宅配が届きました、と母親に連絡する34歳

 宅配が届いて連絡をするのは、食料を送ってくれてありがとう、助かりました、というものではなく、どうにか無事に生きています、本当だよ、という意味合いが強い。1年くらい前、野菜に塗れて仕事をしていたころ、もう無理だ、これ以上は駄目だと、4日ほどひきこもっていたことがあった。
 2日はもともと仕事が休みで、2日は体調不良で欠勤して、合計4日、飲まず食わずでひたすら布団にくるまっていたのだ。死んでもいいや、まあいいや、どうだって、などと思っていた。そのタイミングで宅配が届いたのだが、当然、受け取らずに寝ている。品名に食料品と書いてあるので、同じ日にもう1度来るものの、やはり受け取らずに寝ている。食品だから、預かりロッカに入れることもできない。気を利かせた配達員が、送り主(つまりは僕の母親)に連絡を取って、母親から電話が掛かってきてようやく布団から出てきた次第。
 このことは、気持ちに余裕がなくて、書いていなかったみたい。まあ、今更書いても、という感じではある。そんなことがあったので、実家から宅配が届いたら、お礼に見せ掛けた生存報告メールを送らなければいけないのだ。いや、食料を送ってくれるのは充分にありがたいことだよ。感謝しているよ。
 それにしても、そんな僕が34歳になっているとは。ついに僕も、無職太郎さんに追い着くときが来たのか(年齢だけだけど)。

 さて、ここからが、世の中まとめて1週間。言うまでもないことだけど、この場合の「世の中」は、僕が生活している世の中のことで、一般的な世間や社会のことではない。面倒だから週日記でも良い。しかし今週は、既に書いてしまっている。
 初めての残業だったので、仕事を始めたときと同様、きちんと残業を引き受けるんだぞ、やるときはやるんだからな、と自分に言い聞かせるような意味で。来週も、2時間残業を続けることにしたので、これ以上、残業のことを平日に書くことはしないよ。そんなわけで、来週は早くも6連勤。この前あったばかりのような気がするのだが。まあ、仕方がない。これが仕事なので頑張りましょう。

 障害。FC2ブログの検索機能が使えなくなっているみたい。過去記事を探すのが面倒な。
「個人的には」という言葉の前も後ろも、ずっと個人的である。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析