週日記終わりました

 ブログを書くのを土曜の夕食前にする。
 週日記をやめて、個別記事のみ公開する。

 平日はブログを書こうと思っていても、週末になると書く気がなくなってしまうので考えてみた。

 平日と休日で生活パタンを大きく変えないよう、夕食の時間も寝る時間も起きる時間も、同じにしている。普段なら仕事をしている時間に、執筆、掃除、洗濯、買い物、図書館、録画番組の消化。夕食後、ブログ書き、のち読書、少しパソコン、再び読書、そのあと寝る。というのが、今年1月以降、今の仕事を始めてからのパタンなんだけど、ブログ書きだけが上手くいっていない。他は、とりあえずは順調である。
 夕食後のブログ書き、というのが原因なのではないか。平日は夕食後に読書、少しパソコン、再び読書、そのあと寝る。というパタン。もしかして、本来なら読書の時間にブログを書くのを面倒に思っているのではないかと。改めて考えてみると、ブログ書きだけが夕食後なのはおかしい。週末のみする作業は、すべて昼間の予定に組み込んでいるのに。
 ブログ書きを入れるなら、執筆、掃除、洗濯、買い物、図書館、録画番組の消化、そのあと。夕食の前に入れるのが妥当なのではないかと。それなら、週末のみの作業、平日とは違った作業は夕食前にすべて終わり、夕食後の作業は、平日も休日も関係なく同じなる。なんでこのことに半年も気づかなかったんだ、と思うものの、考えようとしなかったのだから仕方がない。
 もともと、やめるつもりのブログだったけど、続けるのなら、少しは考えてみなければ、と思った次第である。

 週日記というのは、今年初めて試してみた書き方で。週に1度ブログを書くのだから、その週の出来事をまとめて書いてしまえば、記事を短く済ませることができる。という考えだったけど、これがかなり書きにくかった。1週間をまとめることなんてできやしない。
 かつて毎日書いていたブログをやめた理由は、余計なことに余計なことを加えて書くため、記事が長くなり過ぎるからである。前に書いたような気がするけれど、休日1日の出来事を書く、いわゆる普通の日記を僕は書けない。午前の出来事だけでかなりの分量になり、午後の出来事だけでかなりの分量になり、夕食後の出来事だけでかなりの分量になってしまう。日常ではなく、思考を書くことが多いので尚更。
 つまり、複数の出来事を1記事にまとめることが僕にはできない。書けるのは1記事1内容。このことを書くと決めたら、このことしか書けないのだ。書くことがひとつであれば、長さはまったく問題にならない。書こうと思えばいくらでも書ける。「ハケンアニメ」が良い例で、当初は個別記事で書くつもりでいたけれど、派遣会社という内容で統一したのだ。
 僕の頭が悪いので、マルチタスクは無理で、シングルタスクでしかブログが書けない、ということが解った。複数の内容を無理して書くより、ひとつだけに絞った方がかなり書きやすい。今の仕事を始めた当初、毎日ブログを書いていて、確かに疲れていたけれど、書きやすかったのは確かである。

 ブログを書くのを土曜の夕食前にする。
 週日記をやめて、個別記事のみ公開する。

 という形で、今後はブログを続けていこうと思う。ブログ書きを週に1度に限定できるなら、90分を費やしても良い。もっとも、毎週90分を費やす必要はないので、短く済むのなら、それに越したことはない。録画番組を少し長くするとか、夕食を早めるとか、調整はいくらでもできる。要は、夕食後に読書、というパタンになれば良いのだ。
 書いたのが1記事なら、土曜のみ公開。2記事なら、土曜と日曜に公開。3記事なら、土曜と日曜と月曜に公開。というように。休みが日曜だけのときは、必然的に日曜に書いて、日曜公開になるけれど。パタンは、土曜と同じである。日がずれるだけで、書くこと、公開されることは変わらない。

 ブログをどのように書こうか、なんて記事を求める人はいないだろうけど、この辺をきちんと決めないと先へ進めないのだから仕方がない。仕事が変われば、生活パタンも変わって、また別の書き方になるかもしれないけれど、現状では、これからしばらくは、この形で更新を続けていくつもりでいます。そのようなわけで、これが私の最後の週日記です。
「個人的には」という言葉の前も後ろも、ずっと個人的である。

コメントの投稿

非公開コメント

あのねこながい。
最新記事
プロフィール

もぐさ。僕っ子(大嘘)

Author:もぐさ。僕っ子(大嘘)
30代フリーター。アルバイトで食いつないでいます。

体調維持。腹八分目。消化で体力を消耗しない。節約して貯金。同情より金。とにかく金。同情するなら金をくれッ!!

メールやコメントの返信は、著しく遅くなることがあります。申し訳ありません。また、スマホからのコメントは書き込めない場合があります。

連絡先

INCIPIT TRAGOEDIA。
かくして借金返済の日々が始まる。
借りた金は返さなければいけない。

ブログランキング・にほんブログ村へ follow us in feedly

カテゴリ
記事数
検索フォーム
カレンダ
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
RSSリンクの表示
アクセス解析