重なったって良いじゃない

 これまでずっと、同じ内容を書かない、同じような記事が続かないようにしていたけれど。その縛りを外すことにした。というか、酒をやめよう、酒を減らそう、やはり飲んでしまった、みたいな記事をくり返して書いているのだ。今更、他の記事が重なったところでどうということもあるまじろ。そもそも、その縛りがあるせいで、書こうと思っても書けない記事が増えているのだ。
 ブログを始めた当初は、ブログ書きに時間を費やしていたため、書こうと思った記事をすぐに書くことができた。書けない記事が増えることもない。今はブログ書きの時間を制限しているので──土曜の120分。追加しても、日曜の60分のみ──すべてを書けない以上、書く記事を選択することになる。
 例えば。「A」という記事、Aの内容を踏まえた「B」の記事、AとBの内容を踏まえた「C」の記事が書ける状態だとして。もっとも新しい出来事の「C」を先に書こうと思っても、それを書くことができない。同じ内容を重ねないためには、「A」を最初に書いて、次に「B」を書いて、最後に「C」を書かなければいけなかった。けれど、書きたい記事は他にもあるので、「A」の記事を優先することが難しい。その結果、書きたくても書けない記事が増えてしまったのだ。
 今後は、重ね書きを良いとする。といっても、重なる内容は最低限に。「C」の記事でAとBの説明をするときは触り程度にして、本格的な説明は「A」「B」それぞれの記事でする。これなら、「A」「B」を書いていないからといって、最新記事の「C」がまったく解らない、ということはなくなる。最低限の説明さえすれば、他の記事と繋がりを気にすることもない。内容に関係なく、書きたい記事を書けるのだ。
 あるいは。「A」「B」「C」の記事をまとめて、「F」というひとつの記事にする。こちらは重ね書きというか、まとめ書きになるけれど(便宜上の記号なのでなんでも良いのだが。「F」は「fix」から)。「そして再びさだまさし」「そして三度さだまさし」で実践している。「傷物語(終)」も、こちらの書き方になるかと。

 お前は何を言っているのか、と思われそうだけど、僕にとってはブログを書く上で、かなり気に掛けている問題だったのだ。って、あれ。考えてみれば、ブログをいつ書くか、ブログをどうやって書くか、という記事もくり返し書いているような( ゚д゚)ポカーン ともあれ。重ね書きを可としたことで。これからはがつがつ記事を書いていくことができる。よし、書くぜ。
「個人的には」という言葉の前も後ろも、ずっと個人的である。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析