さて、どうするのだ

 ここへ来て寝られず、徹夜で面接に行ってきた。その場で採用されたけど、少し考えさせてください、と言ってしまった。うーむ。いや、面接後の即決というのは何度かあって、初めてではないのだが、いきなり言われると途惑ってしまう。いつから出られるかと訊かれて、すぐにでも行けますと答えているのに、考えさせてくださいとはなんでやねん。たぶんこれ、1日後か2日後に、電話連絡があったなら、はい、ありがとうございます、よろしくお願いします、と返事をしたと思うのだけど。
 幸いなのは、担当してくれた人が、おそらくは直属の上司になるのだろうけど、他にも応募してるんやろ、どこを選ぶかは労働者の権利やからな、と先回りしてくれたこと。考えてから連絡します、と答えたものの、いいとこ2、3日、今週中だろう。僕に対して即決したということは、他の応募者に対しても同様だと考えた方が良い。そう何日も待っていたら、定員になって締め切られてしまう。行くか行かないかを、早く決めてしまわなければ。
 この仕事は不安だ、なんて考えると切りがない。簡単な仕事だと言われても、きつい作業や大変な作業はあったし、残業がバカみたいに長かったり、勤務地がバカみたいに遠かったり、店長がバカだった仕事もあった。求人誌の文面や、面接での説明を鵜呑みにするのではなく、やってみなければ、実際の仕事がどのようなものなのかは解らない。それは充分経験済み。どうしても、履歴書郵送した契約社員の仕事がしたいわけではなく、今回の仕事は、かなりの好条件である。続けることさえできれば、着実に貯金を増やす、というか借金を減らしていけるはず。
 即決しなかった理由としては、今月末の家賃はどうにか払えることと、工場、倉庫の仕事であれば、他にも受かるところがあるだろう、と楽観的に考えているからで。ただ、必ずしも上手くいく保証はないから、明日か明後日に返事をして、今日の会社で働くのが無難だろう。履歴書郵送の会社が、今日か明日に面接の連絡をくれれば、また変わるのだろうけど。麻婆豆腐定食が、近いようで遠いなあ。
いつまでも変わらない、と思ってしまう信仰。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析