真の看板

バクマン。 19 (ジャンプコミックス)バクマン。 19 (ジャンプコミックス)
小畑 健 大場 つぐみ

集英社 2012-06-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『バクマン。19』を読了。既刊のカバーイラストを一斉公開。こうして見ると、帯が邪魔なことが良く解る。余計な手間は省いてしまえよ。それはそれとして(閑話休題)。
 ついに「REVERSI」のアニメ化が決定。クライマックスに向けて、怒涛の展開続き。編集長が思い描く、未来の『週刊少年ジャンプ』、それを新妻エイジに伝える場面が格好良い。より燃えて、これから描けますと答えるエイジの表情が、かつてないほどに最高なんですケド。ラジオ局に乗り込んだ福田さんも格好良過ぎ。後先を考えない行動があれだけど、その判断の早さが福田さんの良いところ。
 そして、ラジオ放送による、小豆のとんでも発言。最初のころから、変な子だとは思っていたけれど、いくつになっても変わらない、ぶれない姿勢が格好良い。格好良い人てんこ盛りの本巻。反対に、かつて小豆を引っ張っていた三吉が、今はもっとも普通になっている( ノД`)シミジミ… って、ここで終わらせるとは。続きが楽しみ過ぎるヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !! ん、「ラッコ11号」の小説第2弾エッ? (;゚⊿゚)ノ マジ?

 それにしても、曲がりなりにも漫画家としてやっていた石沢が、ニートみたいな生活をしているのが気に掛かる。お母さんは大変だよ、がっかりだよ、残念だよ。マンガ家なんて、連載してなきゃただのニート、って、最高が最初のころ言っていた通りだな( ノД`)シクシク…
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

体調不良

 欠勤の連絡を入れたら、社長が電話に出て(ノ゚⊿゚)ノびっくり!!

 3週続けて月曜日に出勤したのに、2週続けて月曜日に休んでしまった。
 つうか、なんでまた休んでいるのか。5カ月で11日の欠勤って、月に2回は休んでることになる。部署変更以降、休む理由はないはずなのに。というか、体調不良を言い訳にするのはもう止めよう。先週の足の痛みは、本当に予期しないもので、どうしようもかったけれど、今回は違う。土曜、日曜と、バカみたいに食べ過ぎて、料理のための清酒(1.8リットル)を飲み干してしまったからである( ノД`)うえぇぷっ…
 土曜日に飲み食いするのは構わない。翌日が日曜で休みなんだから、ここで体調を戻せばいい。これまではずっと、そういう生活をしてきたのだ。飲み食いは休日前という決まりを、きちんと守ってきた。だから最初の職場では、体調不良で休むことはなかった。というか、辞めるまで休むことはなかった。それなのに、この有様はなんだろう。
 たぶん、みなみの書店で午前中だけの仕事をしていたときに名残かと。体調が悪くても行ける、午前中だけならなんとかなる、というのが、平日に酒を飲んでも大丈夫、翌日の仕事には差し支えない、という理由に変わってしまい、無職期間のやけ酒やけ食いが、悪い感じで現状に繋がってしまったのではないかと。まあいいや、原因はどうでも。
 問題は、体調不良で休もうと考えてしまうこと。これは自分の判断だから、行けると思えば行けるし、行けないと思えば行けない。ほんのわずかな体調不良でも、欠勤の理由づけにしてしまうのが不味い。仕事中に、ムカつきや腹立ちがあったときに、「ただでさえ体調が悪いのに、こんなアホウなことするなよ」と思ったことが、少なからずあるのがその証拠。つまり、「あれがまたアホウなことやってるよ」だけで済むことが、体調不良が重なることによって、余計にムカついてしまうのだ。これは前から気づいていたけれど、腹立ちの原因が、暴飲暴食をさせるので、止めようのない悪循環が続いていた。しかし、その循環は、とりあえず絶たれたはずである。
 となれば、あとは僕の意思次第。飲み食いは休日前に限定。飲み食いは休日前に限定。体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗させない。体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗させない。小学生の目標みたいでアホウらしいけど、そのアホウらしことでさえ、僕は守れずにきたのだ。とにかく、時間は限られているのだから、これらの決まりを守るしかない。今後一切、酒を飲まないとか、やけ酒やけ食いを禁止、と言っているわけじゃない。どうしえても飲まなければやっていられない、というときを除いて(おそらくはまずないだろうけど)、体調維持をしておかなければ。戒めのため、しばらくはブログの説明に加えておこう。
 
 飲み食いは休日前に限定。体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗させない。

 月曜。初日。とにかく行く。
 火曜。2日目。まだ疲れない。とにかく行く。
 水曜。3日目。真ん中。中間点。とにかく行く。
 木曜。4日目。週の後半。残り2日。とにかく行く。
 金曜。5日目。最終日。終われば休み。とにかく行く。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

在庫検索

 旭屋書店の在庫検索だと、店舗の在庫数が解るけれど、ジュンク堂の在庫検索だと、在庫あり、在庫わずか、と表示されるので解りにくい。ありとわずかの差はどのくらい? まあ、電話でしか在庫が確認できない時代があったことを思えば、それくらいは許容範囲か。発売日前日に、店に並んでいるかどうかの確認ができるだけで充分だ。人と話さず、在庫の確認ができるシステムは素晴らしいヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!

人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

ズル休み

 ズル休みなう、ってtwitterにつぶやいちゃ駄目だろうと思うもぐもぐさです>挨拶

 例の、月火水木と休んだ日、つまりは5月16日のこと。
 この機会を逃してなるものか、えいやっと、以下のページを一気読みした。普通の休みはいまいち使いにくく、突発的な休みを使わせてもらった。怪我の功名とはこういうことか。

 星海社一周年記念特別トークセッション「いくぜ! 星海社」2011.5.20 中野ブロードウェイ K-CAFE 最前線

 開発日記其の五拾九 (麻枝准Angel Beats!開発日記)
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

偽りなし

好敵手オンリーワン2 (講談社ラノベ文庫)好敵手オンリーワン2 (講談社ラノベ文庫)
至道 流星 武藤 此史

講談社 2012-06-01
売り上げランキング : 3085

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「見てご覧なさい、大半の業界はダブルスタンダード、トリプルスタンダードなんて当たり前でしょ。むしろ神道業界がビジネスをあまり考えていないから、遅れているだけよ」

 至道流星氏の『好敵手オンリーワン2』を読了。1巻同様、ライトノベル展開を思わせるあらすじで、実際は、ビジネス要素てんこ盛りという流れだと思っていたので、まるでライトノベルみたいな内容に(ノ゚⊿゚)ノびっくり!! あらすじに偽りなし、トライアングル商業ラブコメ! 既存の作品と違って、「世界征服」や「新国家設立」といった、とんでもない目標がない。勝負に勝った女の子が、主人公を奴隷化できる権利というのも、ライトノベル的。
 序盤で、ラノベ読者が好みそうな、お約束要素を次々と捨てていった『羽月莉音の帝国』と違って、確かに、イラスト重視や、ライトノベルを好きな読者は付くだろう。けれど、従来の至道作品を読んでいると、なんだかなあ、至道氏が書く必要はないんじゃないかと思ってしまう。至道流星初級編、みたいな。
 前巻からの店舗経営は続けているものの、本巻では、両ヒロインが、次の事業の構想を話すだけで、ビジネス展開はほとんどないエッ? (;゚⊿゚)ノ マジ? 主人公が進路について考え、恋愛にも悩む話。至道氏がラブコメを書くと、必ず、女の子のパンツや、胸の大きさが出てくる。わざとテンプレートに徹しているのか、必死に書いてこれなのか、どちらにしても、偏ったラノベ要素かと。楓ちゃんの役回りが哀し過ぎる( ノД`)シクシク…
 現時点では、両ヒロインにより、主人公が神社あるいは教会を継ぐことも視野に入れられているので、進学するのであれば、どこの大学を選ぶのかは重要だ。進路が恋愛と繋がっているので、書かないわけにはいかないだろう。それにしても、担任との進路相談が濃い。『羽月莉音』の生々しい教師とは違い過ぎる。
 一般的なライトノベルであれば、ふたりの気持ちを知って、主人公がそれを受け入れて、これでおしまい、ハッピーエンドなんだろうけど、ここからが、至道氏の真骨頂。語るべき序章は終わり、次巻から、怒涛の宗教法人ビジネスバトルに突入する、という展開になって欲しいものだ(=´―`)ノ ヨロシク
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示