神と世界と絶望人間

 これは、かつて何度も起こったような危機ではない。ここから酒なし生活が始まる予感がするのだ。キリッ。
 という記事を書いたけど、7月30日時点で、今年の食費最高額、あと少しで、本ブログを始めてからの食費最高額に近づこうというくらいになってしまった。いい加減、開き直りはやめろ。今月は無理だったけど来月からは頑張ろう、ではなく、明日から、今日から頑張らなければいけない。そのことは、充分に承知していたはずなのに。エンドレスハムスタも限界だってばよ。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

藪医者ばかりの日

 ここ最近、全く以て土日の生活パタンが守れてない。執筆が少ない、読書ができない、とりあえずHDだけは減らしておこう、というパタン。ブログ書きもおろそかになっている。暑くなってしんどいとか、酒を飲んでしんどいとか、理由はいくらもあるけれど、ここ3週間は、明らかに病院が原因である。4月5月6月と、自分なりの対策をして──このことは「踵痛い痛い病」みたいな記事で書くけれど──改善されなかったので、これはもう、病院に行って見てもらおうと考えたのに。異常はありません、ってなんでやねん。
 何を言っても無駄な気がする。何が原因かを訊いても解らないし、対処法を訊いても解らないし、治して欲しいと言っても、病気ではないから治せないと言われるし。MRI検査も予想通り異常なし。治療はまったくされていないのに、少なくない診療費を毎週払っている。余りに腹立たしく、病院に行く前に酒を飲み、終わってから酒を飲んでしまい、以降のパタンがことごとく崩れてしまうのだ。
 専門家の先生が検査結果を見てくれるというので、来週もう1度行くけれど、病院を頼るのは最後にしよう。少なくとも、この病院はこれで終わり。自分なりの対策をしばらく試してみて、それで改善されないようなら、病院や医院、あるいは、医師のことをきちんと調べたあとで、もう1度だけ病院を頼ることにしよう。そんなわけで。生まれて初めて、バンテリンコーワのサポータを買ってた。医者が当てにならない以上、自分で対策をするしかない。びろーん。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

豪遊第2期(4月~6月)

04月07日 グリルチキン定食790 角ハイボール(ジョッキ)250 1040円/宮本むなし
05月02日 ミックスグリル定食890 プレミアルモルツ(中ジョッキ)290 1180円/宮本むなし
05月19日 豚キムチ炒め定食830 角ハイボール(ジョッキ)250 1080円/宮本むなし
05月21日 豚スタミナ定食860 プレミアルモルツ(中ジョッキ)290 1150円/宮本むなし
05月27日 豚塩カルビ定食790 角ハイボール(ジョッキ)250 1040円/宮本むなし
06月02日 かつおたたき丼とかけうどんのセット790円/宮本むなし
06月22日 マグロ漬け丼とざるどんのセット790 プレミアルモルツ(中ジョッキ)290-20 1060円/宮本むなし
06月26日 豚スタミナ丼とざるうどんのセット790 角ハイボール(ジョッキ)250 1040円/宮本むなし
06月30日 牛ねぎ玉(並)480 ジョッキビール350 830円/吉野屋

 6月2日に酒を頼んでいないのは。6月からは酒をやめよう、と考えていたからである。6月の酒なし日数は8日だったけど。少しずつでも増やすのだ。この日に、宮本むなしのレギュラメニューが7種類増えたけど、そのほとんどが期間限定商品のレギュラ化だったので、ほとんどが食べたことのある商品だったわけだが。
 6月22日は飲み過ぎばたんきゅの寝坊で欠勤した日である。明日からは行くのだからな、土曜の予定を早めて、日本橋の本屋へ行った帰りに、宮本むなしへ寄ったのだ。2日と違って、酒も一緒に頼んでいる。
 6月26日は土日を挟んでの欠勤である。とにかく、気持ちを前向きにさせるため、美味しいものを食べるのだ、と隣接市の宮本むなしへ行った。そしてこの日に、家賃がNHKに横取りされた謎の真相が解るのだ(この記事は近いうちに書こう)。
 けれど、翌日も欠勤してしまい。土日を加えて6日連続欠勤という、このまま辞めてしまうかもしれない状況に至ってしまうため、以降のブログは事前に書いた予約投稿になっている。28日以降、仕事に復帰することができたため、どうにかブログが続いている。この日がジョン・バール分岐点だったのだ(わざと気づかれないように書いている)。
 そして最後に、約半年振りの吉野屋。ネットカフェ利用を辞めて3カ月、ツタヤのコミックレンタルに変えたことが影響している。みたいな感じで、「日記カテゴリ」で書かなかったことを、あえて「豪遊」カテゴリで書くわけだが。記事をカテゴリ分けしているのは、興味のあった内容を読みやすいようにするため。ただ、僕の日常を必ずしも「日記カテゴリ」で書くわけではない、ということである。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

督促状をありがとう 忘れずにいてくれてありがとう

2017072720350002.jpg

 市府民税第1期、6月30日支払い分の督促状が届いた。延滞金0円だけど、今はまだ払えないってばよ。取扱期限が8月7日まで。月初めの給料が入ったら払えるはずだけど、残金の様子を見て、もう1度だけ督促状を待つかもしれない。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

あたしって、ほんとバカ

 どうにか感情不良を回復させて仕事に行ってきたけれど。月曜の欠勤で今年13日、火曜の欠勤で今年14日という。去年の欠勤日数16日に迫ってしまった。1年目の欠勤が4日だけというのが信じられないくらい。まったく、僕はどれだけへたれているのか。
 とにかく仕事に行ったので、その報告を兼ねて派遣担当に連絡したところ──いずれ書くけれど、今の担当は居酒屋ではなく丸尾になっている──週払いがNHKに取られたのではなく、週払い自体がされていなかったことが解った。おそらくはバックレ対策なのだろうけど、週末休んで、かつ、月曜の出勤もなかった場合、週払いが支払われないみたい。以降、出勤しているのを確認して、月払いで支払うとのこと。
 まさか週払いがないとは考えなかったので、NHKに濡れ衣を着せてしまった。僕のへたれ欠勤の責任を押しつけてしまい大変申し訳ない。すまなかったNHK、申し訳なかったNHK。許してやろうNHK。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

感情不良で仕事を休む

 感情不良で今日も仕事を休んでしまった。欠勤連絡のときに偉いさんが出るので、上司に何度言っても残業を減らしてもらえない、と訴えてしまおうと考えていたのだが。こういうときに限って、偉いさんが出ないのだ。新人の事務員に話したところで意味がない。結局、僕のへたれ欠勤が続いている、という印象を上司に与えたままである。なんてことだ。
 このまま意味もなくぐったり1日を過ごすのもなんだかなあ、と思ったので、えいやっと福原へ行ってくることにした。ぐったり過ごすよりは、えろえろなことをして感情を回復させたい。43歳Fカップお姉さんが出勤していれば、間違いなく選んだんだけど、そう都合良く出勤していない。つまり、若い子のいる一般ソープか、30代、40代の女性が働いている、熟女ソープかを選ばなければいけない。予約をしていないので、どちらでも構わないわけだが。福原へ着いてから、年下か年上か、直感で決めよう。
 NHKと家賃は──これは切り離せないと解ったことはいずれ書くけれど──ぎりぎり払える。MRIの検査は土曜だから、金曜に入った週払いを使えば良い。感情不良でも、この辺りは冷静に考えているのだ。そんなわけで、仕事を休んで福原に行ってくるまじろ。

続きを読む


それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

意味ないってばよ

 残業生活がしんどくて休んだら意味がないので、残業を減らして定時で帰らせて欲しいと頼んでいるのに聞いてもらえない。定時ならなんとか行けたところ、残業だと考えると欠勤の連絡を入れてしまうのだ。つまり、今日の仕事を休んでしまった。この件は、派遣担当を通して、工場の上の人たちには伝わっているんだけど、直属の上司に伝わっていないみたい。あるいは、聞いていない振りをしているのか。工場の偉いさんには、しんどいときは上司に言ってくれれば良い、と言われているけれど、その上司が聞いてくれないんだよ。作業場の人数が少なく、上司と若い社員と僕だけだから、仲違いして仕事がやりにくくなるよりは、残業生活を続けた方が良い、と考えてのことだけど。しんどいときはしんどいんだよ。他のみんなだって大変なんだから、と言われても、僕の体調に他のみんなは関係ない。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

食費オーバ×II(ダブル)

 7月23日にして、食費が3万円(月の目標額の2倍)を超えてしまった。なんてこと( ゚д゚)ポポポポーン

 語りえぬものについては(以下自制)。セブンイレブンで買う酒はクリアクーラーのみにしようと考えている。高い酒を買うよりも安い酒にしておけ、という考えが良いのか悪いのかは解らないけど。節約しつつ、アルコール度数を減らせるのであれば。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

病院ばかりの日

 先週に病院、今週も病院、来週も病院、翌週も病院に行くだろう病院サイクルに。
 痛みがあるから病院へ行ったのに、異常はありません、と言われてたので突っ込んで訊いてみたら、レントゲンを撮られて血を取られて。その結果を聞きに行ったところ、異常はありません、と言われたので更に突っ込んで訊いてみたら、来週MRIの検査(費用が高いんだが)をしてくれるという。それでも、異常はありません、と言われるだろうことは解っているのだけど。毒を食らわば皿まで。レントゲンでも血液検査でもMRI検査も異常がないのであれば、僕の身体は異常がないのに痛むようになってしまったのだ。どないせいちゅーねん。

 とはいえ、通風でもなく肝機能障害でもないことが解った。酒が原因で病気になってしまったのなら、さすがに酒をやめなければいけない。利用できるなら、肝機能障害だって利用してみせる、と考えていたのだが。その必要はなくなった。だからといって、酒を飲んで良いわけではない。
 飽きれるほどに書いているけれど。基本、酒なし生活。平日買物不可。どうしても飲みたい、買いたい商品があった場合、とにかくそれ1本でやめておく。これが、新しいいっぽんぽん。新生いっぽんぽん。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

たったふたつの冴えたやりかた

2017071718150000.jpg

 余りにも子供染みた方法なんだけど。できるだけのことはやっておきたい。
 単純な話、酒を買うためにはお金が必要である。自販機で買うにしても、スーパやコンビニで買うにしても、財布からお金を取り出さなければいけない。
 そこで、「酒なし生活」「平日買物不可」と書いた紙を財布に入れておくことにした。これにより、最後の歯止めが掛かるはず。まあ、スーパやコンビニの会計直前に見たところで、やっぱりやめますという思い切りが僕には出せないけれど。小心者の僕は、商品を買う前に、財布にいくら入っているかを確かめるのだ。
 つまり、酒やつまみをカゴに入れていても、財布の残高を確認したときに、そうだ、酒なし生活を続けなければ、と思い出すことによって、酒を戻してジュースに代えよう、つまみを戻して菓子に代えよう、という行動に繋がる。自販機であれば、そのまま素通りすることができる。
 「酒なし生活」「平日買物不可」が前提ではあるけれど、えいやっと、買って飲んでしまうことがあるので、わずかな希望、あるいは、良心を残すきっかけになれば。

 ……いや。酒をやめるために厚紙を財布に入れたわけではない。数年前から、僕は財布に厚紙を入れている。誰かのためのお役立ち情報、みたいな記事を書くつもりだったけど、すっかり忘れていたのでここで書いてしまおう。
 写真を見れば解るけど、財布ではなく小銭入れである。クレジットカードを常備している人や、紙のお金しか持ち歩かない人には全く以て関係がない。僕のように、小銭と千円札しか持ち歩かない人に向け。
 財布に厚紙を入れることで、区切りができる。僕は左側に1円玉と5円玉、右側にそれ以外の貨幣と1000円札を入れている。これによって、会計時の端数に対応できるのだ。1円単位なら左側を探す、10円単位なら右側だけで支払える。
 レジで財布の中身を確かめて会計が遅くなる人がいるけれど。あれはおそらく、1円と5円と10円と50円と100円と500円と1000円札がすべて同じ場所に入っているからなんだよ。仕切りの厚紙を入れるだけでそのもたつきは改善できる。
 と僕は考えているけれど、見ず知らずのお年寄りに、そんな忠告をするのは躊躇われるため、大人しく順番を待っている。会計が遅い人に文句はないけれど、それを知って、次々とレジ打ちをする店員には、思うことがないわけではない。サッカ台の状況を把握しながらレジ打ちの速さを調節して欲しい。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

アルコール度数9パーセントの壁

 「アルコール度数5パーセントの壁」を書いたときに、気に掛かっていることがあったんだけど、このやり方で上手くいくはずだという思いからそのまま書いてしまった。いいやいいやで済ますわけにもいかないので、踏み込んで考えてみよう。

 度数の高いチューハイをクリアクーラーに変える、これは上手くいくはずだ、と思い込んでいたのけれど。決まりを守りたいために、限定品から目を逸らしていたのだ。つまり、どこのメーカでも売っている定番商品──だいたいはレモンとグレープフルーツが多い──これらをクリアクーラーに買えることはできた。定番商品は、どこのメーカのものにしろ、飲み尽くしてしまった。この商品がどうしても飲みたい、ということはない。ただし、限定品は別である。定番商品とは逆に、どうしても飲みたい、と思うことが多いのだ。
 結論から言うと、7月2日に度数の高いチューハイは最後にしようと考えたものの、その10日後に買ってしまった。期間限定商品だったから。なんて言い訳はみっともない。我慢できずに買ってしまった、というのが事実である。これまでに何度も、度数の高いチューハイはやめようと考えたことがあって、今度こそは本当にやめるつもりでいたけれど、実際に限定品を目の前して、素通りすることができなかったのだ。
 というか、度数の高いチューハイをクリアクーラーに変えるということは、セブンイレブンで買うチューハイをクリアクーラーにする、ということである。この場合、酒自販機に近寄らない、酒売り場に近づかない、という条件は機能しない。同じチューハイの棚に並んでいるのだから、限定品のチューハイが目に入ってしまう。飲んだことがない、あるいは、とんでもなく久し振りの商品だ、と思ってしまえば、買ってしまうに決まっている。
 これはどうしようもない。買わないでもやもやむやむやするのであれば、思い切って買ってしまった方が良い。ただし、1本のみ。度数の高いチューハイの定番商品はクリアクーラーに変える、これは大丈夫のはず。どうしても欲しい限定チューハイがあれば買っても良い、ただし、1本のみ。これだけは守る。
 限定チューハイが1本ではなく2本、あるいは3本発売されていたとしても。買うのは1本。残りは明日、明後日に。3本買って、今日は1本だけ、明日1本、明後日1本と考えたところで、結局は1日で3本飲んでしまうのだ。そのことは充分に、嫌になるほど経験済み。度数の高いチューハイを2本、3本と飲むと、翌朝の体調が悪くなり、それに託けて仕事を休んでしまうことが多い。さすがにそれはもうやめろ。

 限定品が何本あっても、買うのは1本のみ。
 度数に関係なく、買うのは1本だけにする。

 何度も言っているように。基本、酒なし生活。平日買物不可。これが前提なのだけど。
 限定品を見つけてしまったときのときの歯止め、あるいは、安全弁が必要である。この考えを維持することができれば、度数に関係なく、定番や限定に関係なく、酒を1日1本だけに抑えられる。1本のみを守ることができる。これが、新しいいっぽんぽん。新生いっぽんぽん。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

壁の向こう側

 「アルコール度数5パーセントの壁」を書いたとき、気に掛かっていることがあったんだけど、このやり方で上手くいくはずだという思いからそのまま書いてしまった。いいやいいやで済ますわけにもいかないので、踏み込んで考えてみよう。
 「普通のチューハイを1本飲んでも酔うことがなく、追加で度数の高いチューハイを買ってしまい、ばたんきゅすることが何度かあった」というところがおかしい。これはつまり、酒に酔わないからもう1本買って飲む、その結果、ばたんきゅすることがあった、という意味である。ここを改善しなければいけない。
 これまでは、酒をやめろ、酒を減らせ、とにかくやめろ、とにかく減らせ、と根性論ように、やめろやめろと考えていたけれど。その考えを変えてみた。酒をやめる、減らすための理由を作るのだ。屁理屈だろうと構わない。考えを変えることは、今すぐにできる。
 度数の高い酒ほど悪酔いしてばたんきゅする確率が高いけど、必ずしもそうではない。度数が低くても酔うときは酔うのだ。前にも書いたけど、酔うか酔わないかは、そのときの気持ち、精神状態によることが大きい。つまり、5パーセントで酔うこともあるし、9パーセントでも酔わないことがある。ここを突破口にすることができれば。
 
 1本飲んで酔わないのなら。何本飲んでも酔わないだろうから、追加はなし。
 1本飲んで酔ったのなら。それで充分なのだから。これ以上買う必要はない。

 何度も言っているように。基本、酒なし生活。平日買物不可。これが前提なんだけど。
 えいやっ、と買ってしまったときの歯止め、あるいは、安全弁が必要である。この考えを維持することができれば、もし、仕事帰りに酒を買って飲みながら帰ってしまっても(もしくは、家に帰ってから飲んだときでも)、酔わないからこれ以上買わない、酔ったからこれ以上買わない、どちらにしても、1本のみを守ることができる。これが、新しいいっぽんぽん。新生いっぽんぽん。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

濡れ衣

2017071818430001.jpg

 少ない週払いの給料から、受信料を横取りするなど許すまじNHKと考えていたのだが。引き落とされていなかった。未払いの請求はやはり翌月だった。すまなかったNHK、申し訳なかったNHK。許してやろうNHK。とは思ったものの、BS放送を見ていないのに、衛星契約はつらい。許すまじNHK。
 だとすると、口座の不足分はなんだろう。月末の引き落としは、家賃かNHKのどちらかしかない。となると、週払いの支払いが従来の5日分ではなく、3日分になったので、それによる税金やら手数料やらの違いだろうか。明細がじきに届くので、それを見ればはっきりするんだが。
 とりあえず、解っていることは。7月26日にNHKの受信料が引かれるということである。NHKに週払いを横取りされたと思い込んでいたので、ともあれNHKの支払いは済んでいる、と考えていたというのに。今月末に4460円も持っていこうとは。許すまじNHK。
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析