酔いどれ

 連休最終日、翌日から仕事だというのに、21時を過ぎてから酒とツマミを買いにいったもぐもぐさです>挨拶

 酒を飲んで泣きそう。明日からの仕事を考えて泣きそう。これまでのしんどかったことを思い出して泣きそう。連休中に、立てた予定の半分くらいは守れて、半分くらいは守れなかった、という日記を書こうとしていたけれど、もはやそんな気持ちではなくなっていて。まあいいや、どうだって。

人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

拠ること

 これまでの日記で、「○○に拠る」という書き方をしていたけれど、意味的には、「○○に依る」という書き方が正しいと知ってから、「拠る」を「依る」に変えてみたものの、漢字的には、「依る」より「拠る」の方が好ましい。個人のブログなんだし、他にも間違って使っている言葉もあるだろうし、開き直って、「○○に拠る」という書き方に戻そうと思う。関係ないけど、『這いよれ!ニャル子さん』って、タイトルが秀逸過ぎる(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!

人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

フィナル

小説 LIAR GAME The final stage (JUMP j BOOKS)小説 LIAR GAME The final stage (JUMP j BOOKS)
浜崎 達也 甲斐谷 忍

集英社 2010-03-08
売り上げランキング : 4756

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 浜崎達也氏の『小説 LIAR GAME The final stage』を読了。劇場版「ライアーゲーム」のノベライズ。参加者全員を平等に疑わせるのには、映像媒体ではなく、文字媒体の方が適切。映画の場面を静止画として掲載しているので、純粋な小説としては楽しめなかったけれど、映画のノベライズなのだから仕方がない。些細な点で、補足や説明がされている。ヨコヤがファイナル出場を辞退した理由がプロローグで語られているけれど、なんというか、なんだかなあという感じで、それが解ったからどうということもなく。まあ、小説を読んだ人だけの特典か、と思ったけれど、幻の第10話として限定配信されていたようだ。ということは、ドラマ版を含め、最初から最期まで、小説オリジナル要素はない、徹頭徹尾のノベライズか。
 映画を観ているので、目新しいことはないものの、前2作のノベライズよりは面白くなっている。しかしそれは、書き手の実力が突然に上がったということではなく、映画そのものが及第点だったからである。映画はドラマシリーズとは作った人が違うんじゃないかと思うくらいの出来だったので(多分、脚本担当が違うのだろう)、そのノベライズが面白いのは当然のこと。前2作を除いて、有終の美を飾ったといえる(つまらなかったのはノベライズで、ドラマは一定水準の面白さはあった)。分量が少ないこともあるけれど、値段が安いのは良い。税込500円というのは、かなりぎりぎりの価格設定なのでは。JUMP j-BOOKSがノベルス扱いならばだけれど。(2010/06/22)
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

セカンド

小説 LIAR GAME Season 2 (JUMP j BOOKS)小説 LIAR GAME Season 2 (JUMP j BOOKS)
浜崎 達也

集英社 2010-02-19
売り上げランキング : 28533

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 浜崎達也氏の『小説 LIAR GAME Season2』を読了。火曜ドラマ、「ライアーゲーム Season2」のノベライズ。それだけ。いや、ノベライズという言葉がぴったりの作品で、やはりそれだけ。漫画やドラマにあった、白熱した面白さがまったく伝わってこない。勝負の勝ち負けに拘わらず、すべてを一定の水準で淡々と書いている。それはそれですごいことだと思うけれど、小説なりの面白さというものを、少しでも加えて欲しかった気がしないでもない。
 ──という、前作とまったく同じ感想を書いても違和感がないくらいの作品である。つまり本作には、漫画やドラマにあった引きの部分、続きが気になるというカ所がまったくないのだ。淡々と進んでいくので、面白いはずの場面が面白くないし、面白くない場面はやはり面白くない。説明の解りにくいゲームを、文章だけで説明するのはかなり難しい。僕は漫画もドラマも見ていたので、どうにか小説を読むことができたけれど、本作だけで、「天使と悪魔ゲーム」「ゴールドラッシュゲーム」のルールと必勝法を理解できる人は少数だろう。
 ただ、本作を読んだことで、ドラマで不明だった点を補足することができた。そもそも、どのような理由でSeason2に繋がったのかが解らなかった。前ドラマの最終回で、秋山がライアーゲームの主催者に会うという目的を果たしたので、続編はないだろうと考えていた。ところが、秋山が会ったのは、ライアーゲームの主催者ではなく出資者のひとりだったということで、再びゲームへの参加を決めたようだった。ううむ、偽者でしたを続けたら切りがないですよ。ドラマでは、ゲームのルールを把握する前に先に進んでしまっていたので、どうしてこのような展開になるか解らない場面が多々あった。それらを補完するため、つまり、ドラマとセットで、ようやく「LIAR GAME Season2」が楽しめたという感じ。
 『小説 LIAR GAME The final stage』は、3月6日の映画公開の2日後に刊行されている。まあ、ここまで見て、読んできたのだから、映画を観たあとで、ノベライズを読んでみようとは思っている。(2010/03/18)
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

ファスト

小説 LIAR GAME (JUMP j BOOKS)小説 LIAR GAME (JUMP j BOOKS)
浜崎 達也 古屋 和尚

集英社 2009-11-04
売り上げランキング : 10309

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 浜崎達也氏の『小説 LIAR GAME』を読了。土曜ドラマ、「ライアーゲーム」のノベライズ。それだけ。いや、ノベライズという言葉がぴったりの作品で、やはりそれだけ。漫画やドラマにあった、白熱した面白さがまったく伝わってこない。勝負の勝ち負けに拘わらず、すべてを一定の水準で淡々と書いている。それはそれですごいことだと思うけれど、小説なりの面白さというものを、少しでも加えて欲しかった気がしないでもない。(2010/01/21)
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

ブログを書くのは週1時間、土曜30分+α、日曜30分+α。数日遅れで公開しています(当日日記の後日公開)。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示