一世風靡

『続きはWEBで』
「テレビでやれよ」

『続きはWEBで』
「……パソコン持ってないんですけど」

『続きはWEBで』
「アドレスの表示時間が短過ぎますわ」

『続きはWEBで』
「その言葉ではヒットしないだろ」

『続きはWEBで』
「あ、ワードが他社と被ってる」

『続きはWEBで』
「え、続きがあるの?」

『続きはWEVで』
「綴り、間違ってるぞ」

 宣伝。今の若い人は知らないかもしれないけれど、かつて、テレビCMの終わりに、『続きはWEBで』と入れて、メーカのサイトへ誘導させるCMが流行っていた。猫も杓子も続きはWEBでという時代があったのだ。しかし最近は見掛けない。宣伝効果が余りなかったのかな。突っ込むとしたら、ネットのことをWEB(ウェブ)と呼ぶ人に、これまで1度も会ったことがないということか。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

購入済み

ひぐらしのなく頃に祭 お持ち帰りぃ~セット(限定版)ひぐらしのなく頃に祭 お持ち帰りぃ~セット(限定版)

アルケミスト 2007-02-22
売り上げランキング : 6565

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 プレイステーション2ソフトの『ひぐらしのなく頃に祭』は限定版を購入済み。「オフィシャルガイドブック」と「公式コンプリートガイド」も揃えているので、あとはゲームを開始するだけである。が、未だに手を付けていない。
 始められない理由に、短時間でクリアすることが不可能、ということがある。音声なしの原作版をクリアするのに、かなりの日数を費やした。それだけの時間を使っても惜しくない作品だったのは、確かだった。PS2版では音声が入っているとのことなので、果たしてどれくらいの期間でクリアできるかが予想できない(人気声優総てが、実力のある方とは限らないので、僕は音声収録に必ずしも賛成という訳ではない)。
 誰が何と言おうと、僕は「ひぐらし」を広義の意味でのミステリだと捉えている。問題編の内容を覚えているうちに、解答編まで進めたい。ミステリは断片的に読むよりも、一気に読了してしまう方が面白い(「犯人当て」小説は除く。というか、「ひぐらし」は犯人を当てるゲームではない)。
 しかしそのようなことを言っていると、いつまで経っても始められないので、機会を見つけて開始するしかないようだ(「うみねこのなく頃に」も発売間近であることだしなあ)。

 「うみねこのなく頃に」というタイトルだけを聞いたときは、「ひぐらし」と同系列の二番煎じ作品なのかと思っていたのだが、紹介記事を見てみると、似ているようで明らかに違うに作品になっている模様。やはり、期待してしまおう。
 「六軒島大量殺人事件」という設定や発想が、かつての清涼院流水氏の「1200年密室伝説」という作品と似ている気がする。新本格にどっぷり漬かった方と、新本格など知らない方の作風が重なるというのは凄いなと思う(両氏とも年齢は同じだから、『かまいたちの夜』辺りが共通項か)。
 ゲームクリエータになりたかった清涼院氏との対談が、いつか実現してくれないものだろうか(その媒体は、当然『ファウスト』しかない)。(2007/07/16)

ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び・アペンド版ひぐらしのなく頃に祭 カケラ遊び・アペンド版

アルケミスト 2007-12-20
売り上げランキング : 5779

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

【アペンド版も買ってあるのに、未だに封すら開けていない。ってことは、買ってから4年も経っているのか(ノ゚⊿゚)ノびっくり!! それよりも、「僕は「ひぐらし」を広義の意味でのミステリだと捉えている」という一文に愕然とした((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル 明らかに、広義の意味でもミステリじゃねえよ。4年前の僕は、何をとち狂っていたのか( ゚д゚)ポカーン】
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

木端微塵

ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 2 (ガンガンコミックス)ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編 2 (ガンガンコミックス)
竜騎士07 鈴羅木 かりん

スクウェア・エニックス 2007-06-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『ひぐらしのなく頃に解 罪滅し編2』を読了。原作である「罪滅し編」のゲームソフトを発表直後、竜騎士07氏は「今回のシナリオは評判が悪く、期待していた方には申し訳ありません。元々、この程度の作品なんです(要約)」と自己を卑下する書き込みをして、その1時間あとに、弱音を吐いたことに対する謝罪コメントをされていた。
 だが、コミック版のあとがきにはかつての雰囲気は微塵もない。読者は作者の書く物語が好きで買うのだから、謙遜以上に自作を詰まらないというのは、読者に対する裏切りだろう。自意識過剰なくらいの自信を持っていてくれた方が、読者としては安心できる。
 違いがあるとすれば、プロと同人というものではなく、書き続けるか、辞めてしまうか、それだけだと思う。(2007/07/16)
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

奈落の花

ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.01〈初回限定版〉 [DVD]ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -紡- file.01〈初回限定版〉 [DVD]

Frontier Works Inc.(PLC)(D) 2007-09-21
売り上げランキング : 51257

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「ひぐらしのなく頃に解」を視聴。島みやえい子先生の声は、やはり暗くて沈みつつも格好良い曲に合う。「奈落の花」というタイトルも前作の直球的なタイトル(「ひぐらしのなく頃に」)と違って、いかにも「ひぐらし」な雰囲気を醸し出している。オープニングだけでぞくぞくするアニメは、久し振りである。
 はてさて。実際に起きた殺人事件の報道で、「ひぐらしのなく頃に」のBGMを流すのは止めてもらいたいものである。現実の出来事に思えない(といっても知らない人に効果はないけれど)。(2007/07/16)
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

はじまり

[同人PCソフト]ひぐらしのなく頃に -鬼隠し、綿流し、祟殺し、暇潰し編-[同人PCソフト]ひぐらしのなく頃に -鬼隠し、綿流し、祟殺し、暇潰し編-

07th Expansion
売り上げランキング : 4540

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 「ひぐらしのなく頃に」を知ったのは2005年4月末に発売の某ゲーム雑誌の紹介記事だった。絵柄が好みとはいえず、同人ソフトというフィルタの掛かった状態で見ていたため、体験版が無料ダウンロードできなければ、プレイすることはなかっただろう。
 騙されたと思って「鬼隠し編」をやってみたところ、これが非常に面白い。日常が非日常に変わるまではかなり退屈だったものの(この時代設定でこれはおかしいだろ、という箇所が多かった)、それを補って余る面白さがあった。不満な点よりも、評価できる点が高ければ、購入しても悔いはない。(学校が終わってからの空き時間を使って)4日間連続でプレイしたのだった。
 「鬼隠し編」終了後、すぐさまソフトを購入。同じ時期に、『ファウスト』でも「ひぐらしのなく頃に」特集が組まれたので、インタビューを興味深く読んだ(「あなたの作品は京極夏彦さんの作品に似ていますね」とファンの方に指摘されたとインタビューで語っているのだが、どこが似ているのか、僕には全く解らない)。後に竜騎士07氏の小説が掲載されることになり、たちまちファンになってしまうのである。
 けれどその後、学生時代最後の同人誌用小説にかなりの時間を費やしたため、次に「ひぐらし」をやったのは、購入から5ヶ月過ぎた10月10日だった。ようやく小説書きが終わり、本格的に卒論に取り組む前の最後の余暇として『ひぐらしのなく頃に』を3日間続けてプレイしたのである。
 「鬼隠し編」だけは以前に終えていたので、残りの「綿流し編」「祟殺し編」「暇潰し編」を、1日1シナリオのペースでクリアしていった(この場合のクリアはテキストを全部読んだ、という意味)。
 当時は、「目明し編」「罪滅し編」を収録した『ひぐらしのなく頃に解』が出ていたけれど、金銭的な事情のため残りのシナリオ総てが収録されてから買おうと考え、予定通り「祭囃し」編までが収録された『ひぐらしのなく頃に解』を購入することになるのだった。(2007/07/16)
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

固有結界

ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編(7) (ガンガンコミックスJOKER)ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編(7) (ガンガンコミックスJOKER)
竜騎士07 鈴羅木 かりん

スクウェア・エニックス 2011-04-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「困った時のおまじない、リテ・ラトバリタ・メイドッ!! ふおおおぉおぉおぉ」

 『ひぐらしのなく頃に解 祭囃し編7』を読了。全編クライマックス。皆が個々の特徴に応じた活躍を見せるのだが、入江京介のメイドインヘヴンが最高潮! い、入江……( ゚д゚)ポカーン 『祭囃し編』は、8月発売予定の8巻で完結。いやはや長かった。『鬼隠し編』から約6年か( ノД`)シミジミ…
 方條ゆとり氏は、『綿流し編』のころから、画力や構成力が図抜けていたけれど、鈴羅木かりん氏は、『鬼隠し編』のときとは比べられないくらいに、漫画家としての実力が上がっている。男性を格好良く、女の子を可愛く描くのもさることながら、『ひぐらし』のメイン要素、恐怖を煽る絵柄がとんでもなく素晴らしい。原作の二次展開を面白いと思うことはほとんどないのだけれど、本作、本シリーズによって、コミカライズの面白さを知らされた感じ。これはもう、最終巻に、期待せずにはいられない。

 複写。そんな訳で、旧ブログで書いた感想を、例外的に連続公開。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

ブログを書くのは週1時間、土曜30分+α、日曜30分+α。数日遅れで公開しています(当日日記の後日公開)。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示