今月のおすすめ

不良妻権 (文春文庫)不良妻権 (文春文庫)
土屋 賢二

文藝春秋 2015-09-02
売り上げランキング : 38000

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 そんなわけで。今月のおすすめは土屋賢二の『不良妻権』。
 土屋先生のエッセイなら、どの作品でも面白いけど、先生の最新作にして、僕が今年最初に読んだ本である。どこかで書いたような気がするけれど、僕が書く冗談には、土屋賢二、椎名誠、森博嗣の影響を受けたものが多い(受けていないものも多い)。僕のブログを読む時間があるのなら、土屋先生のエッセイを読んだ方が良い。面白くてためになる。『週刊文春』が最近話題になっているのは、土屋先生がエッセイを連載しているからに違いない。
大食いは地球環境を破壊している、といっても過言ではない。

二度とお金を借りられない

 先週、箇条日記を書けなかったので、今週は書く内容が多くなってしまった。大きく分けると、生活のこと、仕事のこと、ブログのこと。端的に簡潔に、伝えたいことを伝えられるように始めた箇条日記なので、このようなときに真価が試されるわけである。長くならないように書けるかどうか。

 生活のこと。
 損害保険の満期と継続のお知らせが届いた。4月1日に満期になるので、継続するなら3月末までに保険料を支払うようにと。3月までに地元へ帰ると決めているのなら必要ないけれど、いつ帰るかがはっきりしていないので、手続きはしておかなければ。地震や火災の被害には、気をつけていたところで遭うときは遭うわけだし。2年で12300円。ひと月当たり513円。そう考えれば安い。 
 2年振りに郵便口座がマイナスからプラスになった。借金を返したわけではなく、担保金が持っていかれただけだが。いい加減貯金を増やさないと、いい加減死んでしまう。同情するなら金をくれッ!!
 母親と電話で話していたときに指摘されたのだが。マイナンバカードを大阪で作る必要はないのではないかと。静岡に引っ越したら、住所変更の手続きをしなければいけないので、引っ越したあとで作れば良いと。それは道理なんだけど、マイナンバカードは、地元へ帰るきっかけにしようと考えていたのだ。まあ、作らないでも引っ越せるのなら、作るのは引っ越したあとでも良い。
 2007年から書き続けているだらだらぐたぐたとした小説を、ようやく13分の8まで書き終える。土日だけでも書き続けていれば、着実に終わりに近づくはず。原稿用紙換算で、2500枚を超えているわけだが。

 仕事のこと。
 作業場所が変わるはずだったけど、変わることなく仕事をしている。新しい仕事が始まる日、別場所に行ったら、今は忙しくないから手伝いは要らない、というようなことを言われたのだ。上から連絡は行っているはずなんだが。別場所の担当は年配の方なので、これまでの体制を崩すのが面倒なのかもしれない。図らずも、忙しいときにヘルプに行けば良い、という僕の希望が叶ったわけである。とはいえ、別場所の派遣の子が、僕のいる作業場を手伝いに来るのは予定通り。これは、僕がいる作業場の方が忙しいからである。人数が増えて、少しは楽になったと思った途端。その派遣の子が来なくなってしまった。最初の数日は連絡しての欠勤だったけど、今週は連絡なしで欠勤しているという。なんだそれは。無断欠勤をして、土日の休みを挟むのはつらい。来週も来なければ、もう辞めてしまうかもしれない。
 今年の冬は暖かいので、長袖下着と長袖作業服で大丈夫そうだ、と思ったのも束の間、翌週に長袖シャツ、その翌週にヒートテックもどき(安物)を着ることになる。現在の仕事着は、長袖下着、ヒートテックもどき、長袖シャツ、長袖作業服(冬服)に、ボクサパンツ、作業ズボン(冬服)である。工場の暖房はまだ入っていない。
 
 ブログのこと。
 「今日の食事」カテゴリを作ってから、料理ブログのようになっているけれど、あれを料理と言ったら、料理ブログを作っている方たちに申し訳が立たない。今後も、料理ブログにするつもりはないまじろ。
 「私小説風」というカテゴリを作った。これまでに書いた「傷物語」「ハケンアニメ」を登録している。これから書く「傷物語」「ハケンアニメ」の続きも登録する予定。「多生の縁」との違いは、小説風に書かれているか書かれていないか。名前通りである。今のところ、「多生の縁」は人間関係、「私小説風」は仕事関係の内容になっているのだが、ロッカのおっさんのような、仕事に於ける人間関係もあるので、一概にどちらのカテゴリとは言えない内容も出てくるかもしれない。迷ったけれど、僕が学生時代に作ったサークル、「CCC」の記事は「多生の縁」に加えた。
 「今月のおすすめ」というカテゴリを作ることにした。正確には、かつて書いていた「読了」カテゴリの縮小版である。「読了」カテゴリでは、読んだ本のタイトルをすべて上げ、その中から数冊を紹介していたのだが、面倒になってやめてしまった。とりあえず1冊、その月に読んだ本の中から、面白かった本、お薦めの本を1冊だけ紹介することにする。これで続かなければ、僕には感想を書く才能がないと諦めよう。
 「視聴番組一覧」を「視聴映画一覧」に変えるはずだったけど、それを変更して新規録画だけにしようと思う。録画番組が多いので書くのに時間が掛かるという理由もあるけれど、同じタイトルを何度も書く、つまり、新規、継続、終了と、長く続く番組は、3回以上も同じタイトルを書いていたことに(コピー&ペーストだけど)今更ながら気づいたのだ。アニメもドラマも映画も、見たときの1回だけ書けば良い。ブログを検索すれば、見たか見ていないのかの判断はできる。とりあえず、しばらくはこの形で。それでも時間が掛かり過ぎるというのであれば、アニメやドラマは切り捨てて、映画番組のみを載せるしかない。
 固定記事はすべて月末に書く。電気代が解るのが10日前後、給湯料金が解るのが20日前後だったので、明細が届いたタイミングで書いていたけれど、これらの記事はもう書かないので、時期をずらす必要がない。「食費」「豪遊」は月単位の区切りなので、必然、月末にならなければ書けないし、視聴番組の偶数月ゾロ目公開に意味はない。すべてを月末にすれば、週に1度のブログ書きは、箇条日記45分、個別記事45分が基本になる。月末のみ、箇条日記45分、固定記事と個別記事を合わせて45分になる。これなら、何を書くのか迷わない。時間が来たら、がつがつ書いていけば良い。
 今後の固定記事は。1カ月に1度の「食費」「おすすめ」、2カ月に1度の「視聴番組」、3カ月に1度の「豪遊」、不定期更新の「LPLF」「今日の食事」に。

 途中で飽きるかと思ったけれど、どうにか書けた。あとは、パタン通りに過ごす。酒1本の決まりを守る。
大食いは地球環境を破壊している、といっても過言ではない。

のり塩ばかりの日

 2016011819100003.jpg

 ポテチ。
 ポテチ。

 ローソンストアで買える、固めのポテチ、別メーカのポテチを試してみたけれど。どれもいまいち。のり塩ポテチの最高峰はコイケヤに決定。
大食いは地球環境を破壊している、といっても過言ではない。

ビールにのり塩

2016011218310003.jpg

 ビール。
 のり塩。

 ビールにポテチののり塩が合う、という情報を知って試してみた(買ったのは淡麗生だけど)。酒のつまみは安いもの、柿ピー、チーズ、ドライソー、いかくん辺りが定番で。ポテチは、うす塩、コンソメ、のり塩を順番に買っていて、どの味が酒に合うかなど気にしていなかったけど。改めて試してみると、確かにこれは、つまみとして合う。カルビーよりも、コイケヤの方が少し固く、ビールにはコイケヤポテチ(のり塩)がぴったり。
大食いは地球環境を破壊している、といっても過言ではない。

スープその1

2016012417440000.jpg

 鶏がら玉子スープ。

 タマネギかキャベツで作りたかったけど、野菜を切らしていたから玉子で代用した。玉子だけでも充分にうまい。寒い日なら尚更。
大食いは地球環境を破壊している、といっても過言ではない。

うどんレベル1

2016012019390000.jpg

 かけうどん。

 作り方はそばと同じ。めんつゆを買うより、自分でつゆを作る方が安い。というか、市販のめんつゆの分量が解らない。水400ccに対して、3倍濃縮のめんつゆをどれくらい入れれば良いのか、と考える時間がもったいない。
大食いは地球環境を破壊している、といっても過言ではない。

そばレベル1

2016011919130000.jpg

 かけそば。

 水400cc、だしの素小さじ1、しょうゆ大さじ1、みりん大さじ1。これが、かけそば、かけうどんのつゆの分量。だしは、かつお、いりこ、昆布を順番に使っている。

 参考までに。かけそば、かけうどんの他に、鍋も煮物も、しょうゆ大さじ1で良い。しょうゆ大さじ2は、麻婆豆腐や丼の具材を煮込むとき。
大食いは地球環境を破壊している、といっても過言ではない。

生きることがつらいとか 苦しいだとかいう前に

 今年以降の目標。最終決定。

 酒は飲み切り1本のみ(平日休日関係なく)。
 体調維持。腹八分目。
 平日買物不可。節約、貯金。
 パタン通りに過ごす(執筆、読書、HDD)。

 週に1度のブログ書き、読了後の感想書き。
 
 2時間で8枚の執筆パタンを続ける。
 週に16枚でも、月に64枚。半年続ければ384枚(長編1冊分)になる。
大食いは地球環境を破壊している、といっても過言ではない。

その声を覚えてる

 いつも通りの休日パタン。執筆、掃除、洗濯を終えて買い物へ出掛けたのだけど。かつての同僚を見つけて動揺してしまう。これまで、書こうとして書いていなかったけど、湾岸倉庫からの採用連絡をもらい、その上で別の会社への面接に行った日、帰りに寄った本屋で、かつての同僚とばったり会ったのだ。会ったというか、その店で働いていたわけだが。
 この子はオオアリクイの書店の後輩で、僕よりも年下だったから、もしかして○○さん、と気軽に訊ねることができたのだ。オオアリクイの書店が閉店して以降、というか、働いているときでも、僕は同僚と連絡を取ることがなかったので、というか、連絡先を知らなかったので、このとき、かつての同僚たちがどこの店で働いているかを知ったのだ。
 本屋で働いている人は、辞めたあとも、別の本屋で働く傾向があるみたい。僕自身、みなみの書店で働いていたわけだし。蛇足だけれど。みなみの書店が去年の1月に閉店していたことを最近知った。解りにくいけど、あえて解りにくく書いているのだが、オオアリクイの書店とみなみの書店に関係はない。このブログを書き始めたときに働いていたのが、みなみの書店で、まったく別の人間関係である。
 後輩情報により、僕が本を買いに行くとき、この店にはかつての同僚がいる、この店にはいない、という情報を知ったのだ。そう都合良く会うことはないのだが、ここは誰々が働いている店だな、と思ってその当人と会ったときは、それほど驚くことはない。まったく予備知識のない状況で、予想していない人を見つけたので、これは一体どういうことだ、と動揺してしまったのだ。考えてみれば、オオアリクイの書店の同僚と最後に会ったのが4年以上前だから、その店に別の同僚が勤めていたとしても不思議はないんだよな。僕自身、仕事を辞めて、新しく勤めて、をくり返しているわけだし。
 その店に行ったとき、かつての同僚何人かが勤めているのは知っていたから、久し振りに会うかもしれないな、と思ってはいたけれど、予想もしていない人に会うことになろうとは。正確には、会ってはいない。姿を見てもいない。僕が本を探しているとき、本棚の向こう側から、店員がPHSで別の店員に問い合わせをしている内容が聞こえた。大型の書店だと、トランシーバモードで連絡を取り合う。インカムみたいなものである。
 ××です、と名乗ってから問い合わせを始めて。あの人と同じ名前だな、と思ったのだが、同じ名字の人はいくらでもいるだろう、と最初は気にしていなかった。本を探したあとで、気がついた。かつての同僚が何人か働いている店で、更に知っている名前を聞くって、明らかに僕の知っている同僚ではないのか。そういえば、声も話し方も良く似ている。そう思って、すぐさまレジへ行き、会計を終えて、その店をあとにした。
 逃げるように店を出てしまったのは、その同僚に対して、余り良い思い出が残っていないからである。年齢は僕と変わらない女の子で、最初は仲良くしていたのだが、店が閉店するころには、すっかり仲が悪くなってしまった。どちらが悪いというわけではないのだけれど、ふたりとも真面目な性格だったので、許せないことは許せなかったのだ。自分の考えを曲げてまでも、仲良くするとはないだろう、そのように考えていたころである。
 最後に会ってから7年以上が経って、当時のことを蒸し返すつもりもないし、思い出す必要もないのに。不意打ちだったこともあるけれど、僕はその場から逃げ出してしまった。お久し振りです、と挨拶をすれば良いだけだったのに。かつての同僚に、挨拶もできないへたれだったとは。
 その店が、買い物の最後だったのが幸いだった。宮本むなしに寄ってがつがつ食べて。帰ってから最寄りスーパで、来週の食料、食材と一緒に、酒とつまみを買って。HDD減らしも、ブログ書きもしないので、飲み食いをして、自分のへたれ振りに落ち込んでいたのだ。何をやっているのか、俺は。
 最終的に出した結論は。次に会ったら挨拶をしろ。頻繁に行く店ではなく、他の店に在庫のない本や、出版から年数の経っている本を探すときにしか行かないし、行ったとしても必ず会うわけではない。嫌われているかもしれない、と僕が思い込んでいるだけなのだ。実際に嫌われているのなら、それはそれで仕方がないけれど。次に会ったときは、挨拶くらいしておけ。それができなければ、僕はこの7年、ずっとへたれたままだった、ということではないか。
 
 ただ、この人に限らないけど、苦手な相手、嫌いな相手でも、近づくように努力しなければ、という強迫観念があるのだ。一方的に無視するのはフェアじゃない、みたいな。この人はべつにマイナスではないけれど、関わることによって、僕自身がマイナスに考えてしまうのであれば、近づかない方が良い気がするんだよ。知り合いすべてと仲良くなれる、などと思ってはいないし、そこまで社交的な性格でないのは充分に解っている。嫌う理由がないのだから、嫌うことができないのだ。ちょっと苦手というだけで。自分の幸せだけを求めるのも、案外、難しいのかもしれない。

 まさかここへ来て、「INCIPIT TRAGOEDIA」の内容に触れることになろうとは。とんでもなく自虐的で、陰鬱さを炸裂させているブログを、まったくアクセスがないというのに、3年近く続けていたのだ。当時は、縋るものが他になかったのだろう。あるいは、あっても気がつかなかったのか。このような過程を経たからこその「しあわせスパイラル」である。マイナスだけのブログはもう書きたくない。
 最終的なサイトは、このブログになるので、他を読む必要はない。マイナスのブログを読んでくれとは言わない。紹介していないブログやサイトが他にもあるけれど、それらはまた機会があれば。まあ、どのサイトでも同じような文章の書き方をしているので、解る人にはすぐに解るかもしれない。サイトによって、性格や趣味が変わるわけではないし。
大食いは地球環境を破壊している、といっても過言ではない。

カレーと味噌汁

2016011920370002.jpg

 カレー。
 味噌汁。

 商品名は、野菜がゴロゴロカレーたっぷり大盛り、あさげ。神戸物産の大人の大盛りカレー、大人のカレーは、具材が液体になっていてスープカレーさながらなのだが、野菜がゴロゴロカレーは、名前の通り、野菜がゴロゴロと入っている。5袋377円(税別)なので、神戸物産の業務用スーパーを利用できる人にお薦め。
大食いは地球環境を破壊している、といっても過言ではない。

麻婆豆腐その1

2016011723130000.jpg

 白菜麻婆豆腐。

 解りにくいけど、白菜が入っている。大根、白菜、豆腐の定番鍋の材料の残り、白菜と豆腐を使用。ちなみに、麻婆豆腐の素は使わない。しょうゆ大さじ2、砂糖大さじ1、鶏がらスープの素大さじ1、豆板醤大さじ1、片栗粉少し、水100ccかそれ以上。
 材料に合わせて、水の量を変えるので、それに合わせて片栗粉の量も変える。どれくらいのとろみ加減が好きなのかにもよる。また、僕は辛いのが好きなので、豆板醤大さじ1がデフォルト。鶏がらスープの素は、中華だしでも代用可。味は変わるけど。麻婆豆腐の素をよりうまい。そういえば、挽肉を入れた麻婆豆腐を作ったことはないな。
大食いは地球環境を破壊している、といっても過言ではない。

パスタとタマネギその1

2016011400180002.jpg

 スパゲティナポリタン。

 僕はスパゲティにタマネギを半分使うので、ナポリタンとショー油マヨを続けて作ることが多い。トマト缶を煮詰めて、トマトソースを作っていたこともあったけど、時間が掛かるのでやめた。トマトソースやミートソースはレトルトに任せている。
大食いは地球環境を破壊している、といっても過言ではない。

おれたちは無敵だ!

2016011220520003.jpg

「タマネギとカツオブシ。それにキャベツがあればおれたちは無敵だ!」
(銀座のカラス 上巻/椎名誠)
 
 これがブログに何度も書いている、タマネギキャベツカツオブシ炒めだ。「キャベツとタマネギをフライパンで炒め、カツオブシをばらまいて最後にショー油を見事に美しく蚊取り線香形にふりかける」と「これほどうまいものはない、というようなおかずに」なるのだ。このまま食べてもうまいけど、ごはんに載せて梅干しを添える、タマネギキャベツカツオブシ炒めごはんがお薦め。この料理を試して以降、タマネギがとんでもなく好きになり、肉がなくてもうまいものはうまい、と思えるようになったのだ。
大食いは地球環境を破壊している、といっても過言ではない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析