ヴェガへ

 採用の連絡をもらったその日に、別の企業へ面接に行くもぐもぐさです>最后

 連絡の翌日とか明後日とか、すぐに来てくれと言われたのなら、他に応募していた企業には断りの連絡を入れたのだが、この会社は、採用連絡の日から勤務開始日まで、結構離れている。仕事が決まっている無職期間なので、思い切って遊んでしまおうと思いもしたけれど、猶予があるのなら、その間に面接を受けられる企業は、すべて受けてしまおうと考え直した。
 これまで散々、落ち続けているのに、ここへきて連続採用などないだろうけど、勤務開始日までに、採用連絡をくれる企業が他にあるのなら、どちらに行くのかを考えてから、よりやりたい仕事を選ぶことができる。仕事を始めてから辞めるよりは、始める前に辞める方が抵抗は少ない、と自分勝手な解釈をしている。
 どちらにしても、次の仕事が×阪での最後の仕事になり、半年か1年かそれ以上か、あるいは半年も続かないかもしれないけれど、辞めたときは、実家、地元に戻るときである。

 吐露。なんか、今更に思ったけど、なんで僕は、こんなことを長々と何年も書いているんだろうな。確かに、読んでくれる人がいて、拍手なりコメントなりをしてくれる人がいて、自分の書いたことに、なんらかの反応があるのは嬉しいけれど、それがいったいなんなんだろう。ブログを書いて変わることもないし、書かなくて変わることもない。どちらでも同じような気がする。
 ブログなんか、書いている場合ではない、とサイドバーに書いてあるのは本心で、日記サイトに日記を書き始めた10年くらい前から、いつか書くのを止めたいと思いながら、日記のような思考のような、良く解らない文章を書き続けてきた。それなりに費やした時間が10年分、決して短くない時間を、これからも費やしてどうするのか。止めどきがあるのなら、このような気持ちのときではなかろうか。なんだろうな、この虚無感は。楽しみにしていた『My Dearest』の2曲目と3曲目が、期待していたほどに良い曲ではなかったからか。
 ブログなんて書かない生活ができるのなら、それが理想ではある。って、だから、なんで続けてるのかが解らないんだよな。つうか、上の段落と同じ人間が書いた文章とは思えない。まあ、頭の中がぐちゃぐちゃしているときに考えても仕方ないか。ぐるぐるぐるぐる。
人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

ブログを書くのは週1時間、土曜30分+α、日曜30分+α。数日遅れで公開しています(当日日記の後日公開)。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示