立ち位置

 「青春リアル」で、「これが“笑って通える”学校の条件だ!」という放送をしていたけれど、笑えるのは誰か? 以下、過去記事を再掲載。

 「真剣10代しゃべり場」第5期「オタクじゃダメですか?」を視聴。数年前に録画したビデオである。オタクを自称している人って、それほどオタクじゃないような。この放送では、「オタクの定義は、ダサイ、暗い、やばい」とか「宮崎駿だって、庵野秀明だって、ビル・ゲイツだってみんなオタクだ」とか「うちのお兄ちゃんロリコンになっちゃった」とか「ロリコンっていけないこと?」とか「なんで、悪くもないのにコソコソコソコソしなきゃいけないんだ!」とか、非常に興味深い発言が盛りだくさんの内容だったけれど、本題についての感想は機会があれば。放送日は、2001年の10月13日で、何を今更と思われるかもしれないが、ずっと引っ掛かっていたことがあったので、この際ここで書いてしまおう。9年も引っ掛かっているのは嫌過ぎる( ノД`)シクシク…
 長峰くんが「オタクじゃダメですか?」と提案する2か月前、「熱血先生になりたい!」というテーマで討論が行われていた。提案者は、今の教師はへたればっかりだ、勉強以外のことは教えようしない、中身を見てくれない先生が多過ぎる、だからこそ、自分は生徒のことを考える先生になりたい云々、という持論を展開した。実際僕も、先生と認める大人はひとりしかいないし、その人が熱血先生と呼ばれるに相応しい人だったから、この放送は、実に感慨深く視聴していた。是非とも、夢を実現させてもらいたい──と思っていたのだけれど。
 「熱血先生」の提案者が、長峰くんの放送で、一言も発言がなかったことに愕然とした。第6期の立川さんでもあるまいに。実際は何か話していたのだが、編集でカットされた可能性もある。しかし、毎週そこそこの発言をしていたのだから、この回に限り、大幅にカットされたということはあるまい。実際に、ほとんど話していなかったのだろう。オレの生徒にオタクがいても、分け隔てなんてしない、オレは生徒の中身を見るぜ、という感じの発言を期待していたのに。いや、それは僕の理想だから、その通りには無理だろうけれど、教師を目指す少年が、オタクで悩んでいる中学生に対して、まったく言葉を掛けなかったのは残念だった。
 余計で勝手なお節介ではあるけれど、理想とは違った、外見しか見ることのできない教師になってしまわないかと心配したものだ。いじめを見過ごす教師や、なかったことにする教師もいる。そのような人を教師と呼びたくはないけれど、便宜上は仕方がない。教師が対処できる問題ではないから、クラスでいじめがあっても、俺はそのまま放っておく、と言った大人もいた。というか、それを目の前で言われたのは僕だった。「熱血先生」の提案者とはまったく関係がないのだけれど、発言がないことで、かつての出来事を思い出してしまったのだ。しかし、最後の締めをテゲテゲ少年の福永くんが行ってくれたことで救われた。おそらくは、長峰くんや他のメンバも同様だろう。全く以て、幸平くんは、本当に良いことを言う。(2010/04/07)
お金がないから我慢しよう、というのは「我慢」なのか?

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析