帰郷日記4

11月24日(土)
 昨夜は、久し振りに家族で夕食を摂った。
 父親と母親、それに妹である。普通の家なら当たり前だろうけど、僕が普通ではなかったので、同じ家で暮らしていても、一緒に食事を摂ることは少なく、いつもひとりで食事をしていた。中学卒業後、僕は祖父母の家で暮らし、両親と祖父母が同居するころには東京へ行き、大学は京都、卒業後は大阪で働くようになる(それから無職期間を経て、土下座をしてでも実家に帰りたいと思うようになるのだ)。
 普段は食べられない寿司を用意してくれたのだから、がつがつ食べるに決まっている。酒は、発泡酒に日本酒と、僕が飲んでいる酒と似たような値段のものだったが、高い酒を飲んだところで、味の違いなど解らないのだ。ただで酒が飲めるだけで、家族と酒が飲めるだけで充分だ。父親は、昔と同じくらいに酒を飲んでいた。と思ったのだが、翌朝、母親に聞いたところ、普段はあれほど飲まないそうで、僕が帰ってきたから、嬉しくて飲んだという。嬉しさが態度に出ないので、母親から聞いて初めて、ああ、そうだったのかと思った。
 考えてみれば、僕自身、感情が余り外に出ない。小さいころ、誰かと一緒に遊んでいても、楽しくないの? つまらないの? と周りの大人から訊かれることが良くあった。どうしてそんなことを訊くのだろうと思ったが、楽しんでいるように見せないと、面白いように振る舞わないと、大人には楽しさや嬉しさが伝わらないのだ。
 翌朝、これまで僕が使っていて、現在は物置のようになっている部屋で、いつも通りの時間に起きた。帰郷したときくらい、遅くまで寝ていようと、携帯電話の目覚ましは解除していたのに、普段と同じように、7時過ぎには目が覚めた。これは、仕事のある平日も、仕事のない週末も、毎日同じ時間に起きているせいだろう。休みだからと、実家だからと、遅くまでは寝ていられないらしい。二度寝する気も起きなかったので、朝食は要らないと言っておいたものの、朝食を食べに台所へ行く。
 それなりに酒を飲んだはずなのに、二日酔いの気配もない(「カイジ2」を見ている途中でばたんきゅしてしまったけれど)。昨夜飲んだのは、発泡酒と日本酒で、アルコール度数が低かったからだろう。そのことに気づき、焼酎とウイスキーを止め、日本酒用のぐい飲み、徳利を購入する展開に繋がるのだ(この日から2週間くらいあとか)。

2012112410310000.jpg

 午前中、母親と一緒に祖父母の墓参りに行った。そのあと、買い物をする母親と別れ、僕は久し振りの実家周辺をうろつき、写真を撮っていたけれど、撮るようなものが何もない。仕方がないので、家へ帰って、自室の写真を撮ることにした。なんの役にも立たないのだが。

2012112410470000.jpg

 昼食後、母親と自転車で狐ヶ崎まで出掛ける。ジャスコだったはずなのに、いつの間にかイオンになっていて(ノ゚⊿゚)ノびっくり!! もし、「狐ヶ崎」に反応する人がいたら、この記事を読まなかったことにしよう。
 イオンで、母親にバッグを買ってもらう。うん、30歳を越える息子が、母親にバッグを買ってもらったんだよ。考えてみると、それまで使っていたバッグも、同じ店で母親に買ってもらったものである。2004年ころだから、8年くらいは使っていたのか。自分ではぼろぼろだろうと思ってはいたけれど、使うのは僕だけなので、気にせず使っていたのだ。外見よりも、使いやすさが第一位。それでもまあ、余りにも痛んでいるので、新しいものを買ってあげると言われれば、大人しく買われるしかないだろう。そこまで不義理ではない。

2012112410020000.jpg

 そして、家に戻ってから、俺はそこまでおかしくなっているのか、という事実に直面する。しかし、そこは大人で、家族だからで、夕食までには、双方の不機嫌さはそれなりに解消される。僕も普段話す人がいないので、話せるときにやたら話してしまう傾向があり、親子でも、話さなくていいことは話さない方がいい。学生時代の帰郷時は、酒なんてほととんど飲まなかったからな。実際、自分から酒を飲むようになったのは、ここ数年の間である。
 夕食は、父親と母親と、バスに乗って、少し歩いて、しゃぶしゃぶ食べ放題のレストランへ行った。すぐ近くに追分羊かんの看板が見え、そういえば、ちびまる子ちゃんの実家が近くにあったことを思い出した。妹は、職場の同僚との集まりだかなんだかに出ていった。まあ、何年も仕事をしていれば、職場の人間同士で出掛けることもあるわな。僕はないけど。
 この日も、酒を飲みつつ、しゃぶしゃぶを食べまくった。万年欠食児童大人なのだから、食えるときに食うしかない。昨日の経験を活かし、酒はビールと日本酒だけにしておいた。飲んでも二日酔いにならないとは、とんでもない飲み方を見つけてしまったものだ。120分食べ放題に、満腹満足して店を出た。帰りは、バスを待つのが面倒で、30分くらい掛けて歩いて帰った。
 途中、業務用スーパーを見つけた。以前、地元にあるかどうかを調べたことがある。越してきたら、利用することになるだろう。一方、地元に戻ってから1度も、ローソンストア100を見掛けていない。

2012112409550000.jpg

 上は、『勇者特急マイトガイン』の雑誌付録ポスタとヒロインの吉永サリーさん。自室の写真をいくらか撮ってあったけど、日記に書きようがなく、説明のしようもないので、追記に載せておく。興味のある人だけ見ればいいと思うよ。まったく、なんの得にも、参考にもならないけれど。
2012112415480000.jpg

2012112415480001.jpg

 自宅本棚。写っているのは、森博嗣氏と京極夏彦氏の作品。カバーが掛かっているのも、森氏、京極氏の作品(縦長の写真には、太田忠司氏の作品も写っているな)。途中までしか揃えていないのではなく、僕がこの家に住んでいる時期に買った作品と、帰郷時に持ち帰った作品を置いてある。今では、実家に持ち帰れないくらいに積読本が増えてしまっているが。

2012112415550000.jpg

 小学生のころから使っている机。並んでいるのは、ほとんど学習参考書。机の下に重なっているのは模試の山。まあ、僕の学力については、本ブログの内容から推して知るべし。

2012112415560000.jpg

 静岡県では有名な犬。一時期、静岡第一テレビでバイトをしたことがあって、そのときにもらった。買うといくらかするみたい。解りにくいけど、犬の下の袋が、前に書いた、書泉のオリジナル手提げ袋。

2012112415570000.jpg

 言わずと知れたおじゃる丸。違った、おじゃる丸以外の食玩キャラ。コンビニで深夜バイトをしていたときに、福利厚生で買ったのだ。夜食+おじゃる、という形で。新撰組は、たぶん、中学のころの修学旅行、だったかな。

2012112415580000.jpg

 実家に置いてきたゲーム機とゲームソフト。プレイしてないソフトが大量にあるので、腐る前にクリアしたい。

2012112416030000.jpg

 セガサターン、シロ!

2012112416030001.jpg

 もっとも続きをプレイしたいのが、PCエンジンの『聖夜物語』。他機種には、移植されていないはず。と思って調べてみたら、サターンに移植されてるじゃん( ノД`)うわぁぁぁーん…

2012112416030002.jpg

 若い人は知らないだろうけど、昔のゲーム機のソフトは、CDではなくカセットだったんだよ。

2012112416040000.jpg
 
 『3×3 EYES』は、パソコンソフトではなく、PCエンジンのソフトだよ。その下の大きいケースは、すべてPC-FXのソフト。

2012112416310000.jpg

 ステレオスピーカ。実家に帰ると、いつもこれが役に立つ。テレビもラジカセもないので、ポータブルMDプレイややD-snapを繋いで聞く。電池不要なのでありがたい。スピーカの後ろに隠れているのが、僕のお気に入りのD-snap。

2012112416350000.jpg

 置く場所がないので、プレイステーションだけ机の引き出しに。小学生がエッチな本を隠す場所。鍵は壊れているけど。

2012112423360000.jpg

 ゲームボーイも、置く場所がなくて箱の中に。机とは反対側、写真には写っていない方に置いてある。いや、嘘じゃないよ。これがゲームボーイだよ。色なんてないよ。あれ、ゲームギアのソフトも混ざってるな。

2012112423370000.jpg

 ファミコンとスーパーファミコン。スーパーファミコンは全盛期には持っておらず、新型が出てから買った。

2012112423370001.jpg

 今となっては懐かしい、ムービックゲームコレクション。原稿は随時受け付けるという、メフィスト賞のようなレーベルだったな。

2012112423410000.jpg

2012112423430000.jpg

 これが、PCエンジンだ。プラスPC-FXだ(PSやSSも混ざっているけど)。それでも、PCエンジンとPC-FXは、他のハードに比べて、クリアしたソフトが多い。未プレイソフトもあるけれど。



 PC-FX最高峰のソフト、本格エアバトルRPG『虚空漂流ニルゲンツ』。

人は人に影響を与えることもできず、また人から影響を受けることもできない。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ

Author:もぐさ
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
アクセス解析
RSSリンクの表示