ひとりでできるもん

 一昨日の日記、年賀状が誰からも来なくて泣いていたみたいだけど、泣いてはいない。毎年あったことが、今年はなかったから、あ、そうなのか、という感じ。書店員をしていたころは、パソコンで作る年賀状ムックが大量に入荷するたび、パソコンで作るのなら、年賀状に印刷せず、メールに添付して送れば良いではないか、と思っていたくらいなのだ。
 それに、今はメールではなく、ツイッタやフェイスブックなど、連絡先を知らない相手にも、新年の挨拶ができる時代である。年賀状を書くのが億劫になっても仕方がない。つい、あんなことを書いてしまったけれど、そこまで落ち込んではいない。本当だよ。

 小学校時代の友達と書いたけど、付き合いがあったのは、小学校の3年間。2年生まではクラスが同じで、3年生になってから別れたものの、友達関係は続いていた。お泊り会というのか、互いの家に泊まることもあった。確かに、彼とは友達だった。けれど、3年生の終わり、4年生の始まりに、僕は引っ越しをすることになる。小学生が簡単に遊びに行ける距離ではない。携帯電話もパソコンもない時代である。そんな状況で、小学生が連絡を取れる手段といったら、手紙を送るしかない。即ち、文通である。
 引っ越してからずっと、手紙と年賀状のやり取りをしていた。とはいうものの、頻繁にやり取りをしていたのは、最初の1年、2年くらいで、以降は、年賀状のみの交流が続いた。幸いなことに、小学校高学年、中学校では、僕にもそれなりの友達ができたので、数年も会っていない彼に対して、親しみがなくなっていくのも当然だった。年賀状を送るのも、中学生までだろう、と考えていたほど。
 それが変わったのは、僕が高校を辞めてからである。高校で友達ができなかった、というだけあれば、そこまで落ち込むことはなかったのだけれど、高校で友達ができなかったために、同じ高校に進んだ中学校時代の友達が、僕から離れていったのである。これまで、僕のことを名前で読んでいた連中が、僕のことを名字で呼ぶようになったとき、僕の友達はいなくなったのだ。このことを、ブログに書くのは初めてだと思う。友達なんかいらない、人間なんて捨てても良い、と僕が考えるようになったのは、16歳当時の、このときの出来事が影響している。
 今でこそ、友達がいなくても、ひとりでも大丈夫だと思えるようになったけど、当時は、とんでもなくきつかった。友達がいない。新しい友達ができず、古い友達は離れていった。僕はひとりになってしまった。以降、僕は毎日、弁当をひとりで食べるようになり、昼休みは図書室に入り浸るようになった。学園祭ではいないものとされ、クラスの出し物にも参加できなかった。クラスメイトに含まれなくなったのだ。
 かといって、友達ができない、ひとりで悲しい、などと両親に相談できるはずもない。そんな中で思い出したのが、小学校時代の友達、交流は中学生までだろう、と考えていたことも忘れ、彼に縋りつき、突然の手紙を出したのだ。年賀状は出していたものの、手紙を送るのは数年振りだった。それにも拘わらず、彼は返事を書いてくれた。それが嬉しくて、僕はすぐさま返事を書いた。
 結果的に、高校を辞めることになったけど、少なくとも、僕にはひとり友達がいる、そう考えることができたので、一時期のとんでもない落ち込みから脱出することができたのだ。高校を辞めたことや、大検を取ったこと、彼には隠さず手紙に書いて伝えた。どのような反応が返ってくるか不安だったけど、彼は僕がどのような状況であれ、友達だと書いてくれたし、僕が手紙を送ると、必ず返事を書いてくれた。 
 苦しいときの神頼みのような、僕が苦しいときに頼っただけの、一方的な関係だったのだ。僕が大学生になったとき、12年振りに再会したものの、以前のような手紙のやり取りは少なくなり、年に1度、年賀状でやり取りする状況に戻った。これも、僕がひとりでいることに慣れたこと、大学で、話せる程度の知り合いが、数人はできたことによる。結局のことろ、自分が苦しいときに、彼を頼っていただけなのだ。
 要するに、年賀状が欲しければ、かつてのように手紙を書けという話。今では、携帯電話の番号やメールアドレスを知っているのだから、連絡を取ろうと思えば取れるのだ。それこそ、このブログのことを教えても良い。それをしないのは、生活が安定しないから、親との関係が戻らないから、落ち着いて近況を報告できないから、などと理由を付けているけれど、連絡をしていないのだから仕方がない。こちらから行動を起こさず、自分勝手に落ち込むなよ。
 
 って、なんでこんなにも長々と書いているのか。それも、これまでに書いたことのない内容を含めて。
 年末年始、仕事の決まった無職期間ということで、ここ数日は日記を公開していたけれど、それも今日でひと区切り。今後しばらくは、家計簿ブログのようになるかと。日記を目的に読んでくれる方が多いのだろうけど、「お金のような」カテゴリは、僕にとって役に立つのだから仕方がない。
 たぶん、新しい仕事に慣れるまで、日記を書く余裕がない。今度こそ、これが最後で、ある程度の金額が貯まるまで、辞めることはできないのだ。落ち着くまでは無理だと思う。今日の日記は、本来書こうとしたものと違ってしまったけれど、とりあえず、日記はしばらく更新されません、という報告で終わりに。新年を迎えた僕は、こんな感じです。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示