泣き続け

 この記事は長くなり、かなり鬱々した内容になります。

 ようやく仕事が決まったのに、嬉しい気持ちになれないのは、人には言えない、言ってしまうと、むしろ顰蹙を買うような仕事に採用されたからである。いや、法に触れるとか、道徳的に悪いとか、そんなことはなく、会社はきちんとしているし、一般的な仕事よりも、規律を頑なに守っている。ただ、こういう仕事をしているんですよ、と話せば、おそらく9割の人が、眉を顰めることだろう。その仕事をしているというだけで、人格まで否定されてしまうのだ。
 これまで僕は、職業に貴賎はなく、本人の責任に於いてその仕事をしているのだから、他人が批難して良いものではない、などと真っ当なことを書いてきたけれど、自分が当事者になってみると、そんな無責任なことを言っていられない。採用してくれた店には悪いけど、そんな仕事したくないんだよ。親に家賃を借りてまで、どうしてこんな仕事をしなければいけないのか。
 はっきり書くことはできないけれど、いわゆる成年指定というか、未成年はできない仕事というか、いわゆる性的な、エロ関係の仕事である。そのため、採用が決まってからは、安酒を飲んで、毎日泣いている。なんでだよ、どうして俺が、こんな仕事にしか受からないんだよ。
 けど、もう、仕方ない。金がないんだ。あと数カ月、暮らしていける金があるのなら、年末年始も仕事を探し続けていただろうけど、貯金が底を尽いて、1カ月分の生活費を両親に頼む有様。格好良いとか悪いとか、世間体なんて気にしていられない。とにかく金が要るんだよ。だから、採用の連絡がきたときに、よろしくお願いしますと答えてしまった。矜持よりも、金を取ってしまった。金がなければ、生きることすらできない。今はまだ、死にたくはないんだよ。
 本当に嫌なら、採用を辞退して、引き続き仕事を探せばいいだけのこと。けど、もう、採用の連絡を受けた時点で、新しく仕事を探す意欲を失ってしまった。もう、なんでもいいやと、そのとき思ってしまった。余りにも多くの仕事に落ち続けたので、短期の仕事、日雇いの仕事でさえ、受からないのではないかと考えてしまい、ようやくもたらされた糸に、縋り付いてしまった。
 これまで、仕事を辞めて、次の仕事を探そうとしたときは、たいして苦労せずに決まっていた。だから今回も、楽観的に考えていたけれど、どういう訳か、まったく採用されなかった。正社員ではなく、アルバイトを希望しているのに、採用されないって、どういうことだよ。20代と30代で、そんなに違うものなのか。僕はかなり焦っていた。
 余りにも不採用が続くので、次の仕事に対する条件を改めた。社会保険に加入できなくてもいい。時間帯も、朝からでなくても、夕方からでも、夜からでもいい。勤務地が遠くなってもいい。交通費がなくてもいい。時給も低くて構わない。せめて半年、この冬を越える間だけでも、続けられる仕事が欲しい。
 本当にもう、手当たり次第、求人情報誌とネットでの求人を調べ、派遣会社にも応募を続けてきたけれど、尽く落とされた。バカみたい落とされ続けた。僕の職歴は、メジャな本屋で3年、マイナな本屋で2年働いていたので、本屋に応募するのなら、それなりに有効に働くだろうと思っていたのだが、そのようなことはまったくなかった。本屋のバイトも数件受けたのだが、尽く不採用だった。その大半が、履歴書のみでの判断だった。なんだよ、30代が不可なら、最初から求人に書いておけよ。履歴書が帰ってくるたびに、八つ当たりして酒を飲んでいた。
 なんつうか、雇用機会均等法の影響かは解らないけれど、求人情報誌には、女性のみ、男性不可とは書いてない。男女関係なく募集しています、と思わせておきながら、電話を掛けてみると、女性しか募集していないんです、学生だけでやっているんですよ、と断られることが多々あった。だったら最初から、うちは学生しか採用しません、男性は要りません、と書いておいてくれよ。面接すら受けられない求人が、いったいどれだけあったことか。 
 退職宣言をしてから、ずっと仕事を探し続けていた。9月は、仕事をしながら探していたので、ある程度の余裕はあった。けれど、仕事を辞めた10月以降、どんどん余裕は減っていく。そもそも貯金がほとんどないので、どうしても、1カ月2カ月で決めなければならなかった。それなのに、よりによってこの時期に、お金が足りないこの時期に、全く以て仕事が見つからないとは思わなかった。アルバイトであればすぐに決まるだろうと思っていたのだが、その考えが、まったく検討違いだと解った。
 本当に、手当たり次第に応募した。ペンキ塗りとかとび職とか、職人の世界の仕事とか、ラブホテルの清掃係とか、人が嫌がるような仕事にも応募し続けた。それなのに、不採用通知しか届かなかった。貴殿のご活躍とご健勝をお祈り申し上げます、などという社交辞令を送ってくるのなら、何が理由で落としたのか、それだけでも書いてくれよ、当たり障りのない挨拶なんかいらねえよ、と応募した企業に対して、八つ当たりばかりしていた。それでむかついて酒を飲むのだ。なんの解決にもならないというのに。
 だからもう、今回の採用連絡で、緊張の糸が切れてしまった。3カ月半、不採用が続いていたのだ。仕事の内容がどうであれ、この会社で働こう、と。僕を採用してくれたのは、この会社しかなかったのだ。良識のある方たちから避難されようと、その良識のある方たちは、尽く僕を不採用にしてくれた。仕事を探すにも、ある程度の金が必要なのだ。僕には、その金すらない。嫌だ嫌だと思いながらも、その仕事をするしかないのだ。
 もっとも、本当に自分のやりたいこと探すという意志があるのなら、金がなくなろうと、引き続き仕事を探していただろう。あるいは、そこまで深く考えることをしなければ、普通の人が関わらない仕事をするのなら、こんな世界もあるんだな、新しい情報を得ることができるじゃん、と前向きに考えることができたのだろうけど、そのどちらの考えも、僕は持つことができない。けど、もう、限界なんだよ。意志が弱いのは、承知している。人から何を言われようと、その仕事に行くしかないんだよ。嫌嫌だろうと、なんだろうと、採用されたのだから、その仕事に行くしかないんだよ。
 
 本音を言うと、もう実家に帰りたい。中学卒業後、15年以上、両親や妹弟とは一緒に暮らしたくない、できるだけ関わりたくないと考えて、×京やら×都やら×阪やら、ずっと逃げ続けてきたけれど、それをすべて謝るから、頭を下げるし、土下座もするし、これまで借りた金も返すから、何年掛かっても必ず返すから、とにかくもう、実家に帰りたい。こんなところにいたくない。
 どうして、ここまで追い込まれないと気づかないんだよ。実家に戻るのなら、僕のことをいつも気に掛けてくれた、祖母が生きているうちに帰れば良かった。今更帰ってなんになるんだよ。昔みたいに、おばあちゃんと糸ぐるまで食事をしたかったし、西友のゲームコーナに行きたかった。散々、自分勝手に暮らしてきて、今更こんなことを思って、おばあちゃん、ごめんなさい。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。
私も30代で仕事を探していますが、これでもかってぐらい書類が通りません。表向きは年齢について触れていなくても、やっぱり裏では制限あるみたいですよ。やはり雇用機会均等法のせいみたいです。最初から応募しないから初めから書いてくれよ!と私も思います。
まあ、頭を下げて実家に帰れるようでしたら、一度帰った方がいいと思いますよ。私も昔出て行って、どうにもならなくなって戻り、そしてまた出て行きました。そのくせまた無職なんですけど(^^;

猫男さん
コメントありがとうございます。
実家に帰るにしても、それまでにできるだけのことはしておきたいのです。ただ、焦るばかりで、空回りしているような気がします。もう少し、精神的に強くなりたいものです。

なんだかもう帰りたいみたいな感じになっててアレなんですが、エロ関係のお仕事も立派なお仕事だと思いますよ。職業に貴賎があるなら、政治屋より貴いんじゃないかなって思う。
なんだかんだいってエロは人間にとって重要な要素であるので、そこをどうにかしてくれる商売ってのは必要なんだと思います。
どこぞの聖人じゃありませんが、エロ関係の仕事をどうこう言っていいのはエロ本を買ったことのない人だけだっ。

とか思っててもやっぱり人の目は気になりますよね(´・ω・)

ゆうきさん
ありがとうございます。エロ関係の仕事でも頑張ります。えろえろ。

と返事を書きたいところでしたが、つい先日、エロ関係の仕事を辞めてきたのです。店長も従業員も、まったくエロエロな感じはしなかったので、あとは僕の気持ち次第だったのですが、どうしてもエロいことに抵抗があって、辞めてしまいました。えろえろ。
あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示