しょうご

無伴奏無伴奏
太田 忠司

東京創元社 2011-07-27
売り上げランキング : 257777

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「でも結果的にいろいろな仕事をしてきたことはよかったと思っています。さっきも言われたように私は人と接することが苦手な人間でした。だからこそ人というものを知り、係わっていくことが大事だと思うようになったんです。そう思い始めた頃から私は、自分のするべき仕事は『人を見ること』だと思うようになってきました」

 太田忠司氏の『無伴奏』を読了。太田氏の著作は、ほぼ全作読んでいて、ノベルスや文庫で集めている。その中で、もっとも好きな作品が、本作、阿南シリーズである。大好きな作品なのに、全く以て続編が出なくて、途中で出版社が変わってしまい、続編はもう出ないよな、と思ったころに、文庫が再刊行されて、なんと、13年振りの新作刊行に繋がる。それが本作、『無伴奏』である。
 1作目の『刑事失格』で、「堅苦しいんだな」「当然だ。警官なんだから」というやり取りがあったけど、これは逆で、警官が堅苦しいのではなく、阿南さんが堅苦しいのだ。その堅苦しさに惹き付けられて、あるいは痛々しさに共感してしまい、ここまで読み続けてきた。あの阿南さんが、今や48歳か( ノД`)シミジミ…
 警察官や工場の作業員、コンビニの店員、ショッピングセンタの警備員、いろいろな仕事をしてきた末に辿り着いたのが、訪問介護の仕事。まさか、介護の仕事とは思わなかったけど、理由を聞くと、堅苦しい阿南さんだからこそ。介護員になっても、介護される人以外の介助をしてはいけない、という決まりをきっちり守るところは、いくつになっても阿南さんだと感じさせる。本作で初めて、下の名前が明かされるのだが、とんでなく阿南さんらしい。この名前にしてこの人あり。
 22年振りに、実家に帰った阿南さんと、家族を巡る物語。ミステリ要素はあるんだけど、それほど濃くはない。それでいて、現時点における著者の最高傑作、という惹句に偽りなし。太田氏の作品は、ミステリではなく、物語を楽しむものなのだ。本作は、さだまさし氏の小説を好んだ人なら、同様に楽しめるかもしれない。最終数ページが泣き所の連続で、思わず、( ノД`)うわーん…となりそうだった。さて、これからも、続きを書いてくれるのか。

 初めて『刑事失格』を読んだのが、1997年5月10日から5月11日。続けて、『Jの少女たち』を、5月11日から5月12日で読んでいる。その2週間後、僕は高校へ行かなくなり、16歳にして無職になるのだ。『天国の破片』は、×京で暮らしていた19歳のころ、2000年7月29日に読んでいて、今回の『無伴奏』を、退職宣言のあとに読んでいる。尽く、個人的な転換期に読んでいるようだ。そんなときに読んだ作品に沁み入るものがあれば、何年経とうと、印象に残っているのは当然か。
 ともあれ、再文庫化によって、阿南シリーズを集めることができた。このまま続けて、藤森涼子シリーズ、『歪んだ素描』『暗闇への祈り』『遊戯の終わり』『追憶の猫』『カッサンドラの嘲笑』も、再刊行してもらえないかな、東京創元社さん。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示