久し振りのおすすめ

コンビニ人間コンビニ人間
村田 沙耶香

文藝春秋 2016-07-27
売り上げランキング : 8

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今月のおすすめは村田沙耶香の『コンビニ人間』。
 「皆、変なものには土足で踏み入って、その原因を解明する権利があると思っている」とか、「普通の人間っていうのはね、普通じゃない人間を裁判するのが趣味なんですよ」とか、なんとなく解る気がする。解ったら良くないのだが、なんとなく解ってしまう。まあ、僕が普通じゃないということか。
「やらなければならない」は、「やれば良い」ではない。

昼食代が40円上がる

 なんてことだ、派遣はやはり搾取されるのか、と思ったんだけど違った。昼食代そのものが上がるので、社員も派遣も関係ない。食堂利用者すべてに対する値上がりである。それはそれで安心したものの、1食40円の値上がりはきつい。ひと月で900円近い。かといって、昼食を食べないわけにもいかない。
 まったく、時給が上がったあとで助かった。時給が20円上がって給料が約4000円増える。昼食代が40円上がって給料が約900円減る。とりあえずは、約3000円のプラス。時給が上がらなければ、給料が減るだけである。この場合、時給が上がらないのに、昼食代が上がるのかよ。けっ、とやさぐれていたかもしれない。
「やらなければならない」は、「やれば良い」ではない。

NHKがいただきます

2016111818430000.jpg

 引き落としできなかった受信料を、勝手に引き落としてくれるNHK。借金取りみたいだな。至れり尽くせりなんだが。
「やらなければならない」は、「やれば良い」ではない。

同じ高み

 毎年6月と11月は、決まってあの子のことを思い出していたのだが、いつの間にか7月になっていた。6月はしんどい仕事が続いていたので、思い出す暇もなかったのかと思ったけれど、その状況が続いたのは精々10日ほどである。むしろ、落ち着いたことにより思い出してもおかしくはない。
 それがなかったということは、おそらく納得できたのだろう。当時の大学生、つまり、今の30代にとって、自殺は特別な死因ではない。あの子がどうして死んだのか、なんて考えるのは意味がない。大学生がスマホを持ち、「ポケモンGO」をやっていたところで、誰がそれを不思議に思うのか。あの子が普通に死んだなら、僕は普通に生きるだけ。それだけのことじゃないか。
「やらなければならない」は、「やれば良い」ではない。

腹八分目インタビュー

 そんなわけで今日は、自分限定俺ルールトーナメントで優勝した、腹八分目にインタビューしてみよう。って、もういいか。擬人化はやめよう。
 
 飲み食いを控えることで、体調維持や節約生活に繋がるわけだが、重要なのは体調維持の方である。例えば、通勤電車で迷惑客に会ったとき、体調が良ければ、こういう人はどこにでもいるからな、と適当に流すことができる。あるいは、仕事でいつもより大変な作業を任されたとき、まあ仕事なんだから仕方がない、と受け入れることができる。
 体調が悪いと、そう上手くはいかない。こっちは二日酔いでしんどいんだよ、飲み過ぎてつらいんだよ、こんなときに迷惑を掛けるなよとか、こういう日は定時で上がらせてくれよと考えてしまう。体調不良は自分が原因だというのに。そんな状態で迷惑客に会ったら、お前の頭にリバースしてやるからな、などと思いかねない。迷惑客や仕事内容に限らず、あらゆることがマイナス感情に繋がってしまうのだ。
 それを避けるためにも、腹八分目を前提とした生活をしよう。しあわせスパイラルを目指すため、少しでもマイナスに繋がることは避けたい。ただ、体調が良いからといって、プラスに考えられるかどうかは疑問だけれど。プラスになれなくても、ゼロになれれば良いと僕は考えているからな。まずは、マイナスから離れて、プラスマイナスゼロに近づけるように。

 「腹八分目」
 「節約生活」
 パタン通りに過ごすこと。

 この辺りが、最低限の生活目標になるかと。
「やらなければならない」は、「やれば良い」ではない。

あたしはこんなに好きなのに!

 11月は好きなブログを告白する月らしいので、僕も便乗してみよう。
 と思ったけれど、僕が定期的に読んでいるブログは、リンクしている「この世の全てはこともなし」と「旅の道 第三停留所」だけだった。不定期に読んでいるブログが少しだけ。ワーキングプア日記の上位何人かは、全員が同じ人じゃないのかと思うくらいに内容が似ている。そんな画一的なブログを読むのは時間の無駄にしかならない。
 読んでいたブログはそれなりにあったけど、そのほとんどは更新がなくなり、あるいは削除されてしまった。好きなアーティストやクリエイタのブログでさえ読まないのだから、いわんや一般の人に於いてをや。作品には興味があっても、アーティストやクリエイタ本人には興味が持てない。小説やCDやゲーム等の発売日を知りたければ、メーカのサイトを調べれば良い。
 FC2ブログだと、訪問者リストに履歴が残るので、とりあえず1度は見に行く(ほとんどは1度しか見ない)。僕は最初から残さない設定にしているので、履歴から僕のブログへ辿り着くことはできない。それと、ブログ村に参加しているけれど、登録したカテゴリは、必ずしも読みたいカテゴリではない。同じカテゴリの方にはごめんなさい。
 今後、新しいブログを読む可能性は低いけど、まったくないとは言えない。可能性として高いのは、更新の止まっていたブログが再開された場合。これは、「素人の俺が必死にごはんを作ってみた」のことを言っているわけだが。とりあえず、これまでブログを読むのに使っていた時間が、小説を読む時間に変わったというだけである。
「やらなければならない」は、「やれば良い」ではない。

麦茶の季節は終わり、烏龍茶の季節が始まる

 職場へ持っていく飲み物を、麦茶から烏龍茶に変えた。
 トイレに行く回数が余り変わらないのは、ノンカフェインの麦茶に効果があったということか。カフェイン入りのウーロン茶を夏に飲んでいたら、トイレに行く回数が更に多くなっていたかもしれない。夏は670mlのペットボトルを使っていたけれど、冬は500mlで充分だろう。となると、夏は麦茶、冬は烏龍茶というのがベスト。1年中麦茶でも良いけれど、少しくらいは変化が欲しい。ほんのたまに、六条麦茶やはと麦茶を買うこともある。
「やらなければならない」は、「やれば良い」ではない。

続・これが私のプレミアム

2016092320220001.jpg

 たいやき。
 たこ焼き。

 コンビニのアイスと冷凍食品は同じケースで売っていることが多く、ブラックサンダーアイスを買うたび気になっていた。値段も手頃なので、週末の仕事帰りに、えいやっと買うことにした。2016年9月23日のことである。というか、ブラックサンダーアイスとハッピーターンしょうゆマヨ味と同じ日に買っている。たいやき、たこ焼きとも安い。ただ、買ってすぐに食べてしまうので、冷凍食品である必要はなかったような。
「やらなければならない」は、「やれば良い」ではない。

そして御飯がいなくなる

 食料少量購入の一環として、10月20日に2㎏の米を買ったけど、11月10日でなくなってしまった。長く持たせようと考えず、これまでの5㎏と同じように、週末に炊いてタッパ詰めして冷凍庫に入れる。そばの日、うどんの日、ラーメンの日、ごはんと味噌汁の日と分けて、夕食で食べていたのだけど。駄目だな。全然駄目だな。ひと月持たないのはきつい。スーパからの持ち帰りは楽になったんだが、買う回数が増えてしまっては意味がない。潔く5㎏の米に戻そう。
「やらなければならない」は、「やれば良い」ではない。

これが私のプレミアム

2015121520250000.jpg

 白霧島。
 焼き餃子。
 コールスロー。

 今日の食事ではなく、2015年12月15日の食事である。僕が初めて、セブンプレミアムを買った日。数日前の12月8日には、初めて白霧島を買っている。以降、寒い時期は、白霧島のお湯割りを飲むことになる。この写真、どうして載せていなかったのかを調べてみたところ、「今日の食事」を始めたのが12月17日、つまり2日違いで載せることができなかったのだ。そしてこの記事は、次の白霧島の記事へ続くかもしれない。
「やらなければならない」は、「やれば良い」ではない。

メールの返事が戻ってこない

 1年くらい前、洗濯機が壊れたというメールを管理会社に送ったのだが、結局、返事が来なかった。電話でなければ問い合わせを受け付けません、という会社なのだろう。大きな不備があったら面倒だな。留守番電話にメッセージを残すことができても、折り返しの電話を受けることができない(業務時間外にしてくれるなら別だが)。これ以上、面倒なことが起きる前に、アパートを出るのが妥当か。地元へ帰ることを、そろそろ本気で考えておかなければ。
「やらなければならない」は、「やれば良い」ではない。

100円おにぎりフェスティバル

2016111818330000.jpg

 100円おにぎり。

 週末の豪遊と考えれば、1000円程度の酒とおにぎりに問題はない。食費をオーバしている状況で買うことに問題があるのだが。迷った結果、「贅沢ってやつはさ…… 小出しじゃダメなんだ……! やるときはきっちりやった方がいい……! それでこそ 次の節制の励みになるってもんさ……!」という班長の言葉を思い出し、えいやっと買ってきた。明日から頑張ろう、明日から節制だ(泥沼)。
「やらなければならない」は、「やれば良い」ではない。

未練たら

 ちっちゃい妹とのプレイは最後と決めて、120分を選んだはずなのに。今週末、最後に行けたら行くよ、というメールを送ってしまった(金銭的な余裕はないのだが)。もう終わりにしろって。この子が仲良くしてくれたのは、店と客の関係だったからで。それは充分に解っている。店を辞めても付き合ってくれるかもしれない、なんて甘いことは考えないよう。良い思い出のまま終わっておけ。これ以上関わったら、お互い不幸な結末にしかならない。それは避けなければ。さて、新しい妹を探そうか。
「やらなければならない」は、「やれば良い」ではない。
庭野トリ彦
最新記事
最新コメント
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析
制御用ソース