自分を正当化する必要はないですよ。はっきり言ったらどうです。足手まといだから捨てた、と

 自分を正当化したところで、それが悪いことであるのは変わりない。解っているからこそ、なにかと理由づけて、自分の行動を正そうしているのだ。悪いことを注意してもらえないのは、ひとりでいることに慣れ過ぎた弊害か(んなわけねーじゃん)。

 そんなわけで、しばらくブログを休みます。このような状況を見越して、毎日の更新を止め、所々に穴を開けておいたのだ。自己紹介に穴を開けたのは、他の理由があるのだけれど、それは次の機会があれば。というか、こう何度も自家撞着に陥ってしまうと、最低賃金でも、3年、2年と続けられた本屋の仕事は、それなりに安定していたのではないかと思ってしまう。当時も、妙な客や店員、アホウな店長はいたけれど、もう嫌だ、辞めてやる、と思っても、すぐに辞めるようなことはしなかった。
 前記事に拍手をしてくれた方には申し訳ないのだが、死んだ人を支えにするのは、ただの甘えで、この人なら、きっとこのように言うだろう、行動するだろう、と自分勝手に思い込んでしまうのだ。生きていれば、性格や振る舞いが変わるのも自然なことなのに。亡くなっている人であれば、それ以上の幻想を重ねても、決して崩れることはない。死人に口なし。

 とかなんとか。おそらくは、中学生、高校生辺りで決着のついている問題を、未だにぐたぐたと引き摺っている。金が欲しければ、それに見合った仕事をしろ、それだけだろうに。何を考えて、いつまでも落ち込んでいるのだ。果てには、死んだ人間まで引っ張り出して。って、あれ。とんでもなく簡単なことに気づいたけれど、死んだ人を目指すのではなく、生きている人を目指せばいいだけのことじゃないのか。少なくとも、今の僕は死んでいないし、生きているのだから。よし、そうしよう。

 続きは2カ月後か3カ月後か。あるいは、2年後か3年後か。後者だったら、再開時に住んでいるのは静岡だ(はったり)。
お金がないから我慢しよう、というのは「我慢」なのか?

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析