作業ズボンがきついんだ!

 派遣でも飲み会に誘ってもらえる職場なんだけど。毎回断っているせいか、今年の忘年会に誘われなかった。これまでは、同じ作業場の若い社員が飲み会の参加者を確かめていたけれど、彼が辞めてしまったせいで、社員にしか連絡していないのかもしれない。という理由を無理やり考えた。もっとも、訊かれたところで断るのだから、誘われないのが寂しいなどと思わないように。5秒くらい悲しんだのでこの件はおしまい。

 若い社員が辞める前、背格好の似ている僕は彼の着ていた作業服をもらった。夏服上下1着、冬服上下2着。彼にしてみればこの先使うことはなく、新しい作業服を買っていない僕にはありがたい。僕が持っている冬服は、今の仕事を始めた3年前にもらった誰かの使い古しである。一方、社員には半年に1度新品の作業服が支給され、月に数回クリーニングの無料サービスが付いている。彼の使い掛けとはいえ、僕の冬服より、遥かに綺麗なのだ。もらえるものはもらっておこう。
 着てみたところ、上着に問題はないけれど、ズボンが少しきつかった。タグを調べると、僕のズボンより3センチ小さい。とはいえ、元のズボンに多少余裕があったので、履けないわけではない。これは大助かりである。ところが、もう一組の冬服のズボンが、少しではなくきつかった。こちらは、僕のズボンより6センチ小さい。
 同じサイズのズボンだと思っていたけれど、前のが小さかったから大きいのにしよう、あるいは、前のが大きかったから小さいのにしよう、と違うサイズを頼むことは考えられる。これは予想外だった。履けないことはなかったので、1日仕事をして様子を見ることにした。お腹がきつくて気持ち悪い、昼食が食べられない、おちんちん様が苦しがっている、などという被害は出なかった。
 どうしても履けないようなら、それこそ破れてしまうのであれば、諦めるしかないけれど、少しきつい程度で使えるのだから、このまま使わせてもらおう。もっとも、無理に履く必要はないので、6センチ違いを1週間、3センチ違いを2週間ずつ交互に履く、みたいな感じでも良い。もともと、3年前の上下で冬を過ごすつもりだったから、使い古しを一式もらえただけで充分だろう。あるいは、この機会にダイエットを始めてみるとか(これは冗談だが)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示