とにかく、話を進めるぞ
Q はい。で、何か用があって来たんですか
A 何かじゃないよ。なんで、3日続けて同じ記事書いてんだよ
Q え、何がですか?
A だから日記だよ、この3日間、日記の内容が、まったく同じになってるだろ
Q あ、あれ、おかしいな。気がつきませんでした。残金が76円ということに、動揺してしまっていたんでしょう
A …………
Q …………
A もしかして、そう思ってもらいたいために、3日も費やしたのか
Q まあ、当たらずとも遠からずというところかもしれません
A 言えよ、はっきり。思ってもらいたい、と考えている時点で意図的だろうが
Q そういうメタな発言は止めた方がいいですよ。解りにくいです
A 解りにくいのはお前だよっ! つーか、同じことを3回続けて言うと、血の雨が降るぞ、とか前に言ってなかったか
Q まさか、そんなことは言いますまい
A だけど、そう思ってもらいたいなら、直接書けば良かっただけだろうに。お金がなくて動揺してしまいました、って
Q いえ、ブログならではのトリックを使いたかったもので
A なんで、ブログにトリックがいるんだよ。てか、トリックでもないし。第一、お前の意図した効果はないぞ。同じ日記を繰り返し書いて、いったい何がしたいんだ、この人、って思われるだけだ
Q え、そうですか
A そうだろ。手書きの日記じゃあるまいし、まずはコピー&ペーストを疑われるだろ
Q もしかしたら、時間の反復落とし穴に落ちたとか
A 思わねーよ。いきなり『七回死んだ男』を持ってくるなよ。まあ、動揺してたってんなら、公開するときに手が震えて、投稿ボタンを何度も押しちまったってことも考えられるけど、それもねーよ
Q どうしてですか
A 1日ごとに公開されているからだよ。投稿ボタンを重複して押したのなら、同じ時間帯に、複数の日記が続けて公開されるんだよ
Q ああ、なるほど
A それになんだよ、タイトルがあからさまだろう。「ためして」「ガッテン」ってなんだよ
Q え、知らないんですか。NHKで大人気の、生活情報番組ですよ。納得したら、手許のボタンを叩くんです
A だから、突っ込みどころちげーよ 
Q ガッテン! ガッテン! 
A 納得すんな!
Q あ、そうだ、ちょっと説明しておきたいことがあるんですよ
A 急に我に返るなよ。ところで、76円の件はどうなったんだ。金銭的にどうのこうのはもういいのかよ
Q いや、それはいいですよ。こっちで適当に処理しておきます
A こっちってどっちだよ。まあ、いいけどよ
Q 今回のような、あとがきみたいな状況じゃないと、話しにくいことですからね
A それこそメタな発言だろ……
Q 基本的に、僕はネタばらしっていうのは嫌いなんですよ
A ああ、「ネタ」っていう言い方自体、好きじゃなかったな
Q はい、そうです。種とか仕掛けとか、内容とか情報とか、そういった言い方の方が良いですね 
A けどあれだろ、お前のブログは、解る人だけが解るような日記ばかりなんだろ。何を今更言ってんだ
Q まあ、そうなんですけど。最近ちょっと、余りにも解りにくそうなことを書いてしまって
A 最近? ああ、SSCTか。ワンピースは『ONE PIECE』で、漂白剤は『BLEACH(ブリーチ)』だろうけど、メアンドロス模様ってなんだよ。余程のクイズマニアか、『賭博覇王伝零』の読者にしか解んねーだろ
Q ナルト→うずまき→雷文→メアンドロス模様、っていう流れだったんですけど。捻り過ぎましたかね
A 捻じり過ぎだろ。グーグル検索で572件しかヒットしないって、どんだけマイナーな模様なんだよ
Q あれ、マウスの感度を示す単位がミッキーという情報よりも、マイナーなんですね。これからは気をつけましょう
A ああ、そうしてくれ。って、なんだよこの、ラジオの1コーナーのような展開は
Q え、Q&Aのコーナーに決まってるじゃないですか
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

ガッテン

 郵便口座の残金が76円になっていたエッ? (;゚⊿゚)ノ マジ? 何度明細を見返しても、76円なのは変わらない。これは本当に、残金が76円しか残っていないということか。いや、しかし、これは、その、どうしたものか。
 精神的にきつい場合は、その感情をブログに書けるけど、金銭的にきつい場合は、書きたいと思う感情自体がなくなってしまう。ううむ、とりあえずは、落ち着いて考えてみよう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

ためして

 郵便口座の残金が76円になっていたエッ? (;゚⊿゚)ノ マジ? 何度明細を見返しても、76円なのは変わらない。これは本当に、残金が76円しか残っていないということか。いや、しかし、これは、その、どうしたものか。
 精神的にきつい場合は、その感情をブログに書けるけど、金銭的にきつい場合は、書きたいと思う感情自体がなくなってしまう。ううむ、とりあえずは、落ち着いて考えてみよう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

金をくれ

 郵便口座の残金が76円になっていたエッ? (;゚⊿゚)ノ マジ? 何度明細を見返しても、76円なのは変わらない。これは本当に、残金が76円しか残っていないということか。いや、しかし、これは、その、どうしたものか。
 精神的にきつい場合は、その感情をブログに書けるけど、金銭的にきつい場合は、書きたいと思う感情自体がなくなってしまう。ううむ、とりあえずは、落ち着いて考えてみよう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

わりあい

羽月莉音の帝国 5 (ガガガ文庫)羽月莉音の帝国 5 (ガガガ文庫)
至道 流星 二ノ膳

小学館 2010-11-18
売り上げランキング : 315

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 予定通りに、「春日恒太の頭取」ではなく、『羽月莉音の帝国5』を購入。3巻以降、帯の惹句が格好良過ぎ。本シリーズは、イラスト付きで登場人物一覧が載っているのだけれど、現在紹介されている12人のうち、半分の6人がおっさんである( ゚д゚)ポカーン 更にその半分は、還暦を越えた老人である(ノ゚⊿゚)ノびっくり!! いやはや、まあ、なんというか、こんなにたくさんのおっさんが登場するライトノベルは初めてだ、と言っても良いくらい。読者層が、中高生ではなく、それよりも高い人たちということも納得。『このライトノベルがすごい!2011』で、38位に入られたことも嬉しい限り。
 とはいうものの、僕が今年読んでもっとも面白かった小説は、至道流星氏の『神と世界と絶望人間 ~雷撃☆SSガール2~』である。2月発売で、今年はこれより面白い小説は読めないだろうな、と悲観していたのだが、実際、その通りになってしまった。これはきっと、他の作品の水準が低いのではなく、至道氏の作品が、余りに面白過ぎるだけである。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

げんいん

 どうも最近、中高生の自殺が続けて起こっている、かのように思わせる報道が気になるな。いくら点が正しくても、それを線で繋いでは駄目でしょうに。自殺の原因が、いじめかどうかなど、本人が亡くなってからでは確かめようがないのだから(正確には、誰の言葉を信じれば良いのかが解らない)、自殺をするときは、遺書に必ず理由を書きましょう、パソコンや携帯は不可、という指導でもするしかないのでは。そもそも、いじめがまったくない学校では(ないと言い張っている学校では)、いじめの対策を取りようがない。いじめがあった、ということを認めて、初めて効果的な対策が取れるのではないだろうか。

 相違。いじめられたことのある人は、いじめられた人の気持ちが解ると言う人がいるけれど、僕にはあなたの気持は解りません。べつに、いじめる側でもられる側でも、他人の気持ちが解る人は解るし、解らない人は解らない。解っていて、自分の信じる行動ができる人もいるし、できない人もいる。もっとも多いのは、おそらく無関心だろう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

まっしろ

 液体洗剤と間違えて、漂白剤を買ってしまった。105円で買ったのが幸いといえば幸いか。冬場の洗濯は、粉末洗剤が溶けにくいため、液体洗剤の方が洗いやすいのだ。今の仕事は服が汚れるものではなく、ひたすら汗をかくというものでもない。洗濯ボールを使っているのだけれど(これも100円ショップで買ったものである)、臭いを落とすにはやはり洗剤が良いのだろう。しばらく洗剤を買わなかったのは、単純にお金がないからで、余裕があれば、きちんとした洗剤を買うつもりでいる。
 間違いとはいえ、漂白剤を買ってしまったので、白いシャツや肌着なりを洗ってみたけれど、もともと汚れていない服のため、効果のほどがいまいち解らない、と思っていたのだけど、色物のシャツが1枚混ざっていて愕然とした。衣類が真っ白になってしまい、僕の方が真っ青になってしまった( ゚д゚)ポカーン 肌着だったから良かったものの、普段着ている別の服だったら、大惨事になっていたところだった。このように危険な洗剤は、早々に使い切ってしまおう。とはいえ、ワイシャツを使わなくなって久しい生活をしているので、漂白剤の出番は、もうないかもしれない。

人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

一言二言

本屋にて。
「加藤元浩セットください」
「はい、Q.E.DとC.M.Bですね。ロケットマンの文庫版も付けましょうか?」

「少年探偵セットください」
「はい、金田一少年とコナンくんですね」
「この子たちは、いつまで少年なの?」
「さあ、あなたよりはずっと少年ですよ」

「ジャンプセットください」
「ええと……ワンピースが、メアンドロス模様で、漂白剤でしたっけ?」

 とりあえず、上記はフィクションであるけれど、僕は『ジャンプ』の漫画をほとんど知らない(月刊は除く)。現在、集めているのは『バクマン。』のみで、前に集めていたのは『DEATH NOTE』である。それよりも遡ると、『DRAGON BALL』になってしまう。
 そのころ僕は中学生で、『SLAM DUNK』や『幽☆遊☆白書』も、とんでもなく人気があったようだけど、ジャンプでも、コミックでも、原作を読んだことがない。アニメを何度か見たような気はするのだが、読んでみよう、集めてみようとは思わなかった。人気作品であっても、自分が読みたいと思わないものは読まないという傾向は、今も昔も変わっていない。
 そういえば、「めざせ!会社の星」の後編を見たところ、ジャンプ編集部の背景は、驚くほどそっくりだった。編集者は、モデルとはいえ、似ている人と似てない人がいたけれど。『バクマン。』の担当編集者は入社2年目だそうで、むしろ服部さんではなく、港浦さんの立ち位置か。しかし、服部さんは本当に『ONEPIECE』の担当をしていた。てか、作中人物と実際の名前が同じだとややこしいな。

 で、とんでもなくどうでも良いことなのだけど、上記のような一言二言のやり取りを、僕はショートショート・コンテキストと名づけている。強引に略すとSSCT。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

テーマ : 本に関すること
ジャンル : 本・雑誌

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

ブログを書くのは週1時間、土曜30分+α、日曜30分+α。数日遅れで公開しています(当日日記の後日公開)。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示