行きずり

阪急電車阪急電車
有川 浩

幻冬舎 2008-01
売り上げランキング : 18312

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 有川浩氏の『阪急電車』を読了。冒頭の2編を読み終えて、なんだこれ、面白いなと思い、録画しておいた「阪急電車」の映画を見たのだが、最初のエピソードに出てきたふたりが登場しなくてがっかり。よりによって、このふたりを削るとは( ノД`)シクシク… スピンオフドラマになっているようだけど、テレビの映画しか見ない人にとっては、放送された映画がすべてだよ。
 映画を見終わって、小説の残りを読んだ。構成は映画の方が上手い。往路で登場した人物が、数カ月後に復路で登場する。規則的で解りやすい構成。あとがきに、駅ごとにエピソードを繋げていく形はちょっと面白いかなぁ、とあって、確かにそれは面白そうだけど、その設定が活かされていない。最初は、駅ごとに人物が代わるのかと思ったけれど、必ずしもそうではなく、続けて出てくる人物がいたり、復路でいきなり視点の書かれる人物がいたり、ちょっと安定しない電車だった。
 本作の目次を見て、シンメトリのような構成を期待していた。だからこそ、あとがきを読んで、この手法は面白そうだと感じたのだ。しかし、読み終わってみると、章の見出しが、駅名になっているだけの連作短編だった(この手法を活かすのであれば、清涼院流水氏の「山手線ゲーム」の方がきちんとしている。もっとも、小説ではないけれど)。
 『フリーター、家を買う。』に続けて読んで思ったけれど、有川氏は、ライトノベルではなく、一般文芸に向いている。女性が好む恋愛要素、あるいは理想とるする恋愛要素がてんこ盛り。往路では、どこにでもあるような、日常の風景が感じられたけど、復路に入ると、クサさ炸裂し過ぎ(ノ゚⊿゚)ノギップリャ!! 阪急電車って、クサい人しか乗っていないのか?
四角に張り付き 下ばかりを向く 優しい世界の中
ヤツらの液晶 傷を付けたいと 密かな企み guilty?

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析