APEC

 APECが終了したので、職場最寄り駅のゴミ箱封鎖がようやく解かれた。普段は気にしていないのに、使えないとなると、意外に困ることが多いのだ。封鎖されたゴミ箱の上に、平然とゴミを載せていく強者もいたけどな( ゚д゚)ポカーン しかしこれからは、ゴミをゴミ箱に捨てられる。良かった、良かった。
 期間中、台に乗って構内を警備をしている人を何人か見たのだが、あの広い通路の人混みの中、どうやって怪しい人物を見分けていたのだろう。もしかしたら、死神の目を持っていたのかもしれない。とりあえず僕は、不審者に間違えられませんように、と祈りつつ、毎日そそくさと駆け抜けていた(かつてコンビニの深夜バイトへ行く途中、未成年と間違えられ、職質を受けたことがあるのだ)。しかし、それももう終わり。良かった、良かった。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

恐る怖る

 「恐る恐る」と漢字で書いても、余り「おそるおそる」という感じがしないので、「恐る恐る」は「おそるおそる」と書くことにする。「恐れ」ではなく「怖れ」、「恐い」ではなく「怖い」で統一。漢字の意味が明らかに違う場合、辞書や辞典に従うのだけれど、どちらの漢字でも構わない、あるいは双方の意味を含む場合は、デザインの気に入った漢字を使うことにしている。
 僕は小さいころから、漢字の勉強が好きで、習っていない漢字を自由帳に書いて遊んだり、漢字の宿題は毎回楽しんで書いたりしたものだった。そのせいかどうかは解らないけれど、僕は漢字を、文字ではなく絵柄、イラストとして捉えることが多い。例えば、「自転車置場」は隙がなくきっちりした印象を受けるけど、「自転車置き場」にすると、ひらがなが入ることにより、デザインが崩れたと感じてしまうのだ。しかし、「最寄り駅」はその逆で、「最寄駅」と書くと、苦しくて死にそうになる。そのため、「最寄り駅」としか書けない。なんとなく矛盾しているような気もするけれど、そのように思ってしまうのだから仕方がない。
 このブログは、適当なことを適当に書いているようであって、執筆規則や文章規則を作るため、漢字を使うか使わないか、名詞にするか動詞にするか、あるいは送り仮名を入れるか省くかなど、読みやすい文章を書く練習に使っているのだ。自分が読みやすいと思う文章が、必ずしも他人にも読みやすいとは限らないけれど、僕が書けるのは、僕自身が良いと思った文章だけである。

人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示