クラクラ

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
三上 延

アスキー・メディアワークス 2011-10-25
売り上げランキング : 149

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

「だ、大丈夫ですよ……ほら、五浦さんはまだ働き始めたばかりですし……少しずつ憶えていけばいいんです。今は全然ダメでも!」

 三上延氏の『ビブリア古書堂の事件手帖2 栞子さんと謎めく日常』を読了。前作の感想で、これまで読んだメディアワークス文庫の中では、断トツに面白いと書いたのだが、一般のミステリと比べても、遜色のない作品である。前作では気づかなかったけど、越島はぐ氏って、同レーベルの『パララバ -Parallel lovers-』でイラストを描かれていた方なのか。挿絵や萌え要素は、本書には不要なので、イラストは素晴らしい表紙だけで充分である。電撃文庫で出なかったのは幸いだ。
 ライトノベルでミステリというと、少年少女の物語に重きを置いて、謎解き部分がおざなりになっているものが多いのだが、本作は、伏線の張り方が見事で、そんな情報出ていたかな、と思うことが、きちんと謎解きまでに記されている。
 あとがきによると、ようやく本編が始まったということらしい。シリーズを前提として書いていたようだけど、水準が下がらなかった、むしろそれ以上に面白くなっていたのはありがたい。メディアワークス文庫はライトノベルではないと謳っているから、20歳を越えた青年を主人公にできるのか。
 相変わらず、作者の古書知識がとんでもない。『時計じかけのオレンジ』や『名言随筆 サラリーマン』にこんな秘密があったとは。早速、2008年に配布された、「ハヤカワ文庫の100冊」の小冊子を確かめてみたところ、本作の真相がはっきりと書いてある。リアルタイムな古書ミステリといった感じで面白いな。現実が近過ぎる。後者は、参考文献に堂々と記されていることに(ノ゚⊿゚)ノびっくり!!
 ひとりの作家について詳しい人は何人もいるだろうけど(西村賢太氏なぞ、大好きな作家の魂と暮らしている)、複数かつジャンルの違う作家について詳しく、それをミステリ絡める手腕に脱帽。まさか、物語のため古書情報を集めているという作り方であるまい。そうだとしたら、創作方法が神懸り過ぎている(あるいは迂遠過ぎる)。
 さて、原作はとんでもなく面白かったけど、ドラマはどうなのかね。5週分をHDDに録り溜めているけれど、原作とは別物だと割り切って、えいやっと思い切って見てみるか。
お金がないから我慢しよう、というのは「我慢」なのか?

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析