徹底討論

沢野字の謎沢野字の謎
沢野 ひとし 木村 晋介 椎名 誠 目黒 考二

本の雑誌社 2000-10
売り上げランキング : 104889

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

椎 会話でも何でも。それはある種この男の魅力でもあるんだけどね。常軌を逸したような、ちょっと間違えれば異常と言われるくらい、こいつは変な発想の持ち主なわけだよ。常人には絶対に出てこないフレーズがあるだろ。それなのに、本人はそれに気がついてない。

 沢野ひとし氏、椎名誠氏、木村晋介氏、目黒孝二氏に依る、『沢野字の謎』を読了。『発作的座談会』の特別編で、沢野氏が、『本の雑誌』の表紙絵の横に書いた、意味不明なコピーを一堂に集め、最強のコピーはどれかを徹底討論する。
 『本の雑誌』最強コピー決定戦。全く以てバカバカし過ぎるけど、それを本気で討論するところが面白い。個人的には、『発作的座談会』本編よりも、こちらの方が楽しめる。とんでもない発想の持ち主である、沢野氏のコピーについて、これまた独特な方たちが討論するのだから、これで面白くならないはずがない。『発作的座談会』シリーズは、読んで笑える、数少ない本なんだよ(他は、土屋賢二氏のエッセィくらいかな)。
 最強コピー決定戦って、どこかで似たような作品があったような気がしていたけれど、清涼院流水氏の「ぶらんでぃっしゅトーナメント」ってのが、1500の単語の中から、頂点を決める話だった。当然、『沢野字』の方が古い(『本の雑誌』に25年以上載せている)。また、最近では、森博嗣氏の『つぶやきのクリーム』が出たけれど、森氏のつぶやきは、読者に考えさせる面白さで、沢野氏のコピーは、まったく何も計算されていない、変な意味の面白さがある。
 間違いなく、つぶやきコピーの面白さでは、沢野氏の右に出る人はいないだろう。それに加えて、独特の文字と絵、こりゃもう、沢野氏に敵う人なんて、どこを探したっている訳ない。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

はったり

 アクセスが増えると、はったりを書きにくくなるので、その対策。このブログの7割は、管理人の思い込みと勘違いでできています、と書いておこう。すべてを鵜呑みにされませぬように(=´―`)ノ ヨロシク

人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示