辞めた人

 さて、金土日の3連休も終わったので、面倒だけれど、久し振りに仕事に行くか、と着替えている途中で、仕事を辞めていることに気がつきました。いやあ、長年続けた習慣って、身体に沁み付いてしまっているものなんですね。嫌だ嫌だと言いながら、辞めたことを寂しがっているのかもしれません。

A んな訳ねーだろっ! 誰だお前は?
Q って、ここで出たら駄目ですよ

 という日記を書く人が、無職になった人には多いのだろうなあ。僕は相変わらず5時半に起ている。早く起きておけば、無駄に過ごす時間を最小限にできるからだ。何時に起きても、時間を有効に使えるのであれば良いのだけれど、そのようなことが僕にはできない。
 学生時代も、仕事を始めてからも、起きる時間は一定で、休みの日だから遅くまで寝ているということはなかった。仕事の開始時間によって、家を出る時間が変わるから、次の仕事が決まれば、当然、起きる時間もそれに合わせる。とりあえず、次が決まるまでは、5時半起きを続けるよ。

Q いいですよ、どうそ
A ……
Q さあ、どうぞ
A ( ノД`)うわぁぁぁーーん…
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

問題形式

超能力株式会社の未来―新発作的座談会超能力株式会社の未来―新発作的座談会
椎名 誠 木村 晋介 沢野 ひとし 目黒 考二

本の雑誌社 2000-06
売り上げランキング : 458355

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

椎 じゃあ、透明になって友達を脅かす。
沢 電車の線路に立つってのもあるね。
目 そんなことしちゃ死んじゃうよ。
木 わざわざ透明になって死ぬことはない。

 椎名誠氏、沢野ひとし氏、木村晋介氏、目黒孝二氏に拠る、発作的座談会のパート3、『超能力株式会社の未来 発作的座談会』を読了。いやはやまったく、読みやすくて面白いのだけど、すべての座談会が面白いという訳ではない。大抵の場合、何もないところからテーマが展開していくのだが、まれに、問題形式の座談会が混ざる。本書でいえば、本の雑誌デスクが挙げた昔話や諺に対して、それぞれの語源や解釈を、四人が答えていくものである。
 問題形式の座談会は、これまでにもあったけど、通常のテーマと違って、面白い面白くないがはっきりしている。本書では、昔話の解釈は面白いけれど、諺の語源は余り面白くない。解らないものに対しては、話の広げようがないし、無理に広げたところで、面白いものにはならない。冒頭で目黒氏が言っているように、最後まで真剣に討議することはなく、沢野氏のように、座談会の途中で寝てしまうのが正解なのかもしれない。いくら仲間内での座談会とはいえ、その姿勢には(ノ゚⊿゚)ノびっくり!!だ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

はやぶさ

 僕が「はやぶさ」と聞いて思い出すのは、小惑星探査機ではなく、寝台特急の方である。もちろん、島田荘司氏の『寝台特急「はやぶさ」1/60秒の壁』からの連想。デビュー3作目まで、がちがちの本格を書いていたのに、4作目の『はやぶさ』で、当時流行っていた、トラベルミステリに路線変更かと思わせておきながら、やはりこれも本格ミステリであった。ただ、前3作ほどがちがちなではなく、一般の人が読みやすい、トラベルミステリの体裁を使用している。結果、島田氏の名前がメジャになり、快進撃が始まることになる。キャラクタのファンであれば、吉敷シリーズ1作目としても楽しめる。
 あれ、「はやぶさ -HAYABUSA BACK TO THE EARTH-」の監督って、『暗闇坂の人喰いの木』の監督を辞退した、堤幸彦氏なのか。しかしこれは、観には行かないだろう。昔は結構、宇宙やロケットに興味があったけど、今やはぁ~(ノ゚⊿゚)ノさっぱり!さっぱり! 人工衛星の名前は、最初のスプートニク1号しか覚えていない。ああそうだ、あさりよしとお氏の『まんがサイエンス2 ロケットの作り方おしえます』は面白かったなあ( ノД`)シミジミ… しかし値段が高過ぎて、3巻以降を未だに買えていないという。

人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示