風に立つライオンのために

 今週の仕事が終わったら、「風に立つライオン」の映画を見に行くんだ。それだけが、私の望みです。カナカナカナカナ…

 もはや、タイトルに捻りも何もない。混雑を避けるため、映画は上映終了間際に行くわけだが。今週の金曜が1日で映画の日、1000円で見られるのが幸いだった。 もっとも、上映終了が近いため、1日1回、20時30分からの上映のみ。映画が終わると23時になってしまう。それでも、金曜の仕事を終えたら、怒涛の5連休に入るので、連休前に映画に行くというのは、理想的な展開である。
 迷っているのは、23時以降に宮本むなしに行くのか、あるいは、コンビニで何か買って帰るか、もしくは、久し振りにマクドナルドに行ってみるか。その時間からのがっつり食いは体調に悪いだろうということは解っているけれど、今の仕事を始めて、初めての長期連休となれば、その前日に、がっと食べたい気持ちがなきにしもあらず。ともかく今週は、残り4日仕事をして、風に立つライオン。そして、念願の5連休突入。

 蛇足。これも発作的に書いた記事で、当日日記の当日公開なんだけど。いちいち説明するのも面倒で。この記事を今週読んだ人は、週末映画へ行くのかと思い、来週読んだ人は、先週映画へ行ったのかと思う程度の違い。記事内容から、明らかに昔に書いたものはそれと解るだろうし、解らなくても問題はない。基本、ブログ書きは土曜の夕食後だけれど、それ以外に書いて、突然に公開することもあるかもしれない、という話。まあ、機械じゃないから、0と1で切り替えができないときもある。
主張するのは意見であって、願望ではない。

3カ月振りに酒を飲む

 淡麗極上生(500ml)を飲む。唐突に飲んだ理由がないわけではないけれど、ほとんど発作的に飲んでしまった感じ。この感情を説明すると、とんでもないくらいの分量になってしまう。まあ、飲まないに越したことはないのだが、やめるのではなく、控えているわけだから、ほんのたまになら飲んでも良いだろうと。これまでみたいに、平日も毎日飲み続ける、という状況にはならないと思うし。
 それに、僕が酒を飲むのをやめてから、これまでもっとも多く飲んでいた淡麗生がリニューアルされたので、1度は飲んでみたいと考えていたのだ。既に飲んでしまった以上、飲まなかったことにするわけにはいかない。発作的とはいえ、これまで気になっていた酒を飲めたわけだから、これでまた一区切りにしよう。とりあえず、平日に飲まなければ、週末だけなら大丈夫。
主張するのは意見であって、願望ではない。

つゆのあとさき

 先週の記事に顕著だけれど、週に1度のまとめ日記を書くと決めているのに、平日に書いて公開しまうと、2度手間になってしまう。6連勤を前提とした記事を2件書いているけれど、土曜の記事に、今週は6連勤を5連勤だと勘違いしていたと書けば、1行で済む話である。余計な記事が増えてしまった、とは思わないものの──そもそもこのブログ自体、余計な記事でできている──週に1度と決めたのならば、やはりそこは守らなければ。これまで何度かブログをやめているけれど、原因はすべて、ブログに時間を費やし過ぎたことである。一定時間を越えると、ブログなんか、書いている場合ではない、と思ってしまうのだ。ブログを長く続けるには、ブログを書き過ぎないよう。まあ、長く続ける気はないのだけれど、いつの間にやら、という感じ。

 予定もこれと同様で。最初に決めた予定を途中で変えない方が良い。もっとも、僕の立てる予定というのは、週末に日本橋へ行くか、あるいは隣接市へ行くか、本を買ったあとで、宮本むなしへ寄るか、寄らないか、くらいなんだけど。それも、翌週、翌々週くらいまでで、それ以上の予定は大雑把である。既に決めた金曜の予定を、月曜に変えて、火曜に変えたとして、金曜に雨が降ったら、当日に予定を変更せざるを得ない。それまでに何度変えたとしても。つまり、最初に決めた予定を変えるのは、直前、あるいは当日に、どうしても変えなければならない状況になったとき。そこで臨機応変に対処すれば良い。変えたことによって、良くなることもあるだろうけど、それなりに考えて決めたことを途中で変えるより、最初の予定のまま進んだ方が良い、みたいな感じ。

 このような決まり事だけを書いたのは、仕事が落ち着いてきたからである。落ち着いていない状況だと、ああだこうだと考えて、あれも書かなきゃこれも書かなきゃ、という状況に陥ってしまう。僕は書けば解る人だから。落ち着いてきたというのは、落ち着いていなかったわけで。些細なことの中に、些細ではなく、ストレスフルなことがあって。3月半ばから4月初めまで、かなりしんどい状況が続いていた。今調べたら、その時期のブログ更新は1回だけ。さもありなん。このことは、近いうちに書くつもりでいるのだが。その前に、派遣会社云々の記事を書いてしまわなければ。
 前記事で予告したために、紛らわしくなっているけれど、正確には過去日記ではなく、ブログを中断していた11月から年末までの出来事。去年は、ががっとまとめ書きしたけれど、今年は期間ではなく、内容ごとにまとめることにしたので、ががっと数カ月分の出来事まとめ書きができなかった。このくだり、余り気にしなくても良い。書いている当人も、詳しくは解っていないのだ。
 
 そんなことを書いているせいで、先週書こうと思っていた、酒なし生活3カ月を書き忘れたんだよ。先週、3月18日土曜が、酒を飲まなくなって、ぴたり3カ月だったというのに。まあ、酒を飲まないことが当たり前の生活になったので、取り立てて書こうと思わなかったのだろう。それはそれで良い傾向である。

 追伸。「ハケンアニメ」の記事を書き始めたんだけど。予想していた通り、かなり長くなりそう。公開するまでに時間が掛かるかもしれない。ただ、ここを書かないと、先に進めないんだよ。僕の性格的に。この次の記事が、前述のストレスフルな出来事、記事タイトルは「居場所を守ろう」。タイトルだけを先に公開するというのも虚しいので。次回予告は前回限りに。
主張するのは意見であって、願望ではない。

次回予告

 さて、次回の過去日記は。「ハケンアニメ(上)」「ハケンアニメ(中)」「ハケンアニメ(下)」の3本です。記事が長いので、一斉公開はしないだろうけど。──んがっぐっぐ。

続きを読む


主張するのは意見であって、願望ではない。

当日カウントダウン

 新しい仕事を始めると、大抵の場合、どれくらいで半分かを計算することにしている。
 実働8時間、休憩1時間なら、拘束9時間。これを2で割ると4時間30分。つまり、勤務開始時間から4時間30分経つと、勤務終了時間まで残り4時間30分。今日の仕事は半分終わった、あと半分頑張ろうとなる。まあ、ほとんどの仕事は、昼休みか、昼休みが終わったころが半分くらいなので、そこまで考えることはないのだろうけど、とりあえずの目安として計算してしまう。
 それだけなら良いのだが、休憩までの勤務時間も計算してしまうことがある。こちらの方は例外で、大抵は昼休み前、昼休み後、のふたつに分けるだけなんだけど。今の仕事は、簡単に辞めるわけにはいかない、という考えが根底にあったため、そのためには、どんな託けでも利用したかったのだ。先に書いておくと、今はそこまで固執していない。やっていないことを書くのも変な話だが、やっていた当時に書けなかったのだから仕方がない。頭の方で、完全に覚えてしまっているのだ。
 仕事によって、多少時間は違うだろうけど、合計1時間の休憩を、午前、昼休み、午後に割り振っている場合が多い。今の仕事は、午前休憩5分、昼休み50分、午後休憩5分になっている。機械を止めないためか、昼休みは交代制になっていて、早い場合と遅い場合がある。これは、1週間ごとに変わるので、従業員みんな平等になっている。早い昼休みだけ、あるいは、遅い昼休みだけが続く、ということはない。
 これまでいろいろな仕事をしてきたけれど、昼休みが交代制の会社はここが初めて。それはつまり、混雑していない食堂で、昼休みを過ごせるのが初めて、ということである。昼休みをずらせば、混雑は解消されるのに、ほとんどの会社はそれを行わず、一斉に昼休みを取らせるのだ。まあ、それはそれで、全体をまとめて動かした方が効率が良い、といった理由があるのかもしれない。
 それはともかく。今の仕事は、昼休みが交代制。そして、午前休憩、昼休み、午後休憩がある、ということが前提。休憩までの勤務時間は以下のようになる。
 
 1時間半、1時間半、2時間半、2時間半(昼休みが早い場合)
 1時間半、2時間半、1時間半、2時間半(昼休みが遅い場合)

 ここまで細かく分けることはないのだけれど、最初の1カ月2カ月は、ここまで区切って考えていた。つまり、月曜であれば、仕事を終えればあと4日で休み、という考えに、8時間労働のうち、1時間半の仕事を終えたから、残りは1時間半と2時間半と2時間半、それを終えれば今日の仕事は終わりだから頑張ろう、次の1時間半を終えたら、残りは2時間半と2時間半で、それを終えれば今日の仕事は終わりだから頑張ろう、という考えを加えていたのだ。
 改めて文章にすると異常過ぎるのが良く解る。真面目に淡々と仕事をしているように見えて、頭の中では1時間半、2時間半と考えているのだ。他人に考えが伝わらなくて良かったね、みたいな。もっとも、ここまで労働時間を細分したのは初めてで、今はここまで細かく考えてはいない。なんでも良いから、少しでも多くの託けが欲しかったのだ。
 慣れてきたのか、時間で把握するのが面倒になり、いつしか、第1段階、第2段階、第3段階、第4段階、という考えに変わった。残業が加わると、ボーナスステージをプラス、みたいな感じ。現在では、更に簡単になり、4分の1、4分の2、4分の3、4分の4、という考えになっている。再び残業を始めるようになったら、それは単に残業となるだろう。
 
 このような感じだったけど、どうにか4カ月を終えられそうになっている。これまで書く機会がなくて、タイミングを逃して書けなかったけど、5月の連休を迎えるというのが、今の仕事を始めてからの、続けるための目標でもあった。基本、祝日出勤なので、休みは土日の2日だけ。3連休以上の休みは、5月、8月、年末年始しかない。1年勤めることはないだろうから、迎えられる連休があるとしたら、5月か8月のどちらか。それなら、5月の連休を目標にしようと。あと少しで、ついに5月の5連休。
 定期も、このタイミングで切れるように買ったのだ。もっとも、土日休みプラス3連休なので、交通費が重なったところで、3日分だけなのだが。連休が明けたら、これまでの1カ月定期ではなく、3カ月定期を買って、それが終わるころに盆休みに入る。まあ、現時点では、盆休みのあとも働いているかどうかは解らないけれど。3カ月定期の期限が来るまでは続けること。現時点での、おおよその目安というか目標である。
主張するのは意見であって、願望ではない。

コンドルがめりこんどる

 ギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!!
 失敗した。間違えた。6連勤ではなく5連勤だった。なんてこと。

 会社カレンダに式典云々と書いてあり、もしかしたらと思ってはいたけれど。出勤の表示だったので、行事があるのなら、仕事を中断して行うのではないのかと考えていたのだ。しかし、今日の朝礼で、明日は、社員は式典、派遣とパートは休みということを知った。つまり、6連勤ではなく5連勤。なんてこった。
 前記事前々記事は、明らかに6連勤を意識して書いている。本当に、今日の仕事が始まるまでは、明日は出勤、土曜出勤で6連勤と考えていたのだ。そのため、休みになって嬉しい、という気持ちより、休みになったら予定が変わってしまい面倒だ、という気持ちの方が強かった。しかし、派遣は休みというのだから仕方がない。予定を変更しなければいけない。
 明日の予定をそのまま今日に前倒し、というのがもっとも簡単なんだけど、本を買うお金を持っていない。本当に最低限のお金しか持ち歩いていないのだ。仕事帰りに日本橋や隣接市へ寄るときは、本代や食事代を財布に入れておく。幸い、今週行くのは日本橋ではなく隣接市の方なので、自宅最寄り駅から歩いても、自宅に戻ってから向かっても、どちらも大して変わらない。仕事が終わったら、家に帰ってお金を持って、隣接市へ行こうと決めた。本を買ったのち、宮本むなし。
 前に書いたような気もするけれど、ここでもう1度書いておくと。日本橋でも隣接市でも目的は変わらない。アニメイトの情報誌をもらって、本屋を数軒回って、宮本むなしで食事をする。ただ、店の数や規模が全然違う。確実に手に入れたい、あるいは、まったくマイナな本を買う場合は日本橋、どこでも買えるメジャな本であれば隣接市という買い分け。仕事帰りに日本橋へ行く場合、電車を乗り換えなければいけなくて、6連勤のあとに行くのは面倒だと思ったので、今回は仕事帰りに自宅最寄り駅から歩いて行ける、当然、自宅からも歩いて行ける、隣接市へ行こうと決めていたのだ。
 そして、土日が休みなら、日曜に行くはずだったドラッグストアも今日行ってしまおうと考えた。これはつまり、翌日に仕事があるのに、買い物に行くのは億劫ということである。明日が休みなら、今日買い物へ行っても問題ない。隣接市へ行く前に、ドラッグストアへ行ってこよう。百草丸とオロナインを買ってこよう。
 そして更に。ドラッグストアへ行くのなら、床屋へ行ってこようと考えた。3年半ほど前、どん底無職期間に見つけた床屋で、2012年以降は、この店を利用している。通常1500円、シャンプー付きはプラス300円(増税で値上がりしたけれど)。って、「分割散髪」の記事は結局書いていないわけだが。それはまあどうでも良い。この2軒は近くにあるので、床屋のちドラッグストアで買い物というのは都合が良いのだ。
 そんなわけで。急遽変更した予定に従って。仕事を終えて自宅に戻って。床屋へ行って、ドラッグストアへ行って、もう1度戻って、再度出掛けて、隣接市で本を買って、宮本むなしで鶏の味噌炒め定食を食べてきた。久し振りだと思ったら、塩サバ定食以来、2カ月振りの宮本むなしだったみたい。
 急に休みになったけど、特別休暇だとは考えず、いつもの土日のように、いつものパタンで過ごそう。それが一番効率が良い(生活パタンを守れれば)。ちなみに。これがコンコルド効果だ、という意味でタイトルを付けたけど、コンドルとは関係がなかった。つまり、記事とタイトルに関係がない。たまにはこういうこともある。もしくは、こういうことしかない。
主張するのは意見であって、願望ではない。

水曜日は半分で

 以前、6連勤の水曜に、残り2日だと思ったら3日も残っていてなんてこと、と思ったことがあるけれど、水曜で半分と考えておけば、5連勤でも6連勤でも、どちらにも対応できる。まあ、今はそこまで気にしてはいないけど。とにかく、えいやっと起きて、月曜の仕事へ行ってしまえば、あとはもう、これまで通りにこなすだけ。今日は火曜か、今日は水曜か、今日は木曜か、という感覚。まあ、これも慣れだろう。6連勤の支えのために、宮本むなしで食事をしなくても大丈夫、という昨日の記事の補足のようなもの。

 本当はこのあと、週末カウントダウンと同時期に行っていた、当日カウントダウンについて書くつもりだったけど、平日にこれ以上書くのは無理。平日のパソコン使用時間(ネット閲覧を含む)は45分と決めているので、それ以上を費やすわけにはいかない。というか、土曜の夕食後60分は自由にブログを書いて良いと決めたのに、どうしてその時間に書けないのかと。
 次の更新は土曜の夕食後。いや、宮本むなしに行くので、帰宅後になるのか。予定通りなら、土曜に週日記、日曜に過去日記「当日カウントダウン」を公開できるはず。予定というのは、当てにならないという意味である。
主張するのは意見であって、願望ではない。

華麗なる鶏味噌のために

 今週の仕事が終わったら、帰りに宮本むなしへ寄って、鶏の味噌炒め定食を食べるんだ。それだけが、私の望みです。カナカナカナカナ…
 
 始めにお詫びを。「それだけが、私の望みです」というフレーズは、『ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編』からの引用なんだけど、いつからか、「望み」を「願い」と書いてしまい、その間違った引用を何度も使っていた。ご迷惑をおかけした読者の皆様ならびに関係各位には深くお詫び申し上げます(コピペ)。間違いの引用は直しておきます。

 ということを書きたかったわけではないのだが。今週は、久し振りの6連勤で。本来、宮本むなしへは先週行くつもりだったけど、あいにくの雨だったり、余りお腹が減っていなかったりで、結局、行かなかった。それなら、6連勤の今週、土曜の仕事が終わったら、帰りに行ってしまおうと。
 6連勤のための支え、というものではなく、来週より今週の方が早い、というだけのことである。とりあえず、支えがなくても働けるけど、支えがあれば励みになる程度の理由。まあ、期間限定、春の新メニューなので、この機会にしか食べられない、という楽しみはある。

 ということを書きたかったわけでもないような気がするんだが。そもそも、昨日の夕食後、何をするでもなくぐったりしていたので、その時間にブログを書けば良かったものの、その時間には書く気が起きなかった。そのため、本来なら書かないはずの平日に書いて、更新してしまっているのだ。時間のあるときに、書きたいわけではない、というのがなんとも。時間のないときに、書きたくなる、というのがなんとも。そういうのが、たまにであれば良いのだけれど。
主張するのは意見であって、願望ではない。

お金があればなんでも買える

 なんだかんだで残業代が12日分入ったので、このお金でさだまさしのライブCDをまとめて買おうと思ったんだけど、そう上手くはいかなかった。両腕の傷のためのあれやこれやと、電気代を払っていないことによるあれやこれやがあって、しばらく保留することに決めた。

 今週は、例外的に平日の買い物が多かった。
 月曜、例の長袖下着を着て仕事をして、着心地が悪いことはなかったので、追加で買おうと考えた。これまで、安物の下着ばかりだったので、高級品は肌に合わないかもしれない、という危惧があったのだ。これからも着るのであれば、予備があることに越したことはない。長袖下着を着たのは初めてだけど、袖口がすぼまって、腕に固定されるのが新鮮な。普通の長袖シャツみたいに、袖がひらひらすることがない。
 仕事から帰って、すぐに出掛けた。前に買ったのと同じもの、2枚入りを2組を買うつもりだったけど、既に売り切れていた。というか、長袖自体が少なかったのだ。これから暑くなるという時期に、長袖下着を買う客も少ないのだろう。店が半袖やランニングを多く仕入れるのは当然である。襟やサイズの違うものはあったけど、違うもので妥協するわけにはいかない。値段は高いけど、襟やサイズが同じもので、1枚入りを2組買うことにした。前に買ったのと併せて6枚。これで、6日出勤でも対応できる。平日に洗って、平日に乾かすという慌てたことをしなくても、週末に洗濯をすれば大丈夫。
 もっとも、今の仕事用に買ったので、いつまで続けるかが解らない以上、これよりも多くは買えなかった。逆に言うと、長袖下着を着ることになって、半袖下着を着なくなったわけだが、部屋で着ることはできるし、今の仕事を辞めたあとで、着る機会はいくらでもあるだろう。基本、下着は半袖で過ごしてきた。その上に、シャツなりカッタなりを着るパタン。どちらにしろ、大阪で下着を買うことはもうないはず。 
 水曜も、仕事から帰って、すぐに出掛けた。傷薬を買うためである。昔から使っている、えんざんこうという傷薬を実家から送ってもらったのだが、それがなくなってしまった。短期間で治りそうになかったので、新しく薬を買いに行くことにしたのだ。といっても、薬に詳しくないので、どこかで聞いたことのあるオロナインH軟膏を買ってきた。箱入りだったので、買ったときは気づかなかったけど、これも実家で見たことのある薬だった。それなら効き目は問題ないだろう。できるだけ早く治りますように。オロナインの力を信じてる。
 そして土曜、つまりは今日のことだけど。電気代2カ月分を支払ってきた。下着に薬に電気代と、予定外の出費が続いてしまった。まずは、生活や仕事のためにお金を使わなければ。趣味がそのあとになるのは仕方がない。現在、残業のできない身体になってしまったので、それまでにできる限りの残業していたことが幸いか。というか、最後にやった残業が腕の痛みのピークの日で、良く我慢してやったものだと。その4日後に早退して、5日後に休むわけだが。

 というか、週日記に時間が掛かり過ぎて、CDWDを書くまでに至らない。過去日記を書くのは日曜になってしまう。まあ、執筆や読書を終えたあとで書くのなら構わないのだけれど。できれば、土曜の夕食後で済ませたい。ただ、今週は書くことが重なっただけで、特に書くことのない週もあるはず。その辺りで上手くバランスが取れないものかと。

 はっ。金曜は職場の花見があったけど、簡単に断ってしまった、ということを書いてないや。まあ、どこの職場の飲み会も、大抵は行かないので大したことではない。「何か予定があるんですか?」「いえ、ありません」
主張するのは意見であって、願望ではない。

電気代を払っていない

 郵便受けを見たら、電気料金振込票が入っていた。今月から口座振替になると思っていたんだけど、3月分のお支払いが確認できておりません、と書いてある。なんですと? 帰って調べてみたら、先月払うはずの電気料金振込票を見つけた。なんてこと! 口座振替に戻らないわけだよ。今月は、2カ月分を支払って、来月以降、ようやっと口座振替の再開か。
 先月の電気料金振込票がどこにあったのかというと、年金保険料のお知らせ郵便をまとめた束の中である。年金関係は、今すぐに支払うことができないので、郵便物を残しているのだ。おそらく、先月の電気料金振込票が届いたとき、また年金関係の郵便かと思い、中身を見ずに年金郵便の束に仕舞ったのだろう。とんでもなく些細なミスをしてしまった。
 とはいえ、この勘違いのために、電気料金振込票が捨てずに残されていたのは幸いだった。それこそ、DMと勘違いして捨ててしまっていたら、振込票を再発行してもらうのかどうかは解らないけど、払っていない電気代を払うために余計な手間が掛かるところだった。今週末に、2カ月分をまとめて支払ってこよう。これで今度こそ、家賃、電気代、NHKがこれまでと同じよう指定日に引き落とされるようになるはず。

 明日は、仕事帰りに日本橋へ寄って本を買って宮本むなしへ寄ってくる予定を立てていたんだけど、よりによって雨っぽいんだよ。降水確率80パーセントの中で濡れながら買い物をして帰ってくるのは億劫過ぎる。土曜に変えようか。みたいなことを唐突に書いたけど、たまにはこういうこともある。
主張するのは意見であって、願望ではない。

フリーター、服を買う。

 長袖の下着を初めて買ったんだけど、想像以上に高かった。半袖よりも布地が多いから、その分高くなるのは当然か。値段が安い適当なもので済ますわけにもいかないので、2枚入りを2組買ってきた。仕事用なので、1日1枚で4日分。5日目、たまに6日目の分は、下着ではない長袖シャツを着るか、週の最初に着たシャツを洗って乾かして使うか。今の時期、それも薄いシャツなら、部屋干しでも充分に乾くだろう。3組買えば、1週間使うことができたけど、これ以上はお金を出せそうになかった。メーカ品なので、それなりの着心地に期待しよう。
 話が前後してしまうけど。僕の両腕は現在絶賛治り掛け中で、これ以上悪化させるわけにはいかない、という状況。仕事をしながら治すために、作業服の下に長袖シャツを着ているのだが、これが思ったよりも暑い。しかも、傷が治り掛け、かさぶたになっているので、暑くなると余計にかゆくなってしまう。引っかいて傷を増やさないよう、さするというか、なでることで対処している。少しでも状況を良くするため、着ている長袖シャツを、下着のシャツに変えることにした。生地が薄くなれば、ほんの少しだけでも、暑さが和らぐはずだろうと考えて。まあ、結果が出るのは来週以降だけど、これ以上は、涼しくしようがないんだよ。

 これがつまり今日のこと。今日というのは、6回表に阪神が巨人に追い着いたものの、その裏に6点も取られてしまった、2015年4月4日のことである。いくら振りなのか解らないくらいに、久し振りになる土曜の夕食後のブログ書き。考えてみれば、それを決めるまでにも、結構な時間が掛かっている。全く以て、遅れに遅れて記事を書いているのだ。とはいえ、これからまさしの生放送が始るからみんなで見ようぜみたいな、書いた当日、あるいは、数時間後に読まないと意味が通じない記事を書くことはないので、公開の遅れに問題はない。
 あるとすれば、書く前に飽きる、やっぱり書かなくて良いや、と思ってしまうこと。気持ち次第なので、これはどうしようもない。まあ、公開する順番が違っても、内容が変わるわけではないし。遅いか早いかの違いはあっても、書きたいことは書くだろうし、書かないことは書かないだろう。日にちは余り気にしなくて良い。書く僕も、読まれる方も。

 先日、遅れていた家賃を支払ったことで、今後は、家賃、電気代、NHKがこれまでと同じよう指定日に引き落とされる。結局、3カ月は遅れて支払っていたのだ。電気代はコンビニで支払い、NHKは口座にあるお金を勝手に持っていくので、余計な料金は掛からない。家賃の遅れは、こちらから払い込まないといけないので、送金料金が掛かってしまう。3カ月で、どうにかそれを止めることができた。
 遅れたといっても、なんとか1週間くらいの遅れで済ませたので、督促状が届くという展開は避けられた。ぎりぎりのぎりぎり。もう2度と、支払いは遅れないようにしなければ。というか、去年も同じような状況に陥っているんだが。全く以てハムスタ過ぎる。ここへ来てようやく、振り出しに戻るというか、スタートラインに立てたわけで。あとは、少しずつでも貯金というか、借金返済を目指していかなければならない。何度振り出しに戻っているのか、という話である。
主張するのは意見であって、願望ではない。
庭野トリ彦
最新記事
最新コメント
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析
制御用ソース