最低でした

 だから僕は、商品をキャンセルした時点で、僕の方へは送らないで欲しい、と頼んでおいたのに。2週間遅れて届いた挙句、差出人との行き違いがあったので、返却をお願いします、ってなんだよ。お詫びの手紙を書く前に確認しろよ。出品者も現金だからな。最初のメールでは、最後まで誠実に対応致しますとあったけど、商品をキャンセルして、返金処理が終わったら、一切連絡が来なくなったし。それでいて、こっちの話を聞かずに届けて、それを返せって。フェアじゃないだろ。
 商品はちゃんと残しておいたので、それを梱包して送り返すだけだけど、仕事終わりには郵便局が閉まっているので、結構手間なんだよ。ゆうパックを扱っているコンビニから、着払いで送り返してきた。そっちの不備でキャンセルすることになったんだから、それくらいは持ってもらわないと。この店にはもう2度と注文しないので、これ以上の面倒はやめてくれ。

 そんなわけで。来月までは酒をやめて、粗食で過ごすはずだったのに。ムカついて腹立って、酒と半額弁当を買ってきてしまった。仕事がそれなりに順調に進んでいるのに、どうして関係ないことに苛立って飲み食いしないといけないのか。決して、飲み食いするために苛立っているわけではない。という言い回しができるくらいには冷静になっているのだろう。酒はこれから飲むのだけれど。

 とはいえ、今後2度とAmazonのマーケットプレイスを使いません、というわけにはいかない。2週間の金と時間の無駄を教訓にしなければ。今回、何が不味かったのかというと、遅れても届けば問題ない、と考えてしまったこと。そのせいで、あと1日待ってみよう、が何日も続いてしまった。我ながら甘い。不備が解って、商品のキャンセル、返金処理が終わった時点で、同じ商品を別の店に頼むべきだった。こっちは最後まで信用しようと思ったのに、あっちは最後まで信用してくれなかった、みたいな状況になってしまったのだ。アホウか、僕は。
 冷たいようだけど、今後もし同じようなことがあれば、不備が解った時点で、その店は潔く諦める。届くならいつでもいいや、と気楽に考えられるのならともかく、届かないからムカついて腹立って、飲み食いして、ばたんきゅしてしまうのでは、どうしようもない。他人に情けを掛けるよりも、自分の生活を優先しなければいけない。まったく、余計な手間と時間ばかり取らされました。マーケットプレイスを利用した中で、もっとも最低でした。

 この件はこれでお終い。というか、ムカついたら酒を飲む、というパタンをなくすことができれば良いのだけれど。それができなければ、腹立ちを最小限に抑えられるような対処をするしかない。
主張するのは意見であって、願望ではない。

誤配達

 先週届くはずだった、マーケットプレイスの商品が届いた。郵便局のお詫びと一緒に。店のミスではなく、郵便配達員が部屋番号を間違えたとか。間違えて入れられた部屋の住人が気づかなかったものか、と思うけど。もしかしたら空き室かもしれない。というか、明日には別の店に頼んだ同じ商品が届く。この店に払うはずだったお金は、別の店に払っているのだ。これ以上の面倒はやめてくれ。
 いったい誰のせいなのか。追跡できない方法で送った店のせいであり、間違えて配達した郵便局員のせいであり、誤配達された荷物をすぐに投函する、あるいは、同じアパートなのだから僕の郵便受けに入れなかった住民のせいであり、突き詰めると、マーケットプライスを信用していた僕のせいである。とりあえず、みんなが悪いということで、この件は終わりにしよう。
主張するのは意見であって、願望ではない。

盆休みを振り返る

 2015年 8連休 NC旋盤
 2014年 4連休 サンダル
 2013年 8連休 手帳工場
 2012年 5連休 湾岸倉庫
 2011年 なし みなみの書店
 2010年 なし みなみの書店
 2009年 なし 失業保険暮らし
 2008年 なし オオアリクイの書店
 2007年 なし オオアリクイの書店
 2006年 なし オオアリクイの書店

 あと2週間で盆休みということで調べてみたところ、僕が初めての盆休みを迎えたのは、2012年以降だということが解った。それ以前は、盆休みなどない生活をしていたのだ。っていうか、明らかに仕事を変え過ぎだろう。このようにリストにすると良く解る。しないでも解るんだが。
 忘れないうちに、これまでの仕事一覧を書いておこうと考えているものの、年齢を気にしてか、なかなか書けないでいる。自分のことを、おっさんと卑下する人たちがいるけれど、僕は1度もそんなふうに考えたことはない。充分に若いと思っている。だから、僕のことを呼ぶときは、お兄ちゃんと呼ぶように。って、内容がおかしくなってるぞ。元に戻そう。
 考えてみれば、僕のブログを過去記事から読んでくれている方には、おおよその年齢は解るし、どこかではっきり書いたような気もする。今更、そんなことを気にしても仕方がない。そんなわけで、僕がこれまでに勤めた仕事一覧を、すべてアルバイトであるけれど、近いうちに書いておきたい。長く勤めた仕事、すぐに辞めた仕事に分けて。例によって、書きたいと思っていても、実際に書けるのがいつになるのか解らないけれど。
主張するのは意見であって、願望ではない。

土曜日限定

 土曜出勤のブログ書きを、夕食後にするか、日曜の夕食前にするか、決めずに適当な対処をしてきたけれど、土曜の夕食後に書くことにした。土曜に出勤することからして、いつもと違った土曜になるのだ。この日だけは、ブログ書きが夕食後になっても仕方がない。その代わり、用事が詰め込みになるとはいえ、日曜を休日パタンで過ごせる。
 それに、月1度とはいえ、いつもは土曜に書いているブログ書きを日曜にするのは座りが悪い。そういうことを僕は気にするのだ。例外パタンが2日続くよりは、1日だけで済ませたい。
 
 出勤、休日に関係なく、ブログ書きは週に1度。土曜の夕食前90分。土曜出勤のみ、夕食後90分。
 
 これが決定稿。これで上手くいかなければ、ブログを書くのを諦めるしかない。そもそも、ブログを書くための時間を決める、ということに時間を掛け過ぎている。こういうことを気にせず、ブログを書くことができれば良いのだけれど、それは僕ではなく、別の誰かである。

 週日記をやめて、個別記事のみにする、と書いたけど、土曜に書く最初の記事は、多かれ少なかれ、その週の出来事が書かれると思う。月曜、火曜、水曜、木曜、金曜、それぞれ別の出来事が起きた場合、ひとつの記事にまとめることなんてできやしない。それが週日記をやめた理由であるけれど、1週間を通して、同じ内容が続いているのであれば、その限りではない。まとめて書けるときは書く、書けないときは個別記事にする、という具合に。

 そんなわけで今週は。飲み食いばたんきゅが続き過ぎ。マーケットプレイスの商品が届かなかったということで、その日に記事を上げている。飲み食いして、ブログも書いて、この件はこれで終わりにするはずだったけど。その後もぐだぐだと続いてしまった。
 あと1日だけ待ってみよう、商品が届けば、返金してもらった代金で改めて購入すれば良い、と考えて。仕事が終わって帰ってみると、郵便受けに何も入っていなくて、届ける気ないのかよとムカついて腹立って、飲み食いして、ばたんきゅして。この件はこれで終わりにするはずだったけど。
 あと1日だけ待ってみよう、商品が届けば、返金してもらった代金で改めて購入すれば良い、と考えて。仕事が終わって帰ってみると、郵便受けに何も入っていなくて、届ける気ないのかよとムカついて腹立って、飲み食いして、ばたんきゅして。この件はこれで終わりにするはずだったけど。
 って、アホウか僕は。ハムスタでもあるまいに。水曜の時点で、この店は諦めよう。はい、お終い、で済ませてしまえば良かったのに。変なところで思い切れないところがある。仕事が嫌なときはすぐに辞めてしまうのに。さすがに、注文してから2週間も待てない。今日の仕事が終わって帰ってみると、郵便受けに何も入っていなかったので、別の店に注文することにした。これでこの件は本当にお終い。
 ちなみに、マーケットプレイスに注文したのは、ちっちゃい女の子がいじめられるえろDVDである。ちっちゃい子が好きなんだよ(*´Д`)ハァハァ いや、僕が特殊なんじゃなくて、この国の男子の97パーセントはロリコンで美少女好きなのだ。
 表示が解りにくいけど、「アマゾンから出品・販売されている商品は、オンデマンド(DVD-R)で製造されています」とのことで、マーケットプレイスはオリジナルのDVDってことか。Amazonが製造する商品がマーケットプレイスにあるってのはおかしいものな。
 まったく、仕様もないことに時間を費やしてしまった。というか、ムカついて腹立って、飲み食いするまでは良いとしても、ばたんきゅしたら駄目だろう。酒を飲んでも読書はできる、と考えていつも飲んでいるものの、大抵はばたんきゅして読書の時間を潰してしまう。それに、どうにか休まずに仕事に行ってはいるものの、二日酔い、かつ、腹具合が悪いのはきつい。とにかく、普通の食生活に戻さなければ。
 
 平日買物不可、酒は週末のみ。

 そんなわけで。今日が土曜出勤のため、土曜限定のブログ書きを試してみた次第。このように長くなっているのは、ブログを書こう、という気持ちが続いているからである。飽きるときは、5分でも飽きる。新しく決めたパタンを、初日から守れない、というわけにもいかない。
 今日は仕事を終えて、発作的突発的に宮本むなしへ寄ることに決めた。昼食が牛丼だったので、夕食は控えめで良いと考えていたけれど、宮本むなしの期間限定新メニュー、豚肉のスタミナにんにく炒め定食を食べておきたいという気持ちがあり、今月は食費をオーバしているので、この際行ってしまおう。今日か明日かなら、今日行った方が体調的に安全だろうと。つまり、日曜を粗食にして、腹具合を調整するのだ。
 自宅最寄り駅から歩いて、隣接市の宮本むなしへ行ってきた。今の職場からだと、日本橋に寄るには、電車を乗り換えなければいけないので、仕事帰りに寄るのが億劫になっている。その点、隣接市であれば、自宅最寄り駅から歩いていけるので問題ない。そしてついに、宮本むなしの全メニュー制覇まであと少し。定食は残り6種類、うどんやカレーが5種類。合計で11種類。宮本むなしは静岡にはないので、大阪にいる間に、すべて頼むことができそう。あと少しだけ、もう少しだけ、頑張ってみよう。もう少しだけ(By さだまさし)。

 そんなこんなで。今後のブログ書きは、出勤、休日に拘わらず、土曜日限定です。
主張するのは意見であって、願望ではない。

こんちくしょう

 まったく生きていると「こんちくしょう」と思うことがいろいろある。そんなことを考えている自分はもう少ししぶとく生きていこうとしているらしい、ということに気がついた。
(大きな約束/椎名誠)

 仕事とは関係のないことにムカついてしまったため、月の食費をオーバしているのにも拘わらず、酒と半額弁当を買ってきてしまった。まったく、何をしているのか。ただ、飲み食いしてしまった以上、この件はこれで終わりにしないと意味がない。
 Amazonマーケットプレイスの商品が届かなかったというだけだけど、宅配便の再配達でさえ億劫に思う僕が、10日以上待って、かつ、商品がどこに行ったのか解らないと言われれば、返金してもらったとはいえ、ムカついて飲み食いしないはずがない。このせいで、予定がいくらか狂ってしまった。
 もし、遅れて商品が届いたら、返金してもらった以上、送り返さないといけない。数日後に届くのなら、返金された代金で、当初の予定通りに買えば良いのだが、それが不確かなのでどうしようもない。そのため、同じ商品を別の店に頼むにしても、タイミングを躊躇ってしまう。 全く以て面倒なことだよなあ。マーケットプレイスでの不備、商品が壊れているとか、届くのが遅いとかはあったけど、商品がどこに行ったか解りません、ってのは初めてだよ。
主張するのは意見であって、願望ではない。

腕時計の電池を交換する

 2015年7月21日現在、腕時計の電池を交換してきた。

 これは検索用の記事である。長年使っていた腕時計が2カ月ほど前に動かなくなり、1000円払って電池を交換するのなら、その値段で買えるちゃっちい腕時計を買ってしまおうと考えた。電池交換をせず、新しい腕時を買ったものの、モニタ用電池だということを忘れていた。2カ月で動かなくなってしまった。長期的に考えれば、電池交換の方が遥かに安い。
 ということで、仕事から帰ってきたあと、自宅最寄り商店街の個人経営の時計店で、電池を交換してもらった。さすが個人経営、仕事が早い。これまで、デパートの時計店で電池を交換してもらっていたけれど、それほど客がいるわけでもないのに、順番待ちをしなければいけなかった。それで、電池交換が億劫になっていたところがある。とまれ、これで、あと2年、あるいは、3年は戦える。
主張するのは意見であって、願望ではない。

これで最後はこれで最後に

 本来の休日パタンとは異なるけれど、3連休はほぼ予定通りに過ごせた。時間配分が読書に偏ってしまったのは、大好きなミステリを読み始めてしまったからである。これまでは、ミステリ以外を読んでいたので、適度な時間で終えることができたのだ。HDDやゲームやブログ書きは、途中で飽きてしまうのだが、読書は飽きることがない。読書だけでも1日を過ごせるけれど、さすがにそれは偏り過ぎだろう。
 予定外だったのが飲み食いで。ピザハット・シュプリームを1日で食べてしまうことは予想していたけれど、酒は7本で充分だと考えていた。初日2本、2日目4本、3日目2本。それで終わりのはずだったけど、ついっさき、というのは今日の19時過ぎのことだけど、ポテチとチョコが食べたくなり、それだけを買うつもりが、酒と半額弁当までも買ってしまった。昨日は、柿の種とチーズで酒を飲んでいるから、別の組み合わせが食べたくなったのだろう。

 飲み食いするのは問題ないけれど、それは食費が節約できているとき、かつ、翌日が休みのときのみである。

 これを最後に、これを区切りに、もう酒はやめよう、と考えて買うことが多いのだけど、最後になったためしがない。1月から4月までの3カ月、酒なしで生活することができたけど、5月以降に酒飲みサイクルが復活したので、やはり最後にはなっていない。3カ月限定の最後だった。3カ月酒をやめて、3カ月酒を飲んでいるのだから、節約でもなんでもない。平均的に酒を飲むのと変わらない。
 
 それならば、酒をやめるのは無理、と考えて。飲む量を最低限にするしかない。つまり、連休だからと大量に買わない。当日飲む分だけを買う。平日に酒は飲まない、週末のみ。

 これらを徹底する。って、これじゃまるで、僕がアル中みたいではないか。
 ギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!!
主張するのは意見であって、願望ではない。

兄妹モノ

「切実すぎて冗談に聞こえないんだよ。最近、アニメとか漫画に変な兄妹モノって多いでしょ……。お兄ちゃん、そういうの見てるっぽいから……」
(東京より憎しみをこめて1/至道流星)

 ひいっ。見てるけど、変態じゃないよ((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル 
主張するのは意見であって、願望ではない。

がっつり飲み食い

 記事を畳みました。ここだけ写真が載っていると全体のバランスが崩れるので。ブログのデザインやレイアウトについては、「いやなお客の帰し方」というタイトルで、いつかそのうち書くかもしれません。

続きを読む


主張するのは意見であって、願望ではない。

3連休始まります

 今週の仕事終わり。さあ、これから俺の連休だ。

 連休と考えず、いつもの休日パタンを3日くり返すのが、もっとも無駄が少なく、時間を有効的に使えると思うのだけど。3連休だからこれをやっておこう、と考えないわけでもない。
 そのひとつが前述のピザハット。土日休みでも良かったけれど、がつがつ飲み食いするのが前提にあるので、3連休に頼んだ方が無難だろう。初日に食べれば、万一、お腹を壊しても、残り2日で回復させれば仕事に支障は出ない。というか、無理してがつがつ飲み食いする必要はなく、食べ切れなければ、半分残して翌日に回せば良いだけのこと。冷蔵庫を持っているのだ。

 もうひとつは。先週届いた、ちっちゃい女の子と同棲ちゅっちゅっするゲーム、『ないしょのないしょ!』『しゅきしゅきだいしゅき!!』を一気にまとめてプレイしておきたい。ゲームをするのは数年振り。いつかは、休日パタンにゲームの時間を入れるつもりでいるけれど。今はまだ、積読本が多過ぎる。
 その代わりでもないのだが、数日前、7月15日から、新本格、ミステリ読みを再開させることができた。もともとは、2007年から書き始めた不登校者限定企画小説に原因があって。当初の予定を過ぎても書き終わらないため、2008年以降、ミステリを読まない、ゲームをやらない縛りを作ったのだ。それでも書き終えることができず、毎日執筆が続かず、2013年8月に執筆優先生活をやめた。
 以降、平日読書、休日執筆を試そうと。1年3カ月ほど執筆が中断したものの、去年の12月末、今の仕事が決まって以降は、休日執筆のパタンを続けられているので、大好きなミステリ読みを再開させても良いだろう。というか、読まないから、積読本が150冊を超えているのだ。今年の後半は、がつがつミステリ読みまくりだぜ。感想をブログに書くことはないけれど。

 もうひとつが。長い記事のブログ書き。日常日記であれば、週に1度の90分で大丈夫だけれど、90分で書き切れない長さの記事は、数日間でまとめて書いてしまった方が良い。前に書いた「ハケンアニメ」は、週に1記事書いて、3週くらいで終わるつもりでいたけれど、予定通りに書き進めることができず、5月の連休に毎日書いて、それでも書き切れなくて、結局、更に1カ月掛かってしまった。
 3日間で書けるのなら、まとめて書き上げてしまった方が良い。とりあえず、「ハケンアニメ(終)」「居場所を守ろう」「そしてそれから」辺りが、書く予定でいる長い記事。ただ、これらの長文記事すべてを、3連休で書くことはできないだろうから、どれかひとつを選んでがーっと書くか。
 あるいは、週に1度の90分、つまりは、明日の90分を使って、「視聴番組一覧」「お金のような」等の固定記事を書いてしまうか。固定記事は何年何月の内容かが決まっているので、書かない期間が増えるほど、書かなければいけない記事が増えてしまう。こちらの記事は、僕にしか需要がないけれど、先週の日曜、1度見ている映画をもう1度見るという失敗をしてしまったため、「視聴番組」をきちんと書いておかなければいけないのだ。 
 長い記事を書くのに連休が必要というわけではなく、時間が掛かるということである。固定記事を現在まで書いて、急ぐことはないのだから、そのあとで、上記の長い記事を書いていこうかなと。今更こんな時期のことを書くの? というのがデフォルトのブログなので。それこそ今更ですよ。
主張するのは意見であって、願望ではない。

華麗なるピザハット・シュプリームのために

 今週の仕事が終わったら、ピザハットのピザハット・シュプリームを頼むんだ。それだけが、私の望みです。カナカナカナカナ…

 2カ月前、ピザハットのチラシを見たときから、7月の3連休に頼もうと決めていた。この日は珍しく、祝日の仕事が休みなのだ。滅多にない3連休。そして、チラシの有効期限が7月20日まで。これはこの機会に頼むしかないだろ。待ってろよ、ピザハット、がつがつ食ってやるからな、という意気込みで2カ月を過ごしていたのだけれど。酒の飲み過ぎで、食費をかなり費やしてしまった。まさか、酒飲みサイクルが復活するとは予想していなかった。
 とはいえ、この機会を逃したら、ピザハットを頼む機会はないだろうし、ここは、食費のオーバを最低限にして、宅配ピザを頼もう。今後は、平日買物不可、酒は週末のみ、と徹底しなければ。などと言いながら、ピザを頼む日には、ビールも買ってしまうのだろうけど。

 教訓として。
 飲み食いしてから食費を減らすのは不可。食費を減らしてから飲み食いするように。
主張するのは意見であって、願望ではない。

公衆電話が見つからない

 昨日の記事で、公衆電話の場所を確かめたと書いたけど、これはサイトの駅構内図を確かめただけである。いつ同じようなことが起きるか解らないので、今日の帰り、乗換駅のホームで、実際に公衆電話を確かめてくることにした。したのだけれけど、全く以て見つからない。駅構内図には、ちゃんと電話のマークがあったというのに。上り、下り、両方のホームを何往復しても見つからない。駅員に訊いてみたところ、以前はあったものの、撤去されてしまったという( ゚д゚)ポカーン
 親切にも、近くにある電話ボックスの場所を教えてもらった。今後もし、電車が遅れて明らかに遅刻するだろうと解ったら。改札を出て、階段を上って、出口から外に出て、目印の牛丼屋へ向かい、その隣の電話ボックスから電話を掛ければ良い。って、迂遠過ぎるだろ。しかし、駅構内に公衆電話がなく、僕も携帯電話を持ち歩かないとなれば、その方法でしか電話をすることができない。
 気休め程度に、携帯電話で鉄道運行情報を受信することにした。出勤前に情報が届けば、少しは役に立つはず。出勤後に情報が届いても、まったく役に立たないけれど。とりあえず、僕が使っている地下鉄、利用している駅に公衆電話がないことは解った。そのときになって、公衆電話があるはずなのに、とないものを探すような不手際だけは避けられる。 
主張するのは意見であって、願望ではない。

初めてなんだよ

 電車が事故で遅れて、今の仕事に初めて遅刻した。
 というか、電車の遅れで仕事に遅刻したのは、これまでの仕事を含めて初めてである。遅刻自体、ほとんどしたことがないのだ。遅刻したのは、大学卒業後、百貨店内書店に勤め始めて2日目、従業員用エレベータの混雑を知らず、タイムカードの時間が2分遅れたときだけである。まあ、仕事が嫌になって、欠勤続きだったことはいくらもあるけれど。
 駅から職場まで走ったものの、朝礼に間に合わなかった。事前に連絡ができず、職場に着いてから、上司に説明をしたのだが、特に咎められることはなかった。これまで、愚直に真面目に仕事を続けてきたからかもしれない。6カ月で、2日欠勤してはいるけれど。湾岸倉庫のときみたいな、泥沼11連続欠勤などをするつもりはない。今の仕事を、今度こそ本当に大阪で最後の仕事にするのだ。

 そんなわけで。電車が事故で遅れたときの対策を考えた。前にも同じことがあったので、そのときに考えるべきだったけど、どうにか時間に間に合ったので、深く考えることなくそのままになってしまったのだ。あらかじめ遅刻するのが解っているのなら、事前に連絡をした方が良い。そうすれば、焦ることなく、通勤することができる。
 実際、ホームで電車を待っている何人かが、携帯電話で遅刻する旨を先方に伝えていた。しかし僕は、携帯電話を持ち歩かない。持っていったところで、確認するメールや着信もないし、ネットを見ることもない。連絡をするのであれば、公衆電話から掛けるしかない。乗換駅の公衆電話の場所を確かめ、職場の電話番号を書いたメモを財布に入れておくことにした。

 それだけの話で。当日日記の当日公開をする必要もないのだけれど、このように発作的に突発的に書いて上げてしまうことがたまにある。目安として、23時23分23秒に公開される記事は、すべて予約投稿、事前に書いたものを後日、あるいは、数時間後に公開したものである。この時間以外の記事は、書いてすぐに公開した記事である。
主張するのは意見であって、願望ではない。
庭野トリ彦
最新記事
最新コメント
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析
制御用ソース