食糧部隊

 いったいお前の最後の晩餐は何度あるのだと思われそうだけど、今月末の給料から食費として引き出した1万2000円を使い、無洗米を買ったのが昨日のこと。今日は、仕事帰りにもうひとつの最寄りスーパに寄り、闘う食糧部隊としてタマネギとタマネギとキャベツと2段熟カレーを購入し、そのあとでローソンストアへ行き、つきとチューハイレモンエイト(500ml)、大きなハムタマゴとお好みかりんとうを買ってきて飲み食い。それで終わりのはずだったけど、もうひとつの最寄りスーパで弁当や総菜が半額になるのが20時30分からで、明日からは否が応でも節約生活をしなければいけないので、これを最後と買ってこようと出掛けたところ、いつの間にやら雨が降っていて、そのせいかどうかは知らないけれど、いつものよりもたくさんの弁当や総菜が残っていて、焼きそばコロッケ弁当と唐揚げ肉団子弁当とフランクフルトと中巻きセットを半額で購入して500円未満という驚きの価格。20時30分を過ぎていて良かったね、雨が降ってきて良かったね、もうひとつの最寄りスーパがあって良かったね、みたいな。もっとも、既につきとチューハイレモンエイトを飲んでいるので、これ以上の酒は買わないよう。もともと、昨日無洗米を買ったことで、500円のサービス券をもらい、その分で食材を買うつもりだったけど、今日はポイント5倍の日なので、サービス券を使うのなら、別の日の方が得ですよ、と珍しく良識のあるレジの店員に言われて、それならそうしますと従ってしまい、財布から500円以上出さないつもりで買い物に行ったのに、500円以上出してしまったという。しかし、ポイントカードの有無を訊かれるのが嫌で、自宅最寄りスーパが閉店するまでは、ほとんど使っていなかったけど、ローソンで買い物をすることはないけれど、ローソンストアで使えるポンタと同様、カードを持っていれば、少しずつポイントが貯まっていき、いつの間にやら使える額になっているのは嬉しいけれど、ポイント5倍とか10倍とか、サービス券のためのポイントに踊らされている気がしないでもない。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

パンドラ

パンドラ Vol.4 (講談社BOX)パンドラ Vol.4 (講談社BOX)
講談社BOX

講談社 2009-08-21
売り上げランキング : 551746

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 『パンドラVol.4 2009 SUMMER』を、購入日を含めて4日で読了。座談会だけでなく、雑誌そのものが低調。N村氏の表紙イラストと、西尾維新氏の「蹴語」にお金を払ったようなもの。北山猛邦氏の「ピストル・テニス」は、いつ再開されるのか。『ファウスト』は、『メフィスト』よりも、若い読者を対象とした印象があったけれど、『パンドラ』の目指しているところも、対象としている年齢層も解りにくい。「下剋上ボックス」は面白い企画だったのに、なくなってしまったのが残念。少なくとも、参加者の中に、ミステリを書いてくれる人が何人かはいた。
 そういえば、『ファウスト』初期のころは、舞城王太郎氏も、佐藤友哉氏も、西尾維新氏も、ミステリのようなものを書いていたし(佐藤氏はそのころから違うけれど)、他の作家にも、ミステリやそれに類するものを書かれる方はいた。『メフィスト』では読めないようなミステリが読めるかもしれないと思い、『ファウスト』や『パンドラ』を読んでいて、その結果のひとつが天原聖海氏の『ファイナリスト/M』だと思っている。しかし、このような才能はそうそう現れることはないだろう。なんだろうな、このもの足りなさは。つまらなくはないけれど、面白くもない。新本格の影が、うっすらとも見えないからかな。個別に感想を書きたいと思える作品がない、というのが、今回の『パンドラ』全体に対しての感想かも。(2009/08/27)
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

パンドラ

パンドラ Vol.4 (講談社BOX)パンドラ Vol.4 (講談社BOX)
講談社BOX

講談社 2009-08-21
売り上げランキング : 551746

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 まさか、『パンドラVol.4 2009 SUMMER』を置いている本屋に『メフィスト 2009 VOL.2』がないとは思わなかったので、それぞれ別々の本屋で購入。『メフィスト』より『パンドラ』の方がマイナ、というイメージがあるからかな。感想は別に書くので、とりあえず、初見の印象を。
 表紙がとても良い。N村氏の活躍には期待が持てる。「活字たちよ!」という、テーマについて、2代目編集長が冒頭で触れている。今や映像化されているけれど、山田風太朗氏の『甲賀忍法帖』や、あさのあつこ氏の『バッテリー』を読んで、小説という媒体のすごさを改めて知らされた僕にとって(ファーストインパクトは、言うまでもなく『十角館の殺人』)、小説はディスプレイで見るものではなく、紙に印刷された活字を読むものである。冒頭の挨拶に共感したものの、最初の特集が、アニメ「化物語」( ゚д゚)ポカーン 紙媒体を持ち上げておきながら、映像・音声媒体の特集続き。いや、まあ、「テキスト」から発信されたもの、というのは解るけれど、この特集で初めて「化物語」を知った人は、原作を読もうではなく、アニメを見ようと考えるのでは。続いて「428」というゲームの特集。PS3とPSPに移植と書かれているけれど、原作ゲームについての情報がない。若い世代が、すべてゲームをすると思うなよ。コンシューマなら、任天堂かソニーのどちらかだろう。インタビューがすごく読みにくい。人の顔を背景に文章を読むのは遠慮したい。『ひぐらしのなく頃に』という同人ゲームを購入するかしないかを迷っていた時期に、『ファウスト』の『ひぐらし』特集を読んだことで、これは買ってみよう、と思えたけれど、本作に関してはそのような気持ちはない。タイトルだけは覚えておこう。『雷撃☆SSガール』のお試し版。刊行当初は、小柳粒男氏や泉和良氏の受賞作を掲載していたのに、いつの間にかなくなっているのが残念。面白い作品であれば、雑誌で読んでも、書籍を購入するのに。ただ、このお試し版、なんで科白がすべて太字になっているのか。いやこれ、科白じゃなくて、鉤括弧と二重鉤括弧内だけが太字になっている。なんの意味があるのだろう。じゃがいもにけがはえた? こちらを先に読んでいたら、図書館に入るのを気長に待っていたと思う。
 ──なんというか、初見の印象って、不満点ばかりではないか。内容を読んだのち、反転することを祈ろう。
 座談会が低調。『幻惑の死と使途』と『夏のレプリカ』は、時期が同じというだけで、事件それぞれに関連はない。『メフィスト』のように、一言コメントのページを作ったのは良かったけれど、寄せ書きは見にくい。1000枚を超える作品が多くなったということは、『メフィスト』の座談会でも言われていて、最近の投稿者はすごいな、パソコン効果かな。僕の執筆速度がもっとも早かったのは、原稿用紙に手書きで書いていたころ。ワープロに替えて、パソコンに替えて、どんどん遅くなっているような気がする。それでも、現在執筆中の原稿は1000枚を超えているので、応募先は限られてしまう。毎回応募している「ヤギのアザゼル」さんを、年齢が近いこともあって、こっそりと応援していたのだけれど、今回の応募作がパロディ小説だったことにがっかり。受賞できないことを前提に書いているんですか? Ts氏の発言はもっともだと思いますよ。座談会が低調だと、読んでいる方も低調になってしまう。次号予告に、発売日がないけれど、そちらの方が安心だ。 (2009/08/25)
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

電池残量

 この数日間、携帯電話のバッテリが切れていたようだけど、まったく問題なし。図書館からの連絡は、土曜日までに解ればいい。僕が未だに、FOMAではなく、movaを使っていることの証左。バッテリの持続時間が全然違って、movaが約5週間持ったのに対して、FOMAが約2週間しか持たなかった。必要のない機能で、バッテリが勝手に減らされるという状況。
 そういえば、新しい携帯電話に代えたときには書かなかったけど、卓上ホルダが付属していなかったので、別途注文して買ったのだ。携帯をアダプタで直接充電するよりは、卓上ホルダを使った方が長く使える、みたいな説明をしておいてなんだよ。そういえば、最初の携帯と違って、マニュアルは必要最小限になったな。そのせいで、知りたいことが載ってない、みたいな。

 旧携帯電話バッテリ。2012年8月26日→9月30日(約5週間)。
 新携帯電話バッテリ。2012年8月26日→9月09日(約2週間)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

食費01

「貝木さん、日本酒とビールって何が違うのかな!」
「米からできているのが日本酒、大麦からできているのがビールだよ」
(恋物語/西尾維新)

01月の食費は25810円。ひと月10810円オーバ。
本代、5144円。144円オーバ。積読本106冊。

 原因は解っている。正月休みの飲み食いと、それを引き摺っての平日飲み食い。つまり、酒の飲み過ぎである。正月休みの飲み食いをこれ以上引き摺らないよう。いいやいいやで買っていたら、今月の途中でお金がなくなる。誇張ではなく、本当になくなる。唯一の救いは、清酒と発泡酒なら、翌日までアルコールが残らないようで、休むことなく仕事に行けていることか。ウイスキーと焼酎は、今後も自制しておこう。
 つうか、白鶴まる(200ml)を買い過ぎ。最初に自販機で買ったのが、2012年10月23日。以降、現在までで16本も買っている。そのうち、1月の購入が10本( ゚д゚)ポカーン 1週間に2本は買っている計算になるし、140円×10本=1400円なのだから、2リットルを買った方が経済的には得である。しかし、大サイズを買うと、わずか数日で飲みほしてしまう可能性がある(あり過ぎる)ので、飲み切りサイズで歯止めを掛けていたはずなのに、これだけ買っては意味がない。それに、まる以外にも、鬼ころしやらチューハイやら発泡酒やら、いろいろと買っているのだ。食費を減らすよりも、まず、酒を減らすことが先決だ。
 本代は着実に減少している。かつて本屋に勤めていたときは、その月に発売される書籍で欲しいものを、小説もコミックも含めてすべて買っていたのだ。辞めてからは、従業員割引がなくなり、定価でしか買えなくなったので、いつ買おうが、どの店で買おうが、まったく関係がなくなっった。現状、節約を優先しなければいけないため、断腸の思いで、月の食費を1万5000円、月の本代を5000円に設定した(2012年10月17日)。

計算式 (食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 14101+11709=25810円/860(日)

ここから新しい節約が始まる
食卓は俺が変える

もぐもぐさ
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

ももから

ももんがあ からっ風作戦ももんがあ からっ風作戦
椎名 誠

文藝春秋 2009-01
売り上げランキング : 120166

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 椎名誠氏の『ももんがあ からっ風作戦』を読了。いつものことながら、内容とはまったく関係のないタイトルである。椎名氏を知らない方がタイトルだけを聞いたら、どのような物語を想像するのだろう、ということを考えてしまったので、内容は書かないでおく。 (2010/01/23)
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示