食費09

 09月の食費は28657円。ひと月13657円オーバ。
 本代、3163円。積読本151冊。

計算式 (食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 11210+5247=16457円/530(日)
02月分の食費 13799+0=14799円/492(日)
03月分の食費 16987+0=16987円/547円(日)
04月分の食費 14768+580=15348円/529円(日)
05月分の食費 12429+12241=24670/795円(日)
06月分の食費 9508+10465=19973/665円(日)
07月分の食費 17816+10057=27873/899円(日)
08月分の食費 11187+11982=23169/772円(日)
09月分の食費 16577+12080=28657/955円(日)

 5月から9月までの5カ月連続で、酒代が1万円を超えているのが不味い。平日買物不可、酒は週末のみ。これが基本。平日に酒を買う場合、ツマミや弁当は不可。これが例外時の基本。と決めたものの、結局は守れなかったということで。地下鉄の駅から自宅への帰り道に酒を買える店がない、と前に書いているけれど、これは寄り道をせずに帰った場合である。地下鉄の出口近くにコンビニがあるし、帰り道を1本変えるだけで、酒自販機の前を通ることになるのだ。真っ直ぐに帰ると、100円コーラの自販機があるわけだが。
 この月は、自販機で酒を買って帰る、というパタンに陥ってしまった。コンビニで酒を買うとツマミも一緒に買ってしまう、それなら自販機で買った方が良い、と考えて。それで、2本、3本と買ってしまうので意味がない。休日は休日で、休みだから買っても良いと考えて酒を買ってしまった。その結果が、この酒代である。そのため、今月で酒はやめる、酒以外を買う、と決めることになる。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

麦酒の家の冒険

 今日は淡麗生(500ml)を飲んだけど、この時間になると酔いが覚めてくる。これまでは追加して買いに行っていたのだが、それはもうやめよう。2本飲むのは今日だけ、などという例外を作ると切りがない。ここはもう、1本のみを守らなければ。気持ちを落ち着かせるためなら、牛乳を常備して、温めて飲んだ方が良い。

 酒は1本のみ。できれば350ml。いっぽんぽん。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

「解ってるよ」のただ一言が きっと僕は欲しかっただけ

 小説書きをだらだら4時間続けるよりも、2時間集中して書いた方が良いと決めたのと同様、週に1度のブログ書きも、だらだら90分書くのではなく、箇条日記を45分、固定記事、個別記事を残りの45分で書くことに決めた。こうでもしなければ、書きたい記事がいつまで経っても書けやしない。

 今週は毎日更新している。これは最初、同じ記事を何度も書くという、5年前に書いたパタンを踏襲した、本ブログを古くから読んでいる方が、そういえば、前に似たような記事があったな、と思う読者限定の試みがあった。残金が減ってしまい、予定通りにはいかなくなったけど。財布の残りが150円という状況で、110円のチューハイを自販機で買い、翌日、残金が家賃ぎりぎりの口座から酒代を引き出したため、財布の残りが10円になってしまった。40円も10円も変わらないだろうと思うものの、嘘を書くことはできないので、同じような日記が数日続くことになった。1行日記が理想ではあるけれど、それをやりたければ、ツイッタでやれという話である。週払いの給料が金曜に入ったので、最低限の食費は引き出してきた。文無し生活の終わり。

 職場の作業服を冬服に替えた。正確に言うと、11月初めに冬服を着ているのだが、寒さが厳しいのはこの日だけだったので、翌日以降、夏服に戻したのだ。今週は、一時期の寒さではなく、しばらくは寒い時期が続くようなので、これを区切りに冬服に替えた次第。11月の初め、8カ月振りに長袖作業服に半袖下着を着て仕事をしたことによって、両腕のかぶれが原因が解った。4月16日に、ある程度の検討をつけていて、それを「傷物語(終)」というタイトルで公開するつもりでいたけれど、真相を知ってしまった以上、それを書かないわけにはいかない。第2の解釈に最終解答を加えて公開することに。近いうちに書けるはず。

 なんだかんだで今の仕事を続けて11カ月。前の仕事をわずか1日で辞めているので──当時のことは、「ハケンアニメ(終)」というタイトルで書くつもりでいるけれど──ここまで続けられたことには感慨深いものがある。仕事を続けているということよりも、この時期に仕事を続けているという意味で。去年も一昨年も、その一昨年も、秋から冬に掛けて、僕は仕事をしていない。年越し無職を3回も経験しているのだ。そんな状況を望んでいるわけではない。2年振りの3年振りの年明け有職を迎えられそうなので、あと1カ月頑張りましょう。

 ブログランキングサイトに再び参加することにした。ブログのデザインやレイアウトを崩すという理由でやめたけど、デザインやレイアウト次第でどうにでもなる。ランキングバナーをクリックしてくれる人がいない、という理由の方が大きい。ランキングバナーは、これまでサイドバーにしか表示していなかった。記事の下に表示することによって、ランキング参加に気づいてくれる人がいるかもしれない、そう考えて、再びランキングに参加することにした。押せと言っているのではない。押してくれると嬉しい、と言っているのだ。

 管理会社への問い合わせメール、2週間経っても返事が来ない。電話でなければ受け付けません、という会社かもしれない。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

最終解答

 酒は1本のみ。できれば350ml。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

掛け値なし

 まったく(以下自制)。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

掛け値なし10円

 まったく、財布の中に10円しか入っていない社会人は僕くらいのものだぜ。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

掛け値なし40円

 まったく、財布の中に40円しか入っていない社会人は僕くらいのものだぜ。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

一人で遊べる人は寂しいとは感じない。

 久し振りの祝日休みなので、いつもと違って1日読書に使うとか、録画番組を減らすとか、ブログを書き続けるとか考えもしたけれど、結局のところ、いつもの休日通りに過ごすのがもっとも無駄が少ないので、いつも通りに過ごした。今のところ、僕がやりたいことは、執筆、読書、HDD減らしなので、時間配分が変わるだけである。予定表は完璧なので、その通りに過ごすのがベスト。ただ、都合良くいかないのは、酒飲みばたんきゅが原因で。酒は1本のみ、と決めたことにより、500mlしか残っていなかった、キリン氷結ストロングイタリアングレープを買えたわけだが。以降も、500mlを買う必要はなくて。酒を飲んでもばたんきゅしないことが前提。あとは、だらだらするよりきっぱりと切り上げること。11月12月1月は短期集中で、執筆、読書、HDD減らしと考えて、執筆時間を増やしたのだけれど。だらだら4時間書くより、集中して2時間書こうと。ブログも同じ。空いた時間にちょこっと書くのではなく、週に1度の90分に集中して。今書いているこの記事は、読書の時間を削って書いている。このようなパタン外の行動はやめたい。とりあえず、財布に入っているのが150円。口座の残りは週末に引き落とされる家賃ぎりぎり。明らかに綱渡りなんだけど、妹とは会ってきたので、以降は節約して貯金をしていくだけ。そのためにも、いっぽんぽんを守るように。幸いなのは、給料天引きで昼食が食べられること。金がなくても食事ができる、これは大きい。今週は仕事が4日だけなので、夕食は残っているインスタントラーメンとタッパ詰めの冷凍ごはんでどうにかなる。万が一、ここ数日で金が必要な状況になった場合、家賃の支払いを遅らせて、口座から引き出せば良い。ぎりぎりならぎりぎりで、いくらでもやりようはある。どうでも良いことだけど。恋人がいればリア充と考える人がいて、それは個人の自由なので、僕も勝手に定義させてもらうけど。両親と仲直りして、昔のように一緒に暮らせるようになれば、それが僕にとってのリア充である。問題は、両親が亡くなる前に、僕が覚悟を決められるかどうか。いつもは内容を整理してブログを書くけれど、今日は書くつもりもなかったし、たまにはこのようなごちゃ混ぜでも、という感じ。まあ、翌日読み直して、余りにもひどいな、と思ったら、この記事は消してしまうだろうけど。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

しゅきしゅきだいしゅき!!

 明日は予約が取れたので妹に会いに行ってくる。例の服はこの日のために買ったのだ。とはいえ、写真を載せるのには少なからず抵抗があった。えろげやえろDVDは仕方ないと思っても、これは引く人がいるかもしれない、数少ないリピータがいなくなるかもしれない。それでも載せたのは、無職太郎さんの影響が大きい。ひとり暮らしで大切なことはすべて無職太郎さんが教えてくれた、と言っても過言ではない。その無職太郎さんのブログは、ある日を境に、嫁の話と写真ばかりになってしまうのだ。嫁とは、「LOVE BODY aki」という、ダッチワイフのことである。尊敬する無職太郎さんがダッチワイフの写真を載せているのだ、妹に着せる服くらい恥ずかしがることもないだろう。まあ、それは冗談として。
 無職太郎さんのブログにはプラスのことしか書かれていない。正社員の経歴がなく、非正規雇用を続けている僕と同じような肩書きなんだけど、卑屈にならないし不満を言わない。実際は、腹立つことや苛立つこともあっただろうに、そのようなことはブログに一切書かない。どこを読んでもプラスの記事なのだ。僕が目指している理想のブログである。ブログにマイナスのことを書かない方が良い、と僕が気づいたのはほんの最近なのだけど、無職太郎さんは6年以上も前から試されていたのだ。まったく僕は気がつくのが遅過ぎる。とはいえ、気づいた以上は実践できる。記事を書いていないから解りにくいけど、意識したのは10月14日から。そのうち個別記事で書くよ。そんなわけで、「しあわせスパイラル」始めてました。

 酒は1本のみを徹底する。平日に記事を上げたのは、この日に考えて実行したことを示したかったからである。10月末に酒はもうやめようと考えたのに、11月に入って350mlと飲みきりサイズだけにしようと考えを変えてしまった。数日前の記事では、酒は350mlのみ。2本まで。他は飲み切りサイズのみ、と書いている。酒は350mlという決まりは守れていたのだが、350mlだからと数本買ってしまうことがあった。これでは500mlをやめた意味がない。また、飲みたい酒が500mしか残ってない場合、別の酒の350mlで代用することになる。飲みたい酒が売っているのに、決まりを守るために買えなくなってしまうのだ。かといって、500mに戻して数本買ってしまうのは不味い。泥沼になる。
 どうしたものかと考えていたところ、1本だけにすれば良いのでは、と気づいた。酒をやめるとか、やめられないので350mlだけにするとか、平日不可とか休日のみとか、酒飲み対策はいくらも考えてきたけれど、その日に飲むのは1本だけ、というのは考えたことがなかった。どうせ飲むなら、2本、3本とか、少しでも安くて量の多いロング缶を、みたいな貧乏性が染みついていたからだろう。酒は1本のみ。容量、種類関係なく。買うのは当日分だけ。これなら、平日にどうしても飲みたくなったときとか、期間限定チューハイが500mlしか残っていないとき、度数の高いチューハイは500mlしか売っていない最寄りスーパにも対応できる。おそらくはこれが、酒飲みに対する最終解答。あとは、意志を継続できるかどうか。

 先週の日曜、管理会社にメールを送ったのだが、1週間経っても返事がない。これはつまり、メールでの問い合わせは諦めた方が良い、ということである。幸い、洗濯機は一時的な不具合で動かなかっただけで、今は普通に動いている。また、万一のために自宅近くのコインランドリーを2軒確かめてきた。洗濯機の対策は万全。ただ、別の件で不備があったときに、連絡が取れないのは困る。電話しか受け付けないというのであれば、定時上がりの日に、職場近くの公衆電話から掛けるのが妥当か。そのときに、平日の受付時間に電話を掛けるのが難しいので、連絡はメールでお願いします、と頼むしかない。というか、電話でもメールでも、問い合わせる内容は同じなんだが。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

いっぽんぽん

 酒は1本のみ。容量、種類関係なく。買うのは当日分だけ。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

ないしょのないしょ!

 体操服と水着と靴下を買った。

続きを読む


親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

洗濯機が壊れた

 僕が大阪に越してきてから使っているので、最低でも10年、前の住人も使っていただろうから、それ以上の年数を使っているのだ。普通に使って壊れたのなら、管理会社の方で修理、あるいは、交換してくれるはず。東京時代は部屋にテレビも洗濯機も風呂もない生活をしていたので、共同のコインランドリーを使うことに抵抗はない。問題は、管理会社といつ連絡が取れるかということで。
 大抵の会社はそうなんだけど、電話の受付時間は平日の9時から17時まで、残業でなく、定時上がりでも掛けることができない。前に、ユニットバスの換気扇が壊れて、交換してもらったことがあったけど、当時はおそらく本屋勤めで、平日に連絡をして、平日に交換してもらうことができたのだ。土日が休みだと、こういうときに面倒になる。暮らし始めた当初は、24時間いつでもトラブルに対応するサービスがあったのだが、管理会社が変わったことにより、このサービスはなくなってしまった。以降も、同じ部屋に、土日が休みの管理会社のアパートに住んでいるので、これは仕方がない。
 ただ、現在では、どこの会社もサイトやメールアドレスを持っている。メールの連絡であれば、平日も休日も時間もまったく関係がない。メールでやり取りができれば、この日ならいるので、見に来てください、と頼むことができる。そんなわけで、電話を掛けてやはり留守番電話に変わったのを確かめてから、メールで連絡をしておいた。杓子定規ではなく、臨機応変なメール対応をしてくれますように。

 追加。という記事を書いたのは、今朝、洗濯をしようとしたら、洗濯機が回らなかったからである。素人ができることを試して、やはり動かなかったので、管理会社にメールを送った。そのあとで、最後にもう1度試したら、洗濯機がこれまでと同じように動いた。なんてこと。このまま普通に使えるなら、この記事は要らないような。というか、今日公開する記事は別にあったんだよ。どうしようかね。それよりも、購入から3年を越えたノートパソコンが怪しい。バックライトが突然消える不具合が何度か起きている。パソコンを頼むのにAmazonを利用するだろうから、パソコンが壊れてからでは注文ができない。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。

人生は思い通りにしかならない

 先週は箇条日記が書けなかったんだけど、その理由とか、書こうとして書けなかったことを書くのはやめておこう。ブログの時間を短くする、という理由が箇条日記にはあるのだ。どうしても書きたい内容であれば、どれだけ遅くなっても書くだろうし。先週の報告としては、メイド専門店に行ってきた、亜鉛サプリを飲むようになった、ということくらい。メイドに興味はないのだけれど、少なからず気になっていたので、1度行ってみた。それなりに収穫があって、今後のソープの展開が変わった。亜鉛はアレが元気になるみたい。詳しく調べたら、鬱の予防にもなるようで。僕は自分を病気だと思ったことはないのだが、鬱々なことを考えて、落ち込むことが多いのは否めない。それが少しでも改善できるのなら、プラセボでも良いやと思って買った次第。鬱に対しての効果は解らないけど、アレに対しては効果があった。メイド専門店は無料のコスプレがあって。メイドで1回、ナースで1回、女子高生で1回。80分で3回という新記録を達成した。高級店以外は90分以下で良い。

 今週は既に公開しているけれど、郵便局から貸付金の返済期限が2カ月後だという通知が届いた。メイド専門店から2日後のことである。もし通知が先に届いていたら、メイドをやめていたかもしれない。危ないところだった。郵便局の利子は低いから問題はないと考えていたけれど、借りた金をいつ返すのか、ということを考えていなかった。というか、勝手に口座がマイナスになっていたのだ。貸付年月日が2014年1月27日。おそらく、家賃を引き落とす残高が残っていなかったのだろう。この日から僕の郵便口座がマイナスになった。思い出すまでもないけれど、2014年は5カ月しか働いていない。無職期間は7カ月である。ということは、ひと月の生活費を7万円として、掛ける7カ月で49万円。ほぼぴたり。僕は無職で50万円を食い潰していたのだ。だからといって、僕の生活が変わることはない。これまで通りの仕事を続けるだけである。来年の1月末に、担保としていた定額貯金の50万円がなくなる。それと同時に、僕の口座がマイナスからプラスに変わるのだ。実に2年振りである。今後はマイナスにできないので、最低限の目安として、ふた月分の生活費を用意する。ひと月10万円と考えて、20万円が最低ライン。趣味にお金を使うのは、それ以上の金額が貯まったあとで。その辺りを決めてから母親に電話を掛けた。郵便局からの貸し付けといっても、担保は両親が用意してくれた貯金である。定額貯金がなくなる、という報告はしなければいけない。何のための貯金だったのかを訊いてみたら、それは僕の結婚資金だったようで。が結婚したときに、両親がお祝いとして、要するに新婚生活の足しとしてだろうけど、50万円を送ったという。兄弟全員にあげなくてはいけないと考え、結婚するのかしないのか解らない僕に対しても、用意してくれていたらしい。つまり、結婚資金50万円を、僕は無職で食い潰していたのだ。

 これはまったくの偶然なのだけど。数年振りに『めだかボックス』の続きを買ったら、「マイナス編」が載っていて驚いた。そんなわけで、11月7日の記事タイトルは、球磨川禊の科白です。『幸せな奴だからそんな悟ったみたいな常套句を言えるんだよ』『少なくとも過負荷は』『プラスがあったからってマイナスが帳消しだなんて思えたことはない――』

 先週は箇条日記を書けなくて報告できなかったけれど、今週は3月9月と同じ5.5連勤だった。来週は珍しく祝日が休みなので3連休。このどれかで、妹に会いに行こうと思う。妹とえろえろなことをするのだ(実際の妹ではない)。本来なら、年末に高級店に行く予定だったけど、さすがにそれは控えなければいけない。高級店は、2カ月分の生活費ストックを貯めてから。えろえろなことはえろえろなことなりに、生きる希望になっているのだ。まあ、妹のためでも、NNのためでも、ソープのためでも、なんのためでも良いけれど。節約と貯金。酒を控える。やめることができないのなら、やめることは諦めて、最低限の決まりを守れるよう。酒は350mlのみ。2本まで。他は飲み切りサイズのみ。そんなわけで、妹とのセックスを目指して、来週の仕事を頑張りましょう。うし、行くぜ。
親しさによって変化するものではない、ということが好ましい。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析
制御用ソース