仕事の内容が解りにくい

 今に始まったことではないけれど、このブログは(というか以前のブログもだが)、自分に迷惑が掛からず他人にも掛からないように書いている。本屋にしろ倉庫にしろ、一般的な作業は書いても、その職場特有の仕事を書くことはない。例えば、サンダル工場と書いたものの、正確にはサンダルではない。サンダルに良く似たものを作っている工場である。今の仕事のNC旋盤にしても、切削油や削り屑は(ノイズが多いので)大丈夫だろうけど、機械についてどこまで書いて良いのかを迷っている。
 ブログの写真も、田舎の風景以外は部屋の中で撮っている。外食の写真を載せることもない。これは、店の人に失礼だと考えていること、僕が携帯電話を持ち歩かないことが理由である。そこまで気にすることはないだろうけど、用心に越したことはない。アクセスが少なくても、世界中と繋がっていることを忘れてはいけない。妹(*´Д`)ハァハァなんて恥ずかしいことは書けやしない。このような理由でブログ書きが滞ってしまい、というか内容や構成に時間を費やして、書きたい記事がなかなか書けないという状況に陥ってしまうのだ(という言い訳)。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

蒸かしでGO!

 12月6日に無洗米(5㎏)を買ったのに、翌日7日に電子レンジが壊れてしまい、冷凍ごはんを解凍する方法をいろいろと試すことにした。代替できるのなら、電子レンジのない生活でも構わない。湯煎解凍に不備があったので、他の方法を探すことになった。
 レンジが故障した翌日、応急処置的に湯煎だか蒸かしだか解らない方法で解凍したけれど、それを推し進めて考えることにした。
 2018121720450000.jpg

 冷凍ごはんを蒸して解凍するため、タッパの蓋を外した(外さなければ蒸すのではなく湯煎のままである)。雪平鍋と深い鍋には落とし蓋、フライパンには専用の蓋をして蒸かす。 

2018121720460001.jpg
 
 何度か試してみたところ、雪平鍋にバリスタカップ1杯分(200ml)の水を入れ、タッパを外した冷凍ごはんを置き、15分くらい加熱する。これにより、電子レンジを使わなくても、冷凍ごはんを解凍して、おいしく食べられることが解った。冷凍ごはんの解凍は蒸かしがベスト(湯煎も含まれているだろうけど)。
 年末年始の休みが終わるまでは、冷凍ごはんを蒸かして解凍する生活を続けたいと思う。あくまで緊急避難である。電子レンジが使えるのはら、それに越したことはない。あれやこれやそれやどれやの紆余曲折を経て、この記事を書いている2019年1月4日、えいやっと西日本専用の電子レンジをAmazonに注文した。この僕が湯煎や蒸かし生活をするのはこれまでだ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

市府民税の納付書が届くバッドタイミング

 正確には、市民税・府民税納税通知書である(市府民以外には住民税だと思ってもらえれば良い)。
 2018年6月10日。福原から帰ってくると、郵便受けに市府民税の納付書が入っていた。よりによってこんなときに届くとは。福原から戻ってきたというのは、それなりのお金を使ってきたという意味である。市府民税をすぐに払うことなんてできやしない。まったく、なんという運の悪さだよ。このときは、第1期の支払い(7月2日まで)を遅らせるつもりでいたけれど、とある事情で期限内に払うことにした。
 さすがに、市府民税の納付書が届いた日をすべて覚えてはいないけど、福原から帰ってきて市府民税の納付書を見つける、支払うお金がないから先に延ばそう、というパタンが何度かあったような気がする。そのため、督促の限界に挑戦することになった。僕の予想だと、市府民税の納付書が届くのは土曜か日曜である。料金後納郵便のため、消印から投函日を知ることはできないけれど、平日に届いていれば、週末の福原はやめている。
 遅かれ早かれ払わなければいけないのだから、お金があるときに払ってしまうのが一番である。福原へ行くのに憂いもなくなる。それができなかったのは、納付書が月曜から金曜には届かなかったから。また、僕が福原へ行くのは仕事が休みの土曜か日曜が多い。これらの情報により、市府民税の納付書が届くのは土曜か日曜だと推測できる。
 納付書のことは何度かブログに書いているけれど、届いた日にちまでは記録していない。正解を得るためには、次に届く日にちを覚えておくことだろう。6月上旬から中旬に掛けての発送だと解っているので、その時期の散財に注意しておけば良い。住所が変わった場合、転居届を出せば転送されてくるだろうけど、その場合、土日に届いたかどうかの判断はできなくなるわけだが。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

湯煎でGO!

 12月6日に無洗米(5㎏)を買ったのだが、翌日7日に電子レンジが壊れてしまい、冷凍ごはんを解凍する方法をいろいろと試すことにした。代替できるのなら、電子レンジのない生活でも構わない。
 ジップロックで湯煎するやり方を見つけたけれど、都合良く持っていないし、買いに行くのも手間が掛かる。スーパでもらえる小さなポリ袋があったので、それに冷凍ごはんを入れて湯煎してみた。電子レンジより時間は掛かるけど、きちんと温かいごはんになっている。ただ、途中でひっくり返したり、固さを確かめたりするうちに、袋が破れてごはんが濡れてしまう怖れがある。これがベストとは言い難い。
 2018121321190001.jpg

 どうしようもなければ電子レンジを買うしかないが、冷凍ごはんを解凍する問題が解決すれば、レンジのない生活が送れるかもしれない。他に何かないものかと仕事中も考え続けていたところ、とある方法を思いついた。レトルト食品は、レンジを使うのではなく、湯煎で温めることのできる商品が多い。湯煎に対応した袋、レトルトパウチを使っているのだ。ならば、それを使って冷凍ごはんを解凍できないものだろうか。

2018121321290000.jpg

 その日の仕事帰り、いくつかのレトルト食品を調べ、袋の大きいおでんを選んだ。これなら、タッパで冷凍したごはんをそのまま入れることができる。スーパのポリ袋と違って丈夫で破れにくい。ひっくり返したり、固さを見るのも中身を濡らすこともない。目論見通り、冷凍ごはんを温かいごはんにして食べることができた。
 これからは、レトルトおでんで解凍ごはんだぜ、と喜んだのも束の間、袋の中にごはんが残っている。これを取り除くのに一苦労。残したまま使うと、いつか腐ったごはんが混ざり兼ねない。かといって、冷凍ごはんを解凍するたびにレトルトおでんを買うわけにもいかない。レトルトパウチの湯煎解凍は諦めることにした。湯煎以外の方法を探さなければ。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

食費12

 12月の食費は42110円。ひと月27110円オーバ。
 本代、2685円。積読本275冊。ギフト券6000円。

計算式 (食事)+(酒)=(食費合計)/(1日当たりの食費)
01月分の食費 20656+15585=36241円/1169(日)
02月分の食費 11756+17500=29256円/1044(日)
03月分の食費 27428+21848=49476円/1589(日)
04月分の食費 12383+18789=31172円/1039(日)
05月分の食費 17496+19529=37025円/1194(日)
06月分の食費 7800+12168=19968円/665(日)
07月分の食費 13025+18334=31359円/1011(日)
08月分の食費 14064+25662=39726円/1281(日)
09月分の食費 19373+17657=337030円/1234(日)
10月分の食費 15806+116020=31826円/1026(日)
11月分の食費 12595+118966=31561円/1052(日)
12月分の食費 130178+11932=42110円/1358(日)

 1日1本(あるいは1本+α)は12日。500mlは6本。1日1本を徹底する、平日買物不可。スーパやコンビニへは週末のみ。最終月にして今年で2番目に食費が多いとかギャアァァァァ━━━━━━(゚Д゚|||)━━━━━━!!!!!!
 1日1本を守れる日が増えてきたものの、500mlを買ってしまうことは避けたい。寒い時期に追加の酒を買わない生活を徹底させよう。本代、ギフト券代はこのくらいがベスト。ギフト券は電子レンジの代金である。登録はしたので、あとはレジに進むだけなんだけど、この記事を書いている12月31日現在、まだ注文していない(今日頼めば明日届くみたいだが)。
 酒とつまみの購入が多い。1本のみが12日ということは、残りの19日は2本以上買っているこということである。平日の仕事帰りにスーパやコンビニへ寄らないよう。また、松屋、ピザハット、ケンタッキーと豪遊が多過ぎる。すべて期間限定メニューなんだから、と都合の良い理由を作ってしまう。ピザとチキンを既に食べているので、年末年始のピザとオードブルはやめよう。
 その代わりでもないけれど、29日、30日、31日と、最寄りスーパで3日続けて食料食材を買ってしまった。今日が今年最後の食料購入なんだからな、と3日も同じことを続けるアホウがここにいる。1週間分の食料食材と正月用の食事を含んでいるのだが、28日のケンタッキーを加えると、連休4日で10250円も食費に使っている。迷った末に、結局はキクマサピンの2リットルを買った(自販機のピンが売り切れていたので仕方がないという理由づけ)。
 残り6日は、食費を一切使わないつもりでいるのだが、守れるかどうか心許無い。松屋のチーズエッグビーフハンバーグステーキ定食を、ライス大盛無料サービス期間に食べておきたい。これは12月ではなく1月の食費に入るから、それ以降の節約節制を徹底すれば大丈夫、などと考えている。1月8日発売の四川風麻婆鍋膳も食べておかなければ、と思っているわけだが。
 今月から──といっても残り9時間しかないのだが──食料少量購入に、上位互換購入を加えることにした。月見バーガーとチーズ月見と金の月見バーガーを買ったときに、それとなく考えていたことが、3カ月経ってようやく形になった次第。
 上記の松屋を例に挙げると、「ビーフハンバーグステーキ定食」「エッグビーフハンバーグステーキ定食」「チーズビーフハンバーグステーキ定食」「チーズエッグビーフハンバーグステーキ定食」の4種類が発売されるけど、上位互換の「チーズエッグビーフハンバーグステーキ定食」を食べることで、他の3種類も食べたことにするのだ。これが上位互換購入である。俺がそう決めたんだ。誰にも文句は言わせない。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

効率的なブログの書き方

 一、最初に固定記事を書く。
 二、次に今日の食事を書く(最低1記事)。
 三、最後に個別記事を書く(複数記事)。
 【二と三は逆になっても良い】

 固定記事というのは、一定期間ごとに同じ内容を書いている記事で、タイトルは同一のものを使うことが多い。「食費」「豪遊」「視聴番組」「おすすめ」等のことである。テンプレに沿うだけなので書きやすい。月末を区切りにしているので、月初になれば書くことができる。すべて書き終えている場合、最初に今日の食事を書く。
 「今日の食事」は、写真ストックが貯まり過ぎているので、今後の予定を着実に進める。2記事か3記事を続けて書いてしまうのが理想。季節感の違いはできるだけなくしたいけど、そんな悠長なことを言っている場合ではない。同じ料理、同じ食事は載せないようにしているので、他のカテゴリと違って、書き続けていれば確実に終わりに近づく。
 個別記事というのは、過去のことや現在のこと、ただの思考だったりするけれど、要は普通の記事である。個別にタイトルを付けている。上記の「食費」「豪遊」「視聴番組」(固定記事)、「今日の食事」(不定期の固定記事)以外の記事だと思ってもらえれば良い。この記事がもっとも多く、書くつもりの記事がとんでもなく多い。固定記事、「今日の食事」を書いたら、残り時間はすべて個別記事に使う。
 「短短短長」「長短一緒」「旧4新2」を経て辿り着いた、たったひとつの冴えた書き方である(「短短短長」「長短一緒」はまだ書いていないけど)。執筆、読書、ブログ書きのBGMはインスト。この決まりに沿って書けば、週に2時間のブログ書きを効率的に使うことができる(はず)。あとは、書き終えた記事から判断して、公開の順番を決めれば良い。書け!書くんだジョー!
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

豪遊第4期(10月~12月)

10月07日 ネギたっぷりネギ塩豚カルビ丼(並盛) 450-50 400円/松屋
10月08日 あんかけ肉たま丼(並盛) 290 生野菜100 390円/松屋
10月11日 カレギュウ(並盛) 550-30 520円/松屋→平日
10月19日 ハンバーグカレー(並盛)590-30 560円/松屋
10月22日 ブラウンソースエッグハンバーグ定食650-70 580円/松屋→平日
10月28日 うまトマチーズハンバーグ定食(大盛無料) 750円/松屋→+40円でポテトサラダに変更ボタンが見つからず(ポテトサラダセットのメニューがあるっぽい)
11月18日 牛めし(並盛) 320円/松屋→二度寝くり返し15時起きの日曜(朝昼夜兼用)
12月16日 チーズタッカルビ鍋定食(大盛無料)780 ポテトサラダ40 820円/松屋
12月21日 ズーチー4(39%OFF) 1647-7 1640円/ピザハット
12月28日 とりの日パック 1000円/ケンタッキーフライドチキン 

 あんかけ肉たま丼は11時~17時販売なので、仕事が休みの日しか食べることができない。生野菜とは生野菜セットのこと。セットではなく、個別の値段を書いている。
 10月28日は10時過ぎに松屋へ寄った。お客さんは少なかったけど、店員がひとりだけだったので、料理が出てくるまでに20分も待たされた。昼時を外して早い時間に行ったことが裏目に出てしまった(僕よりあとに来た客が、待ち時間に耐えられずキャンセルして出て行ったほど)。松屋の影響で、レトルトカレーやカレールーは、中辛ではなく辛口、あるいは大辛を買うようになった。辛くてうまいなんて最高じゃないか。
 ここ数カ月、松屋へ行き過ぎているせいか、すき家とか吉野屋とか、これまで頻繁に行っていた宮本むなしへ行く気が薄れてきた。仕事帰りに寄るには松屋が便利過ぎるのだ。地下鉄の駅を出てすぐの松屋と、しばらく歩くむなしのどちらを選ぶのかは言わずもがな。隣接市の本屋へ行くときは、むなしの方が便利なんだけど。とりえあず、平日の仕事帰りに外食するのはやめろ。
 宮本むなしの全メニュー制覇達成以降、期間限定メニューが出たときに行けば良いと考えていたけれど、それすら億劫になっている。11月初旬発売の、期間限定鍋メニューが3種類、デラックス定食が3種類とは多過ぎる(牛サーロインデラックス定食が1280円)。
 12月8日の仕事帰り、えいやっと牛ハラミデラックス定食を頼むつもりでいたんだけど、これまでに何度も利用していた、隣接市の宮本むなしが閉店していた(そのため、隣接市のスーパでさんまを塩焼を買って帰ることになる)。僕が松屋に通っていた4カ月の間、9月30日に閉店していたみたい。
 他の店舗はいくらもあるけれど、電車に乗ってまで食べにいこうとは思わない(日本橋のむなしへ行くのは、午前中の雑用時間に本を買った帰りになるので、がっつり飲み食いするのには向かない)。僕の人生から宮本むなしが消えたのだ。ありがとう宮本むなし、さようなら宮本むなし。
 そこから少し歩いたところに、やよい軒が開店していた(こちらも定食のごはんはおかわり自由。ただ、むなしに比べると全体的にメニューが高い)。というか、僕が大阪に引っ越して以来、いつか買いに行こうと思って、結局は行くことのなかったミスタードーナツの跡地だった。
 12月21日は職場のクリスマス会で、例によって参加せず、帰ってピザハットを頼んだ(ズーチー4の割引きがこの日までだったので頼むことは決めていた)。12月28日は連休初日かつとりの日パックの発売日なので、この日を逃してなるものかとケンタッキーを買った(28日が平日だと仕事帰りに寄るのが躊躇われる)。
 ここ3年、年末年始にピザやオードブルを食べているけれど、12月にピザハットとケンタッキーを買ったので、今回はやめても良いだろう。ピザやオードブル以外に食べたいものがあるわけでもないのだが、連休なのでがっつり飲み食いする、という先入観や固定観念を崩すため、いつでも買える商品をコンビニで買うのも良いかもしれない。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示