無何有鏡

灼眼のシャナ〈22〉 (電撃文庫)灼眼のシャナ〈22〉 (電撃文庫)
高橋 弥七郎 いとう のいぢ

アスキーメディアワークス 2011-10-08
売り上げランキング : 13554

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「なんでも言って。ちゃんと聞くから」

 高橋弥七郎氏の『灼眼のシャナ22』を読了。最終巻。表紙がすべて(*´Д`)ハァハァ って、これじゃ変態だ。当初は、ライノベルを書く参考に1巻を買い、余りにも面白かったので、最終巻まで集めたシリーズのひとつである。アニメよりも先に、原作を読んでいたけれど、ファイナルシーズンに限って追い着かず、アニメを先に見てから、本巻を読むことになった。
 アニメを先行して、のちに原作を読む場合、不確かだった内容を補完できるのだが、本作に限っては、解らない部分が、更に解らなくなるだけである。それでも、なんだか解らなさが面白くて格好良い。つまりは、自分が理解できた内容だけでも楽しめる、すごい作品である。敵味方併せて、とんでもない数の登場人物が出てきたけど、それぞれがそれなりの幸福に辿り着けたのでは。
 10年近い、長大な物語をきちんと完結まで書き上げた、高橋氏にはお疲れ様でした。さて、外伝3巻を楽しみに待ちませう。次巻ですべて終了か。

続きを読む


人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

星を追う

 星海社FICTIONSより、7月に刊行される至道流星氏の新作、タイトルが一般に発表されたのは昨日なのに、『大日本サムライガール』で、本ブログを検索された人が多過ぎる((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル 矢吹駆よりも早い( ゚д゚)ポカーン
 とはいえ、期待する気持ちは良く解る。清涼院流水氏の作品で譬えれば、『カーニバル』前の、『全日本じゃんけんトーナメント』みたいな。って、それじゃ、『好敵手オンリーワン2』に対して、失礼過ぎるだろ。至道氏の作品は、テンプレートなキャラクタを除けば、とんでもなく面白いんだからな。キリッ。(ライトノベルに拘った理由を知った上で)挿絵は要らないだろ、と思うけど。って、しまった。『エル』に対して失礼なことを書いてるよ( ノД`)シクシク…

至道流星『大日本サムライガール』 Illustration/まごまご | 最前線
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示