未来日記

 とりあえず、書こうと思って、結局は書いていない日記まとめ。

採用されるのに必要な条件
 みなみの書店を辞めた去年の9月以降、ことごとく不採用の中に、何件かの採用があって(すぐ辞めたけど)、自分なりに気づいた採用条件。必要なのは、知識、体力、愛想、そのいずれか(学歴は余り関係がない)。重ねて持っている人ほど、採用される傾向が高い。どれも持っていない僕は言わずもがな( ノД`)シクシク…

トラック屋台
 これは、現在勤めている会社で、同時期に採用されたおっさんと行った。奢ってもらったので文句は言えなかったけど、500円の値段のラーメンではなかった。余りにもあんまりだったので、このとき僕は、餃子の王将へ行こうと決めた。一緒に行ったおっさんが、スーパードライばかりを飲んでいたので(というか、それしかビールがなかったので)、それが気になって、この日の帰り、自宅最寄りのコンビニで、スーパードライを買い、久し振りに飲んでみた。ビールだったら、キリンのラガーだなと思い込んでいたけれど、スーパードライも、飲めることが解った( ノД`)うえぇぷっ…

携帯電話
 2012年3月31日にて、movaサービスが終了ということで、携帯電話をFOMAに替えた。携帯を持って8年、アドレス変更も、番号変更もしたことがなく、初めての機種変更だぜ、という日記を書こうとしていた。機種変更したその日、今の携帯は、テレビも見れるのか、写真も撮れるのか、と珍しがって遊んでいたけれど、1日で飽きた。日記を書くほどのことではなかった。携帯を替えたことにより、アパートの部屋から電話を掛けられるようになった。電波が悪くて部屋から電話が掛けられない、という記事を何回か書いているけれど、原因は電波ではなく、携帯電話にあったようだ(ノ゚⊿゚)ノびっくり!! 未だに僕は、新しい携帯電話ではなく、古い携帯電話の方を良く使っている。

ガジェット
 2010年10月27日に気づいたことを、未だに書いていない。じきに2年が経ってしまう。MSN天気ガジェットが狂い過ぎている、という日記を何件か書いていて、解決方法が解ったというのに、その記事を書いていない。本ブログを、「MNS天気ガジェット」で検索される方が定期的にいるので、これは書いておかなければ、と思っているのに書いていない。今年こそは書いておかなければ、と思っている。夏の時期に書く必要はないのだけど、ガジェットの気温が気になるのは夏である。ならば、書くのは夏に決まっている。

金環日食
 この日は、仕事を辞めたい感が目一杯の日で、それどころではなかった。落ち着いていれば、金環日食の日は、スリや置き引きに気をつけよう、みたいな日記を書いていただろう。

自殺の話 
 命日を過ぎたら書こう。って、もう過ぎてるよ。いや、忘れている方がいいのか。毎年思い出すのは、むしろ呪いのようなものだからな。

小説執筆
 これもじきに。最初で最後。最大の復讐劇。動機が不純なんだよ。

 そんなこんなで。他にもいろいろあるけれど、書いてないことを書いたら切りがないし、書こうと思ったことを書くと切りがない。そんなわけで。このブログでは、書けることだけを書きます(=´ー`)ノ ヨロシク
 しかし、1日1記事とか、書くペースを減らすとか、ブログはもう止めるとか、何度も同じことを言いながら、結局は書いてしまうのだ。更新が途絶えたのは、精神的に厳しく、金銭的につらかった、無職期間のころで、今年の最初に仕事が決まってからは、再びブログを書き続けている。
 僕が書けば解る人間である以上、ブログを辞めることは、諦めた方が良いのかもしれない。発作的に、訳の解らないくらいの記事を公開しても、書いてしまったのだから仕方がない、と開き直ってしまうのが良いのかもしれない。パソコンが壊れる、電気を止められる、僕がなんらかの事件に巻き込まれる、おらは死んじまっただ等、物理的に書けなくなる状況に追い込まれるまでは、おそらく書き続けてしまうのだろう。
 そんなわけで。事前に、なんの予告もなく更新が途絶えた場合、上記のいずれかに該当しているものと思われます。もっとも可能性が高いのは、パソコンが壊れるという理由かな。携帯電話での投稿はしないし、わざわざネット喫茶まで行こうとは考えないし、修理するか、新しいパソコンを買うまでは、物理的に書けなくなります。まあ、それがブログを辞めるきっかけになるかもしれません。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

仮想空間

 「未来日記-ANOTHER:WORLD-」は、原作が『未来日記』ではないと思えば楽しめる。って、それじゃ見ている意味がないのだが、主役を演じているのが、さだまさし氏原作の「アントキノイノチ」の映画にて、素晴らしい演技を見せてくれた方だったので、そのまま見続けている。けど、まあ、あれだ。役者を殺すのは、脚本次第だと良く解った。第7話にて、原作まで殺されてがっかり( ノД`)シクシク…
 『未来日記』という作品は、タイトル通り、「未来の出来事が書かれる日記」を軸にして展開される。それなのに、未来日記が存在するための世界、それは仮想空間「オリンピア」だった、という展開に(ノ゚⊿゚)ノびっくり!! 原作を、『未来日記』にした意味ねぇよ。
 とはいえ、今後の展開で、仮想空間を舞台にした、古今東西の名作をひっくり返す可能性がないわけでもないだろうから、とりあえず、最終回までは見よう。本作に限らないけど、売れた作品に対してパクリパクリ言う人たちって、自分の知識量を露呈してるよね。あるいは、君は何の意味がある人?
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

宅配ピザ

06月11日 チーズ&チーズ1900 900オフクーポン 1000円/ピザハット
06月11日 ベーコンピザ 298円/もうひとつの最寄りスーパ

 宅配ピザを食べたあとで、冷蔵ピザを食べるもぐもぐさです>もぐもぐ

 2010年1月29日にも同じことをしているのだが、ブログには書いていない。宅配ピザは値段相応だけど、冷蔵ピザも値段相応という話。宅配ピザは、クーポンを持っているときが狙い目。1900円のピザが1000円で買えるのは、かなりのお買い得。ただ、このクーポンは電話限定だったので、店員と話さなければいけない。携帯電話をFOMAに替えたので、部屋から注文することができた。すごいな、携帯電話というものは。なんか、普通の人と、驚き所が違うような気もするけれど、6年以上、部屋から携帯電話が掛けられない生活をしていたのだ。
 当初の予定では、LサイズをMサイズの値段で買えるクーポンを、7月に使おうと考えていた。そこへ、今回の1000円クーポンが手に入ったので、思わず頼んでしまった。2カ月連続で、宅配ピザを頼んだっていいじゃないか。人間だもの。宅配ピザを食べたあとで、冷蔵ピザを買いにいくのはなんでだろうな。宅配ピザの値段で、冷蔵ピザが何枚も買えるというのを自覚するためかな。となると、来月にLサイズを頼むときは、事前に冷蔵ピザを用意して、それこそ一緒に食べてみようか。って、次の豪遊予定は、餃子の王将での、天津飯かマーボードーフだったのか。せっかくカテゴリを作ったのだから、有効的に使用しなければいけないざんしょ。

2012年
02月09日 ラーメン 500円(奢りなのでただ)/トラック屋台
02月10日 スタミナラーメンセット 924円/餃子の王将
04月28日 三種のチーズ牛丼(メガ)710 とん汁サラダセット160 870円/すき家
05月11日 チャーハンセット924 生ビール(中)483 1407円/餃子の王将
05月14日 豚玉350 チーズ80 割引券50 380円/じゃんぼ総本店
05月23日 デラックスランチ1400 コーンサラダセット200 ponta割引180 1420円/ピザハット
06月11日 チーズ&チーズ1900 900オフクーポン 1000円/ピザハット
06月11日 ベーコンピザ 298円/もうひとつの最寄りスーパ
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

リンカー

→unfinished→ 初回限定盤(DVD付)→unfinished→ 初回限定盤(DVD付)
八木沼悟志(fripside) KOTOKO

ワーナー・ホーム・ビデオ 2012-05-16
売り上げランキング : 213

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 KOTOKO嬢の『→unfinished→』を視聴。「アクセル・ワールド」エンディングテーマ。やたらめったら格好良い。I'veから独立しても、KOTOKO嬢はKOTOKO嬢だった(歌だけでなく、作詞、作曲もされる方である)。作詞・作曲の八木沼悟志氏の名前はうろ覚えだったけど、「とある科学の超電磁砲」の前期オープニング「only my railgun」、後期オープニング「LEVEL5-judgelight-」を作った人だと知って納得。これらの曲も、やたらめったら格好良かったからな。そうか、「レールガン」の方は、主題歌はI'veではなかったっけ。
 曲が素晴らしくても、PVが残念という作品が多かったけど、今回は、「アクセル・ワールド」の世界観をイメージした素晴らしい仕上がり。仮想世界と現実世界をリンクさせている。残念だったのが、TVバージョンのエンディングが収録されていなかったこと。あのイントロって、アニメのエンディングだけだよね。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

割り込み

 電車の中で、みだりに扉を開けないでくださいという注意書きがあったけど、みだりって、右と左のどっちだろうと思ったもぐもぐさです>挨拶

 電車で通勤していると、変わった人を見掛けることがある。人が多くて、吊革が掴めないからって、天井に手を着くなよ。しかも両手を張っているので、オラに元気を分けてくれっ! みたいなポーズだった。そんなおっさんの姿を見て、どうすれば良いのか。笑えばいいと思うよ、って、笑えねぇよ。他にも、駆け込んでも間に合わず、閉まっている扉にぴたんと張り付いたおっさんもいたな。ぴょん吉か、あんたは。危ないから止めろよ、閉まっている扉を叩くなよ。

 目の前の座席が空いているのに、座らずに立っている人がいる。そこに立つなら、座ってしまえ。座らないなら、場所を移動しろよ、と思わなくもない。ひとり分のスペースが減ってしまうのだ。他にも、自分から遠い場所の吊革を掴む人がいるけれど、間に挟まれた人はたまったものではない。身体くっつけ過ぎだろ、こっち来んな。

 気になったのが、「指に注意」というステッカ。「扉に注意」の方が解りやすい。電車によっては、「扉に指を挟まれないよう注意してください」と、詳しく書いていることもあるけれど、「指に注意」はないだろ。「アダムス・ファミリー」かよ。英訳したら、「Be careful of the finger.」って、意味が通じないよ。

 同じく解らないのが、シートの半分を色分けして、半分だけを優先席にしている電車。この国の人が、優先席を作る発想は解らないでもないけれど、シート半分だけっていうのが滑稽過ぎる。作るならいっそ、女性専用ではなく、優先席専用車両でも作ってしまえ。

 不審な行為を見掛けられた場合は、ただちに乗務員または駅係員にお知らせください、とのアナウンスが丁寧なため、見掛けられるのは不審者本人だろ、と思ってしまった。「ら」を抜かない言葉。それと、扉が閉まりますのアナウンスをしたなら、迅速に扉を閉めろよ。閉まりますって言ってから、1分も2分も開いとくなよ。駆け込み乗車が増えて危ないだろ。

 わざとらしく、電車関連の記事ばかりを書いている。この書き方はつまらないので、今後はもう止めよう。口調が悪い記事は、いつものもぐもぐさではなく、腹の黒い、黒もぐさが書いています。それにしても、×阪の人たちって、どうしてみんな割り込んでくるの? ホームで並んでいる意味がない。これはもう、引っ越してきた当時に諦めている。だからといって、横入りをする人がすべて、×阪人ではないだろう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示