パクタ・スント・セルヴァンダ

 借金だらけの口座に、給料が振り込まれ、定期が入金され、現在の残高は18万円。
 12万が、あっという間に消えてしまったわけだが。8月末に入る給料が10万、家賃その他で7万、食費と本代を併せて2万。18+10-7-2=19万円。そこから、引っ越し代10万、ひと月分の家賃その他7万、風俗代2万を出して、ぴたり19万円。ぎりぎり、最低限の額。

 現在の仕事は、8月20日で終わりらしい。延長できるのなら、少しでも伸ばして欲しいと頼んだけれど、期待しない方が良いだろう。もともと、短期バイトとして採用されたわけだし。思うように金が貯まらなかったのは、僕の意思の弱さと、中途半端ないい加減さで。1日1万円生活を諦め、1日9000円生活を受け入れようとしたのも束の間、7月以降、1日6000円生活になってしまった。
 というのは、例によって、日曜に飲み食いをし過ぎて、月曜に休んでしまったことが原因で。その日の夕方、会社から電話が掛かってきて、体力的にきついようなら、勤務時間を減らしたらどうかと言われて、解りました、そのようにします、と承諾してしまった。いえ、大丈夫です。これからは気をつけます、とすぐに返せなかったのは、これが3日目の休みだったからだ。
 仕事が始まってすぐ、2日続けて欠勤したのは、この仕事ではなく、別の仕事を選んだ方が良いのでは、ということをぐたぐたと考えていたからで、体調不良で休んだわけではない。けれど、欠勤の理由は、体調不良だと伝えている。本当のことを、言えるわけがない。わずか2週間で、3日も欠勤しているのだ。雇う側からしたら、そう簡単に休まれてはたまらないだろう。それに、残業手当が出ないことに腹を立てるくらいなら、残業はきっぱり止めてしまおう、と思ったのだ。

 そのため、1カ月働いて、2カ月分の生活費が稼げる、なんて幻想は消えてしまった。

 仕事が終わるなら、現在残っている金でなんとかするしかない。
 まあ、上記は大雑把な計算である。食費はかなり削れるはず。というか、削らなければいけない。また、引っ越し代に10万は掛からないと思う。前に、東京から静岡へ戻ったときも、そこまではしなかったような。ただ、京都から大阪へ来たときは、ひとり暮らしなのに、段ボールが45箱になったわけだが。小説と漫画で31箱って、多過ぎるだろ、とか思ったわけだが。さすがに今回は、売れるものは売ってしまわなければ。
 風俗代2万というのは、京都4年、大阪8年、関西暮らし12年に於ける、最後の希望だ。これが最後というのなら、とんでもない変態プレイをしておかなければ。良いことなんて何もなかった、などと思いながらの帰郷はしたくない。つうか、心残りのある状況で、帰りたくはないのだが。
「個人的には」という言葉の前も後ろも、ずっと個人的である。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析