一カ月定時退社生活

 台風何号かの影響で、材料が届かず生産できない商品があるようで、ここ1カ月は残業なし、定時で帰れるようになった。今年の残業はもうない、ということになる。
 週4日の残業を1日減らすため、上司と何カ月も交渉したというのに、なくなるときはあっさりなくなってしまう理不尽さ(下働きだもの)。とはいえ、従業員全員というわけではなく、作業内容によっては、これまで通りに残業が続いている部署もある。
 僕としては、週に1日、あるいは2日の残業が、体力的にも精神的にも、更には給料的にも都合が良いのだが、他の部署でも良いので残業をさせてください、とまでは言えない。そんなことを言ったら、「風邪でも、絶対に休めないあなた」になってしまう。僕は、体調が悪いときにきちんと休む人間である(その原因が酒であることが多いのは直さなければいけないのだが)。ここはもう、定時上がりを受け入れよう。
 一時は──2017年4月前後のことでいつか記事にすると思うけど──定時上がりのロッカで近くにいる派遣に苛立って、帰りの電車で固定の迷惑客に腹立って、週に1度の定時帰りにプラチナむかついて、帰りに酒を買って飲み悪酔いばたんきゅするという、よろしくない生活を送っていた(調べてみたら2017年の4月5月はほとんどブログを書いていない)。当時に比べれば、定時上がりによってムカつきが生じること少なくなった(駅や電車に迷惑客はいるけれど)。
 残業代がなくなるのは痛いけど、定時で帰れば読書の時間が2時間増える。平日の酒は1本を守り、着実に読書を進めよう。本読みマンに俺はなるっ!!!
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示