かしわで

 おぅ? ブログ拍手を押してくれる方がちらほらといて嬉しい( ノД`)うわーん… コメントとは違った嬉しさが、じわじわと来るね。じわっ…じわっ…。もちろん、ランキングクリックも嬉しい。ありがとうあるまじろ。そういや前に、ブログを読んでいないのに、相互リンクのお願いが来てだけど、どのような対処をするかは言わずもがな(がながなも)。
 ブログランキングのクリックと違うのは、ブログ拍手やコメントは、その記事に対する反応であるということ。ブログランキングの場合、どの記事に反応してくれたのかが解らない。今日の記事か、昨日の記事か、それよりも前のものなのか。しかし、ブログ拍手であれば、記事に対しての反応が良いものであれ悪いものであれ、なんらかの思うことがあったのだろうと解るのだ。
 かといって、何か思うことがあればコメントしてください、とは書けない。僕自身、コメントの敷居の高さは承知している。コメントを書きたいブログはいくつもあるけれど、気軽にえいやっと書くことができず、何度も繰り返し訪れて、ええいままよと思い切って、ようやくコメントができるのだ(そのため、僕がコメントを書くブログは、極端に限られている)。
 だから、余計な文章を書く必要はなく、ぽちっと押すだけのブログ拍手を使ってみようと考えた。一応、コメントも書ける設定にしてあるので、内密な話をしたい方には便利です(って、なんだよ、内密って)。
 そんな感じで、拍手をしてくれた方にはありがとうございます。お返しに僕は、ブログを拍手もらうたび、パソコンの前で柏手を打つことにします。ぱんっ、ぱんっ。って、フォントによっては、ぱんつと読めるような気が。ぱんつじゃないもんっ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

緊急回避

俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫)俺の妹がこんなに可愛いわけがない〈4〉 (電撃文庫)
伏見 つかさ かんざき ひろ

アスキーメディアワークス 2009-08-10
売り上げランキング : 4125

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「その態度、いい加減ウザいんだけど? ──あ、あたしがあんたにお礼言ったり、謝ったりすんのが、そんなにおかしいってわけ!?」

 伏見つかさ氏の『俺の妹がこんなに可愛いわけがない4』を読了。4巻にして、ようやく表紙が可愛くなったというか、タイトルに関連する表紙になったというか、前3巻は、不機嫌そうにふくれっ面している女の子は、そりゃ可愛くないだろうよ、と答えるしかない表紙だった。というか、不機嫌そうな女の子を表紙にするって、実は珍しいんじゃね(たぶんだけど)。
 連作短編で4章形式というのが確立されている模様。少しずつだけど、着実に時間が進んでいる。長編でメインエピソード、短編でサブエピソードみたいなライトノベルが多いけど、本作は、サブエピソードもメインに含むというか、境界が曖昧なので、すべてメインエピソードといっても良い。京介が主人公なら、それも当然の話である。とはいえ、表紙に登場していながら、桐乃がヒロイン(ヒロイン役?)でなかったら(ノ゚⊿゚)ノびっくり!!
 本作では、これまでに出番の少なかった人たちのエピソードがぎっしり。そしてついに、妹VS幼馴染という展開に突入する。『おにぃちゃんはね~、妹にしかよくじょ~しない、へんたいさんなんだよぉ~』って、すごいな( ゚д゚)ポカーン 既読の方を前提に、あえて、誤解を招く書き方をしております。意外にも、このふたりがまともに話すのは、初めてなんだよ。ふたりともレギュラメンバでありながら、双方が4巻になって初遭遇するって、実は珍しいんじゃね(たぶんだけど)。
 終盤はどんでん続き。思いがけない科白を残して、妹は唐突に消えてしまう。そして、学年の上がった俺の前に現れたのは……、という感じで次巻へ続く。ベクトル方向が、これまでと変わるだろうことは予想できる。蛇足だけれど、妹がいなくなっても、このタイトルで続くんだよな。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

ぺったん

 図書館の本を乱雑に扱う人や、書き込んだり破ったりする人がいて、漫画やライトノベルにその傾向が多い。図書館も対策でやっているんだろうけど、蔵書印を口絵の女の子に押すなよ( ゚д゚)ポカーン わざわざ顔にぺったんするなよエッ? (;゚⊿゚)ノ マジ? 僕は怒らないけど、僕以外の読者が怒るんだからな。むかーって。僕は怒らないけど。まったく、「過ぎにし薔薇は……」じゃあるまいに。裏表紙のあらすじが、図書館バーコードで隠れているときは、少し残念に思うけど。あらすじは、折り返しに書いてあると安心だ。

 大概。書いていて思い出した。僕は小さなころから学研を購読していた(親が買ってくれていた訳だけど)。幼少時に引き続き、『1年の科学』から『6年の科学』を読み続け、中学になると、『UTAN(ウータン)』という科学雑誌と、『中一コース』の両方を読むようになった。『UTAN(ウータン)』は、科学雑誌特有の記事や、スーパーメディカルサイエンスコミック「ドクトール」とか、面白い記事が満載だったけど、一方の『中一コース』は、残念なものばかりであった。
 ひどかったのが、こんな悪戯をしてみよう、という記事で、図書室に置いてある、推理小説の結末部分数ページを破ってしまおう、この本を借りた人は犯人が解らなくてびっくりすること間違いなしとか、お笑い芸人のライブに友達をたくさん連れていってみよう、どんな芸をやられても一切笑わないようにしよう、その芸人は自信をなくすこと間違いなしとか、中学生が読んでも、これはひど過ぎるだろう、と思えることばかりが載っていて、その号以降、『中一コース』の購読を止めたのだ。
 思い出して愕然とした。よくもまあ、そんな特集で雑誌を作ったものだ。あの時代特有のものかと思ったけれど、若者が好む番組を見るに、形を変えてはいるものの、その傾向は、今でも続いている。それが悪影響を与えるかどうかは解らない。けれど、僕にしてみれば、青少年に悪影響を与えるというのであれば、アニメやゲームといった虚構ではなく、ニュースや報道といった現実の方だと思うけど。とりあえず、若者が犯人の殺人事件で、「ひぐらしのなく頃に」のBGMを流すのは止めてくれ。

 愕然としたというのなら、僕の根本的な性格も変わっていないのな。10のうち、9が良くても、1が悪いと、それを拒絶してしまう。そんなことを言ったら、学校や会社へなど行けないのだが、直そうと思わない限りは直らないだろう。ただ、多少は丸くなってきたのか、10のうち悪いのが3くらいまでなら、耐えられるようにはなったのかな。まあ、耐えるのでなく、遠ざかり、関わらないようにするだけだが。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

キオスク

ランチパック
みたらし団子風
 145円。まさかみたらし団子が入っている訳ではあるまいに、と思ったが、みたらしっぽい、白玉団子が入っていた。パンに合わせるためか、味がちょっと薄く、みたらし団子にしては甘くない。みたらし団子は、パンに挟まずに食べた方が美味しいという結論。

フライドチキン
 165円。これは普通に美味しい。チキンはパンに合う。あとは、もう少し価格が低ければ。

軽井沢産キャベツメンチカツ
 165円。肉類はこの値段が多いのかね。こちらも普通に美味しい。カツはパンに合う。しかし、キャベツメンチカツってほど、キャベツは入ってなかったような。

ヨーグルト&レモン
 135円。ヨーグルトの甘さとレモンの酸っぱさがほど良く合わさっている。甘過ぎず、酸っぱ過ぎずで、優等生という感じ。

 上記はすべて、阿倍野橋のランチパックショップで購入。いつも違って割引きなどなく、定価での購入。纏めて買ったので、纏めて食べて、纏めて感想を書いてしまった。1個当たりの感想が少ないのはそのためである。パンとはいえ、1日2日は持つのだから、一気に食べる必要はないのだけれど、万年欠食大人(僕のことです)の目の前に、ランチパックが4袋もあったなら、そりゃあ、あっという間に食べてしまうに決まっている。ただ、ランチパックショショップにまた行くかどうかは解らない。お金があっても、行くかどうかは解らない。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

阿倍野橋

 という訳で、なにかと気になっていたランチパックショップへ行ってきた。面接試験の帰りに寄り道をしたので、寄ってきたというべきか。さすがに、ランチパックのためだけに出向くことはできなかった。
 なんというか、イマジンブレーカ炸裂(幻想を殺されたよ)って感じ。ネットに上がった写真だと、それなりに大きい店のように見えたけど、実際に行ってみると、普通のキオスクだった。てっきり、メーカがランチパックショップを作ったのかと勘違いしていた。要するに、キオスクのパンコーナをランチパック専用ラックにして、店の壁や周囲の看板にランチパックの広告を使用している。そのため、キオスクすべてが、ランチパックを売っているように見えてしまったようだ。
 店には、ランチパック以外のパンも置いてあるし、ランチパックコーナ以外の品揃えは、普通のキオスクと変わらない。何も知らない通勤客が寄った場合、普通のキオスクとしか思えないだろう。人だかりもなかったので、あれ、こんなにも賑わっていないのか、と逆に呆然としてしまった( ゚д゚)ポカーン いや、まあ、店全体がランチパックだとしても、買える量は限られているので、専用コーナがあるだけで充分だったけど、期待には答えてもらえなくて残念。というか、ネットでの記事が過剰過ぎたのだろう。人生なんてそんなものだ。
 ランチパックショップでランチパックを4袋買い、帰りにウイスキーとコーラを買った。ランチパック代に1000円を用意していたけれど、買ったのは4袋610円だったので、クリアブレンドの小瓶288円とコーラ(500ml)100円を買って、合計998円。1000円以内で収まった。さて、ランチパックを食べながら、ウイスキーコークを飲むか。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

生徒会戦

俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長 (電撃文庫)俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長 (電撃文庫)
哀川 譲 H2SO4

アスキーメディアワークス 2010-05-10
売り上げランキング : 121171

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 哀川譲氏の『俺と彼女が魔王と勇者で生徒会長』を読了。これは当然、図書館利用になるのだが、最初のページに、電撃文庫からのお詫びとお知らせがコピーして貼ってある( ゚д゚)ポカーン これって、図書館独自の対応なのかね。結構売れてたんだよ、この本。ネットでは、タイトルの略称をどうしようかで盛り上がっていたし。それが、盗作だと解ってから一転するのだが、売れたからこそ、盗作が知られてしまったのかね。騒ぎを知ってから読むと、惹句もあとがきも痛々し過ぎる( ノД`)シクシク…
 てっきり、内容を真似たのかと思ったけれど、そうではなく、文章を真似ていたことに愕然とした。文章を比較対照しているページを見たのだが、とんでもなく無駄な努力をしているのな。自分の書きたい文章を既存の本から探すより、自分で書く方が断然楽だというのに。最初から盗むのと、結果的に似た内容になってしまうのとではまったく違う。
 「バカとテストと召喚獣」は、アニメしか見ていないけど、このような設定であれば、清涼院流水氏の「密室×美少女×殺人×ゲーム」の方が面白いなと思った。まあ、設定なんてそんなもの。盗作でなく似てしまったのであれば、それは恥じることではない。ただ、この人は、盗作です、って認めちゃているんだよな。潔いのは良いけれど、盗作は駄目、絶対。以下に、盗作は関係なく、作品の感想を。
 
 「人間と人外が一緒に通う」日本初の試験校にて、勇者生徒会と魔王生徒会が争う話。勇者側は人間、魔王側は人外の生徒たちなのだけど、人間である主人公が、魔王生徒会長にさせられて、正体を隠しながら、幼馴染の勇者生徒会長と対決しなければならない。設定だけ聞くと、目新しいものは特にない。人外であってもいじめられるって、人間とおんなじだよ。
 本書では、人外の者を活かせていない。吸血鬼の能力が最後で少し出てきただけで、人外である必要はないんじゃね、と思われたら終わりである。架神恭介氏の『戦闘破壊学園ダンゲロス』を読んでいると、本書の生徒会戦が、大人し過ぎて、小さく纏まり過ぎに思えてしまう。もっとも、その加減が適度だったから、最終選考に残ったのだろう。あっちょんぶりけと比べてはいけない。
 引き分けのルールを追加したり、世界観の説明がほとんどなかったり、終わりを見越して、続編を書くつもりだったのだろう。2巻以降、広がりを見せるという感じで。それはまあ、叶わなかった訳だけど。それと、いまいち楽しめなかったのは、髪が黒くて長い女の子がヒロインだったからかな。黒髪ロングって、ヒロインっていうイメージがないんだよ。全国の黒髪長髪好きの方たちには申し訳ありません。
 じゃあ、お前は何がいいんだよと問われたら、黒髪ショート最高! と答えるに決まっている。しかし、アニメでもゲームでも、大抵のヒロインは、髪を染めているけどな( ノД`)シクシク… 黒髪なんてほとんどいねーよ( ノД`)うわーん…
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

思い立ち

 ×阪にランチパックショップができたのは、僕が前の仕事を始めたのと同時期だったのか。そうか、そうか。なんとはなしに、行き方を調べてみたところ、あれ、前職場よりも近いそ。電車代もほぼ同じ。仕事を始めてからだと、疲れたとか面倒だとかで、結局、行く機会がないだろうし、これは、無職期間の今だからこそ、行ってこられるのではないだろうか。
 部屋でぼけっと、何をやっているんだ、俺は、という時間を使っていけばいい。気に入ったランチパックであれば、定価でも構わない。1000円あれば、約200円のランチパックが5個は買える。こういうのは、思い立ったらすぐに入った方が良いのだけれど、ここ数日、ウンコが出ていない便秘気味で、お腹が少々苦しいのだ。仕事をしていない生活だと、やはり運動不足になってしまうのか。うーん。そういえば、うろ覚えだけど、トイレの神様ってのがいたような。お祈りすれば、こんなときに助けてくれるのではなかろうか。お頼み申す、お頼み申す。ぱん、ぱん。

 倫理。この記事の後半に、ちょっとあれな表現があるので、唐突に削除するかもしれません。しかし、小さな子供相手に笑いを取るのであれば、ウンコ、オシッコ、ちんちんなどは、鉄板ネタだぜ。子供に好かれれば、その親、兄弟、友達、先生など、とんでもくファン層が広がっていくし。って、またもや、あれな表現を。前の記事に、上品だよとか書いているのに、なんてこと((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示