今月のおすすめ

もぐささんは食欲と闘う 1 (ヤングジャンプコミックス)もぐささんは食欲と闘う 1 (ヤングジャンプコミックス)
大竹 利朋

集英社 2016-10-19
売り上げランキング : 36070

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 今月のおすすめは大竹利朋の『もぐささんは食欲と闘う』。
 大学生を主人公にすると物語の幅が広がる。講義とかサークルとか合コンとか。ひとり暮らしで自炊する百草さんが見所。大学生からひとり暮らしを始めた僕には懐かしい限り。安くて美味しそうな料理が今後も出てきそう。前作と似ているようで違った作品として楽しめる。そんなわけで、ひとり暮らしの女子漫画が僕の中で話題に。
人生なんてそんなものだ。それが厭なら死んでしまえ。

純をやめて、ラガーを買おう

 7月23日で宝焼酎純を最後にしたはずなんだが、11月11日に買ってしまった。連休でもない、ただの週末である。前にも書いたけど、宝焼酎純は、数カ月に1度飲みたくなるときがあるのだ。ただ、これまでと違い、焼酎、ウイスキーをやめている状況で飲んだため、これが潮時なのではないかと思ってしまった。即ち、純はやめよう、ラガーを買おう、と。純の値段でラガーが3本買える。ばたんきゅしない酒を選ぶのは言わずもがな。

 ということを考えたけど。それ以降、ピザハットを頼んでいないため、ピザと一緒に飲んでいた純をラガーに変えることができない。純をやめるためにピザを頼むのは本末転倒である。宅配ピザは、食費が1万5000円(月の目標額)を守れそうなときにしか頼まない、と決めているのだ。決まりを守るために、かつての決まりを破ってしまっては意味がない。次に純を飲みたいと思ったとき、ラガーに変えて済ますのが妥当か。ピザを頼めるよう、順調に食費節約を進めるのがもっとも良い(とんでもなく今更だけど)。
人生なんてそんなものだ。それが厭なら死んでしまえ。

数学的にありえない

 今日が返却期限の本を朝から読み始める。午前中に読み終えたので、図書館に返して予約した本を借りてくる。戻ってからは、HDの残量を増やすため録画番組の消化。先週の金曜、HLモード160時間すべてを録り切ってしまったのだ。残量を増やすべく、HD減らしを優先したのだけれど、ばたんきゅしてしまうという有様。2週続きでなんてことだよ。せっかくの週末なのに、読書とHDに追われているとは。買う本も借りる本も録画番組も減らしているはずなんだが。まったく、人生は思い通りにしかならない。
人生なんてそんなものだ。それが厭なら死んでしまえ。

ばたんきゅ続きの日

 先週の土曜にばたんきゅしたばかりだというのに、今週の水曜(定時上がりの日)、そして今日もまたばたんきゅしてしまったエッ? (;゚⊿゚)ノ マジ? いい加減、度数の高いチューハイを2本飲んだら酔い潰れることに気づけよ。エンドレスハムスタ生活をいつまでも続けるわけにはいかない。そんなわけで、今週のブログ更新は今日だけになるかもしれないまじろ( ノД`)うえぇぷっ…
人生なんてそんなものだ。それが厭なら死んでしまえ。

キリンビールランキング

 1 秋味
 2 ラガー
 3 淡麗生
 4 一番搾り
 5 のどごし生
 6 グリーンラベル

 というのが。2016年11月に於ける、僕のキリンビールランキング。
 まさか、秋味をここまで気に入るとは思わなかった。これまでにも飲んだことはあったけど、何本か飲んで終わりだった。それが2016年から2017年に掛けて、値段を気にせず、秋味ばかりの日でもあるかのように飲み続けていた。秋味の中身が変わったのでなければ、僕の味覚が変わったのかもしれない。理由はまったく解らないけど。
 検索してみたら、秋味が出てくるのは、2016年8月末以降。それ以前は、飲んでもブログに書くほどではなかったみたい。淡麗生やのどごし生は、それ以前の記事にも書かれている。これだけ続けて飲んでいるのだから、堂々のランキング1位である。数量限定、期間限定になるけれど。
 通年の1位はラガー。発泡酒と違ってビールは気軽に買えない。自然と、普段は淡麗生、特別な日に限りラガー、という買い方になっていた。淡麗生の上位互換として、ラガーと一番搾りのどちらでも良いや、という考えだったけど。これだと、ビールを買うときは、ラガーと一番搾りの両方を買わなければいけなくなる。実際、ビールのときは2本買っていた時期がある。
 2015年に守れなかったいっぽんぽんを守るべく、2016年の11月、ラガーと一番搾りを飲み比べてみた。その結果、ラガーが上位、一搾りが下位となり、ビールを買うときはラガーに決まったのだ。意外だったのは、一番搾りよりも淡麗生の方がうまいと思ったこと。必ずしも、発泡酒よりも、ビールの方がおいしいというわけではないみたい。
 メーカがキリンなのは。僕の父親が飲んでいたのがキリンラガービールであり、意図したわけではないけれど、いつの間にかキリンの商品ばかりを飲むようになっていたのだ(チューハイはメーカを気にしないけど)。他社製品だと、スーパードライは一番搾りを辛くしたような感じ。ヱビスは値段相応の高級感がある。プレミアム・ モルツは他のビールとは何か違う。ビールだけのランキングだと、ラガーが1位で、スーパードライ、ヱビス、プレミアム・モルツが同率、その下に一番搾りになるかと。
 のどごし生は、以前は飲んでいたけれど、今はほとんど飲まない。グリーンラベルはもとから余り飲んでいない。働き始めた当時、良く買っていたのはのどごし生だった。淡麗生を試したものの、そのときは苦くて飲めるものではなかった。それがいつ変わったのかははっきりしないけど、数カ月振りか数年振りか、淡麗生を飲んでみたら、思いの外飲める。それならばと、少し贅沢して、第3のビールから発泡酒に変えたのだ。そして、かつて飲んでいたのどごし生をうまいと感じることがなくなり、淡麗生がメインになっている。

 とまれ。順位づけをしたことで、これもあれも買うのではなく、ビールならラガー、発泡酒なら淡麗生と、1点のみを買うことができる。そんなわけで、淡麗生生活を始めますか(チューハイがたまに混ざるかもしれないけれど)。
人生なんてそんなものだ。それが厭なら死んでしまえ。

食費01

 01月の食費は34552円。ひと月19552円オーバ。
 本代、8465円。3465円オーバ。積読本215冊。

計算式 (食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 20935+13617=34552/1114(日)

 ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーリ スェート ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン
 2017年最初にして3万超えとは。お恥ずかしったらありゃしない。正月休みが1月4日までだったから、年末年始の飲み食いを除けば──って、それでも2万8000円近い。全く以て1万5000円(月の目標額)に近づいていない。
 いい加減、今年こそは、1日500円生活を実践できるようにならなければ。何度も書いているけれど、1日500円というのは、決して難しい金額じゃないんだよ。酒とつまみに費やすことがなければ。酒とつまみを制限すれば。そうだ、酒をやめよう、という相変わらずのエンドレスハムスタ。
人生なんてそんなものだ。それが厭なら死んでしまえ。

バレンタインが面倒臭い

 正確には、お返しをどうしようか迷うのが面倒なんだが。百貨店内書店のときは、女性従業員が男性従業員全員に渡していたので、お返しも男性従業員全員で返していた。目立ちたがりで仕切りたがりの先輩がいたから、その人にお返しの代金を渡しておけば、何かしら適当なものを買って女性従業員たちに渡してくれていた。もらうものをもらっても、きちんと返しているので抵抗はなかった。
 今の職場では。同じ部署のパートのおばちゃんが、社員や派遣に関係なく、好意でチョコレートを渡してくれる。お返しが面倒なので要りません、などと答えられるほど僕は強くない。ありがとうございます、と受け取っている。
 最初の年は、とにかく仕事を続けることが第一だったから、そんなことを気に掛ける余裕はなかった。同じ作業場の上司と若い社員は、それぞれお返しを渡していたようだけど、それがホワイトデーだと気づくのはかなりあとになってから。このようなイベントに参加したことがないので、バレンタインと繋がるとは思わなかったのだ。
 2年目。つまり去年は、上司と若い社員がパートのおばちゃんに何か渡しているのを見て、その日がお返しの日だと気づいたものの、何も用意していない。タイムカードを押すときに重なって、お返しを用意するのを忘れていました、と言わなくて良いことを言ってしまう。渡すものがあって、それを忘れて後日渡すというのならともかく、用意していませんでした、と言ってどうするのか。これは明らかに失言だった。
 それを踏まえての3年目。即ち今年は、もらったときにお詫びとお礼を言っておいた。「すいません、ありがとうございます」と。一件、なんでもないお礼のように思えるけれど、「(お返しができないだろうけど)すいません、(今年もチョコレートを)ありがとうございます」という僕の気持ちを込めていたのだ。とりあえずはこれで良し。言うべきことをは言っておいた(伝わっていなくても)。
 お返しをするのが嫌というのではなく、誰かに何かをあげたことがほとんどないので、何をどうすれば良いのかが解らないのだ。おばちゃんの方でも、お返しを期待しているわけではないだろう。それに、同じ部署の高齢の社員のたちも、お返しをしている様子はない。僕もこちら側に属しようと思っている次第。
 ただ、このような記事を書いてしまうほど気に掛かっているのなら。それ用の商品をスーパやコンビニで見つけたときに買っておけば良い。気づかなかったり、いつの間にか当日になっていたのであれば、それはそれで構わないとしよう。もらったお礼はきちんと言ってあるのだ。というか、仕事とは関係のないこのようなことで悩むのはアホウらしいよなあ。
人生なんてそんなものだ。それが厭なら死んでしまえ。

市府民税の申告書を書き終える(2度目)

 4日か5日に申告書が届いて、6日の仕事帰りにコンビニで82円切手を買い、12日の日曜に源泉徴収票のコピーを取って、あとは記入するだけなんだけど、億劫で未だにやっていない。準備だけは万全なのに、これまで何をしていのか。みたいな記事を書く暇があるのなら、その時間に書いてしまえば良いだろうに( ゚д゚)ポカーン

 という、ひとりボケツッコミをするつもりでいたものの。記事を書くよりも先に申告書を書いてしまった。とはいえ、優先順位はこれで正しい(ブログ通りの人生を送っているわけではないのだ)。
 この前も思ったけれど、どうして返信用封筒に入らない場所に折り目が付けてあるのか。役所に持っていく人にしてみれば、折り目がどこだろうと構わないけど、郵送で届ける人がいるからこそ、返信用封筒を同封しているのではなかろうか。
 これでは、文面が読みにくくなっても良いので、どこかもう1カ所を折り曲げてくださいと言っているのと同じではないか。たぶん言っているのだろう。まあいいや。面倒な作業はこれでお終い。明日にでも投函してこよう(2月20日のことだけど)。
人生なんてそんなものだ。それが厭なら死んでしまえ。

ばたんきゅばかりの日

 なんだかんだで昼まではパタン通りに過ごしていたのだが。度数の高いチューハイを2本飲んだところ、夕方になって目が覚めるという(ノ゚⊿゚)ノびっくり!! ここ数カ月、ばたんきゅすることはなかったので大丈夫だと思っていたけれど。さすがに2本続けて飲むのは厳しいか。酒を控えている現状なら尚更。読書の時間をHD減らしに使ってしまう、というのならまだ構わないんだが、酒を飲んでばたんきゅしたら、するべきことが何もできなくなってしまう。何もしないで過ごす休日は避けたい。酒飲みばたんきゅは不可。無駄な時間は極力減らすようにしなければ(酒をやめれば解決するんだが)。
人生なんてそんなものだ。それが厭なら死んでしまえ。

食費オーバ

 2月15日にして、食費が1万5000円(月の目標額)を超えてしまった。なんてこと( ゚д゚)ポポポポーン

 安定の15日オーバ。って、そんな安定は要らない。
人生なんてそんなものだ。それが厭なら死んでしまえ。

さよなら、エビオス嬢

2017021107350000.jpg

 エビオス錠を試してひと月も経っていないけど。この子とは別れることにした。お腹の張りを治そうとして買ったのに、ビール酵母のせいか、お腹が張ってしまうのだ。そして、その張りを治すため、百草丸を飲むという体たらく。まったく、30年以上も付き合いのある本妻を差し置いて、愛人に手を出そうとした僕がバカだった(キャベウルソに続いて2度目の反省である)。もう2度と、浮気はしないよ。本妻一筋だよ。
人生なんてそんなものだ。それが厭なら死んでしまえ。

縛らなくても良いじゃない

 いや、変な想像をしないように。ブログ書きのことだよ。
 「重ね書き」を始めたものの、まだ外していない縛りがあって。関連性のない写真の記事や、算用数字や片仮名の入ったタイトルを続けて公開することができない。というか、縛っているわけではなく、デザインやレイアウト的に離した方が良いと考えてしまうのだ。
 他に適当な記事、あるいはタイトルがなければ、やむなく続けることもあるけれど、できれば続けての公開は避けたい。明らかに、同じ内容を書かない、同じような記事が続かないように、という縛りを引き摺っているよな。その辺りを気にせず、がつがつ書けるようになれば良いのだが。なくそうと思って気にするのは逆効果である。とりあえず、直れば良いけれど、直らなくても構わない程度に思っておこう。
人生なんてそんなものだ。それが厭なら死んでしまえ。

今月の目標

 もしかしたら。今年の目標としてきちんとしたものを上げるかもしれないけれど、上げないかもしれないのでここで書いておこう(「重ね書き」を始めたので、このような記事も今後は書くことができる。以前はあと回しになっていたのだ。もう何も怖くない)。

週末の食料購入。
 ゆでそば(1袋)、ゆでうどん(1袋)、玉子(6個)、もやし。
 最低限の食料少量購入を続ける。必要な食材、調味料はその都度買う。

基本酒なし。飲んでも1日1本のみ。
 平日は淡麗生かチューハイに限定。
 ラガーや菊正宗ピンは特別な日に。要するに、休日か連休にしておく。

 とりあえず。2月はこれを維持する。以降も続ける。冬は寒いから熱燗が飲みたいと、仕事帰りに菊正宗ピンを買っていたけれど。仕事帰りに歩きなが飲むわけではない。部屋でなら、熱燗でなくても、発泡酒でもチューハイでも飲める。
 自販機で買うと、ラガーも菊正宗ピンも、ほとんど値段が変わらない。ラガーを特別な日にするのなら、菊正宗ピンも特別な日にしようと決めた。即ち、飲む酒を淡麗生かチューハイに限定する。度数の高いチューハイは避けたいけれど、やめようとしてやめられないことが何度もあったので、無理にやめないことにした。基本は淡麗生だけど、たまにチューハイも可、みたいな。

 そんなわけで。淡麗生生活を始めますか(基本酒なし、飲んでも1本、というのが前提にあるんだが)。
人生なんてそんなものだ。それが厭なら死んでしまえ。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析