読了02

君に友だちはいらない さらば新宿赤マント 塩壷の匙 (新潮文庫)

「いや、小学生の頃は明るかった気がする。悩みがないからな、子供の頃って。自分の思うようにすることに迷いがない」
(2WEEKS イカレタ愛/野中美里)

 『天使のドーナツ』は、校閲のいい加減さが目立つ。新潮社を見習って欲しい。『さらば新宿赤マント』にて、23年間続いたシリーズが完結。 このエッセイを、中学生のころから読んでいるので、完結には感慨深いものがある。椎名誠氏には、長い間お疲れ様でした。ということは、一時期の『週刊文春』には、椎名氏と土屋賢二先生のエッセイが載っていたわけか。豪華過ぎるな。
 『悲報伝』のあとがきにて、文芸図書第三出版部の名前が、文芸シリーズ出版局に変わることを知った。新本格に憧れた人間には感慨深いものがある。『メフィスト 2014 VOL.1』の「新・応募要項」で、メフィスト賞と講談社BOX新人賞Powersの統合が発表されている。

 2月の読了本9冊 2014年の読了本13冊 積読本135冊
(☆とんでもなく面白い。○面白い。△無難。×読まなかったことにする)

○天使のどーなつ/峰月皓
○君にともだちはいらない/瀧本哲史
○さらば新宿赤マント/椎名誠
○悲報伝/西尾維新
○ツチヤの貧格/土屋賢二
☆鹽壺の匙/車谷長吉
○2WEEKS イカレタ愛/野中美里
○地図のない旅 おいしいコーヒーのいれ方 Second Season VIII/村山由佳
○ロジック・ロック・フェスティバル Logic Lock Festival 探偵殺しのパラドックス/中村あき
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

読了01

ツチヤ教授の哲学講義―哲学で何がわかるか? (文春文庫) ヴァルプルギスの後悔〈Fire1.〉 (電撃文庫) 万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫) ガス燈酒場によろしく

「ほかに興味があることは? 外にでて友達と会ったり、旅行にでかけたりしないの?」
「あまりしないかな。本を読んでれば、それなりに充実できるし」
(万能鑑定士Qの事件簿I/松岡圭祐)

 読了カテゴリを、ほんの少しだけリニューアル。画像、引用、本文、リスト、という順番に。画像も、感想も、すべて読了順に掲載。『ツチヤ教授の哲学講義』を元日に読了。去年は「ネットカフェ難民」から始まったけど、今年の読書は「哲学」から始まる。

 1月の読了本4冊 2014年の読了本4冊 積読本134冊
(☆とんでもなく面白い。○面白い。△無難。×読まなかったことにする)

○ツチヤ教授の哲学講義 哲学で何がわかるか?/土屋賢二
○ヴァルプルギスの後悔 Fire1./上遠野浩平
○万能鑑定士Qの事件簿I/ 松岡圭祐
○ガス燈酒場によろしく/椎名誠
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

亜流このミス2013

今出川ルヴォワール (講談社BOX) スノーホワイト 名探偵三途川理と少女の鏡は千の目を持つ (講談社BOX)

 読んだミステリが少ないので、ベストに挙げられる作品がなく、書こうか書くまいかを迷っていたけれど。さだまさしベストはなし。候補作品は、現時点での評価順に、随時サイドバーに追加している。

 亜流このミス 2013年に読んだミステリベスト

1 『今出川ルヴォワール』円居挽
2 『スノーホワイト 名探偵三途川理と少女の鏡は千の目を持つ』森川智喜
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

読了12

なにかのご縁―ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る (メディアワークス文庫) 鋼の錬金術師 27 (ガンガンコミックス)

 読了本が5冊だけ(先月より3冊増えているけれど)。精神が安定していないと、大好きな読書さえできない( ノД`)シクシク… 12月25日にて、『鋼の錬金術師27』(完結)を読了。当然、すべて図書館で借りている。発売当時に書いた日記はこちら

 ここ数年、ろくにミステリを読んでおらず、当年発表の作品を読むことも少ないので、年末のミステリランキングに載るような作品は読んでいないと思っていたけれど、『このミステリーがすごい!』19位の『ビブリア古書堂の事件手帖4 栞子さんと二つの顔』、『本格ミステリ・ベスト10』15位の『スノーホワイト 名探偵三途川理と少女の鏡は千の目を持つ』は、読んでいたみたい。

 12月の読了本5冊 2013年の読了本84冊(総計2259冊)積読本133冊
(☆とんでもなく面白い。○面白い。△無難。×読まなかったことにする)

○下山の思想/五木寛之
○ごっくん青空/椎名誠
○なにかのご縁 ゆかりくん、白いうさぎと縁を見る/野崎まど
○半分の月がのぼる空3 wishing upon the half‐moon/橋本紡
○しにがみにのバラッド。4/ハセガワケイスケ
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

読了11

魔法科高校の劣等生〈4〉九校戦編(下) (電撃文庫) ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)

 読了本が2冊だけ。精神が安定していないと、大好きな読書さえできない( ノД`)シクシク… 乱歩がデビュー作で暗号文を間違えたって、蘇部健一氏と同じではないか、と思ってしまったわけだが( ゚д゚)ポポポポーン

 11月の読了本2冊 2013年の読了本79冊 積読本130冊
(☆とんでもなく面白い。○面白い。△無難。×読まなかったことにする)

○魔法科高校の劣等生4 九校編(下)/佐島勤
○ビブリア古書堂の事件手帖4〜栞子さんと二つの顔/三上延
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

読了10

聖女の救済 (文春文庫) 古い腕時計 きのう逢えたら・・・ エレGY (星海社文庫) 

 『ガリレオの苦悩』で内海薫が登場したときは、ドラマ化したので、そのため女性刑事を出したのかと否定的に思ったけれど、『聖女の救済』を読んで、己の不明を恥じた。ドラマなんて関係ない。すべては、『聖女の救済』のため。ドラマでは、湯川VS綾音という構図だけれど、原作では、湯川VS草薙&綾音という、湯川ではなく、草薙が主役ともいえる作品。のちの、『真夏の方程式』の映画と原作を比べても解るように、ガリレオシリーズは、ドラマと原作は別物だけれど、双方とも面白い稀有な作品。原作の良さをなくしてしまう映像化が多過ぎる。

 蘇部健一氏の真骨頂ともいえる「片思いの結末」を収録した、『古い腕時計 きのう逢えたら』。白いチューリップの花言葉、新しい恋、そして失恋。これが、蘇部健一だ。『エレGY』は、パンドラ掲載版、講談社BOX版、文庫版と読んだけど、文庫だけイラストが違うので違和感が。「光速をこえろー」「ぐえっ」という、泉和良氏のイラストがなかったのが残念。泉氏の作品は、今後元本のみ購入ということで。

 10月の読了本13冊 2013年の読了本77冊 積読本128冊
(☆とんでもなく面白い。○面白い。△無難。×読まなかったことにする

○悲惨伝/西尾維新
○ガリレオの苦悩/東野圭吾
○聖女の救済/東野圭吾
○魔法科高校の劣等生3 九校編(上)/佐島勤
○三匹のかいじゅう/椎名誠
○こころ・と・からだ/五木寛之
○助けてと言えない いま30代になにが/NHKクローズアップ現代取材班
○古い腕時計 きのう逢えたら/蘇部健一
○失恋探偵ももせ2/岬鷺宮
○東京より憎しみをこめて1/至道流星
○エレGY/泉和良
○なれる!SE8 案件防衛?ハンドブック/夏海公司
○バカとテストと召喚獣/井上堅二
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

ミッシングリンク

 これまでに紹介した、僕が所属していたサークルは、文芸部(自大学)、ミス研(自大学)、CCC(自作)、推理小説研究会(他大学)、さだまさし研究会(他大学)。書いていないのは、SRの会(市井)を除くと、例のあの子が所属していたサークルだけ。
 べつに、怪しいとか、いかがわしいとか、そういったサークルではないけれど、僕にとっても、あの子にとっても、全く以てらしくないサークルだったから、書くのを躊躇ってしまうのだ。人間嫌いが行き着いた先、ともいえる。もっとも、あの子が、どういった理由で入ったのかは知らない。そんなことを訊けるほど、話したことはなかったからね。
 これまでの日記で、暗いことやしんどいことを書いてきたけれど、それらすべてが吹き飛んでしまうくらい。本当にお前が、そんな活動をしていたのか、と疑われても仕方ない。僕も信じられない。あの子のことだけを、一方的に書くのもフェアではないので、次に書くときは、サークルの内容を明かそうと思う。まあ、書くことができればの話なんだけど。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

督促

 大阪市から、市民税・府民税の督促が届いた。
 差し押さえの予告って( ゚д゚)ポカーン 唯一持っている、郵便口座がマイナスなのに、どうやって差し押さえるのか、と思ったけれど、いい加減、支払っておこう。本来、2月に払わなければいけなかったものを、5月まで滞納していたのだ。今月は、1カ月分の給料が入るはずだし、払える機会に払っておかなければ。
 前年の所得に対して課税されるということは、来年払う市民税・住民税は、とんでもなく安くなっているはず。これが、無職の価値か。って、あれ。今の仕事でがつがつ稼ぐと、地元に戻った翌年に、ごっそりと市民税を取られることになるのかエッ? (;゚⊿゚)ノ マジ?

【2014年5月11日現在、口座のマイナスは37万円。って、返せるのか、本当に?】
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

サクラサカナイ

 僕が両親と暮らさなくなったのは、中学卒業後と書いてある記事と、高校中退以降と書いてある記事があるけれど、これは間違いでも勘違いでもなくて、どちらも正しい。僕は、全日制高校と定時制高校に通っていた。そして、どちらも辞めている。全日制高校中退後に、祖父母の家で暮らし始め、定時制高校に編入している。全日制、定時制、どちらを基点とするかで、表現が変わってしまうのだ。
 
 中学卒業後、祖父母の家で暮らしていた。
 高校中退以降、両親とは暮らしていない。

 毎回、全日制を辞めて、定時制に通ったので、と説明するのが面倒なため、中学卒業後、あるいは、高校中退以降と書いている。これらの表現をおかしいと思うのは、僕が高校に1校しか通っていない、と思っていた方たちで、2校通っていたのを知っている方たちは、おかしいとは思わない。森博嗣氏が言うように、「理解と誤解は基本的に同じ」ということか。実際、本ブログに、誤解して書かれたコメントがいくつかあるけれど、僕のことを他人がどう思おうと、それは各人の自由である。誤解しないでください、なんて言えるわけがない
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

これが車谷長吉だ

 数年前、地下鉄神楽坂駅の伝言板に、白墨の字で「平川君は浅田君といっしょに、吉田拓郎の愛の讃美歌をうたったので、部活は中止です。平川君は死んだ。」と書いてあった。
 十数年前のある夜、阪神電車西元町の伝言板に、「暁子は九時半まで、あなたを待ちました。むごい。」と書いてあった。
 いずれも私には関係のない出来事であるが、併しこれらの白墨の文字霊は、ある生々しい思い出として私の記憶に残っている。書かずにはいられない、呪いにも似た悲しみに、じかに触れたということだったのだろうか。
(赤目四十八瀧心中未遂/車谷長吉)

 ここ17年、印象に残った小説の冒頭は、中井英夫氏の『虚無への供物』だったけど、それがようやく塗り替えられた感じ。すげえな、車谷長吉。これはもう、著作すべてを読んでしまうに決まっている。ミステリを読みたいはずなのに、しばらくは、私小説やそれに至る系譜を読み漁りそうな。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

そんなことをしている場合

 ニコニコ生放送を見て、こんなときに放送をしている場合か、と思ったことがあるけれど、考えてみれば僕も、こんなときにブログを書いている場合か、と思われそうなときにブログを書いている。表現が違うだけ、あるいは、媒体が違うだけなんだよ。ブログでもニコ生でも、あるいは、ネットを介さない行動でも。他人から見ると、そんなことをしている場合か、と思えるような行動でも、本人にとっては、そんなことをしている場合なんだよ。つまり、今の僕は、そんなことをしている場合なのだ。そんなことをしている場合か、などと突っ込まないように。

【この記事、リアルタイムじゃないから、そんなことをしている場合ではない場合に公開されるよ。そんなことをしていない場合】
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

これ以上心配などかけないつもりが 風邪をひいたよなんて呟いてた

 2週間分ではあるけれど、ついに給料が入ったので、キッコーマンのしぼりたて生しょうゆと海鮮丼を買った(割引じゃない刺身は、高過ぎて買えなかった)。最後にもらった給料は、食品加工工場の不足分、1月25日だから、かれこれ3カ月振りの給料になる。これはつまり、1月末以降、家賃を払えなかったということだけど、ここへ来てどうにか返していくことができる。正確には、口座がマイナスになっているので、家賃諸々の代金を、郵便局から貸し付けられているという。
 ともあれ、3カ月というのは、本当にぎりぎりだった。これ以上入らない場合、更に無職が続いた場合、本当にどうしようもなくなっていただろう。金もなく職もなく、誰かに助けを求める気もない。仕事を続けてされいれば、着実に借金は減っていくわけで、ある程度の額が貯まれば、当初の予定とは時期が離れて過ぎてしまったものの、自身が稼いだお金で帰ることができる。貯金が少ないのは仕方ない。負けたままじゃないだろう、と自身が思えるなら、それでいい。
 
 2週間分の給料って、どういうことだよ、と思われた方がいるかもしれないが、そのままの意味である。現在、1日9500円生活。アルバイトで、給料20万なら十二分。続けてさえいれば、口座のマイナスをなくし、自力で、引っ越し代、敷金、礼金を貯めることができる。2014年内ぎりぎりか。
 今は、新しい記事を書く気力がないので、しばらくは、当日日記の当日更新を控え、下書き保存して公開していない記事、すぐに公開を止めた記事を、順次更新していこうと思います。そういうわけで、現在の状況は、ひと月後くらいに書かれるかもしれません。書かれないかもしれません。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示