冬の夜干しは不可

 洗濯物が乾きづらい冬は、「夜から干す」が効果的!

 これが冬のベストな干し方。だということが解ったので、これ以上の記事は要らないのだが、気になったのは過去に書いた記事である。「最低気温が0度を超えれば夜干しが可能」だと書いてあるけれど、これが良く解らない(当時書いた記事でも過去に書いた記事の意味が解らないと書いてある)。
 これはもう試してみるしかあるまい、と冬の夜干しを試してみたのだが、朝になっても乾いてない。濡れてはいないけど、湿り気が多く、乾かしたとは言い難い。ほぼ予想通りの結果だった。というか、今年の冬は、正確には去年から今年に掛けての冬のことになるのだが、僕の住んでいる地域では最低気温がマイナスになったことはない。
 0度を超えれば大丈夫など、当時の僕はいったい何を考えていたのか。それを確かめるため、再びの夜干しを実践しつつ、三度とか四度の可能性もあるのだが、いろいろ調べたところ、夜露が原因であると解った。氷点下になると露が降りて洗濯物が濡れてしまう、夜に干すのなら0度を超えたときにした方が良い、という意味で書いていたみたい。全く以て、当時の僕は説明足らずだった。
 夜露の他に、エアコンの室外機から出る水滴も影響しているのではないか、とも考えたけど、これは良く解らない。水滴が落ちるといっても、洗濯物が濡れてしまうほとではなかった(室外機はベランダ床置きではなく天井吊りである)。それでは、やはり夜露が原因なのかと思ったものの、前述の通り、今年の冬は、最低気温がマイナスになったことはない。だとしたら、夜露と室外機の他になんらかの理由があるのだろうか。
 夜露にもエアコンにも詳しくない僕に、これ以上のことは解らない。結局のところ、冬の夜干しはやめよう、干すなら出勤前、あるいは、土日の朝にしましょう、という結論になる(上記のリンク参照)。この記事を書いているのが2月なので、部屋干しのち外干しという面倒をするにしても、精々ひと月くらいだろう。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示