残業制限

 週休1日では体力の回復ができないというのに、週の最初からとんでもない忙しさで、いつ終わるか解らないという、わけのわからない状況だったので、19時には終えて帰ることにした。どこかで切りをつけないと、21時でも22時でも23時でも、その日の仕事を終えるまで残されてしまう。残業代は出るけれど、家に着くのがとんでもなく遅くなる。翌日も普通に出勤だというのに。
 今日は20時過ぎには戻ってこれたけど、退社時間が遅くなると、電車の本数が減り、必然的に、帰る時間が長くなってしまう。金のためにいくらでも残るよ、と言いたいところだけど、最大で21時、妥当なのが20時だろう、と身に沁みて解っている。
 21時に終わると、帰って22時、風呂や食事で23時。寝るのが25時だから、使える時間は2時間のみ。20時なら3時間なので、執筆するには妥当な時間。定時で上がったときは、23時から25時までの2時間を、自由時間にしている。本当は、自由時間をなくして、執筆優先にしなければいけないのだけど。

 しかし、何が嫌かというと、残業を強制、強要するように言われることで、他に言い方はないものかと思う僕は、最後まで残ってられるかよ、けっ、と途中で帰ってきてしまうのだ。あんな言い方をされて、残れる人たちはすごいよな。奴隷になると、人生楽に生きられる。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

ブログを書くのは週1時間、土曜30分+α、日曜30分+α。数日遅れで公開しています(当日日記の後日公開)。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示