たったひとつの冴えた飲み方

 平日休日関係なく酒は1日1本のみ。

 という決まりが何年経っても守れないので、「平日1本休日2本」という、土曜日曜を特別扱いする決まりに変えた。これは去年の12月から試しているけれど、これもほとんど守れてない。どちらも守れていないのなら、制限は厳しい方が良い。2本と決めて3本飲んでしまうよりは、1本と決めて2本飲んでしまう方がまだマシである(これを甘えと言う)。
 とはいえ、全く以て勝算がないわけではない。かつての「いっぽんぽん」とは前提が違う。平日買物不可、コンビニ酒購入不可を踏まえた、新しいいっぽんぽんである。呼び方はどうでも良い。1日1本を守る。それがいずれは節約や貯金に繋がるし、毎日2時間の読書を続けられる。守れなかったら反省する。翌日は必ず守る。守れるまで続ける。

 この記事を書いた数日後、1本買いを追加した。酒は1日1本のみ(1本買い)。

 1日1本なら買うのは1本のはずなんだけど、土日の午前中に買う場合、平日と違って特別なのだからと少なからず思ってしまう。夕方や夜になって追加の酒を買わないで済むよう、ここで2本買っておこう、多くても2本までが守れれば良い。みたいに考えてしまうわけだが、1日1本を徹底すると言いながら、多くても2本までと考えるのがおかしい。平日1本休日2本を守ろうとした弊害がここにある。
 多くても2本までを守れるのなら問題ない、1本をすぐに飲んでも、もう1本を夕方か夜以降に残しておけば、これ以上買う必要はないと考えているのだが。大抵は、2本を続けて飲んでばたんきゅ、パタンが崩れてしまったからと、いいやいいやで、追加の酒を買いに行ってしまう。ばたんきゅしなくても、夕方や夜になると、結局は追加の酒を買いに行ってしまう。多くて2本までがまったく守れていない。これが悪酔い、二日酔いに繋がり、欠勤に至ってしまうことが多い。
 これを防ぐには、最初の酒を1本にするしかない。自販機で買うのは1本だけ。追加の酒を買わなければ、その日は1本で過ごせるし、買いに出てしまっても、1本買いを守れば、多くて2本までを守ることができる。飲んでしまうことを予想した対策というのは、情けないものがあるけれど、飲む量を減らすことができれば構わない。
 そんなわけで、1日1本1本買い生活を始めますか(これがおそらく、最後の酒飲み対策)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示