自主映画

[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)[映]アムリタ (メディアワークス文庫 の 1-1)
野崎 まど 森井 しづき

アスキー・メディアワークス 2009-12-16
売り上げランキング : 49869

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「多分フェムトよりもうちょっと小さいサイズ、具体的には十のマイナス十八乗倍くらいの大きさだと推測できるものですね」
「アトらしいものだな!」

 1年くらい前に、野崎まど氏の著作が気に掛かったことを思い出し、『[映]アムリタ』を読了。現在、(特定の)ミステリは読まないという縛りを作っているけれど、ライトノベルなら良いだろう。ライトノベルでミステリーは、ライトノベルに含むことにしている。
 初めての作家で、当然、作風など知らないのだが、あとがきとプロフィールだけで、気後れしてしまった。このセンスはちょっとひどいな。実際、作中の会話が似たような感じでつらかった。上記に引用した科白のくだりが、この小説の中で一番良くできているところだと、インタビューで語られている。このセンスを受け入れられるかどうかで、評価はかなり変わるだろう。
 大学生のサークルが、自主制作映画を作るんだけど、物語が単調で、読んでいて非常に退屈だった。せめて、普通の会話をしてくれよ。ところが、終盤以降、怒涛の展開続きで(ノ゚⊿゚)ノびっくり!!なにこれ、語り手の人格変わったの? 別人が書いてるの? と思うくらいに、これまでの雰囲気が一変する。レーベルで譬えると、さっきまで電撃文庫を読んでいたのに、いつの間にか講談社ノベルスに代わっていて((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル みたいな。
 ミステリというよりはサスペンス。浦賀和宏氏や、城平京氏の作風に近いかも。なるほど、メディアワークス文庫では、このような作品も出せるのか、と解ったけれど、ライトノベルのような表紙で、この結末はひどいだろ( ノД`)うわぁぁぁーん…
それが、実弾だ。生活に打ち込む、本物の力。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析