500円玉貯金が減っているくん

2017041512110001.jpg

 4月15日現在。500円玉貯金が5枚にまで減っているという( ゚д゚)ポカーン
 宮本むなしの券売機で千円札が弾かれて以降、500円硬貨を使うようになったのだが、最近は、神戸物産やドラッグストアでも千円札が弾かれるようになってきた。貨幣も紙幣も自動的に収納して合計額を計算できるような新しいレジなのだろうけど、少し汚れたくらいの千円札が使えないのはたまったものではない。
 慣れている店員だと、既にレジに収納した(センサ通過済みの)紙幣と交換して、それを使ってくれるけど、慣れていない店員だと何度も試してうまくいかない、他の店員を呼んでどうにかしてもらう、みたいな展開になるんだよ。いつだったか、他の千円札を持っていませんか、と訊かれてしまったし。自販機で使えない千円札を店で使おうとして、店のレジで弾かれるってどないせいちゅーねん。店員にとっての便利さは必要だけど、客にとっての不便さを増やしてどうするのか。
 郵便局(ATM)でお金を下したときに、できるだけ綺麗な紙幣を残しておくけれど、弾かれたときに面倒だから、むなしに加え、神戸物産やドラッグストアでも、500円硬貨を使うようになった。そのため、500円玉貯金が着実に減っているのだ。このことは、「汚いお金は使えない」というダブルミーニングタイトルで書くつもりだったけど、ついうっかりここで書いてしまった。まあ、こんなこともあるまじろ。
 ただ、電車の券売機で紙幣が弾かれたことはない。少し汚れていても、数カ所折れていても、紙幣が付けなかったことがない。レジよりも、券売機の方が遥かに高性能ということだろう。はっきり言えば値段が違うということなんだが。福原へ行くときは、小銭のことは考えず、財布に紙幣を詰め込む僕は知らずに救われていたのだ。さすがは鉄道会社というべきか。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

食費04

 04月の食費は40997円。ひと月25997円オーバ。
 本代、4643円。積読本220冊。ギフト券1万9910円。

計算式 (食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 20935+13617=34552/1114(日)
02月分の食費 14450+15055=29505/1053(日)
03月分の食費 21731+15355=37086/1196(日)
04月分の食費 19741+21256=40997/1366(日)

 ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーリ スェート ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーリ スェート ( ゚д゚)ポカーン ( ゚д゚)ポカーン
 結局、ここ7年で2番目の最高額という有様に。月の目標額が1万5000円なのに、酒代が2万超えってあり得ないだろ。アル中を目指しているわけではないんだよ。単純に考えれば、これは何度も言っているけれど、酒代を減らすだけで食費がかなり減るのだ。健康のためにも、貯金のためにも、つまりは僕の今後のために、できるだけ酒を減らさなければ。酒は1日1本のみ(追加不可)。
 まったく、食費が減らないことには、いつまで経っても宅配ピザを頼めやしない。最後にピザハットを頼んだのが、去年の7月23日になるのか。宝焼酎純を買うのなら、それはやはりピザハットを頼むときにしなければ。ちなみに、本ブログを始めてからの最高額は、2014年9月の食費である。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

仕事休んでなにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?

 欠勤報告をブログでするのはやめろ、と思っていたのだが、2月も、3月も、4月も書いていたのでそれに倣ってしまった。朝起きて、気持ち悪くてもなんとか行けそうだと思えば、えいやっと支度して出勤するんだけど、気持ち悪くて行けそうもないと思うと、えいやっと欠勤連絡してそのまま寝てしまうのだ。
 風邪で熱が出て仕事ができそうにない、という理由で休んでいるけれど、ほとんどが酒の飲み過ぎ、二日酔いが原因である。最低限の水分補給をして、ある程度眠っていると、昼過ぎには体調が回復しているので、このまま寝て過ごすのはもったいない、予定外の休日が訪れたのなら、何かしらするべきことをして、有意義に過ごそう。1日分の稼ぎが、無為に減ってしまうのは避けたい。
 とりあえず、読書にしろHD減らしにしろ、コンビニで酒とつまみを買ってきてから考えよう。二日酔いで仕事を休むのは、これで最後にしよう、と欠勤のたびに考えているエンドレスハムスタ。振り返ってみると、2月3月4月5月と、毎月休んでいることに愕然とした。5月にして、今年の欠勤6日目である。先週は有休を取って休んだのに、翌週に病欠で休んでどうするのか。二日酔いも立派な体調不良なんだからな、と自分を正当化したところで、酒を飲み過ぎたのは僕自身の責任である。
 先週は福原へ行くと決めていたので、週末の酒は1本だけで済ますことができて、翌週以降も1本、多くても2本を守れていたというのに。昨日の追加の酒が明らかに余計だった。度数の高いチューハイをそれまでに3本も飲んでいて、さすがにこれ以上はやめようと考えていたのだけれど、日曜だからという意味のない託けで、追加の酒を2本買いにいってしまった。
 追加の酒用にサバ大根を作って飲み食いして、ばたんきゅせずに過ごせたのは良かったけれど、朝起きて、二日酔いによる気持ち悪さが炸裂しようとは。とにかく行け、いいから行けとも思ったけれど、通勤電車でスプラッシュしようものなら、あっという間に有名人になってしまう(スプラッシュ星人を見つけたなう、とか写真を撮られてSNSで拡散されて)。それを避けるため、無理をして仕事に行くことはやめ、安静に過ごすことにしたのだ。
 そこまでは良い。体調が戻ったのなら、無理に寝ている必要はない。ここまでも良い。ただ、二日酔いで休んだのに、酒が抜けたからと酒を飲むのはやめろ。2本までなら良いではなく、そもそもの体調不良の原因を考えて、回復したからと飲むのはやめておけ。エンドレスハムスタから抜け出すこと。それだけが、私の望みです。カナカナカナカナ…

 追伸。かなり前に調べて忘れていたけれど。もしかしたらブログに書いたことがあるかもしれなけれど。3時間で消化可能なアルコールが200ml(1杯分)として。6時間睡眠で2杯飲むと2日酔い直前になるんだよ。1日1本、多くても2本まで。最低限、この決まりだけは守るように。というか、酒を飲んだ記事にだけ、アクセスが偏るのはやめてよねっ。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

これが私の最近の自炊です



 豚肉大根。水200ccに、しょうゆ大さじ2、みりん大さじ2、顆粒だしを適当に入れて煮込むだけ。食事ではなく酒のつまみなんだが。2017年5月28日に作った──要するに今日作ったつまみを今日公開するという──「今日の食事」最新記事である。

 ここ数カ月、自炊写真を載せていないのは、食事を作っていないわけではなく、タイミングを逃してしまっただけである。去年みたいに、「夏のとんでもなく暑い時期に食べた食事を、冬のとんでもなく寒い時期に公開すること」は避けようと考えていたけれど、他のカテゴリの記事も滞っている現状、そのような配慮をしていたら、今年作った食事を来年公開することになってしまう。
 冷凍唐揚げ、アルミ鍋、基本の食事等、「今日の食事」記事はいくらでもストックがあるので、作った時期と公開時期に開きがあっても、気にすることなく順次公開していこう。余りにも季節外れの場合、これは何月何日に作った食事です、という注意書きを入れておけば良いだろう。そうすれば、過去の記事から順番に上げるのではなく、今回のように唐突に作った食事を上げることもできる。そんなわけで、「今日の食事」を再開しましょうか。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

リバイバル姉

 内容がちょっとあれなので。苦手な人は注意しよう。

続きを読む


それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

へたれさ炸裂1週間

 連休明け、5月8日以降の出来事を簡単に書いておくと。半袖作業服(夏服)を洗濯中、誤って上着のボタンを壊してしまい、大変だ、どうしよう、と思ったものの、これくらい自分で直せるだろうと試してみたら、そう簡単にはいかなくて、自分で直すのが無理なら業者に直してもらうという手があるのだが、探すのも頼むのも面倒過ぎるので、注文期限は過ぎてしまったけれど、職場で新しい作業服を注文するのが手っ取り早いとはいえ、去年、一昨年と、夏服はこれ以上要りませんと上司にきっぱり断っているので、やっぱりお願いしますとは言いにくいものがあり、いったい、どうすれば良いのやら、と思いながらも仕事に行かなければいけなく、部署ごとの朝礼のときに、他の人の作業服をそれとなく確かめてみると、暑くなってきたこの時期、ほとんどの人が襟のボタンを外して、チャックを少し下げ、首回りに余裕を持たせており、チャックを上まで閉めて、襟元のボタンまできっちり留めている真面目な人は僕くらいである、それはつまり、僕が同じような格好をしても、咎められることはないということになる、都合良く、壊れたボタンは襟の内側、首筋を覗き込まれてでもしない限り解らない場所だったので、素知らぬ振りで壊れたボタン付き作業服を使えるけれど、お客さんが来たり、偉いさんが来たり、監査があったり、そのようなときにみんなが文字通り襟を正しても、壊れたボタンの作業服では対応できない、そう都合良く、もしくは、都合悪く重なることはないだろうけど、安全靴と間違えて普通の靴を履いて職場へi行くという失敗をした日以降、仕事でのごまかしはやめようと誓ったのだ、そうなると、残った夏服の上着1着(ズボンは2着)のみで、これからの季節を過ごさなければいけなくて、それはちょっと厳しいような気がするわけで、最初に買った夏服は当然のことながら上下とも新品だけど、残っている上下は1年使ったもの、あるいは、2年使ったものであり、それこそ仕事中に破れでもしたら、もうあとがない、どうしたものか、と思ったものの、酒を飲んでボタンが直るわけでもない、新しい方法が見つかることもなくて、ばたんきゅするだけで、せっかくの定時上がりの日になんというもったいない過ごし方をしてしまったのか、と翌朝になって気がついて、しかしもう、これだけのつらさしんどさを抱え続けたまま、残りの夏服1着で仕事を続けるのは厳しく、上司に頼みにくいなどとへたれている場合ではなく、何を言われてもえいやっと頼んでしまおうと思いはしたものの、やはりなぁと怖気づいてしまいそうになったところで、前日買った酒が残っていることに気づいて、こういうときこそ酒の力を借りるのだと、ひと口ふた口のつもりが、出勤前から度数9パーセントのチューハイ350mlを飲んでしまい、これが5月11日のことで、正気の沙汰とは思えないのだが、とにかく今日言おう、明日じゃ駄目だ、延ばしたら切りがない、その日の仕事の指示を上司から聞いたあと、ここはもう包み隠さず不注意で作業服のボタンを壊してしまったことを告げ、届くのが遅れても良いので作業服を注文したいことを伝えたら、ええよ、頼んどくわ、と軽く言われ、僕が気にしていた禍根など一切なくて、考えてみれば作業服をもう1着欲しいと頼んだだけのことなので、それに対してどうこうあるはずもないのだろうけど、へたれさに囚われていた僕には、夏服の上着が1着しか残っていないことを伝えられて安心できたのだ、知っている人が誰もいないのと、ひとりでもいるのとでは気の持ちようがかなり変わる、社員と違って派遣は自腹なんだけど、作業服ではなく作業中の安心を買ったのだと思えば良い、幸いなことに、遅れて届くと考えていた僕の作業服も、他の人たちと同じ日に届いた、おそらく、中途入社の社員用とか、インターンの学生用とか、注文数よりも多めに発注していたのだろう、それでも、余りがなければすぐにはもらえなかっただろうから、今日言うぞと決めて、その日のうちに言ったことが功を奏した、月曜日に始まった不安が金曜日には解決した次第ではあるけれど、出勤前に酒飲むという異常な行動は今回限りに、通勤中に事故に遭ったり、仕事中に怪我でもしたらどうするのか、1本飲んでばたんきゅすることもあるのだから、それがなかったのは、酔いよりも不安の方が増していたということだろうけど、こんなことは2度としないよう誓ったというのに、今週の月曜日、5月15日の朝、特に理由もなく、本当に意味もなく、前日飲まなかった菊正宗ピン270mlを見つけたというだけで、飲んでしまったというオチ。

 そもそもの原因は、洗濯機に洗濯物を詰め込み過ぎたせいで、最後に入れた作業服の襟元部分が蓋にガツガツと当たり、ボタンが痛み壊れて外れてしまったのだ。洗濯機に、洗濯物を詰め込み過ぎない。ダメ、ゼッタイ。

 この記事を読んで「役立たず」を思い出した人は僕のブログの通ですね(そんな人いるのか)。この書き方に意味がないわけではなく、「いやなお客の帰し方」という記事で書くつもり(まだ書いてないんだよ)。って、これのどこが簡単に書いておくとだよ。これなら、当初の予定通り、月曜の出来事、火曜の出来事、水曜の出来事と、順番に書いた方が良かったかもしれない。まあ、その書き方だと長くなるだろうと思ったから避けたわけで。どちらにしても文章量は変わらないか。とにかく、ブログの記事は簡潔に書くことを目指さなければ。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

同じ失敗ばかりして、わかっていても正しいことができなくて

 1月5日は仕事始めなのに不安感が抜けず、残っていた秋味を飲んでから出勤した。
 5月11日は気をつけようと考え、残っていたストロングゼロダブルグレープフルーツを飲んでから出勤した。
 5月15日つまり今日は菊正宗ピン(270ml)が残っていたので、特に理由もなく飲んでから出勤した。って、なんでやねん。翌日に酒が残っているというのは、前日に酒を買い過ぎたということで。1日1本のみ、をいい加減に守れということである。

 先週の木曜日、上記の5月11日に酒を飲んだ理由を、土日のブログで書くつもりでいたけれど。書けずに終わってしまった。今日が定時上がりだったので、ついうっかり書いておこうとしたけれど、何故か出勤前の酒飲み記録を公開してしまった。今週の土日で書ければ書くけれど、書けなければ無理には書かない。「へたれさ炸裂1週間」というタイトルで書くかもしれないですねぇ。って、なんだよこの記事は。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

傷物語(終)

 そんなわけで「傷物語」最終章。2年越しの完結編。
 簡単に言うと。工場の機械油が原因で、僕の両腕が痛んで腫れてしまった。その発端はなんだったのか、という考察の話である。詳しい経緯を知りたい人は「サグラダ・ファミリア」を読んでね。
 当初の予定とは、内容も構成も変わってしまうけれど、続けるつもりはなかったものを続けようとしたのにも拘わらず、なかなか書くことができなかったのだから仕方がない。「第2の解釈に最終解答を加えた」記事をここで書いておこう。
 症状の悪化した理由が、作業服の下に半袖下着を着たせいだと考え、長袖のシャツに戻したものの、4月になろうという時期に長袖のシャツは暑い。怪我を直すため、長袖の下着を買ったきた。それを着て仕事をしつつ、休憩時間にはきちんと手や腕を洗い、家に帰ったらオロナインを塗ることによって、僕の傷は徐々に治りつつあった。
 というのが、これまでのあらすじ。その続きをこれから書くよ。

 2015年4月16日のことである。痛みのピークから3週間が過ぎていた。
 機械油による腕の腫れと痛み、という大義名分があったので、残業を頼まれることはなくなった。回復するまでは、定時上がり生活である。また、新入社員によるストレスもなくなったので──詳しくは「居場所を守ろう」で書くつもり──機械油に注意しつつ、定時までの仕事をきちんとこなせば良い、という以前よりは落ち着いた作業環境になっていた。
 そんなある日、メインの作業をしている途中、腕時計が原因だったのではないか、という考えが浮かんだ。
 腕が腫れて以降は、腕時計を外して仕事をしていた。腕時計を嵌めているだけで腕が痛く、嵌めるためにはバンドの長さも変えなければいけない。休憩時間にはチャイムがなるし、時間を確認したいのなら壁に掛かった時計を見れば良い。仕事中、僕は腕時計を付けなくなった。それがのちに、腕時計をなくすことに繋がるなるのだが、それはこの件には関係がない(2年越しで書くから時系列が乱れてしまうのだ)。
 腕時計を嵌めて、その上に長袖作業服を着ると、腕時計は長袖に隠されてしまう。それを見るには、もう片方の手で、裾を捲ったり、引っ張ったりしなければならない。確認前に、ウエスで指の油を拭き取ってはいるけれど、水で洗い流したわけではない。いくらかの油が残っているその指で、長袖の裾を引っ張ったり、手首を掴んでいるのなら、裾や手首に油が付くことも考えられる。
 この場合、腕時計を見たあとで、裾を戻してしまうため、休憩時の手洗いでも落ちることがなく、それに気づかないまま、1日の作業を終えることになる。油が落ちるのは、仕事を終えて、家に帰ってシャワーを浴びたとき。それまでずっと、腕は油に塗れたまま。加えて、1日に何度か腕時計で時間を確かめるので、1回の油は少なくても、何回も確認するたびに、腕に付いた油が多くなっていったものだと思われる。その結果、腕の痛みや腫れに繋がっていったのではないかと。
 これが「第2の解釈である」。油の残った指で腕時計を確かめたため、袖や手首に油が付いてしまった、というのはあり得ないことではないけれど。その場合、痛むのは左腕だけになる。右腕の説明ができない。ただ、このとき傷は治りつつあったし、僕が納得すれば本当かどうかは関係がないので、右腕の方は、慣れない作業をしているときに、機械油が引っ掛かってしまったんだろう、という無理やりな考えに落ち着いた。
 というのが、本来は最終章のはずだったけど、「最終解答」に気づいてしまっため、ここまでの考えは「第2の解釈」になってしまうのだ。そんなわけで、これから書くのが、「傷物語」最終章。これで本当に終わりだよ。

 2015年11月2日のことである。
 長袖下着とオロナイン、仕事に対する慣れ、機械油に対する耐性、それら諸々により、痛みや腫れが再発することはなかった。夏場にあせものようなものを見つけたけれど、休憩時にきちんと両腕を洗い、帰宅後にオロナインを塗ることによって、症状を悪化させることなく、回復させることができた。機械油による、腕の痛みや腫れは、遠い昔の出来事になっていた。
 その日は朝から冷え込んでいた。夏の暑さが残っているうちは、半袖作業服(夏服)に半袖下着で続けるつもりだったけど、そろそろ長袖作業服(冬服)と長袖下着に変えた方が良いかもしれない。ただ、冷えるのは雨が降っている朝の間で、仕事を始めるころにはいつも通りの暑さに戻っているかもしれない。とはいえ、悠長に考えている時間はなかった。
 とりあえず、半袖下着で出勤して、どちらにするかは職場に着いてから考えよう。夏服も冬服も、どちらもロッカに置いてある。そこでも寒いようなら長袖作業服を着れば良いし、暑くなりそうなら半袖作業服を着れば良い。半袖下着であれば、夏服冬服、どちらでも着ることができる。長袖下着の上に、半袖作業服を着るのは避けておこう。斬新過ぎて工場内の有名人になってしまう。
 ところが、ロッカに着いた時点でも、どちらを着れば良いのかはっきりしなかった。どちらでも良いと言えば、どちらでも良いような感じだった。最終的に長袖作業服を選んだのは、天気が悪く、曇りがちであったという理由による。そして、全体朝礼のある日だったので、どちらを着れば良いのかを、悠長に考えている時間はなかった。
 そのため、長袖作業服の下に半袖下着という組み合わせが、かつての、機械油によるかぶれの症状が悪化したときと同じではないか、と気づくのは、仕事を始めてしばらく経ってからである。不味いな。
 以前と違って、機械の使い方には慣れてきており、油の飛び散りは最小限に抑えられるようになっている。また、機械油に対する耐性もそれなりにできているだろうから、今日1日この格好で仕事をしたところで、特に問題はなさそうだけど、かつての痛みや苦しみを味わうことは避けたい。
 とはいえ、仕事を中断して、着替えにいくわけにもいかない。そんな理由で、仕事場を抜けることはできないだろう。それならば、長袖作業服の袖を捲ってしまえば良い。長袖下着と長袖作業服の両方を捲るのは難しいけれど、着ているのは半袖下着である。幸い、気温が上がってきたこともあり、工場内はそれほどの寒さではない。長袖を捲れば、暑さが軽減されるし、油が飛んだときにすぐ気づくことができる。
 そして、両腕の袖を捲ったあとで、これが腕の痛みやかぶれの原因だったのではないか、ということに気がついた。
 欠勤以降、暑さで蒸れないため、長袖作業服の下に着る服を半袖に変えて、腕が蒸れないようにしていたけれど。それでも暑いときは、長袖作業服の裾を捲って仕事をしていた。今の仕事を始めた年は、長袖作業服(冬服)しか持っていなかったので、半袖作業服(半袖)が届くまでは、長袖作業服で仕事を続けなければならない。少しでも暑さを軽減させるには、袖を捲るのは自然な考えだろう。
 かつてのかぶれから8カ月後、僕は真相に思い至った。
 長袖の裾を捲るとき、当然、指先をウエスで拭うけど、油の拭き取りは完全ではない。油の飛び散りに気づかない場合、袖は長袖のままである。休憩時に洗うのは、外部に晒された腕だけで、長袖で覆われているときには洗うことはない。つまり、袖を捲ったときに少なくない油が腕に付いてしまうけれど、そのことに気づかず、袖を戻したり、長袖のままで仕事を続けてしまう。その結果、腕に残った油が少しずつ堆積されていき、限界が来たときに、早退、欠勤に至ってしまったのではないかと。
 これなら、両方の腕が腫れて痛んだことも説明がつく。左腕は腕時計、右腕は慣れないのため、という牽強付会な理由づけよりは納得できる。本当かどうかは解らないし、確かめようがないのだから、僕が納得できれば構わない。痛みや腫れが治っていないならともかく、一時のひどい状況が嘘だったかのように、両腕は回復しているのだ。自分の推理を信じよう。
 対策として、長袖作業服(冬服)のときは、袖を捲らないで作業をすること。働き始めた当初と違い、機械油の飛び散りは最小限で仕事ができるようになっている。手を洗うときなど、捲らなければいけないときは、裾を捲るときは肘の辺りの衣服を引っ張る。これなら、作業服の外側に少し油が付くくらい、中の腕には影響しない。
 症状の悪化した、作業服に半袖下着という着方をしたことにより、症状が悪化した気がつくとは。なんという皮肉。あるいはただの偶然か。冷え込みがひどかったのはこの日だけだったので、翌日からは半袖作業服に半袖下着に戻した。11月下旬になって、長袖作業服に長袖下着に変えた。これまでは、半袖の下着しか持っていなかったけど、両腕のかぶれによって購入した長袖下着が役立つときがきた。1枚900円近くもしたのだから、使えるときには使っておかなければ。
 それ以降、機械油による腫れや痛みといった症状とは無縁である。

 そんなわけで。2年掛かってようやく「傷物語」を書き終える。って、長過ぎだろ。もっと短く簡潔にまとめるはずだったのに。結果的に、2017年の5月の連休、その4日間(ブログ書きの時間)を費やしてしまったわけだが。とにかく書き終わったので良いとしよう。
 どうしても書いておきたかった、というほどの出来事ではないけれど、書いておきたいと思ったのだから仕方がない。タイトルだけ上げて書いていない記事を、着実に書いていかなければ。次はようやく「居場所を守ろう」か。時期的には「傷物語」とほぼ同じ。これもまた、2年前に書こうとした記事なんだよ。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

視聴番組(冬~春)

新規
「今夜も生でさだまさし」(ほぼ毎月)「プロフェッショナル仕事の流儀 脚本家・倉本聰」「大改造!!劇的ビフォーアフター 借金で潮漬けされた島」「MUSIC FAIR 加山雄三 80歳記念スペシャル」「僕のヒーローアカデミア」「龍の歯医者 前編」「龍の歯医者 後編」「進撃の巨人 Season2」「進撃の巨人 悔いなき選択」「アリスと蔵六」「スタミュ 第2期」「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」「ベルセルク 特別編」「ウルトラセブン」「サクラクエスト」「コードギアス 反逆のルルーシュ(再)」「武装少女マキャヴェリズム」「サクラダリセット」「ソード・オラトリア 放送直前スペシャル」「ベルセルク 次篇」「カブキブ!」「ひなこのーと」「月がきれい」「エロマンガ先生」「ゼロから始める魔法の書」「東京喰種(再)」「正解するカド」「Room Mate One Room side M」「終末なにしてますか? 忙しいですか? 救ってもらっていいですか?」「覆面系ノイズ」「ソード・オラトリア」「アトム ザ・ビギニング」「貴族探偵」「櫻子さんの足下には死体が埋まっている(ドラマ)」「Yes!プリキュア5」

映画(+2時間ドラマ)。見たあとで書く。
「カイジ 人生逆転ゲーム」(2度目?)「カイジ2 人生奪回ゲーム」(2度目?)「劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢」(2度目)「劇場版 進撃の巨人 後編 自由の翼」「名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵」「STAND BY ME ドラえもん」「はやぶさ/HAYABUSA」「ガメラ 大怪獣空中決戦」「ビリギャル」「名探偵コナン 迷宮の十字路」(2度目?)「名探偵コナン 純黒の悪夢」

劇場

 僕は「けものフレンズ」を一話切りしたフレンズだよ。
 「(再)」というのは再放送のことだけど。本放送を見ていない作品なので、僕にとっては新番組である。「2度目?」というのは、1度見てはいるけれど、記録が残っていない作品のこと。これまでに見た映画すべてを記録に残しているわけではないので当然か。
 「サクラダリセット」の映画を見に行くつもりだったけど。行く前に上映が終わってしまった。まさか、ひと月も上映していないとは。「前篇」を見ていないので「後篇」を見る気が起こらない。アニメで良いとしよう(原作は全巻読了済み)。

 2月20日以降、平日映画減らしを開始。
 基本は食事時間の90分なんだけど、少しでもHDを減らすため、30分だけ増やすことにした(録画番組を減らしているのに、これだけ残ってしまうのだ)。視聴時間を過度に増やさずに番組を減らすしかない。平日30分なら、そこまでパタンは崩れないし、HDが減ればDVDも進められる。そうなれば、執筆や読書やゲームの時間に影響を与えることもなくなる。というのが、理想ではあるけれど。
 1.3倍速で再生。90分×1.3=117分(約120分)。夏場の窓開放時、音量は15可(通常は11or13)。新番組おまかせ録画はDRモードが適用されるので、HLモードに修正する。基本、1話切り。録画番組を減らす。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

深入りしない深煎り

深煎りピーナッツ 粒入り
 セブンイレブンで148円。お約束のマーブルパン。深入り粒入りマーブルと高級感があり、一般的なピーナツクリームパンとは一線を画している。

ランチパック
「いちじくジャム&れん乳ホイップ」「たまご」「ピーナッツ」「シュガーマーガリン」「メイプル&マーガリン」「ツナマヨネーズ」「グラタンコロッケ」「ホワイトシチュー」「3種のミックスフルーツ入りクリーム」「生キャラメルクリーム」「プリン風クリーム」「マンゴークリーム&ホイップ」「小倉&マーガリン」「ハム&マヨネーズ」「メンチカツ」「富士宮やきそば」「みたらし団子風」「フライドチキン」「軽井沢産キャベツメンチカツ」「ヨーグルト&レモン」「オムライス風」「なめらかチョコクリーム」「ロースハム」「苺ジャム&マーガリン」「ムースカスタード」「濃厚チョコレートクリーム」「濃厚カスタードクリーム」「濃厚キャラメルクリーム」「塩バニラクリーム」「カルピス 3種のクリーム」「ソース焼きそば&マヨネーズ」「キリマンジャロコーヒークリーム&ホイップ」「ハム&チーズ」「和栗クリーム&ホイップ」「ティラミス風味」「鶏そぼろ&マヨネーズ」「苺ジャム&マーガリン」「チョコクリーム&ホイップ」「チーズ&カレー」「チョコ&カスタード」「カレー」「焼きそば」「ジャーマンポテトとコールスローサラダ」「ブルーベリージャム&レアチーズ風味クリーム」「パンプキンクリーム」「とりそぼろ&マヨネーズ」「ハンバーグ アイオリソース&デミグラスソース」「たまご&ケチャップ」 「コロッケ」「カスタード&ホイップ」「ボロネーゼ」「抹茶ホイップ&つぶあん」「ブルーベリージャム&マーガリン」「深煎りピーナッツ 粒入り

ラクふわパック 
「たまご」「豚まん風」「和風チキンマヨ」「ミートソースハンバーグ」「コロッケ&たまご」「ハンバーグ&カレー」「ボロニアソーセージ」「フライドチキン」

ロールちゃん
「チョコクリーム」「ホイップクリーム」「秋の収穫祭」「抹茶&小倉」「miniザクザクチョコ」
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

とりあえずハイコラ

2017042121020000.jpg

 トリスハイボールコーラハイを略してハイコラ。
 2012年にハマったスパークス刺激的ゴールドパンチや、2015年にハマったハイリキ・ザ・スペシャルストロングゴールドほどではないけれど。4月21日にコンビニで見つけて以降、4月28日までで計17本も買っている。これはつまり、1日1本が守れていないわけだが。好きなものは好きなんだからしょうがない。
 というのは口実なので、多く買っても2本までに。人気商品かつ期間限定商品なので、すぐに売り切れてしまうのではないかと。コンビニを何軒か回ってみたところ、1軒は品切れで、3軒は売っていなかった。何故か、自宅最寄り駅隣のコンビニには在庫がかなり残っているため、仕事帰りについ買ってしまうのだ。とはいえ、前述のスパークスやハイリキほどにはハマっていないので、時期にマイブームも収まると思う。引き続き、酒は1日1本のみを最低限の決まりとしておかなければ。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

これが私の最后の定期券です

 正確には、これが最后の定期券になれば良いと思っている。
 4月8日に3カ月定期を買った。連休に重ならないように買ったこともあったけど、5月に重ならなければ、8月と重なってしまう。それを避ける場合、割引率の低い1カ月定期を買わなければいけないし、計算して買ったところで、欠勤して休むのでは余り意味がない。6カ月定期は高過ぎるし、落としたりなくしたりすると困るので、いつも通りの3カ月定期に落ち着いた。
 ミジンコライフはいい加減にやめて、今年こそ実家へ帰るのだ。理想としては、3カ月以内に具体的な日程を決めて、辞める数カ月前には派遣元や派遣先に告げ、きちんとした手続きを経て辞めること。今回買った定期の期限が過ぎたら、あとは回数カードと現金で通勤するように。執筆を理由にしているけれど、パソコンさえあれば、どこでだって小説は書けるのだから。という考えではいるものの、なかなか割り切れないところがあるまじろ。

 そんなわけで、これが最后になるかもしれないと考えて、自宅最寄り駅よりひとつ先の駅までの定期券を買った。これは当然、値段が変わらないからである。ひと駅先で降りれば、隣接市へ行くときに少しだけ近くなる。
 少しだけというのは、X軸方向には近くなるけれど、Y軸方向には遠くなるのだ。そのため、自宅最寄り駅から隣接市へ行ったところでほとんど変わらない。今回、定期代が同じことを知り、それならばと買ってみた。早速、ひと駅先から隣接市へ行ってみたところ、予想通り、近くも遠くもならなかった。この駅で降りることは今後ないかもしれない。
 ただ、ひと駅先で降りると、出口の隣が酒屋なのだ。自販機が3台置いてある。とはいえ、酒を買うために遠回りをして帰ることはないだろう。買うのであれば、最寄り駅近くのコンビニへ寄った方が良い。平日買物不可なんだけど。
 定期券を買ったあとで、どれくらい先の駅までなら定期代が同じなのだろう、と思って調べてみたところ。四つ先の駅まで同じ値段だった( ゚д゚)ポカーン いや、それだったら、ひと駅減らすごとに、定期代を安くしてもらいたいものだが、というオチ。

 補足。派遣会社から交通費が出ているけれど。1カ月定期の半分にも満たない。片道113円で乗れる電車があるのだろうか。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

以前より10倍高い財布を買った

2017042313140000.jpg

 ビフォー。108円(税込)。

 2017042313150000.jpg

 アフター。1080円(税込)。

 108円の財布を2年7カ月使ったので。ひと月当たり約3円という驚きの安さ(この日に買ったわけだが)。次までの繋ぎが、こんなにも長く持とうとは。
 同じ財布を買おうと100円ショップへ行ったけど、さすがに売っていなかった。そのため、総合スーパで、えいやっと1000円近い財布を買ったのだ。値段が10倍だから10倍持つとは思わないけど、できるだけ長く使えますように。今のところ、108円の財布のよりも使い勝手が悪いのだが、これはまあ、慣れればどうにでもなるだろう。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析