三度挨拶

 野球は9回から見るもぐもぐさです。すぐに結果が解る>挨拶

 地元と現住所で、5度も気温が違うことに驚いたもぐもぐさですエッ? (;゚⊿゚)ノ マジ? 地元にいれば、もうクーラは必要ない>挨拶

 ゆとり教育の弊害か、小学校では円周率を3と教えている、という情報を信じている人がいるみたい。ゆとりじゃない教育を受けたもぐもぐさです>挨拶

 教育直後じゃねえよ。教育勅語だよ。いったいどんなゆとり

 酒に酔って線路に転落というニュースを聞いた翌日、ホームのキオスクで酒を買う勇気があるか。まあ、無関心だったら買えるよね。キオスクで買い物をしたことがないもぐもぐさです>挨拶

 それで結局、オリンピックはどこの国が優勝したの? どこが勝っても構わないもぐもぐさです>挨拶

 金メダルって食べれるの? もぐもぐ>挨拶

 煙草を吸わないので、マイセンもメビウスも、どちらも格好悪いどっちもどっちだろと思うもぐもぐさです>挨拶

 もうひとつ、胃腸が欲しい。もぐもぐさです>挨拶
 
 BBQをバーベキューと読むのなら、AKBを秋葉原と読んでも違和感がない。19歳当時、上野、御徒町、秋葉原をぐるぐる回っていたもぐもぐさです。え、ごとちょう?>挨拶

 HDDを1.3倍速で見るのがデフォルトになっているもぐもぐさです。慣れてしまえばそんなもの>挨拶

 エマーソン。エマーソン。エマーソン。そのうち、ヨシナガさんが使いそう。もぐもぐさです>挨拶

 うお、PCエンジンDUO-RXって、売ってるとこでは売ってるんだな。『聖夜物語』の途中で大学に進学したので、以降10年、まったく進めていないもぐもぐさです。ファミコンのボタン電池は腐ってそう((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル>挨拶

 なくなって初めて大切さに気づくって、原発のことでは? いや、迂闊なことは言いますまい。もぐもぐさです>挨拶

 若者の××離れって、主語は誰? 少なくとも、若い人じゃないよね。もぐもぐさです>挨拶

 テレビでたくさんの女子高生が騒いでいたけれど、たぶんAKB48だろう。普通の女子高生でも、まったく影響のないもぐもぐさです>挨拶

 元カレや元カノの持ち物を捨てられない人もいるのだから、教祖の写真や本を持っていたって構わないのでは。人間だもの。もぐもぐさです>挨拶

 「冒頭挨拶」「挨拶再び」に引き続き、再び再び、挨拶ばかりの記事。リバイバル再び再び。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

古典改作

数えずの井戸数えずの井戸
京極 夏彦

中央公論新社 2010-01-25
売り上げランキング : 34404

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 京極夏彦氏の『数えずの井戸』を読了。ノンシリーズかと思っていたけれど、『嗤う伊右衛門』『覘き小平次』に続く作品で、古典改作シリーズというらしい。前作から7年後の発売だったので、続きものだと気づけなかった。というか、1作目から2作目も、5年経ってからの刊行だから、4作目の発売は、9年くらい先かもしれない。『覘き小平次』を読んだのは僕が大学生になった年で、『嗤う伊右衛門』を読んだのは僕に高校生の肩書きがかろうじてあったころ。ツタヤすらない田舎では、ハードカバーという、入荷数の少ない本を買うのは一苦労だった。それはともかく。
 やたらと分厚い(京極作品の枕詞)。文庫になることを考えていないのでは、と思うくらい。これまでに買った本でもっとも高かったのが、清涼院流水氏の『カーニバル・デイ』だったのだが、本書は税込2100円。1冊の本では最高額になってしまった(『島田荘司very BEST10』が税別2625円だったけれど、こちらは2分冊である)。とはいえ、上下巻にされるよりは1冊に纏めてくれた方がコストは安い。
 新聞連載のためか、連作短編のような感じ。1編ごとに、視点人物が変わるけれど、その短編だけでも楽しめる。短編のエピソードを積み重ねることによって、ひとつの長編を構成している。読み進めるに従って、吸引力が強くなるため、ここで視点が切り替わるか、というもどかしさもあったけど。ハードカバーで771ページという厚さでありながら、リーダビリティが高い。まあ、毎日少しずつ読んでいたら、最終章に至るころには、冒頭の話を忘れているかもしれないが。
 最初は白かった各章の扉が徐々に黒くなっていく趣向は面白い。殊に、「皿数え」のレイアウトには脱帽。最後の締めが葛飾北斎とは、全く以て哀し過ぎる。元となった話の、『番町皿屋敷』を詳しくは知らなかったけれど、普通に、京極夏彦氏の作品として楽しめた。(2010/02/25)

【数年後、京極氏は更に厚い本を出し、『ルー=ガルー2 インクブス×スクブス 相容れぬ夢魔』が、これまでに購入した書籍の最高額、3360円( ゚д゚)ポポポポーン】
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

嫌々厭々

厭な小説厭な小説
京極 夏彦

祥伝社 2009-05-14
売り上げランキング : 117672

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 京極夏彦氏の『厭な小説』を読了。『南極(人)』とは違った形で、装丁に凝った製本。表紙は薄汚れているし、ページも古本のような薄暗さ。更には、数ページごとに蚊の死骸が印刷されている。不愉快な、厭な作品を7編収録。ちょっとした仕掛けが含まれてはいるものの、内容はすべて厭なものばかりである。とはいえ、厭だけれど楽しめるし、厭なのに面白い。全く以て、厭なエンタテインメント作品だなあ。(2010/02/12)
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

幻想殺し

南極(人)南極(人)
京極 夏彦

集英社 2008-12-15
売り上げランキング : 420436

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 京極夏彦氏の『南極(人)』を読了。やたらと分厚い。更に、紙の質とか色とか段組みとかが作品ごとにばらばらで、いろいろごちゃ混ぜにしたような1冊。実際、秋本治氏とのコラボレーション、赤塚不二夫氏とのジョイント、しりあがり寿氏のカバー、扉イラスト、古屋兎丸氏の本文イラストと、かなり豪華な仕様。ただ、前作の『どすこい(仮)』では、京極夏彦はこんな話も書けるのか、という並みじゃないインパクトがあったけれど、2作目ということで、そこまでの驚きはない。また、統一感もなく、前作よりも笑いどころが減ったのではないか。あるいは、下品な笑いが多かったからかも。それでは僕は笑えない。
 秋本氏や赤塚氏との企画小説にしても、まあ面白いなと思うだけで、おおすごいなとは思えない。お二方の名前は知っているけれど、作品をそれほど読んだことがないのだ。ただ、12年越しで解決したこともあった。『絡新婦の理』が最新刊だった当時、文芸雑誌など読んだことのない僕は、新聞広告で「宍道湖鮫」というタイトルを目にして、「南極探検隊」シリーズも、「京極堂」シリーズのように格好良い作品なのだろうな、という幻想を持っていた。ところが、いつになっても書籍にならない。読むのを諦めていたところで、この刊行は嬉しかったけれど、なんというイマジンブレーカ。幻は幻のままにしておけば良かったのかもしれない、と思わないこともなくて。幻想を殺された少年のお話。(2010/02/01)
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示